2017年10月17日 (火)

マクドへ

先日の東京vs大阪に勝利したので、本日は声を大にして「マクド」と申し上げます wink

先日来テレビで拝見していたマクドのコマーシャルが気になって気になって…

男性の「何食べてるの?」に、お口いっぱいの女子が「ヘーホンホヘホハイ」と答えるコマーシャルです。

ご存知かと思いますが、それを耳にした至って真面目そうなお堅そうなサラリーマン風男性が、

表情一つ崩さずに、「ヘーホンホヘホハイください」と注文するCM。

最後に「ベーコンポテトパイでもご注文いただけます」との表示が出ます。

果たしてメニューの表示はどうなってるのか…???

雨続きでテニスもなく冷蔵庫も冷凍庫も空に近づいた我が家、お昼にマクドに行ってこの疑問を解決することに❢

Dsc_0094ジャ~ンsign03

主人は、「いくらなんでもそれはない」

と否定的でしたが…

正式名称は『ヘーホンホヘホハイ』

ならばそう注文せねばなりません。

ちょっと恥ずかしいけど、

「ヘーホンホヘホハイください」

マクドのお姉さんの口元が、

少し緩んだ気がしました coldsweats01

Dsc_0096
新しい一品ではありません。

昔からある、でもこの季節だけ…?

以前食べた記憶があります。

とりあえず謎が解け、ホッ happy01

ほこほこ熱いうちに頂いたので、

パリパリぼってりで満足しました(笑)

2017年10月16日 (月)

秋の味覚Ⅱ

なんとまぁありがたいことに、今度は丹波の黒大豆の枝豆を頂戴しました。

奈良でもこの枝豆を見かけますが、やはり丹波産のは粒が大きいですsign03

Dsc_0089この時期にしか味わえない枝豆に

大喜び、早速塩茹でにsign01

そしてビールのお供にheart04

食感もよく、味も濃いです。

おっと、どれくらい大きいかcamera

でも比べるものはないので…

Dsc_0093
この色黒が美味しいのです。

秋の味覚三連発にnotes notes

それにしても、マツタケは届きませんねぇ~(笑)   鱧がくわえて泳いできてくれたら最高なのですが… coldsweats01

おっと、奈良には海がありませなんだ… weep

2017年10月13日 (金)

秋の味覚

季節はずれの「夏日」におののいておりましたが、流石に朝夕は涼しいです。

そして今夜あたりからの雨の後は、一層秋が進むようです。

そんな時、立派な栗を手に入れました。

Dsc_0086栗拾いに参加した友から頂戴したとびきり上等の栗 scissors

丹波栗・小布施栗に負けず劣らず大きいsign01

早速蒸しました。

熱いうちは、手で鬼皮も渋皮もきれいにむけます。

少し甘みが薄いかも…

でも奈良で採れた栗です。

もうここまで秋が来てるんですね。

ご近所の柿の実も赤くなりつつあります。

稲の穂も大分うつむいてまいりました。

Dsc_0088そんな景色を眺めていたら、チャイムが鳴りました。

お隣さんからの素敵な恵のお裾分けsign03

自家製です、オーガニックです。

早速炊きました。

柔らかくって粘っこくて…

今日は秋の味覚満載です heart04

もうすっかりご無沙汰のマツタケを思いながら、

夕餉の支度です(笑)

2017年10月 9日 (月)

『バベルの塔』展へ (10月7日)

以前ベルギーの美術館で目にしたボスやブリューゲルの作品に、とても好奇心をそそられました。

そんな事すら忘れてしまいそうになった時、ボイマンス美術館所蔵の彼らの作品が日本にやってくることを知りました。

ロッテルダムのこの美術館には行ってません、何よりもあの『バベルの塔』がやってくるのにワクワクしました。

ありがたいことにこの美術展は大阪にもやってきます、7月18日~10月15日、会期も十分長くいつでも行ける…

「平日に…」  そう思っていたら、なんともう終了間際です、慌てましたsweat01

土曜ですが、並ぶの覚悟で、それでもいつも通り朝早く…なんてことなくゆっくり出発 coldsweats01

Dsc_0072会場は、中ノ島にある国立国際美術館。

展示会場は全て地下にあります。

地下一階のチケット売り場の列は本の数人。

ホッといたしました。

展示室は地下二階にあります。

でもまずは腹ごなし… 

チケット売り場と同じ階のレストランに向かいます。

名前を記して待つこと20分ほど?

主人を待機組みの椅子に座らせて、私はうろうろ…

Dsc_0076☜ 漫画家で映画監督の大友克洋氏の『INSIDE BABEL』

バベルの塔の内部構造を描いてらっしゃいます。

緻密な模写部分には感動しましたが、

暴かれた内部に、期待するほどの奇想天外な発想はなく、

単にたくさんのお部屋があるだけでした。

変なもの書き込んだら、ブリューゲルさんに怒られるから?

でもブリューゲルさん、結構変わってますよねwink

なんて軽口たたくのは私ぐらいでしょうか、無粋ゆえ…

ようやくレストランからお声がかかりました。

Dsc_0073_3メニューは決めてます、この美術展記念メニューです。

Dsc_0077_2
ポスターほど背が高くはありません、すこしドテッとしてます coldsweats02

下から撮るべきですが、まだ恥じらいが… coldsweats01

面白がったほどの感動もなく、完食。  ボリュームはありました。

展覧会の会場はそこそこの人ごみですが、それほど苦もなく…

でも最後の『バベルの塔』には皆集中。

一番前で見たい方の列は長く長く… 今回は主人と一緒なので、列に入るのはやめました。

でも二列目からでも十分鑑賞できました、むしろじっくり止まって拝見できてscissors  満足できるまで鑑賞 heart04

細かいところは、東京藝術大学COI拠点さんが製作なさった巨大複製画で確認。

そして5分強のCG映像で、更に細密な描きこみを楽しむことが出来ました。

出口にはお約束の記念撮影場所が用意されてましたが、いつもの顔出しがないので意気消沈 sweat01

ボス風モンスターがいたら、絶対主人がモデルをしてくれたと思うのに残念です(笑)

Dsc_0079 Dsc_0080

でもブリューゲル作のモンスター見つけましたこちら、ちょっと人気?の公式マスコット「タラ夫」君。

Dsc_0084_2『大きな魚は小さな魚を食う』のに注目。

拡大すると☟の図なんです。

Dsc_0085
(共にポストカードを撮影)

ゆるきゃらグランプリにエントリーしたそうsign01

手前の船には、弱肉強食の社会システムを

息子に教示する父。

そんな裏に隠されたいろんなメッセージは、今の世にも通じる皮肉。 

とても500年も前の方の作品とは思えません。

不謹慎かもしれませんが、私には「○○を探そう」なんて遊びが出来そうな絵で、とっても愉しかったです。

きもかわ系大好きな孫に…と、面白いモンスターのピンバッジを探すつもりでしたが、既に完売 weep

気を取り直し、この後、もう一箇所、大阪フェスティバルホールに向かいます。

前回舞台を見に行ったとき、とっても気になっていたのですが、大勢の人だかりに断念して帰りました。

Dsc_0081運よく今日は静か、どなたもいらっしゃいません。

☜ これがその作品。

この写真では解りにくいですが、近づいてやや上からcamera

Dsc_0082

お分かりいただけたでしょうか?   レゴブロックで出来てるんですよ。

気になっていたことを全て解消でき、満足な一日でした notes notes

2017年10月 1日 (日)

フェルト玉?

うっかりしてましたsweat01

八月末、知り合いの「ギャザリング」と言う根つき植物によるプランツアレンジメントの展示会に行きました。

その時、フェルトに包まれた球根を買ったのです、いわゆる苔玉みたいな、フェルト玉とでも言ったらいいのかしらsign02

まだ見た目暑そうなので出さずにおりました。  袋に入れたまま放りっぱなしに…sweat02

そろそろ…と思って袋から出してみると…

Dsc_0067
もう芽が出てました。    古いですが、「ビックリポン」です(笑)

たしか「ヒヤシンス」だったはず、花の色はわかりません。

水も何もあげないでいいのです、ただ置いておくだけ… 私向きでしょっsign03

今まで知らん顔の放ったらかしだったのに、急に花咲く日が待ち遠しくなりました coldsweats01

2017年9月29日 (金)

ハロウィーン

いつの間にか田んぼの畦が、彼岸花で赤く染まってます。

珍しい光景ではありませんが、真っ赤な花は、黄色くなりかけた稲を背景になかなか綺麗です。

ボ~ッとしてる間に、赤い色が薄はげしてきて、もう写真に収めるには忍びない姿になってしまいました。

「秋なんだなぁ~」「思ったより残暑は厳しくなかったなぁ~」なんてつぶやいてるいると、あちこちにオレンジのかぼちゃsign03

いつのまにか、ハロウィーンの飾りつけが始まってるのに気づきました。  

Dsc_0066
ふと立ち寄ったパン屋さんの隅っこにも…  なんだかとっても素敵だったので… camera

そういえば先日、お節料理の案内&予約の冊子が送られてきてましたっけ。

あまりに早すぎてイメージがわきません。

「そんなにせかさんでも…」と、思うのは私だけ…sign02

超特急で季節が襲ってきます、もうすこしゆっくり歩きたいと思う日々です。

2017年9月28日 (木)

シュガーアート、記念イベント(9月24日)

先だって、友にお孫さん誕生お祝いに、シュガーアート作品を送りました。

そんなこともあってか、先生?から記念イベントのお誘いを受けました。

友に、先生のお部屋に飾られてる数々の作品、お部屋の素敵な雰囲気、甘すぎないお菓子etc、一杯話した後のこと。

誘うと、当然迷いなく参加表明。   日時の予約をいたしました。

お訪ねすると、お若い女性お二人、既にお見えでした。

部屋の雰囲気が変わってます、作品よりもクッキーやケーキ類が置かれてました。

そして薦められるままにテーブルに着くと…  そう、彼女の大好きなフィンランドのスター、ムーミンがお出迎えheart04

私も大好き、ほのぼの lovely    

Dsc_0060 Dsc_0061

Dsc_0062早速、『杏とバニラとピスタッチオのタルト』が出てきました。

勿論、彼女heart01のフィンランドマリメッコのプレートです。

『桃のコンフィチュール』に『イチジクのコンフィチュール』

『ブルーベリー酵素ジュース』がお供です。

「美味しいsign01」とぺろりと片付けるや否や、お次が…

『チョコメレンゲ、ビスケット、ピーカンナッツ入りクッキー』

カカオ含有量が高いのでしょうね、大人メレンゲ。

さくさくクッキーにビスケットも、子供にはもったいないsign02

早摘みダージリンがよく合います(後で知ったのですが、彼女は紅茶のスペシャリストです)。

そして最後に『ガトーショコラ』と『ゆず入り茶』、ゆずの仄かな感じがケーキにピッタシsign03

流石の組み合わせに感動です。

いつもはこの棚を背にして座っていたので気づきませんでしたが、たくさんのマリメッコのカップコレクションにビックリ。

Dsc_0063

代表的なウニッコ柄のマグカップですが、「限定」とか言われてるうちに数が増えて…少しづつ柄も違うそうです。

そんなお話してる間に、友は「孫に…」とクッキーを買い占めておりました、そして孫の誕生日ケーキの予約も❢

私も、春に結婚した、でもまだ結婚式を挙げてない末娘に写真立てをお願いしました。

お祝い事にはうってつけの作品です、今まさにマイブーム shine

愉しいティーパーティーに、早くアフタヌーンティーを始めていただきたくなりました wink

2017年9月23日 (土)

例 (?) のバーへ (9月15日)

先だってディスコに変身していたバーへ、お写真を届けようと娘と行くことにいたしました。

それなのに、肝心の我が家のプリンターが、「インクがありません」とストライキannoy

予備のインクもなく、致し方なく手ぶらで出かける羽目になりました。

重い木の扉を開けると、当たり前ですが、いつもの静かなバーに ホッ

スマホの小さな画面をお見せして、「次回お届けします…」

マスターからは、撮って頂いた記憶すらおぼろげな写真を頂戴して… coldsweats01

ふと横に目をやれば、かすかに憶えのあるお顔の方…  ディスコのお話で静かに盛り上がり、愉しくすごしました。

少し甘いのが欲しくなってきました、季節の果物のカクテルをお願いします。

Dsc_0054
イチジクのbar   品のいい甘みが嬉しい秋のカクテル、ジンベースです lovely

〆はいつものアイリッシュコーヒーで…  大人の秋の夜でした wink

2017年9月22日 (金)

最後の鎌倉行き? (9月10日~)

そろそろ娘の家に風を通しに行く頃になりました。

末娘に渡す物があるので横浜中華街でお食事、見に行きたい美術展を東京まで覗きに… そんな予定も盛り込んで…

私のEX割引チケットの都合で、横浜での昼食は二時前~です。

たいていがお昼二時までですが、休憩無しでお料理を出してくださる『萬珍楼 点心舗』に。

娘夫婦にメニューを任せますと、「点心の種類少ない…」と婿殿の声。

彼は2年ほどシンガポールに住んでおりました、ほぼ本場に住んでいたのです。

私には決めきれない量の点心に思えるのですが、やはり本場には負けますね coldsweats02

彼らが月末に訪れたスペインとパリの話と中華で、愉しいお食事会でした。

Dsc_0043私はお約束のように、元町『喜久家』へ。

☜ ラムボールを買いにいくのです。

彼らも面白がって付いてきました(笑)   

ラム酒苦手な彼はショートケーキを選択…

お店の方の前なので、なんともコメントしがたし…

やはり娘からのメールでは、「ウ~ン?」とのこと。

だと思うよ、私も他のケーキに魅力感じないから…

食べたことはないのですが…

昔のまんまのケーキ屋さん、良くも悪くも昔のまんま❢

彼らと別れた後、以前台湾で知り合った方のお店を覗き、ご挨拶。  阿里山茶をよばれて帰りました notes notes

Dsc_0041あくる日のおやつは、「お掃除ご苦労さん」のケーキheart04

いつものお気に入りのカフェです。

もうこれが最後かも…と、初めてカウンター席に。

マロンのベークドチーズケーキと巨峰のアイス。

チーズケーキの洋酒がいい感じです。

そのうちお馴染みさんがお見えになり、

マスターとお話しするタイミングを失ってしまいました。

今でもちょっと心残りです weep

今回は全て後始末を終えておかねばならないので大変。

リネン類全て洗います、ついでに思いつくもの一切合財洗って…

お布団類は布団乾燥機をかけ、ソファーにはファブリーズして… もう完璧かな???

何度掃除機かけても髪の毛を見つけます、「これじゃぁ~完全犯罪は無理だなぁ~」なんてこと考えながら拾って…

明くる火曜日、早朝よりスマホが唸ります、奈良の警報を受信sign01

娘が家にいます、でももう大人ゆえ…とのんびり構えておりましたが、「避難準備をしてください」にはビックリsign03

慌てて連絡すると、「さっきまでの雨は凄かったけどもう普通になってる。 我が家界隈は大丈夫そう。」とのこと。

Dsc_0057「ではでは予定通り、夕刻?夜?に帰ります❢」と宣言。

予定通り東京に向かいました bleah

行く先は、先ほど世界遺産に認定された『国立西洋美術館』。

そこで開催されている【アルチンボルド展】。

ちょっと気になる作家さんなんです。

少し前にブロ友さんがいらした記事を拝見し、機会を狙っておりました。

東京は何時もどこでも行列ができるようなので、平日に行きます。

帰りの新幹線のこともあるので早めに家を出ました。

雨模様が残念ですが、かえって好都合かも❢

思ったとおりの人出で、らくらくチケットを購入。

雨なので、世界遺産になったという建物をしげしげ見る事無く入場してしまいました。

「近代建築に運動への顕著な貢献…」が認定の理由だそうですが、説明を目にするまでそのよさがわかりません。

建築構造的なことに無知な私には、少なくとも外観は近くの東京国立博物館の方が魅力的です。

当然中は写真撮影禁止ですが、唯一列のできていた箇所では写真 ok

入り口近くにセットされてる3つのスクリーン、その前に立つと、その人のアルチンボルド風肖像画が現れます。

正面の私☟  暫くすると回転します。  そして横顔になります。  楽しい、面白~い heart04

Dsc_0045 Dsc_0047 Dsc_0046

一人密かに静かに、そしてちょっと淋しく盛り上りました coldsweats01

Dsc_0056_2この喜び?感動を分かち合いたいと思います。

で、ミュジアムショップで見つけたのがフェイスマスク。

写真右の商品です。

パッケージ右下の絵をご参照あれsign01

パックすると…sign02

「これだぁ~sign03」と感激。

友に、娘に…と、指折り御買い上げ。

そして軽くてお手軽な代表作だけの図録も。

いいもの見つけて、大満足の美術展でした bleah

思ったより早く美術館を出ることができました。

遅いお昼をゆっくりと済ませ、東京駅に向かいます。

今夜は駅弁でも買って帰ることにします、深夜に帰ってくる娘と私の二人分でいいのです。

ならば贅沢して、「叙々苑の焼肉弁当heart04」と言っていたのですが、やはりもう売り切れてました、残念 coldsweats02

で、第二候補の浅草今半のすき焼き重を求めてグランスタへ。

「只今調理中です」の札が置かれてましたが、30分くらいでできるとの事、ホッ scissors

新幹線の中でなら温かいまま頂けるのですが、さっきお昼食べたばかり… 温かいお弁当を抱えてもって帰ります weep

Dsc_0049 Dsc_0050

でも冷めても美味しかった、お肉が柔らかくふっくら… またまた満足 lovely      充実した3日間でした。

2017年9月19日 (火)

今夜も外食(9月9日)

明日から出けるため、我が家のことも両親のことも済ませて…と、でも要領悪くいつの間にか日も落ち始め…

おりよく帰宅した娘に、「お魚でも焼こうかと思うけど、外食とどっちがいい?」

間髪いれず、「外食❢」と、力強い返答sign03

ありがたやぁ~coldsweats01  留守するので、へんに残り物が出ても困ります、絶対に食べない娘です、外食は正直ありがたい。

主人はただいま出張中なので、二人でカジュアルイタリアンに出かけました。

Dsc_0036 Dsc_0037

Dsc_0038まずは、タパス5種盛(生ハムサラダ・ミモレットチーズ・

ガーリックトースト・ピクルス・きのこと海老のキッシュ)

これだけでワインが進みます(笑)

グラスワインも美味しいのです、余計進みます bleah

シーザーサラダにピリ辛サラミのピッツァ。

ここのピザ大好きなんです。

パリパリクリスピーの皮が最高 lovely

私的には、ここに来たら、ピザは外せません。

自家製のライスコロッケもお願いして…

Dsc_0039_3 Dsc_0040

もうパスタは入りません、でもデザートは別腹に coldsweats01

大きな自家製ガトーショコラにビックリしながら、でも平らげた自分に乾杯 sign03

主人も一緒だとメニューが増えてもっといろいろ食べれるなぁ~と、気なるメニューを横目に帰宅しました heart04

«シュガーアート(9月6日)