2018年2月24日 (土)

試食会(2月15日)

3月に、東京の友達が奈良に遊びに来ることが決まってます。

いつものように、奈良ソムリエに認定された友が、皆の希望を聞きながらいろいろ計画してくれてます。

私に協力できることと言えば、未知の美食探検だけ coldsweats01

知ってる美味しいお店もいいですが、これを機会に新しい評判の良いお店を開拓するのも楽しみです。

昼夜のバランス・観光する場所・ホテルの位置・交通機関等々考慮して、未知のお店を探しました。

Dsc_03771店目は、JR奈良駅近くのフレンチ『LA TRACE(ラ トラース)』

ビルの一階で、お隣は美容室。

通りすがりには入りにくそうなお店です。

ランチは、前日までの予約が必要。

奈良にありがちなこじんまりとしたお店でした。

カウンターに10人は座れません。

その背後に二人用テーブルが三組あるだけ。

でも 6人までなら、テーブルでご一緒できるそうです。

まず第一関門突破sign01

食前酒にスパークリングを頂戴します。 確か950円だったのに、とっても美味しいheart04

アミューズは、『百済農園さんの菊芋のスープ』   熱々で美味なりぃ~heart04

Dsc_0379 Dsc_0380 Dsc_0381

前菜は、『ひのひかり(米)、鱒の卵(中央のオレンジ色)、チーマディラーバ(蕪の花芽)』のリゾット。

ふにゃふにゃしてないいい歯ごたえに感動sign01

上右の写真は魚料理で、『黒鯛、カラマタオリーブ(下の茶色のソース)、ハーブ』

メインのお肉は、『ばあく豚、下仁田ねぎ』 いい焼き加減sign03

Dsc_0382お魚のときに白ワインをお願いしたのですが、赤を薦められました。

「お魚にも合うから…」とのこと。

これが又良かったのです、重くないけどいい渋みが残っていて…lovely

Dsc_0384_2デザートは、『古都華(イチゴ)、プラリネ』

最後まで手抜きの無いお料理でした、次回東京の友とディナーに来ることに決定❢

食後には、『フグレンローストリェのコーヒーまたは羽間農園さんの自然発酵紅茶』 全てにこだわりをお持ちのよう。

Dsc_0383私はコーヒーを頂いたのですが、コーヒーらしくないコーヒー。

今まで味わったことの無い代物。

とっても美味しいのです。

御覧のように、浅いローストです。

イタリアのエスプレッソの対極を行くようなコーヒー。

豆はエチオピア産ですが、焙煎はノルウェーの会社だそう。

友は紅茶を選択。

有名ではありませんが、大和茶って結構美味しいんです。

最近では紅茶にも挑戦してる事は知ってましたが…

この紅茶も裏切る事無く、香りもよかったです。

お互い、「GOOD JOB」とハイタッチ気分で帰宅できました。

次回友と行くディナーが、今から楽しみです。

2018年2月20日 (火)

今年のバレンタイン

今年もバレンタイン前に、ブリュッセルにいるショコラティエさんにチョコを注文しました。

このショコラティエさんは友の息子さんで、ベルギーで活躍なさってるのです。

チョコの本場ベルギーでは、取り立ててバレンタインにチョコが氾濫するようなことはなく、お店もいつもと変わりないそう。

なので息子さん(ショコラティエ)は、里帰りついでにチョコを持ってきてくださいます。

Dsc_0386
今年は新作?コーヒービーンズもありましたが、写真撮る前になくなってしまいました coldsweats02

コーヒーの苦味の利いたチョコは、あっという間に皆の口の中に消えてしまったのです(笑)

娘から送ってきたチョコは、杉の樽ではなく箱に入った竹鶴の生チョコ。

そして面白がりの娘が毎年オーダーする MY チロルチョコは、いろんな言語の「ありがとう」と「おねがいします」

気が付けば、主人が手にするチョコは、娘からだけになってしまいました。

因みに、このベルギーのチョコは私用です、主人へのプレゼントではありません bleah

2018年2月19日 (月)

本屋さんで

昨夏、行きつけのスーパー近くにあった本屋さん、と言うよりも貸しビデを屋さんが、すぐ傍にですが移転することに。

工事してるのも知ってましたが、今まであまり欲しい本を手に入れられなかったので、さして興味を持ってませんでした。

昨年末オープン、以前よりも広くなったよう、そして通りから見えるところにカフェが見えました。

新聞の折込で、「購入前の本でもカフェで読める」ことを知りました。

本を買う身には、「汚されたくない…」と思いますが、チラッと覗き見したい雑誌があるのも本音。

わが町の図書館は、飲食禁止・お勉強も禁止、自動販売機はあるもののスペースは無く、近くにカフェも無し。

ただ本を探すだけ・読むだけの空間で、よほど借りたい本でもない限り足を運ぶ気になりませんでした。

flair これはいいかも」「使えるsign03」  私にとっては行きつけのスーパーの近くですから、ブラッと立ち寄るにも超便利。

お店前には、しょぼいけどおちびちゃん用遊具があって、毎日多くの人が出入りしてるのを遠目に見ておりました。

年が明け、少し訪問客も落ち着き始めたので入ってみました。

子供に読み聞かせするスペースが出来、遊具も置いてあります。

スタバ形式のカフェで、コーヒーグッズも素敵にディスプレイされ、ちょっと洒落て見えます。

お値段はやや高めで、スタバ並み。

でも気になる雑誌を手にコーヒーが飲めるのはありがたいです。

☟バレンタイン前には、チョコファウンテンまで出現しました。

Dsc_0372

Dsc_0374
Dsc_0376
主人と二人コーヒーを頼むと、くじ引きが…

私は印無しなのでマシュマロの串、主人は赤い印付きで、イチゴ・バナナ・ミニスコーンのおでんみたいな串をゲット。

チョコファウンテンでチョコがけをしていただきます。   これ、ちょっと愉しいです。

小さな子がジィ~ッと指くわえてこちらを見てるのが、少々気になりました coldsweats01


2018年2月13日 (火)

中逮夜(2月10日)

先日、父の中逮夜(中陰)を終えました。

娘三人&その連れ合いだけで、アットホームな雰囲気で執り行われました。

ご仏壇のお膳には、ご飯の替わりに父が大好きだった「おはぎ」、お茶がわりに缶ビールを。

お供えも、父の大好きだったチョコレート菓子を準備。  ガトーフェスタ ハラダのラスクに決めました。

この時期、チョコ菓子はバレンタイン対応で、♥マークに赤い包み coldsweats01

ありがたいことに、お寺さんも「好きなものをお供えしてあげてください」主義ですし、小うるさい親戚もおりません wink

Dsc_0371Dsc_0369関西では抹茶チョコが発売されてますが、

多分父はこの赤い方が好きなはず。

Dsc_0368

ホワイトチョコとバレンタイン仕様を選択。

天国からどんな顔してみてるやら…

せっかくオンライン注文するのだから…と、我が家用に「グーテ・デ・ロワ ソムリエ(中央)」も頼んじゃいました。

「ワインに合うラスク」がうたい文句で、私も娘も結構好きなんです(写真三枚とも中央)

右写真と中央写真の上下が入れ替わってしまってました <m(__)m>

右写真上(中の写真下)がホワイトチョコ、右写真下が「グーテ・デ・ロワ バレンタイン プレミアム エディッション」

ドライフランボワーズが乗った甘いミルクチョココーティングのラスクでした。

私には甘すぎますが、父は大喜びだったのではと思っております。

仏壇の真っ赤な♥は、なかなか明るくって素敵でした(笑)

この後、皆で近くの鰻屋さんへ。

なかなかそろう事の少ないメンバーです、父がプレゼントしてくれたいい機会を大事にしたい…

しかも今年、妹の旦那衆そろってお勤めを卒業することになり、我が家との共通の話題が増えました(笑)

Dsc_0363 Dsc_0364

Dsc_0365 Dsc_0367

お昼から、ビールやお酒で愉しいひと時を過ごしました。

最後のうな重にいたっては、写真がぶれてますものね coldsweats01    あぁ~、いい気持ち heart04

おとうさん、いい機会をありがとうsign03

2018年2月 4日 (日)

節分

姑の月命日にいらっしゃるお寺さん用に、お菓子を買いに行きました。

コーヒー・お茶etc用意してあるいつもの便利使いの和菓子屋さんまで、ウォーキングかねて  shoe shoe shoe

和菓子屋さんは、バレンタインと節分で、大賑わい、いつもは見ないお菓子がここかしこに。

☟パイナップル餡が入ってるというお菓子が気になって頂いてみましたが、私にはパイナップルが感じられません coldsweats02

Dsc_0355 Dsc_0358

やはりB級グルメには敷居が高い…?  厄除けの焼印が嬉しくって、お豆と一緒にお買い上げ。

今日の二回目のおやつに主人と頂くことにしましょう❢

お寺さんには、小さな♥のチョコがのったお菓子を買ったのですが、撮り忘れてしまいました。

今日はメニューを考えなくてもいい日、踊らされてると知りながら、その風潮にのっかって巻き寿司と鰯です。

Dsc_0360日本全国津々浦々、何処でも同じでしょうか?

私達は、この鰯の頭を厄除けに使います。

庭の柊を採ってきて、鰯の頭に射します。  

そして門口に飾るんです。

たいていすぐに猫の餌食になってしまうのですが、

取り付け位置を変えて以来、捕りにくくなったのか、

前年の鰯がまだ残ってるようになりました。

今年も、新しいのとお取替え。

夜中に、バッタンガッタンと音がしたのは気のせい???

今朝見ると、勝手口横のポリバケツがひっくり返っていましたが、鰯は無事でした。

2018年2月 3日 (土)

バーボン(1月27日)

12月初めに、東京の友に会いに行きました。

殆どしゃべって食べての二泊三日sign03     とても愉しかったです。

その友の行きつけのお店で頂いたウイスキーが美味しかったんです、なんとバーボンheart04

バーボンらしい癖のないバーボンで、真のバーボン好きには物足りないのかもしれませんが…

それが☟   「なかなか置いてるところないよ」と、おっしゃってました。

Dsc_0269Dsc_03481月27日大阪でバレエを鑑賞後、

行きつけのバーに行きました。

フッとバーボンの事思い出して、

「オールドグランドダッド❢」

☜ それがこちら。

ボトル見て違うと感じましたが、

114を失念しておりました。

こちらは少し癖が残ってる気が…

ちょっと出来る女の気分で、

頂いてみました(笑)

次回行ったら、「114❢」と、

頼んでみようかしら?

品揃え豊富で何でも出てくるバーです。  でもちょっと試してみたくって…  意地悪かしらsign02

次回が楽しみな意地悪バァ~サンです coldsweats01

2018年1月31日 (水)

新年会(1月22日)

父が亡くなって一週間たってませんが、テニス仲間との新年会に参加しました。

もう一ヶ月以上、テニスをしてません、みんなの顔が懐かしくって…  

不謹慎かなっと思う反面、お祝いのように送る事ができたという自負もあり、思い切りました。

とっても寒い雪の予報のでてる日、奈良市北部にある『ラ・カーサ ミーア』でイタリアンのランチを頂きます。

車なので、ノンアルコールスパークリングを頂戴しました。 これがなかなか美味しかった lovely

Dsc_0336 Dsc_0337

Dsc_0338前菜は、ハマチのスモークと鯛のテリーヌ。

二品目は、小柱・みかん・小松菜のクリームパスタ。

☜ 魚料理は、いとよりのバスクソース。

カリフラワーとほうれん草が付け合せです。

うっかり写真撮り忘れましたが、パンも美味しかったです。

薄く切った胡桃とレーズンのパンはお代わりしました。

チャパタにはレモン入りのオリーブオイルをつけました。

お肉は、孔子のグリル金柑ソース。

デザートはブラッドオレンジのティラミスとリンゴのジェラード☟

Dsc_0339 Dsc_0340

全体に丁度いい量でした。    コーヒーを頂きながら、久しぶりの仲間と談笑。

16人の大所帯ゆえ満遍なくお話しすることは叶いませんでしたが、久しぶりの集まりにとっても明るくなれました。

他愛もないおしゃべりは、一番のリフレッシュですね。

窓の外は雪に変わってます、天気予報の大当たり❢

それでもありがたいことに積もりそうにはありません。

重い腰が更に重くなって、話の花は超満開でしたhappy01

どんこ(1月18日)

年末に、大分県耶馬渓在住の作家さん作の椅子を購入いたしました。

その作家さんから美味しいプレゼントが届きました。

Dsc_0333
『どんこ』ですheart04     

お近くの農家さんが作ったこだわりの『どんこ』とのこと、この時期はゆっくり育って一番美味しくなるそうです。

大喜びの私を横目に主人と娘が嫌な顔を…(笑)    そう、彼らは椎茸が大嫌いなんです。

せっかくなので、一つだけ焼いて頂戴し、残りは妹達にわけました。

肉厚で柔らかくってジューシーで…  美味しかったわぁ~lovely

そうそう、私の頂いた椅子、名前があるんですって。

『鹿熊の夜』といって、彼の生まれ育った土地をイメージしたものだとメッセージにありました。

彼にとっても思いいれのある椅子だったようで、それを選んだことをとっても喜んでくださったようです。

鹿熊… 調べると新潟県三条市と富山県魚津市がヒットしました。

北陸の響きに、なんだかもう一つご縁を感じました。

2018年1月29日 (月)

大とんど(1月15日)

1月15日、昔は町内や小学校の大とんどに、注連飾りやお供え餅と一緒に子供の書初めを持っていったものです。

準備が難しいからか、火の始末が大変だからか、いつの間にかそんな行事も消えていってしまいました。

それ以来、我が家は石上神宮のお焚き上げに持っていくようになりました。

以前は振る舞い善哉があったのですが、15日が祝日でなくなって以来、氏子さんのお手伝いが減ったのでしょうか、

それも中止になってしまいました。

それでも訪れる人はいらっしゃいます。

初詣のときは大きな丸太や太い枝でしたのに、もう藁や紙の灰しかみえません。

Dsc_0326 Dsc_0323

そしてこの火の手前に、お賽銭箱がしつらえられてました、確か昨年まではありませんでした。

「お焚き上げ料」なんて書かれていたら、何がしか入れないわけにはいきませんよね、商売上手sign03

「ビニールや燃えないものは外して…」とあるにも拘らず、そのまま置いていかれる方が多く、分別が大変のようです。

頭下がる思いです。

お参りを済ませ、すぐ近くにあるレストランでお昼をいただくことにしました。

以前、モーニングやランチ、そしてカフェタイムに来た事あるのですが、それほど魅力を感じずご無沙汰だったお店です。

昔のお家を改装した見た目が素敵なお店です。 結構人気のようで、何時も駐車場には車がたくさん停まってます。

そんな事もあり、「前より美味しくなったのかな?」と思い、「ちょっと偵察に行こう」ということになったのです(笑)

Dsc_0327まだお昼前なので車も少ない…

ここからは、大きな蔵と、その左横の門しか見えません。

中にはいると、丁度私達で満席、運のいいこと scissors

メイン一品のランチコースを頼みました。

前菜は、上から時計回りに、カリフラワーのムース、

蛸のマリネ、野菜のシューサンド、トマトのピクルス、リゾット。

あら、いけるじゃんsign01  前よりいい感じsign03

スープはかぼちゃ。 熱々でとっても美味しかった heart04

Dsc_0329 Dsc_0330

Dsc_0331 Dsc_0332

メインは牛ほほ肉のトマトクリーム煮、デザートはチョコムースのキャラメルソースがけ&バニラアイス。

ほほ肉は硬いというほどではありませんが、あのほろほろ崩れていく様な感じは全くなく、ちょっとがっかり…

デザートも、見た目ほどのことはなく…   スタッフの間の悪さも感じられ、点数が下がっていきました。

このレストラン、景色も雰囲気もいいだけに、惜しい❢

ちょっとお洒落していかなきゃいけないかしらと思えるような外観や空気が漂ってるだけに、このお料理だと

裏切られた感が発生するのかもしれません。     

それにしても惜しい… やはり残念なお店でした coldsweats02

2018年1月26日 (金)

2017年左党部門総決算

年を重ね、ズボラに拍車がかかってきました。

「忙しい」「家族が少ない」を理由に、外食が増えてきてます。

ありがたいことにそこそこ美味しいお店が近くにあります。

とりわけ居酒屋さんでは、季節のお料理に出会えます。

おまけにありがたいことに、呑み助三人家族なので、異論は出ません。

そこで出会うお酒の写真もいつのまにか溜まってしまい、ここで2017年の総決算をすることにいたします。

いつもの居酒屋さんで「美味しい日本酒、ただし辛口」と注文すると、常にはないお酒が出てくることがあるんです。

瓶片手の大将の説明薀蓄を拝聴してから頂戴します。   そんなお酒の記録です。

Dsc_2627Dsc_2263_2☜ 一番手は、おめでたいお酒で。

   大好きな黒龍酒造のお酒二種とも

   出会えました☟

Dsc_0058

この復刻版三十八号、私は好きです。

                          もう一つ大好きなお酒、十四代☟ でもいろいろな種類があります。  

Dsc_2522 Dsc_2553  1493896849855

もう酔っ払っていたのでしょうかsign02  ピンボケsign03  でも一応記念なので保存版 coldsweats01

1495887093101_2 Dsc_2561 Dsc_0083

それにしても、ワインのような瓶が増えてきたとは思いませんか?

Dsc_0010  Dsc_2074Dsc_0011_2

このお店では常時ある上喜元ですが、やはりいろいろあるようで、ちょっと珍しいタイプは保存版にsign01

Dsc_0268_2 1495884881831 Dsc_2222

Dsc_2071 Dsc_2070 Dsc_2406

Dsc_2403_2                          ☝ そして美人三姉妹 sign03

Dsc_2735 Dsc_0312

年末にはいわずと知れた獺祭、でもこの度は磨き二割三分。

Dsc_0311なんといってもこの石田屋との出会いは、特筆に価します。

唯一空瓶抱えて持って帰った代物 coldsweats01

同じ黒龍酒造さんでも、黒龍というお酒なら、まだ出会うことはあります。

黒龍でも充分満足できるお味です、あると知ったら飲まずにはいられません。

でも「その上…」と聞くと、やはり見てみたい口にしてみたい…

そして2017年の〆に呑んじゃいました lovely

この後気になるのは、二左衛門です。

以前おすし屋さんで見かけたのですが、御縁なく空でした weep

それ以来、瓶すらお見かけしません。

でも念ずれば通ずheart04

この石田屋との出会いで痛感いたしました。

さぁ~て、2018年は何と出会えるでしょうか?   いい出会いを期待して、またまた居酒屋へ…wink

«2017年右党部門総決算