« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月30日 (土)

顔見世興行(12月22日)

恒例の年末行事『顔見世興行』の夜の部を観に、京都に行って参りました。Dsc_1935

私の遊び計画もこれが今年最後、集大成です。

今年はコロナ前の状態に復帰しました。

コロナの間は三部制でしたが、元の二部制に戻ったんです。

なのでほぼ5時間、たっぷり演目を楽しむことができます。

以前のように幕間に頂くお弁当を調達し、南座へ。

いつもように南座前は人がごったがえってます。

狭い歩道に、南座に入る人、記念撮影に勤しむ人、

興味深そうに立ち止まる人、通行人が入り乱れてもう大変💦

今回もいいお席を確保できました。

Dsc_1937なんと通路挟んだ隣席に舞妓さん4人とお姉さんが…

完全にお仕事バージョンなので華やかです💕

豪華なお衣装や花簪に目が奪われてしまいます。
   Dsc_1939

Dsc_1942今回、市川團十郎白猿&市川新之助の

襲名披露の口上が夜の部の第二演目です。

株式会社伊藤園さんが提供した祝い幕(👆)と

👈村上隆さんデザインの祝幕です。

これには歌舞伎十八番の全ての演目が

デザインされているそうです。

久しぶりの「普通」の顔見世は、楽しかったです。

ゆっくりたっぷり年の瀬を満喫できました。

2023年12月27日 (水)

アフター居酒屋(12月15日)

こう寒くなってくると温かい飲み物が恋しくなります、とりわけ食後のウィスキーが…

とはいえ、主人の退職以来頂き物もなくなり、日本製ウィスキーは手に入りにくくなり…

「欲しい」「飲みたい」とか言いながらも、買い控えております。

なので、たまぁ~にバーに行った時、お薦めの美味しいウィスキーを口にするぐらいです。

本日は、ズボラ主婦が外食を要望、娘とアラコキ夫婦でご近所の居酒屋へ繰り出しました。

店を出ると冷気に襲われ、一気にウィスキー気分に❗

ということで娘と二人、腰痛の主人一人送り返し、バーに寄り道することにしました。

Dsc_1927 Dsc_1928 Dsc_1929 
👆この「響」は飲んでません、飲めません高すぎて…

「サントリー響 100周年 アニバーサリーブレンド」 勿論限定品。

でも珍しい物を観ることができて、手にすることができてちょっとハイな気分に。

3杯も飲んじゃいました 😅    娘と一緒で良かった、ちゃんと歩いて帰りました 😂

2023年12月26日 (火)

蟹を食べに香住へ(12月4日~5日)

今年も恒例の「蟹ツアー」に香住の『櫂の詩』に行ってきました。  今年は娘も参加して3人。

部屋はいつもと同じ、唯一お風呂のある1Fの部屋を確保(10畳の畳部屋に石風呂です)
Dsc_1910 Dsc_1907Img_20231204_153710
 👆これが温泉ならいいのですが…   残念です。

👈甘いものを頂いて、大浴場を覗きに…

と言っても4人入ったら一杯になりそうな大きさ。

この時期、まだ狭い脱衣所に不安を感じます。

一回目は先客3人いらしたので遠慮。

二回目は、お一人だけでしたので…

私にとって、このお宿の難点はこの温泉施設のみ。

民宿出身ですから仕方ないとはいえ、今後改良されんことを密かに祈っております。

夕食は完璧です、何時もとっても美味しく蟹を頂戴します、しかも一人当たり二杯ですから量も充分。

今年はお食事処ではなく、部屋食。 炬燵を端に寄せ、食事用の大きなテーブルが用意されました。

👇大きな甘えびにカンパチ・アカイカ、右のお皿はバイ貝・セコガニ・ホタルイカ
Dsc_1912 Dsc_1911
          炮烙焼きの蟹の before を見せて頂きました👆  蓋をして…👇

👇お刺身です、これが例年以上に甘かった、美味しかった💕           👇
Dsc_1913 Dsc_1914
👇炮烙焼きはこの味噌をつけて食べても美味💕        炮烙焼きの after 👇
Dsc_1916_20231225211001 Dsc_1917
👇こちらは鍋の材料。 最後は雑炊にして完食❗       👇デザート
Dsc_1918 Dsc_1920
内緒ですが、食べきれなかった鍋の蟹(火が通ったもの)は一生懸命身をはがしてタッパーでお持ち帰り😅

本当に食べきれないんです、残すなんて勿体なくてできません(笑)

ポンポコ狸のお腹を抱えて、娘とアラコキ夫婦、トドのごとくバタンゴロリ… そしていつの間にか💤💤💤

翌朝気持ちよく目が覚め、まずはお風呂へ… 運よく一人でした (*^^)v

Dsc_1922朝食はお食事処で。

昨年から朝食が改善され、今年も満足。

ただ鰈の一夜干しが冷めていたのが残念。

そしてお箸の先が太いので、ちょっと食べにくい…

この後コーヒーを頂いて部屋に戻ります。

手ごろなお値段の御宿、あまり文句は言えません。

でもお風呂を広く…部屋にも温泉を…欲張りですね(笑)

check out後、近くの蟹市場で、年末用に冷凍の蟹を買って帰りました。

2023年12月25日 (月)

孫の七五三(12月2日)

川崎に住んでいる三歳の孫の七五三に、鶴岡八幡宮まで行ってきました。

八幡宮近くの美容室?で、ヘアーセットと着付けをしてもらうことになってます。

Dsc_1901 入り口近くのミュジアムのカフェで待っていると、

やがてご機嫌で孫がやってきました。

頭に一杯飾り付けてもらって、御満悦。

プリンセス大好きな孫には嬉しい体験の様

草履で歩くのは難しいようですが、

着物やかんざしは気に入ったようです(笑)

待機中も、嫌がらずにはしゃいでました。


Dsc_1903御祈祷終了後、皆で会食。

そしてさらにカフェに行った時も頭はそのまま 😅

  Mitene6af5611e1c564de9ac1ce164929c1921
下の子の七五三は二年後、これも楽しみです。

2023年12月24日 (日)

11月文楽公演(11月25日)

文楽鑑賞も、今日が今年最後になりました。

第三部の「冥途の飛脚」を拝見することに。

Dsc_1894 Dsc_1895
Dsc_1896👈飾り人形は、第二部の「奥州安達原」の安倍貞任。

高さ1mの人形です。

でも舞台で操られる人形は1.5mもあるんですよ。

今回の舞台「冥途の飛脚」に、

「なんでこんなしょうもない男に惚れるの」、

「何であなたまで死ななきゃいけないの」

なんて突っ込みは入れずに、

大人しく素直に拝見。

そしてやはり感動してしまいました(笑)



2023年12月22日 (金)

孫とディズニーランドへ(11月20日)

東京ディズニーランドへ行くのは何年ぶりでしょうか?  

昨日会った11歳の孫が3歳ぐらいの時に行った記憶が最後です。

今回は日帰りなので早朝6時出発、何事もなければ車で1時間ちょっとですが、都会は渋滞が怖い…

そんな心配も杞憂に終わり、何の支障もなく、7時過ぎに到着。

それでも既に大勢の方が、開園待機中でした。
Dsc_1858edit Dsc_1856
有難いことに、本来の時刻より20分早く開門してくれました。

メインアーケードには、大きなクリスマスツリー👉

娘も婿殿もスマホ操作しながら前進、遅れないように孫の手を引きながらついていきます(笑)

写真なんか取ってる暇も余裕もありません😥

どうも、孫が喜びそうなアトラクションで予約できるものの確保に勤しんでるようです。

Dsc_1861『プーさんのハニーハント』の後、

『ミニーハウス』で、ミニーちゃんと記念撮影。

👈ミニーハウスで寛ぐ三歳の孫です。

ポップコーンの入れ物をGETしに並んで、

好きなポップコーンを求めにまた別の列に…

親は大変です😅

レストランも事前に予約しておけば並ばずに済むとかで、

私がトライ‼

最近の世の中は、何でもかんでもスマホです、必需品です。


風が強くて昼のパレードは、キャラクター達の御挨拶だけに縮小されましたが、それでも三歳の孫は大喜び。
 Dsc_1867Dsc_1870
大好きなアナ雪の登場に、大きな声で「エルサ~‼」と叫んで、私を驚かせました(笑)

「エルサって声かけたから、エルサが手を振ってくれた❕」と、大はしゃぎ(笑)

Dsc_1875日が沈むととっても冷え込んできました。

Xmasの雰囲気を楽しみに、アーケードに戻りました。

人が多すぎるし座るところも休むところもありません。

ホットワイン片手に暖をとりながら、軽食を。

最後の目的は、エレクトリックパレード。

事前に有料の席を確保してくれてました。

と言ってもコンクリートの上に記された指定場所、

椅子も何もありません。

自前でビニールシートを敷いて待機。


パレードが始まったかと思いきや、故障で遠くで停まったまま…

何とか再スタートしてくれたのホッとしました。
Dsc_1884 Dsc_1890_20231223165901👈個人的に好きなチシャ猫と

👈孫が大好きなエルサ。

三歳の孫は大喜び。

一歳のベビーは、

最初から最後まで、

目をぱちくり…

驚きの連続だったようです。



帰りも渋滞に巻き込まれることなく…

私もとっても楽しかったです。

孫に会いに(11月18日~)

孫の七五三の件での娘と業務連絡を取り交わす日々…

その中に、「20日にディズニーランドに行く予定。〇〇が、「バァ~バは?」と言っている」と…

もうすぐに、「行きます❕」と参加を表明。

Dsc_1846 暇だったはずの11月が慌しくなってきました(笑)

折角東京方面に行くのだから…と、

その前に鎌倉の長女一家を訪ねることにしました。

18日、東京に向かいました。

久しぶりに富士山が拝めるかと思いましたが、

てっぺんには雲がかかっていて…

冠雪したあの富士山らしい美しい姿を期待してましたが、ちょっと残念。


その日は、長女一家と夕食を共にし、一泊お世話になりました。

小学5年生になった孫は、最近「推しの子」というアニメにはまっているそう。

そしてその「推しの子」とコラボしたカフェ(池袋)の予約(19日14時半~)がとれたそう。

4人まで👌なので、急遽私も参加することに…

内容も何も知りませんし、どれもこれも同じ顔に見えるのは私だけでしょうか?

Dsc_1849 Dsc_1850 Dsc_1853 Dsc_1854
当然お味は二の次、見た目重視のカフェですから、美味しさは期待してません(笑)

それでも多くのファンが、あちらで📷こちらで📷どこでも📷📷📷  他のお方が映らないよう私も📷

いろんなグッズも売っていて、皆さん物色…  孫も何か買ってもらってました、勿論バァ~バも…

面白い世界を覗かせてもらったことに感謝しつつ分れ、急いで末娘の家に向かいました。

2023年12月17日 (日)

芦原温泉『まつや千千』へ(11月13日)

少しゆっくりしすぎました。 急いで芦原温泉に向かいます 🚗💨

今日の宿『まつや千千』のチェックインは二時ですが、到着は三時ごろになりそうです。

多田屋さんも大きなホテルでしたが、まつやさんはもっと大型のホテルでした。

お願いしたお部屋が「時忘れ離座」だったので、エントランス近くのロビーではなく専用のラウンジへ。Dsc_1820Dsc_1819
Dsc_18212お薄とお菓子を頂戴しながらチェックイン。

ラウンジには温かいコーヒーや紅茶類のみならず、

冷蔵庫にビールやお茶、ジュース類が用意されてます。

すべてフリーで頂けます。

勿論お部屋に持っていくことも可能。

我が家にはありがたいシステムです(笑)

部屋は広くありません。

窓の外の景色も今一つ。
Dsc_1822 Dsc_1823
でも我が家的には、不都合のない設えです。  👇洗面所の横を出ると、露天ぽいお風呂、勿論温泉です👇
Dsc_1825 Dsc_1826
お部屋に置かれていたお菓子を珈琲と共に頂いて一息ついた後、大浴場に行きました。

大きなお風呂、そして何種類もあるので、人がいても全く気になりません。

それぞれをゆっくり楽しんで、先ほどのラウンジのビールを片手に部屋に戻りました 😅

夕食はラウンジの隣ですつうろは通路幅個室形式で、入り口は暖簾。

その暖簾の片方が挙げられていて、お向かいの方がよく見える… ということは見られる?…😥

👇こちらのお箸はお持ち帰りすることにして、割りばしで頂戴しました。
Dsc_1839Dsc_1829
左端は水菜と松茸のお浸し、黒い盆には、奥に山クラゲのウニ和え、右上は蟹真丈、

左下はカンパチの焼き物、中央の器には鮭や海老など。

👇お造りは、才巻海老・鮃の芽葱巻き・中とろ・シマアジ。  👇のどぐろの塩焼 
 Dsc_1831Dsc_1832

👇この鮑にお酒をかけて焼きます、まさしく「踊り焼き」です👇  ニンニク醬油で頂きます。
 Dsc_1833Dsc_1838
👇桜鱒鳴門巻きは酢味噌で。   若狭牛ヒレステーキはおろしポン酢で👇
Dsc_1836 Dsc_1837
👇鯛めし、吸物、香の物       デザートはフルーツの盛り合わせ👇
Dsc_1841 Dsc_1842
新鮮な土地の食材に満ち溢れてます。 特別サプライズのあるお料理ではありませんが、美味しかったです。

朝食も同じ場所、そして和洋食選べます。

洋食を希望すると、宿のお方が「普通のごくありふれた内容ですが…」と申し訳なさそうに仰られ…(笑)
Dsc_1844 Dsc_1843
主人は和食を選びました。  確かにここならではの地方色の濃い内容でした👆

専用ラウンジでコーヒーを頂いて部屋に戻ります、check out 11時までのんびりと過ごしました。

久々の北陸の旅、少し新鮮でした。

お料理は昨日の『多田屋』さんの勝ち、でも大浴場は『まつや千千』さんに軍配が上がります。

まつやさんは我が家から行きやすいお宿なので、何処かと組み合わせて一泊するのはありかもしれません。


2023年12月14日 (木)

和倉温泉から『ESHIKOTO』へ(11月13日)

Dsc_1795 お天気は回復傾向だそう、ちょっと嬉しい。

朝食も同じお食事処です。

左は温泉卵、その手前はいしる豆腐の餡掛け

六種盛りは奥に赤魚・車麩&高野豆腐・烏賊の煮物

手前にきんぴら・鯖のへしこ・青菜のお浸し

右端は蟹のお味噌汁。

食後にコーヒーを頂いて…

check out は10時、少しせわしいです(笑)

今日は、福井の永平寺町にできた『ESHIKOTO』に行きます。

私の大好きな日本酒「黒龍」の酒造さんが作った施設です。

👇我が家界隈でも見慣れてる田舎道を走っていると、一目してそれとわかるモダンな建物が見えてきました。
Dsc_1818 74955dfb
黒い三角屋根の建物は非公開の発砲日本酒の熟成用の施設で、一般公開してません👆

手前のガラス張りの建物に、レストランと試飲できるお部屋がありました。

👇手に入れにくい商品やここ独自のお酒、新しい試みの物がお洒落にディスプレイされてる試飲コーナー👇
Dsc_1800 Dsc_1803 Dsc_1802  
今日の試飲日本酒はこの数種類👇で、「永」はここでしか呑めません。
       Dsc_1801
そして主人が気に入ったのはこの緑っぽいボトルのお酒👉

お正月用やプレゼント用に数本お買い上げしました。

試飲できない私は、お隣のレストランでお茶することに決めてます。

Dsc_1808 Dsc_1810
カウンターで注文。 ここでは現金が使えません。 どんどんキャッシュレス決済が進んでいってるんですね。

👇acoya酒粕と塩のパウンドケーキ          acoya特製そばのロールケーキ👇 
Dsc_1814 Dsc_1815
お客様が次々帰って行かれた隙に📷  👇入り口   奥の硝子戸向こうが先ほど試飲したお部屋👇
Dsc_1816 Dsc_1817
周りは元田んぼみたいなところで、テラスも備わってますがまだ庭ができていないようで魅力なしです。

通り向こうの空き地にオーベルジュを建設する予定だそう。

この夏にここを訪れた友は、ランチがとっても美味しかったと言ってました。

ならばオーベルジュも期待できるのでは… 宿泊できるなら試飲もできる… と一人ほくそ笑んでおりました。

ではそろそろ芦原温泉に向かいます、ここから車で30,40分  もう一息です 🚗💨

2023年12月12日 (火)

和倉温泉『多田屋』へ(11月12日)

自治会の役をしている主人は秋祭りで10月は大忙し、私も予定が詰まっておりました。

「11月は暇そうだから、何時もとちょっと違う温泉でゆっくりしようか…」と…

あちこち候補は上がりましたが、結局北陸方面に落ち着きました。

ブロ友さんの記事で知った和倉温泉の『多田屋』さんの予約は取れましたが、金沢の方は満室。

でも帰宅方向の芦原温泉にお宿を確保できました。

お天気は今一ですが、雨にはならないそう、京奈和から京滋バイパス、名神高速、そして北陸自動車道へ。

Dsc_17682敦賀ICを通り過ぎた辺りで休憩することに。

杉津(スイズ)PAに立ち寄尾りました。

  Dsc_1762
美味しい越前そばを頂けると期待していたのですが、ちょっと残念でした… 😥

アラコキの私には少し距離を感じましたが、何とか無事チェックイン時刻15時過ぎに到着。

👇フロント(3F)前を奥に進むと、フリードリンク(コーヒー・紅茶・ハーブティーetc)が頂けるコーナー(3F)👇
Dsc_1794 Dsc_1771

Dsc_17702ラウンジや大浴場、お食事処の説明をうけてお部屋へ。

汐の館(5F)の七尾湾眺望のツインベッドルーム。

この3月にリニューアルオープンしたお部屋だそう。

スタンダードサイズは我が家にはうってつけ(笑)

お天気が悪く折角のオーシャンビューも今一。

ウエルカムドリンクはないので、

フリードリンクコーナーへ。


👇この窓から青い空に青い海を見ながらコーヒーを頂けたら良かったのですが、かえすがえすも残念。
Dsc_1776 Dsc_1772
三代目女将が椿が大好きだったことからお宿には椿に因んだもの満載、置いてあるお菓子の銘も「侘助」👆

部屋に戻り、早速大浴場(1F)へ。  👇中庭越しにロビーラウンジ(3F)が見えました。
Dsc_1777 Dsc_1779
大型ホテルのだだっ広いお風呂を想像していましたが、思った程ではありません。でも人が少なく快適、愉しめました。

👇夕食はお食事処『YUUHIダイニング』(3F)へ。
Dsc_1780Dsc_1781
「雪洞」には、スダチの乗った鰤の風干し、能登海鼠の横にはころ柿、そしてかぶら寿司👆

👇「蟹香ル」は、加賀蓮根のすり流しで、紅ズワイ蟹のつみれが入ってました。
Dsc_1783Dsc_1784
私は能登ワイン・サンジョベーゼ・メルローを、主人は日本酒を選択👆

👇左上は追加した香箱蟹身寄せ。 「里からの便り」は左から、紅ズワイ蟹・ガンド・甘エビ・天然鯛 
Dsc_1785Dsc_1786
「発酵の香り」は、能登野菜満載のいしるのバーニャカウダ👆

👇お肉に合わせ、私は赤ワイン、主人も別の日本酒に。 「大地」は能登牛の割下たっぷりのすき焼き👇
Dsc_1787Dsc_1790
👇ご飯・赤出汁・香の物で〆  デザートは金時プリンに南瓜白玉や金時チップスが添えられてました。
Dsc_1791Dsc_1792
この地方の特色を生かした美味しいお食事でした。

もう少し近いといいのになぁ~と思いつつ、ゆっくり休みました。

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ