« タヒチ経由で行くイースター島(3月17日) | トップページ | タヒチ経由で行くイースター島(3月19日午前) »

2024年4月18日 (木)

タヒチ経由で行くイースター島(3月18日)

Dsc_2234_20240409203301 タヒチ島とイースター島の時差は5時間。

イースター島到着時は朝の10時です。

なので朝食がサーヴィスされました。

とってもローカルな線なので、

全く期待してなかったのですが、

悪くなかったです。

やっぱり、チーズが美味しい💕


木々を見かけない、芝生に覆われた丘のような島に着陸。 空港には、ぽつねんと我らの飛行機一機のみ。
Dsc_2235_20240409214101 Dsc_2237_20240409214101
荷物も、ドバァ~ガサ~ッと置かれてました、勿論、手荷物ターンテーブルはありません(笑)

👇イースター島でのホテル『イオラナ』です、思ったよりちゃんとしてる…😅 
Dsc_2276_20240418101301 Dsc_2243_20240418101301 Dsc_2246
まずは昼食を頂きました。

ビュッフェ式ですが、おかずの種類はこれだけ。

レンズマメのスープに生野菜やインゲンの炒めもの、

マタヒーロという白身魚のグリルに果物。

スイカが美味しかった💕

その後、部屋をチェック。

エアコン付き、リモコン操作OKでホッ (*^^)v

ポットや冷蔵庫がないのは想定内ですが、冷蔵庫付きのお部屋もあるそうです。

その他、エアコンがない・エアコン有るけどリモコン操作不可とか… いろんなバリエーションがあるよう(笑)

なので、あまり大きな声で嬉しそうに「エアコンあるよ~」とは言えません😅

太陽光発電のため、温かいお湯が出るのは16時以降。 一斉に使うとお水も出なくなりそうなので要注意💦

WiFiはロビーでなんとか繋がりますが、それもやや怪しい感じ…  文明の利器も当てになりません(笑)

お部屋を確認後、早速観光に出かけました。

👇まずは、『Ahu Akibi(アフ・アキビ)』へ。  因みに、アフというのは、モアイ像を乗せる祭壇の事です。
Dsc_2251 Dsc_2253_20240418101401
私的には「七人の侍」かな?

木やロープ、石など古典的道具で修復されたそう。

イースター島には約1000体のモアイ像がいますが、

この7体だけが西の海、故郷の方向を向いてます。

よくテレビや写真で紹介されている有名なモアイですが、

お顔だけでなく、背中を拝見できるのが嬉しい💕

聖域なので、立ち入り禁止の石のラインが施されてますが、うっかり入ってしまう事が多々あります。

分かりにくいですが、写真撮影時には邪魔になるものがないので助かります。

次は『Puna pau(プナ・パウ)』
Dsc_2259_20240418101401  Dsc_2264_20240418101401
モアイの中には赤色凝灰岩で作られた帽子の様な物を頭に乗せているものがあります。

これは髷を象徴してるそうで「プカオ」というそうです、そしてここがその製造所。作りかけのプカオがゴロゴロ…

👆中には、穴を開けて昼寝用に使われたプカオも…

👇次は『Ahu Huri A Urenga(アフ・フリアレンガ)』👉Dsc_2270_20240418101401
Dsc_2268_20240418101401

私的には「ロンリーボーイ」です。

冬至の日に太陽が昇る方向を見ている唯一のモアイ。

4本の手があるのですが、肉眼で判別するのがやっと。

「淋しそう❕」と言うと、ガイドさんが「御先祖様がいる」と。

アフにはご先祖様の霊が宿ってらっしゃるんですね。

今日は、内陸のモアイ像を拝見して回りました(因みに内陸タイプのモアイは25か所)

殆どのモアイは、海を背にして自分たちの村を見つめる(眼力で村を守る)ようにして立っているそうです。

宿に戻り、ホテルの庭をちょっと探検に。

殆どビーチがないイースター島ですが、このホテルには海水プールがあると聞きました。

庭先を海の方に下りていくと、👇岩に囲まれたプールを発見。 
Dsc_2280_20240418101301 Dsc_2281_20240418101301  
波の荒い日に泳いでいた方が外海に流されて亡くなって以来、一応遊泳禁止に。 でも泳いでる人発見‼

夕日を見ながら夕食に向かいました。 メインはお魚ではなくチキンに、そしてデザートが増えていました。
Dsc_2278_20240418101301 Dsc_2279_20240418101301
お料理は可もなく不可もなく… ビールやワインを頂きながら、お仲間と楽しく過ごせました💕

明日は早朝出発なので、部屋に戻ったらベッドに直行です。

« タヒチ経由で行くイースター島(3月17日) | トップページ | タヒチ経由で行くイースター島(3月19日午前) »

海外旅行(南米)」カテゴリの記事

コメント

 タヒチ島とイースター島は時差5時間もあるのですね!
 イースター島はポリネシアの島々の端っこのようなイメージでしたが、地図を見て納得。
 チリ領で、もはや南米に近いのですものね。
 なんといってもモアイ像の島ですから、観光客も多そうなのですが、
 ホテルは思ったより設備が整っていない?
 もっとも、森林がないですし、水が少ないのでしょうね。
 謎めいた島ですので、とっても興味深く拝見してます👀 

うつきよう様、イースター島はポリネシアン・トライアングルの東端、タヒチ経由でも遠いですよね。
それでも以前の、アメリカ➡チリ➡イースター島よりもはるかに近くて速い(笑)
体力あるうちに行っておかないと…と思っていた次第です。
今回はJTBチャーター便を利用してる関係で、日本人観光客が目立ちました。
雨期の終わりですが時々怪しげな雲が…、でも乾季になると水が制限されて不便極まりない…
大勢の観光客が押し寄せるタヒチですら、水が不足するそうです。
「能登の方達を思えば、不満なんて贅沢‼」と、普段ふんだんに使ってる水のありがたみを痛感しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タヒチ経由で行くイースター島(3月17日) | トップページ | タヒチ経由で行くイースター島(3月19日午前) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ