美味礼賛?

2024年5月13日 (月)

虎魚(4月22日)

GWにやってくるお魚大好きな孫一家のため、近くのお寿司屋さんに予約をお願いしに出かけました。

電話で済むものの、これ幸いと、夕食の支度をさぼり美味しい物を頂戴しようというズボラ主婦です(笑)

Dsc_2558👈なんと虎魚(オコゼ)がいました。

以前博多方面に出かけた時に頂いて以来の遭遇です。

迷わず、薄造りとから揚げに…

思った以上に量があってビックリでした。

後日孫一家と出向いた折にも、

「いいのがいたので…」と仕入れて下さってました。

孫はオコゼの顔にびっくり 😳

親とジジババは、美味しいぃ~と…堪能した次第。

それにしても「孫は来て良し帰って良し」で、滞在中は孫と一緒にはしゃいでおりましたが、

帰った後は、喪失感による疲労感や後始末の山にどんより気分。

いつまで遊んでくれるかなぁ~ ❔

2024年3月14日 (木)

天恵茹(3月8日)

ほぼほぼ月一回集まる仲間がいます。

先月はお休みしてしまいました。

今回参加すると、何か事情があるのでしょう、大きな発泡スチロールの箱が置かれていました。

仲間の説明は以下の如し。

徳島から参加してる方が、東京でミシュラン〇〇星のレストランにいらしたのがきっかけ。

ウエイターさんが恭しく「徳島産の椎茸を使った〇〇でございます」と…

椎茸の詳細を聞いたその方は、「知り合いが作っている椎茸かも…」と。

その話を聞いた他の方達は、「話だけでは味が分からなぁ~い」と…

徳島の方が「ならば次回持ってくるわね、というか送るわ」ということに。

大きな発泡スチロール、中を見てビックリでした。

今まで見たこともない大きな椎茸、傘が大きいだけでなく身も厚い。

Dsc_2055『天恵茹(テンケイコ)』というそうです。

「椎茸嫌いな子供にも食べてもらいたい」と、

2002年から開発を進め、12年の月日を経て、

漸く世に送り出されたものだそう。

太い軸ですが、これも食べられます。

先月居合わせなかった私ですが、

頂戴することができました (*^^)v

椎茸嫌いな主人と娘を横目に、バター醤油で…

「鮑のような…」と、説明書きにありましたが、確かに食感はあの鮑です、美味しかったです💕

一人では食べきれないので、友にもお裾分けし、満喫した者同士で、椎茸談議に花を咲かせました。

2024年3月12日 (火)

友とランチに(2月15日)

ず~っと以前になりますが、木を基調にしたカントリー風カフェ&雑貨のお店がありました。

ディスプレーもお洒落で、食べても見ても楽しくなるお気に入りのお店でした。

我が家からだと車で30分ほどの所ゆえ、しょっちゅう行くというわけにはいきませんでしたが、

前を通りかかったら思わず寄っていたお店でした。

とっても流行っていたのに、いつの間にか姿を消し淋しく思っておりました。

ある日、車で出かけていて、曲がり角を間違えてしまったんです。

と、そこに消えてなくなったと思っていたお店と同じ名前のカフェを発見。

車からですが、何となく雰囲気が似ている、同じ匂いがする(笑)

友に「大発見❗」と報告したところ、「行こう🚗💨」ということに即決定。

というわけで、ランチを頂きに出かけることに相成った次第。

Dsc_2051ケーキ類も気になりますが、今日は我慢。

ロール白菜のセットメニューを選びました。

体に優しい風のお食事内容で、お味もいい。

「良く見つけたね」と、友にも褒められ、

ちょっと鼻高々。

友はいいジャケットを見つけてお買い上げ。

私は、キャセロールを購入。

次回はケーキを食べようかな❓

2024年3月11日 (月)

夕食はイタリアン(2月9日)

主人が外食してくるというので、これ幸いと娘とイタリアンに出かけました。

とっても美味しいのですが、シェフ一人で切り盛りしてるため、時間がかかるんです。

イラチの主人は、そこが気に入らないようで、私の行く機会も半減してるお店です。

最近システムが変り、お料理が決められてました。

指定のコースと、それからパスタを除くコースとメイン料理を除くコースの3種類。

娘はフルコースを、私はパスタだけ除いたコースにしました。

Dsc_2043 Dsc_2044_20240310214701
Dsc_2046季節のスープは、リンゴ。

前菜は上から時計回りに、帆立とオレンジのサラダ・

金牛蒡と里芋のミルフィーユ仕立て・鶏肉の胡麻揚げ

👈メインは宮崎牛のステーキ

ソースは何だったかな? 失念😢

美味しかったことは覚えているになぁ~💕

ポルチーニ茸のリゾットも美味しかったです。

(娘のパスタな何だったかな? お裾分けしてもらったのに…)

Dsc_2047 Dsc_2049
デザートも美味しかったです、やはりお味はバッチリ❗

シェフが一人で作って接客してワインも選んで… そりゃぁ時間かかりますよね、仕方ない。

でも娘とゆっくりお喋りする時間ができて、それはそれで有意義だった気がしました。

2024年3月 9日 (土)

再びヘルプ(1月30日~2月4日)

末娘の婿殿が海外出張で留守になる一週間、「ヘルプ‼」の要請がかかりました。

融通のきく用事しかなかったので、ルンルンで「お手伝い」に出向きました。

京都駅のスタバで見つけた京都限定抹茶ドーナツで小腹を満たしながら…
Dsc_1983 Dsc_19842
全く雪のない奈良県民には、伊吹山の冠雪すら📷被写体です(この後空は鉛色に、富士山は雲の中)

最寄り駅で末娘と待ち合わせ、まずは帰宅、そして保育園のお迎えに同行しました。

これから一週間の私のスケジュールはいたってシンプル。

起床時の着替えや朝食の補助・保育園の送迎・朝食後の片づけ・洗濯もののを畳んで簡単な掃除…

食洗器に乾燥までしてくれる洗濯機は心強い助っ人、狭い家故掃除も楽ちん。

9時過ぎにはすべて終わってしまい、我が家にいるより私の時間はたっぷりです。

昼間は暇、持ってきた本もさっさと読み上げ、娘一家の本に手を伸ばします。

買い物ついでに軽食取るのもよし、残飯整理するのもよし、気ままな時間を満喫。

孫たちを保育園から連れて戻ると、いっぺんに賑やかになります。

娘が夕食の用意する間、バァ~バは遊び相手に奮闘❗

楽しいけど一番エネルギーがいる仕事です(笑)

はしゃいで出てくるお風呂上がりの孫の世話も、なかなかのものです。

何時もは夫婦二人とはいえ、仕事抱えての育児・家事は大変だろうと痛感。

そして「たまにはゆっくりと食事がしたい」というのは、子育て中の女性が抱く夢の一つです。

鎌倉に住んでる長女を誘い、早退する末娘と3人、ランチを楽しむことに…

場所は、日比谷ミッドタウンの『SALONE TOKYO』、イタリアンのお店です。

Dsc_1986 Dsc_1987
アサリの泡の中には茹でタコ、オレンジオイルがかかってました👆 めっちゃくちゃ蛸が美味しかった💕

👇赤海老は、グランスミスピューレやディルサワークリームで頂きます。
Dsc_1988 Dsc_1989
アオリイカラグーとンドゥイヤというソーセージを使ったトンナレッリ。シシリアンルージュというトマトのベース。

👇肉料理はイチボのロースト、牛蒡のパルミジャーノと天然クレソンが付け合わせです。
Dsc_1990 Dsc_1991
デザートpart1は、キウイソルベ、セロリのゼリーとクラフトジン(マウシム)がかかってます👆

👇part2は、白いティラミスに白ワインゼリーや黒ゴマジェラード・金柑コンポート、更にアーモンドケーキ。
Dsc_1992 Dsc_1993
どれもこれも目にも口にも新しいお料理で、とっても美味しく楽しめました。 最後に紅茶を頂きながら…

久々の大人ランチに、娘達も大満足の様子。  こんな女子会も楽しいかもしれませんね。

Dsc_1994お店を出て外を見ると、ゴジラがいました。

このビルの上階には映画館があります。

そのCMでしょうか?

悪者になったりいいものになったり…

何となく憎めない姿です

シン・ゴジラは見ましたが、ゴジラ-1.0はまだ。

友が「よかったよ」と言ってましたっけ。


長女が新橋駅に向かうので、共に高架下をテクテク👠👠👠👠👠

有楽町界隈の高架下も、最近では洗練されてきて、昔のイメージはなくなってきてますが、ここはもっとでした。

Dsc_2002_20240309184301「カヌレ」のおいしいお店がここにあります。

店内では食べたことありません。

運よくお席が空いてます (*^^)v

Dsc_2003
「別腹ぁ~」と、押しかけることにしました 😅

Dsc_19972 Dsc_2001
カヌレをこんな形で頂くなんて…  いつもは指でつまんでポイッと口の中へ…なのですが…(笑)

むき出しになっているコンクリートが、高架下であることを思い出させます。 外に出るとこんな具合👇
Dsc_2004 Dsc_2005
この後長女と別れ、保育園に迎えに行って、またいつもの生活に戻りました。

あっという間の一週間でした。 婿殿も帰ってきて、孫たちも嬉しそう❕  私はお役御免です。

Dsc_2008帰宅する日曜日、立ち寄りたい所があります。

お気に入りのカフェは土日のみの営業。

「おやつプレート」に初挑戦。

金柑のショコラクラシックと好きなケーキ、

それに飲物が付きます。

私は干しイチジクのバターケーキをChoice

今日も美味しく頂戴いたしました。

孫守は疲れますが楽しみも大きい、次回の機会を虎視眈々狙って帰宅しました(笑)

2024年2月22日 (木)

山焼き(1月27日)

昨年の山焼きは、前夜の雨と当日のハラハラ雪で火が燃え上がらず、ショボショボでした。

今年は、昨年と同じ仲良しご夫婦とリベンジです 💪

山焼き鑑賞には抜群の立地にある主人の友経営のレストランに予約したのは昨年の春。

花火と山焼きを見るために作ったという屋外テラスで、ストーブに当たりながら飲物頂戴しながら…💕

山焼きの数日前から、「雨降るなぁ~」と天に向かって叫んでおりました。

そして無事に、雨降ることなく、雪積もることなく、この日を迎えることができました (*^^)v

Dsc_19815時過ぎに聖火行列(春日大社の御神火)が出発します。

それまでに会場に着かないといけません。

飲み物頂きながら、野上神社に御神火が到着し、

行事の無事を祈願する祭礼が終わるのを待ちます。

興福寺・東大寺・金峯山寺の僧侶による読経の中、

👈山麓中央の大篝火に点火。

そして大花火が打ち上げられます。


Img_2125 Img_2118

















約600発の花火は壮観です。




松明を持った消防隊員約300名が、山を登っていくのが見えました。Img_2105

そして、18時半、法螺貝やラッパの合図で一斉点火。

1706423294237
良く燃えます、感動ものでした。

いつの間にかレストランのオーナーが傍に来ていて、

「20年毎年見てきたけど、これはベスト1か2やな」と…

それを聞いて、満足度が数倍にアップしました。

「これで思い残すことはない」、そんな心境です(笑)

火が上へ上へ上っていき、やがてその勢いが少しづつ弱っていくと、人もはけていきます。

そろそろお食事です、スタッフさんの案内で、別棟の個室に向かいました。
1706423254416 1706423254629

1706423254856 1706423254915
17064232664852 17064232663171706423276478 1706423276630  
1706423276725どれも美味しいお料理でした。

話題はもっぱら山焼き。

昨年のしょぼぶりと今年の凄さが話題の中心。

今年の山は燃え、我らのワインも進み、大満足。

それにしても、過去はいざ知らず、

神社さんとお寺さんコラボの行事。

「争ってもいい事ない」と知った大人な対応かと…

外国では戦争の種になるのにね。

2024年1月28日 (日)

女子会の新年会(1月19日)

月一回ほどの女子会の新年会に行ってきました。

開催場所は、大阪リッツカールトンの中華料理のお店『香桃』。

顔を合わせた途端に始まるお喋りに、スタッフさんもメニューを抱えて右往左往(笑)

お喋りが楽しくって、お料理が美味しくって、最初の二品は写真撮り忘れました。

確か、一品目の前菜は6種類ほどの盛り合わせ、二品目は大きな肉団子のスープ。

点心のコースなので、蒸し物も焼き物も皆可愛らしいです、特にこのキノコ型の蒸しパンがチャーミングでした。
Dsc_1968 Dsc_1969 Dsc_1972
カリッとした皮にパリパリのタルト。

食感も楽しめました。

デザートはタピオカ入りココナツミルクと果物。

どれもこれも美味しかったです💕

少なく見えましたが、結構お腹いっぱいに。

場所を変えてお茶しましたが、誰もケーキに手が出ず…

お喋りは尽きることなく…

今年も女子会は元気に始まりました。

2024年1月22日 (月)

今日のランチ(1月13日)

昨日テレビで「アナゴ」を見た時、「明日、鰻食べに行こう‼」という気分になりました。

美味しいウナギ屋さんがありますが、いつも行列ができていて、何となく足が遠のいていたんです。

朝食を軽めにし、開店前に到着するよう早めに行けばなんとかなるかも… 

ところが、11時30分開店だと思って行ったのに、なんと11時開店。

1時間待ちは覚悟で並びました。  

が、運のいいことにカウンターでもいい私達は30分待ちで席に着くことができました (*^^)v

でもいい事ばかりではありませんでした。

大好きな蒸篭蒸しが、メニューから消えていたんです、すっごくショック 😥

Dsc_1964 Dsc_1965 Dsc_1966

お昼ですが、やけ酒?悔しビール🍺

一品から鰻巻きを Choice。

👈うな丼「上」定食、肝吸いが付いてます。

「特上」にしても鰻の量が増えるだけなので、これで充分。

やっぱり美味しかった💕

それにしても蒸篭蒸しはどうしてなくなったのかな?

ず~っと「蒸篭蒸しぃ~」と言い続けていたのに、並ぶのが嫌で避けてる間に…

やはり食べたい時に食べておかないと…  「次」がなくなってしまうことって多いですね。

2023年12月27日 (水)

アフター居酒屋(12月15日)

こう寒くなってくると温かい飲み物が恋しくなります、とりわけ食後のウィスキーが…

とはいえ、主人の退職以来頂き物もなくなり、日本製ウィスキーは手に入りにくくなり…

「欲しい」「飲みたい」とか言いながらも、買い控えております。

なので、たまぁ~にバーに行った時、お薦めの美味しいウィスキーを口にするぐらいです。

本日は、ズボラ主婦が外食を要望、娘とアラコキ夫婦でご近所の居酒屋へ繰り出しました。

店を出ると冷気に襲われ、一気にウィスキー気分に❗

ということで娘と二人、腰痛の主人一人送り返し、バーに寄り道することにしました。

Dsc_1927 Dsc_1928 Dsc_1929 
👆この「響」は飲んでません、飲めません高すぎて…

「サントリー響 100周年 アニバーサリーブレンド」 勿論限定品。

でも珍しい物を観ることができて、手にすることができてちょっとハイな気分に。

3杯も飲んじゃいました 😅    娘と一緒で良かった、ちゃんと歩いて帰りました 😂

2023年12月26日 (火)

蟹を食べに香住へ(12月4日~5日)

今年も恒例の「蟹ツアー」に香住の『櫂の詩』に行ってきました。  今年は娘も参加して3人。

部屋はいつもと同じ、唯一お風呂のある1Fの部屋を確保(10畳の畳部屋に石風呂です)
Dsc_1910 Dsc_1907Img_20231204_153710
 👆これが温泉ならいいのですが…   残念です。

👈甘いものを頂いて、大浴場を覗きに…

と言っても4人入ったら一杯になりそうな大きさ。

この時期、まだ狭い脱衣所に不安を感じます。

一回目は先客3人いらしたので遠慮。

二回目は、お一人だけでしたので…

私にとって、このお宿の難点はこの温泉施設のみ。

民宿出身ですから仕方ないとはいえ、今後改良されんことを密かに祈っております。

夕食は完璧です、何時もとっても美味しく蟹を頂戴します、しかも一人当たり二杯ですから量も充分。

今年はお食事処ではなく、部屋食。 炬燵を端に寄せ、食事用の大きなテーブルが用意されました。

👇大きな甘えびにカンパチ・アカイカ、右のお皿はバイ貝・セコガニ・ホタルイカ
Dsc_1912 Dsc_1911
          炮烙焼きの蟹の before を見せて頂きました👆  蓋をして…👇

👇お刺身です、これが例年以上に甘かった、美味しかった💕           👇
Dsc_1913 Dsc_1914
👇炮烙焼きはこの味噌をつけて食べても美味💕        炮烙焼きの after 👇
Dsc_1916_20231225211001 Dsc_1917
👇こちらは鍋の材料。 最後は雑炊にして完食❗       👇デザート
Dsc_1918 Dsc_1920
内緒ですが、食べきれなかった鍋の蟹(火が通ったもの)は一生懸命身をはがしてタッパーでお持ち帰り😅

本当に食べきれないんです、残すなんて勿体なくてできません(笑)

ポンポコ狸のお腹を抱えて、娘とアラコキ夫婦、トドのごとくバタンゴロリ… そしていつの間にか💤💤💤

翌朝気持ちよく目が覚め、まずはお風呂へ… 運よく一人でした (*^^)v

Dsc_1922朝食はお食事処で。

昨年から朝食が改善され、今年も満足。

ただ鰈の一夜干しが冷めていたのが残念。

そしてお箸の先が太いので、ちょっと食べにくい…

この後コーヒーを頂いて部屋に戻ります。

手ごろなお値段の御宿、あまり文句は言えません。

でもお風呂を広く…部屋にも温泉を…欲張りですね(笑)

check out後、近くの蟹市場で、年末用に冷凍の蟹を買って帰りました。

より以前の記事一覧

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ