2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

2019年8月12日 (月)

帰ってきました(8月9日)

ご無沙汰しておりました、無事?に帰ってきました。

7月24日、日本からコペンハーゲンに飛び、あくる日フィヨルドクルーズに出発 🚢💨

仲間8人と船旅を満喫しながら、立ち寄るノルウェーの街も Enjoy 🎵🎵

再びコペンハーゲンに戻って、うち6人でアンデルセンが生まれた街を訪問。

そして4人で、近くのオーベルジュを尋ねました。

更に電車で、ハンバーガーを食べにハンブルグへ移動。

非常に順調で楽しい旅でした。

ハンブルグからは、デュッセルドルフ経由で成田に戻ってくるはずでした。

8日の夜に帰宅する予定だったのですが、まさかのキャンセル… 💢

私たちがキャンセルしたのではないのですよ、フランクフルトからの飛行機が欠航 💥

しかも何のアナウンスも説明もなくいきなりサインボードに「canselled

理由も分からずに、知ったところで何もできませんが…

今はとにもかくにも、荷物を回収し新たに発券手続きをせねばなりません。

いろいろありましたが、結局空港近くのホテルで一泊し、あくる日の便で帰国。

家についてほっとし、後始末しておりましたら今日にいたってしまいました。

今は、目の前の盆に、慌しくしております。

旅のブログアップは今しばらく御預けになりそう。

元気にしておりますので、ご心配なさらないでくださいね。

まずは帰国のご挨拶❗


2019年7月23日 (火)

旅の準備開始

明日から北欧に出かけます。

コペンハーゲン発着のフィヨルドクルーズ。

その後、オーデンセという町を覗いてハンブルグで美味しいものを食べて帰る 💕

そんな企画に友から誘われ、我らを入れて4組夫婦が行くことに。

でも一組は一足先にヨーロッパ、もう一組は違う飛行機で…

皆さま、海外にはとっても慣れてらっしゃるんです。

一組のご夫婦は年に5~6回は海外旅行、もう一組と友夫婦は海外生活経験者。

ズボラで無能な我が夫婦は全てお任せで、背後霊の様についていくことにしました。

とはいえ、自由時間を有意義に楽しく過ごすには下調べしないと…

日々の雑用に追われて…というよりも、おしりに火が付かない状態で今日を迎えました。

Dsc_2401 クルーズ会社から送られてきた案内書はまるで本。

厚さが 1cmほどあります 💦 しかも中は英語💦

🚢のエクスカーションもレストランの予約も友任せ。

なので立ち寄る街の様子も行動できる時間も不明のまま。

出航前には把握しておかないと、見たい物を見逃しそう💦

辞書片手に悪戦苦闘し始めたのが日曜日。

でも志半ば、否、1/4で疲れ果て、方針をチェンジ、図書館に旅行本を借りに行きました。

月曜日、これはと思う所をコピーして、行きたいところをチェックし始めました。

でもいくらなんでもそろそろ荷造りも始めないと…

でも施設にいる母の留守中不足しそうな物を補充したり、いつもの接骨院に行ったり…

何やかやと小さな用事に追われてなかなか落ち着く暇がありません。

いつものようにエイヤァ~っと、見切り出発になりそうな気配濃厚(笑)

そして夕方なんとか荷造りを終え、例の本は飛行機の中で読むことに…できる…⁉

明日は始発のバスで伊丹に向かうので、4時起きです。 もう寝ないと…

スマホのみで出かけるので、ご報告は帰国してから…? 盆明けてから…❓

というわけで、暫く静かになります。

2019年7月20日 (土)

今日は天婦羅(7月16日)

昨夜の天気予報では「夕方から雨」でしたのに、朝からミストの様な雨が降ってます☔

昨日買っておいたサンドイッチとお部屋のインスタントコーヒーで寂しい朝食をすませ…

お昼の天ぷら屋さん『近藤』のお料理に、胃腸を整えました(笑)

お店は銀座5丁目にあるビルの9階、小さなエレベーターで向かいます。

入ってすぐに、15人ほど座れるでしょうか? そのL字型カウンターに座ります。

奥の10人ほどのカウンター席では、息子さんが頑張ってらっしゃるそう。

既に友が、椿(海老2 魚3 野菜4 かき揚げ)のコースを頼んでくれてました。

でも席に着くなり、名物の「サツマイモ」を二個追加、「皆で分けよう」とのこと。

と、カウンター越しにバカでかいさつまいもを処理しだす板さんがみえます。

まだ飲み物も手元に来ていないのに… もしかして他の方のかな…

Dsc_2362 Dsc_2363 Dsc_2364
でも納得、こんなに大きな塊のまま鍋の中に入っちゃったんです、時間かかりますよねぇ~❗

Dsc_2365奥の野菜だけでなく、お魚もエビもすべて、

客の顔を見てから洗って、皮剥いて、切って…

捌いて、殻剥いて…

まな板に隠れているシンクに、次々と屑が。

黙々とした処理なさる板さんは二人。

そして大将が粉をつけ、衣をつけて揚げます。

突き出しはモズク。 大根おろしと雪塩&レモン、そして温かい天つゆで頂きます。

Dsc_2369 Dsc_2371

最初は海老の頭。ぱりぱりサクッ❗  海老は二尾ですが、一尾ずつ出てきました。

季節によって仕入れ状態が変わりますが、本日はアスパラ・やや小ぶりの丸茄子👇

Dsc_2372 Dsc_2373

そして鱚👇 次は種ごと頂けるピーマンで、近藤さんが依頼して作ってもらってるそう。

Dsc_2374 Dsc_2377

頑張って中身を撮ったのですが、種があるのがお分かりいただけるかしら?

椎茸に貝柱。 この貝柱、中まで完全には火が通ってません。 いい食感と甘味 💕

Dsc_2378 Dsc_2379

その間に、大将は次々とまだ綺麗な油を取り換えていきます、継ぎ足しではないのです。

👇とても柔らかいペコロス。そしてとうとう揚がりました、サツマイモ‼

Dsc_2380 Dsc_2384

薄い皮が香ばしく、そしてなんとも甘い 💕  手でつまんでも油が付きません。

余熱で中まで火を通すためにキッチンペーパーで包んであったのですが、そのペーパーもサラッ

油でもたれないわけが分かりました、食材は油を吸ってないのです、そんな感じがします。

更に友が、「面白いから…」とトウモロコシとニンジンを注文してくれました。

👇これは穴子です。   この一人前のトウモロコシを一口ずつ分けます👇 
Dsc_2391 Dsc_2385

残念なことに、「面白い」という揚げてる状態を見ることなく、コーンが出てきました(笑)

実は、ニンジンの桂剥きに目を奪われていのです、最後の最後まで帯状に向いてるのです。

そしてくるくるっと丸めて、元の1本の人参のようにしたかと思ったら、それを千切りに。

Dsc_2382 Dsc_2386 Dsc_2387

髪の毛ほどの細い千切り人参に衣をまぶし、油中に入れると白い泡で見えなくなって…

箸で広げて、鍋一面に広がった人参を、今度は箸でくるくるっと絡めていきます。

Dsc_2388 Dsc_2389 Dsc_2390

と、鳥の巣のような人参が出来上がり。 皆だ分けたので出来上がりの写真がありません🙇

ご飯は、そのまま頂くか、天丼にするか、天茶にするか、選べます。 

Dsc_2393 Dsc_2394
👆私は天茶、ワサビを載せてお出汁をかけて頂きます。 

お腹がはちきれそうにいっぱいだったので、ご飯を少量にしてもらいました。

デザートのマンゴーも甘くておいしかったです💕

私にはもう一品少ない「菫」コースで充分かもしれません。

美味しいのと油でもたれないので、完食できましたが、本当にお腹いっぱい 💢

流石に、もう甘いものは入りません、☕だけ頂きに喫茶店へ。

女のおしゃべりは尽きません 💋   楽しい一泊二日でした。

2019年7月18日 (木)

『洩花之能』へ(7月15日)

喜多流能楽師 友枝真也氏と交流のある友から、お能に誘われました。

真也氏主宰の『第四回 洩花之能』です。  私は今回で二回目。

「今年は寝ないぞ‼ 頑張る‼」と、ご近所の友と参戦決意、東京へ 🚅💨

Dsc_2330 Dsc_2331
脇正面前から3列目、流石、いいお席です。

演目は、狂言「縄綯」仕舞「忠度」能「湯谷」

関西の私には湯谷に違和感を覚えます、やはり「熊野」の字に馴染みがあります。

ありがたいことに今年は、詞章をプリントして配ってくださいました。

おかげで、寝ることなく… (正直に言うと一回、ガクッとなりました)

舞台に近いので扇の柄まで見えるんです。

仕舞の友枝昭世氏の扇が素晴らしくって… お着物も素敵で…

「何見てるんだぁ~」と怒られそうですが、溜息ものでした(笑)

舞台の後は、お腹と口を満足させに、『mikuni MARUNOUCHI』へ。

ですが私達奈良組は、先にチェックインを済ませにホテルに向かうことにしました。

近いのですが急ぐのでタクシーを利用。 基本料金410円ですから…

さっさと用を済ませ丸の内へ。 ルンルンでレストランに向かいました。

分かりにくい入口にウロウロ、慇懃無礼な感じのおじさまの応対にちょいムカッ💢

オープンキッチンの前を通った時のスタッフさんの様子からも予測はできましたが…

Dsc_2333 Dsc_2334

お料理は美味しかったです。 最初は、ジャガイモのテリーヌです👆

👇かぼちゃの冷製スープに、シマアジのタルタル👇

Dsc_2335 Dsc_2336

牛フィレのステーキには粒マスタードソース、ブルーベリーの乗ってるデザートも申し分なし。

Dsc_2337 Dsc_2338

返す返すも残念なお店です、お給仕のおじ様たち、少し鼻高さんになってる…⁉

Dsc_2339 そしていつものようにバーへ… 

オールドウイスキーがたぁ~くさんあるお店です。

でもそれら特殊なものは、ボトルキープしないとダメ。

ですから、私たちが頂くのは一般的なウイスキーです。

それでもとっても種類が多くってビックリしました。

自分で選ぶのは大変なので、好みを伝えて選んで頂きます。

お疲れ気味の友が、「軽め、刺激の少ないものを‼」

出てきたのは①「DEVERON」 そして刺激大好きな友は②「CRAGGANMORE」

私には、①は物足りない、②はスモーク臭が強くってさしずめ正露丸(笑)

Dsc_2341 Dsc_2343 Dsc_2345 
②まで臭くないけど①よりウイスキー風味が強いものというと③「Bunnahabhain」が。

室内が暗めなので、そのままだとラベルが読めない、フラッシュをたくと光って… 💧

③より臭みの少ない…には④「TE BHEAG」⑤「Glenfarclas」がでてきました。

結論、今回の中では私の好みは⑤でした。

Dsc_2359 Dsc_2360 Dsc_2361

そしていつのも〆のアイリッシュコーヒーを頂いてから、ホテルに戻りました。

2019年7月13日 (土)

今頃ですが、「これだけケーキ食べました2018年版」

日々落ち着きなく、でもさして大事に用事があるでもなく、過ごしております。

ちょこちょこっとできる暇にPCを開けると、昨年のケーキの写真が目に留まります。

でも「今更…」と放っておりましたが、やはり気になります。

自己満足のために、ここにブログアップすることを決意。

Dsc_0341 Dsc_0353 Dsc_0362

Dsc_0389 Dsc_0390 Dsc_0485
Dsc_0492 Dsc_0506 Dsc_0516
Dsc_0518 Dsc_0543 Dsc_0574
Dsc_0597 Dsc_0678 Dsc_0679  
Dsc_0685 Dsc_0754 Dsc_0767
Dsc_0788 Dsc_0805 Dsc_0822
Dsc_0859 Dsc_0893 Dsc_0953 
Dsc_0954 Dsc_1054 Dsc_1065
Dsc_1089 Dsc_1878 Dsc_1890
Dsc_1916  
 正常値範囲ですが、血糖値が高めです。

 将来を思うと、ここは少し自重せねばならないのでは…

「懺悔」と言いつつ、毎年反省も行動規制もしないまま、

 今年もすでにケーキの写真撮りためております(笑)

2019年7月 9日 (火)

泡醤油(7月7日)

先日、友から面白いものを見せてもらいました。 それが「泡醤油」

京都『たん熊』さんで「お土産」として売られていた物を頂戴したとのこと。

丁度東京の友に持っていくお土産を探していたとところ。(奇しくも前回は「粉醤油」)

「💡」と、ひらめいたものの、先日豪遊したばかりで、たん熊さんは敷居が高い。

たん熊さんの食品を取り扱うデパートを調べましたが、この商品は見当たりません。

醤油の製造は、京都亀岡市の『竹岡醤油株式会社』です。

早速こちらの会社の商品情報を調べたのですが、ラベルの柄が違いました。

でも錦の『田邊屋』さんで、このたん熊さんと同じラベルの物を取り扱ってることが判明。

ラベルだけで中身が一緒ならいいのですが、お値段も違います。

竹岡さんに問い合わせるのも面倒で、たん熊さんお薦め?の商品を購入することに。

インターネットで注文すると、すぐに返答があり、即発送、ゲットできました。

Dsc_2323👈 見た目、洗顔フォームみたい (笑)

早速使ってみたくって、お漬物を用意しました。

Dsc_2328 Dsc_2324
👆             👆
   こんな感じの泡ゝです。

口にすると、ふわっと消えてしまいますが、お醤油の香りと味はしっかり。

おつくりにプシュッ💨 お寿司にプシュッ💨 いい感じでした。
 
泡だからか、優しくっておいしい💕  あまり醤油が好きでない私にはうってつけ?

1プッシュで0.5ml、味見もしないで醤油をかける方にもいいかもしれません。

そして、食感と見た目も楽しくって… 🎵🎶🎵

早速友に、「見てみて…使ってみて…」と持っていきました。

勿論、東京の友の分も用意してあります。

どんな反応を示してくれるか、今から楽しみです ♫(^^♪♬

 

2019年7月 5日 (金)

また落選(7月5日)

本日10時に、オールスター戦のチケット一般販売が開始。

第二戦は甲子園開催、「これは行くっきゃない💨」

私は用があるため、棄権。主人が自宅の電話とスマホで、娘が壊れかけのPCで参戦 💪

私のチケットも取ってもらうのですから、新しい元気はつらつ my computer を献上。

「取れたら連絡する‼」という主人の言葉に、片時もスマホを離さずにいたのですが、

「やはり…」というべきか、何の連絡もないまま夕方になりました 💧

私の周りには、ワールドカップ・オリンピックのチケットを獲得した人は一人もいません。

テレビの中で大喜びしてる人に、ため息つくのみです 😢

2019年7月 4日 (木)

『祇園さゝ木』へ(7月3日)

主人と私がともに「美味しい」「また行きたい」と言い続けているお店が京都にあります。

その『祇園さゝ木』はミシュラン2つ星ですが、私的には3つ星。

以前は主人のお知り合いのお知り合い…の方を通じて予約を取ることができました。

でもその方がいらっしゃらなくなり、自分で頑張らないといけなくなってしまいました😢

毎月一日10時から二か月分の予約受付け開始ですが、5月は連休明けになりました。

その日午前中に用事があったので、電話したのはもうお昼すぎ。

もう電話殺到は一段落してるだろうと、高を括っておりました。

予定表を用意し、自宅の電話と我がスマホを操作し、電話開始。

「話し中」…こちらも「話し中」…まだ「話し中」やはり「話し中」…

「このままお待ちください」とはならず切れてしまうので、かけ続けねばなりません。

次第に意地になってきます、そして諦めたくなってきました。

それでも漸く「お待たせいたしました」という声が聞けたときは、嬉しかったぁ~💕

6月は既に満席、皆様4月に確保されてらっしゃいますものね(笑)

我がスマホの履歴を見ると、なんと50回以上もかけてました。

これに自宅の電話を足すと何回になったのかしら? 

雨の止み間の水曜日、九州では大変なことになってるにも拘わらずお出かけいたしました。

Dsc_2320お店の入り口は、この細い階段の上です。

そしてお昼は12時開始。

お店の前に着いたのは、11時40分❓45分❓

まだ「準備中」の札が出てます。

暫し階段下の道路で待機。

雨でなくって良かった…

50分頃でしたか、漸く「どうぞ」の声がかかりました。

入り口で靴を脱ぎます。

席数は原則、入ってすぐのカウンター席(15名❓17名❓)のみなです。

でも超人気のお店、奥の10名ほどのお部屋にも人が案内されてました。

二階にも6名(ぎゅうぎゅう無理すれば8名)ほどのお部屋もあるそうですが、夜だけ?

店内は、カメラ禁止です。

とってもきれいで素敵なお料理をご紹介できないのがとても残念です。

「遅れて申し訳ありませんでした」という佐々木さんの言葉でお食事開始。

7分ほどの遅れでしたが、数名のお客様が席に着くのに手間取ったためのようです。

皆一斉にお食事を開始することをご存じなかったようですね。

一品目は、タコと夏野菜のゼリー寄せ。  そういえば今年は2日が半夏生だったそう。

琵琶湖の鮎のから揚げに蓼酢のアイスが添えられてました。 これがとっても爽やかで…

吸い物には、焼き鱸とそうめん、短冊に見立てた人参とカボチャも。 七夕ですものね。

そして鱧寿司二切、蒸し鱧&梅肉と焼き鱧。 

鱧と聞くと祇園祭、先日新聞で吉符入りが報道されてましたっけ。

鮪漬け山かけのとろろには、汲み上げ湯葉も入ってるんですって。

スダチ素麺は、三輪素麺をお使いだと聞き、チョッと嬉しい奈良県民です(笑)

角煮にした後焼いた豚と冬瓜は、甘辛いソースと玉葱ソースを混ぜ混ぜして頂きます。

豚の表面のカリカリと油身と思えるほどとろ~っとしたお肉の食感がすごいです、感動💕

ぐじの炊き込みご飯は土鍋です。 お代わりの時、おこげを所望 🎶

デザートは一口サイズですが、5種類あります、勿論全種類頂きます 🎵🎵

メロンと枇杷のカルピス風味、レアチーズケーキには可愛い桃のシロップ煮が載ってます。

コーヒーゼリーの下にはパンナコッタ、カルピスのシャーベット、のし梅の乗った羊羹。

以上が、本日のメニューでした。

お供は、ソムリエバッジを付けた方お薦めのロワール地方のさっぱりすっきり白ワイン。

帰るとき、次回の予約をしました、これで電話を50回以上かけなくて済みます(笑)

とってもとっても満足。 目にも舌にもお腹にも… 久しぶりでしたが、裏切られません。

有名になって時々テレビでお見掛けしますが、どうぞこのままこのお店を守っていってください。

2019年6月26日 (水)

ソフトテニス(6月25日)

私は、中学生の時からソフトテニス🎾をしてきました。

社会人になって少しお休みしましたが、専業主婦になって再開。

出産・介護などで途中休憩はさみながらも、今も続けております。

ただ介護生活以来、試合にはほとんど出ていません。

「勝つ」ことを目標にするエネルギーが枯渇してしまったのです(笑)

今は楽しい面白いテニスを追及してる次第。

主人もソフトテニスをしてましたが、サラリーマンになってご無沙汰に。

かわりにゴルフ⛳を始めたのですが、腰痛で断念、体も倍に膨れました(笑)

そんな私達が住む奈良で、西日本シニアソフトテニス選手権大会が開催されました。

私の仲間だけでなく、主人の友達先輩も出場してるはず… ということで覗きに。

懐かしい顔と目の前の熱戦に、主人が「テニスやりたい」と言い始めました。

このところ腰の調子もよく、歩く量も増えてきてる主人です。

でも、「月曜、お前のテニスについていく‼」にはさすがにビックリです💦

「ラケットは? 私、1本しか持ってないよ。 それに暑いよ 💥」

この日はラケットやボールを借りてくる約束をし、主人振り切って一人コートへ 🚗💨

そして火曜日、近くのテニスコートをとり、主人と二人でテニスする羽目に… ⤵

これって喜ぶところなのでしょうか?  「主人とテニスゥ~⤴」とか…?

🎾 🌞 🎾 🌞 🎾 🌞 🎾 🌞 🎾 🌞 🎾 🌞 🎾 🌞 🎾 🌞 🎾

当日、主人は「三分、持つかな…?」と言いつつも、内心「それぐらいは…」と。

でも現実は厳しい、最初はボールが飛ばず、ラリーになりません。 

それでもハァ~ハァ~言い出して、「休憩❗」

そして、「僕の方が風下だから…」というので、今度はサイドチェンジ。

ボールがネットを超えるようにはなりましたが、私は右往左往だけでなく前にもダッシュ💨

でも3球持ちません。「休憩❗」

と今度は、「ラケットを取り換えよう‼」

何とかラリーになりましたが、5回続かず…

主人は、死にそうなほど息切れし玉の汗かいてるのですが…

1時間コートを借りたのですが、三分の一は休憩、三分の一は球拾い(私が…)

というわけで、私は疲れることなく帰宅。

主人はシャワー浴びたと思ったら、もう横になっておりました、ほぼ3時間 zzz

来週の火曜日もチャレンジするそうです。

関西も梅雨入りしました、果たしてお天気は如何に、彼の体力・気力は如何に⁉

2019年6月20日 (木)

お気に入りカフェに (6月14日)

いつも行くテニスコート近くにあるカフェ『角砂糖』

テニス帰りに寄りたいのはやまやまなれど、主婦としては夕方はのんびりできません。

ところがこの日は、メンバーが少なく早々に疲れ果て、30分ほど早めに切り上げることに。

普通の主婦はこれ幸いと家に戻り、家事に勤しむのでしょうが…   (笑)

折角の私の時間が減っては勿体ない、もう30分ほど解放されていたい…

手持ちの文庫本片手に、このカフェに寄り道決行❗

開店してから1ヵ月と1週間、もう落ち着いてきたようです。

そしてありがたいことに、ケーキがメニューに追加されてました (*^^)v

濃厚なテリーヌショコラ、チーズケーキにパウンドケーキタイプのレモンケーキ。

Dsc_2316全てオーナーの手作りだそう。

レモンケーキをチョイスしました。

本日のコーヒーは、グアテマラ。

ミルクなしで頂ける美味しいコーヒーです。

ケーキも美味しかったです。

でも失礼ながら、やはりケーキのプロではない‼

珈琲を頂く合いの手にケーキを頂戴することはあっても、ケーキを食べに行くお店ではない…

このカフェで唯一残念と思っていた「スイーツがない」がなくなって、私的には完璧なお店に。

後はここに来るチャンスをどうやって作るか…  

嬉しい悩みです 💕

«メバルをカルパッチョに‼ (6月9日)