2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 箱根二日目お宿編 | トップページ | 秋の気配? »

2012年8月20日 (月)

箱根三日目最終日

天気予報では今日はとってもややこしいとの事。 確かに外はちょっと濡れてるみたい。

Dscf7561 でも隅の方の青空が広がってきそうな、能天気女の直感❢

まずは朝露天spa  湯船で思い出しました、源泉(近くの姉妹旅館の早雲閣)も頂けるのを…

早速出かけることにしました。 歩いて登っていくのかと思いきや、エレベーターが用意されてます。

そしてエレベーターは斜めに登るupwardright  外が見えないので、何だか妙な感覚。

Dscf7568 Dscf7569 この階段の上です。

花扇より小さめですが、クラシカル。 お二人入っていらしたのですが都合良く入れ違いに…

Dscf7570_2 Dscf7573_3

ほぼ40度の内風呂。 露天風呂向かって左は冷泉(33度位)右は温泉(43度あたり)因みに源泉は55度。

いい気持で再びエレベーターでdownwardright

昨日撮影しそこなったロビーの囲炉裏には火が入ってます Dscf7563

Dscf7583_5  Dscf7584_2  素敵な木の設え

いよいよ朝食。 昨日と同じようにお食事処に向かいます。 

Dscf7585_2  Dscf7586

          updown       downwardleft  こちらは盛り分けて

Dscf7587 & Dscf7588

そして先ほどのロビーでコーヒーを頂きました。

ゆっくりしました。 温泉も十分楽しみました。 今日はポーラ美術館に寄り、芦ノ湖畔を通って帰るつもり。

いつもの根拠のない天気回復の確信もむなしく、霧が漂う妖しい雰囲気。 
Dscf7594 でも雨じゃぁない‼

ポーラ美術館は、車だとすぐ近く。 あっという間に着きました。

十字型の美術館全体像はここからは見えません。 

それだけ箱根の自然に溶け込んでるということでしょうか。 でもちょっと残念。

入口に佐藤忠良の彫刻発見。 滋賀の佐川美術館で拝見して以来ちょっとファンなんです。

Dscf7599 そしてその向こうには広がりゆく青い空scissors

日差しが差し込むようガラス張りの屋根。 箱根の緑が美しい。

エスカレーター降りたところが1F. 右手にはレストラン アレイ。 ちょっと行ってみたいのですが、まだ満腹。

Dscf7597_3 さらにその下にはカフェTUNEが見えてます、cake cafe cake

まだお腹いっぱい・でも巡廻後なら…。 隣にはこの乙女心が理解できない主人。 ここは我慢我慢。

この度は、『開館10周年記念 鈴木常司ー美へのまなざし』の第Ⅰ期『ピカソとポーラ美術館の絵画』

個人コレクションなので、その選択眼が面白く、とっても興味深く拝見できました。

藤田嗣治の作品コピーGET Dscf7621_2 子供のちょっとイケズっぽい目が好き。

やはりカフェには見向きもせず出発。   

「では」と秘かに別の立ち寄り先を選定。 この私、転んでもただでは起きませぬ。

この辺りはススキで有名な仙石原高原。 今は真っ青・緑なす草原ですが、さぞやさぞやと想像しつつ…
Dscf7602 コンビニに車停めて撮影。 主人はアイスを食べてます。

ならばさっきのカフェでもいいじゃん、と私は言いたい。

とにかく気持ち切り替えて芦ノ湖に向かいます。 芦ノ湖畔ドライブするも、私は運転・主人は山側 coldsweats02

私の目的地『箱根神社』。 凄く歴史のある神社です。 創建757年、奈良時代です。

まずは芦ノ湖の方に降りてみました。 この水中鳥居は昭和27年に建てられた鳥居です。

Dscf7608_2  Dscf7609 

吉田茂元首相の真筆なる扁額『平和』が掲げられて以来、『平和の鳥居』と呼ばれてるそうです。

こちらは第四の鳥居。 杉木立に囲まれた90段の正参道の上に第五の鳥居がかすかに見えます。

Dscf7607 Dscf7613

そして本殿。 数多くのパワースポットを備える箱根神社。 まずは御参りです。

Dscf7614_2 御賽銭箱の横に置かれた小槌発見。

「3度なでて、小槌守りを受けると、守りが祈願成就の打出の小槌になります」とのこと。

せっせセッセせっせ Dscf7615 そして小槌守り500円也。 大願成就となりますや否や。

安産杉を見かけました。 でも我が家には今、対象者がいないので失礼しました。 

一応制覇し、何となく満足して、箱根新道をつかって小田原に向かいました。

遠回りになりますが、ややこしい道を通りたくなくって芦ノ湖南端まで行くつもり。

ナビもあることだしと、地図をしっかり把握せずに出発。

ナビを無視する助手席ナビを信じた私がバカだった、近道だけど七曲(14回のヘアピンカーブ)の方に…

そんなこんなでいろいろありましたが、なんとか無事に小田原駅でレンタカー返却できました。

早速beerで一服、新幹線に乗り込みます。

行きはどんより鉛色空で、富士山は姿見せず。 今日も無理そう…

Dscf7616 でも出てきた出てきたぁ~、急げぇ~ と言いながらパチッcamera

これで思い残すことなく帰れます。

P.S. 後日知りました。 箱根神社本殿に向かって右側にある九頭流神社新宮は金運の神様だとか…

    今の私に一番欠けてるものです。 是非ともリベンジに出向かねば…  
 

« 箱根二日目お宿編 | トップページ | 秋の気配? »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 留守している間に箱根の旅が終わってしまってさあ大変!
 でも全編楽しく拝見しました(*^^)v

 ブログ友達って、ひょっとして私?
 なら嬉しいな~(#^.^#) こちらこそブログ友達づきあい、よろしくお願いしますね
 我が家は温泉旅館ばかりですが、ホテルもいいですね。
 大きなお風呂が温泉なのも、さすが箱根。
 エステの予約OKはやっぱり運気ありましたね(^_-)-☆ フレンチ美味しそうです。
 黒卵、試されたんですね。
 バラ売りならいいのに・・・といつも思います。 必ず5個はちょっと多いですよね。
 湿生花園のお写真、どうしてどうして可愛らしいお写真ばかりですてきでした。
 ずいぶん種類があるんですね。 なかでもヒツジグサ好きなんです。
 花扇さん、ご期待に添えたでしょうか? 私も丸い露天がお気に入りでした。 
 早雲閣さんのお風呂に入れたんですね。 しまった! 知りませんでした。
 たびたびご登場のご主人様も楽しいキャラですよね(^^)
 箱根の旅も富士山の締めくくりでめでたし!でしたね。
 箱根はいろいろ楽しめて飽きませんね。 また行きたくなりました。 私もリベンジに!

あまり移動することなく宿泊するのってよさそうです。
貧乏性の私は箱根に泊まったら次は山梨or長野と移動しそうです、、、^^;

強羅花扇さん、いい感じですね。
お料理も美味しそうです。
そして何より、お風呂に入りながらオリンピック観戦、超贅沢です。
しかも上げ膳据え膳なんて、主婦としては最高の喜びです。^^

姉妹店の大浴場もクラシカルで良いですね。好きです。こういった大浴場^^

九頭流神社新宮は金運の神様なんですか~?
これは是非、是非、「我が家に金運がめぐってきますように!」とお願いしなくっちゃ^^v
大人旅という感じの箱根、素敵でした。
ありがとうございました。^^


ようさん、 勝手に申し訳ありません 
ブログ師匠の方がピッタシかもしれません。
ようさんでしたら、この湿生公園をもっと有意義にお楽しみ頂けるかと思います。
何せ、花が咲いていてもイラスト掲載でも判別しがたし…という状態… トホホホです。
早雲閣さんを御存じありませんでしたか… なんだかお役に立てたようで嬉しいです。
でもいいお宿でした。 箱根には魅力溢れるお宿が多いですが、再訪したい宿です。
ところで一つ謝らねばならないことが…
以前のコメントで、「素敵なブログデザインですね」とお褒め頂きましたのに、無反応。
実はデザイン変えましたのに、私の画面は昔のまま。
ようさんの反応で、「変わったのかな?」とは感じつつも、確認できずにおりました。
何の気まぐれか、先日より私の指定したデザインを見ることができるようになりました。
今さらですが、「ありがとうございます」をお伝えしたくって… 

ニャンさん、PCの具合は如何ですか? 夏バテでしょうかねぇ~
主人との旅行は慰安旅行と心得ております。
「あまり動かず、でも近辺はもれなく制覇したい」というのが私の心情。
でも今回は坂道歩いてくれましたし、参道の階段も登ってくれました。
ちょっとできることが増えてきたと、喜んでおります。
昨今『家内安全』も金運でクリアできそうです。
関東方面に出かけることが増えそうな気がするので、
やはりこの神社さんは押さえておかねば…と、思っております。
リベンジの為、また温泉に入れるならこんないいことないですよね (笑)
そして、強羅花扇さんは、お薦めです。
ところで、ニャンさんに謝らなければ…
もしかしたらハイアットリージェンシ―の記事を、書き直す前にお読みいただいたのでは…
うっかり室内大浴場を混同してしまい、間違ったことを記載してしまったのです。
もう書き直しましたが、申し訳ありませんでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱根二日目お宿編 | トップページ | 秋の気配? »