2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月27日 (木)

自家製天然酵母パンとケーキの店『樸木』

ず~っと前、いつもとは違うテニスコートに向かう時に見かけた細い煙突のある建物。

田んぼや畑の真ん中に作られた新しい道路が、すぐ傍を走ってます。

でも道には車の影はなく、トラックが停車・休憩中。 周りには倉庫や自動車修理工場。 

「どうも美味しいパンを焼いているらしい…」との噂を聞くも、覗くことなく月日が流れていきました。

そんな時、「美味しいピザ屋さんがあるの。行かない?」とお誘い。

当然参加。 『樸木』の文字にかすかな記憶がふつふつと…

あのパン屋さんがそうだったのです。 因みにアラキと読みます。

Dscf7725 トタンで覆われた作業場みたいな風情。

「美味しいパン」と聞いても、何だか行く気が失せるような佇まいです。 

周りもお洒落とは程遠い世界ですし…  そんなこんなで今日までお預けだったのです。

Dscf7716 でも入口には他府県ナンバーの車。

車の陰で見えませんが、木陰のオープンカフェには子供連れのママ友たち。

Dscf7718 中に入ってビックリ。

自家製とかオーガニックといった言葉が似合いそうな素敵な空間です。

壁際の棚には昔懐かしい絵本が置かれてます。

テーブルも椅子も壁のヤモリちゃんも食器もすべて手作り感いっぱい。

きっと息の合うアーチスト仲間がいっぱいいらっしゃるんでしょうねぇ~。 そんな空気が漂ってます。

「カメラがないのが悔しい」と、ぼんやり映像を尤もらしく言い訳・弁解・謝罪 (笑)

Dscf7717 もっと綺麗な色だったのにぃ~down

季節のピザ『梅バジル』とキノコのピザ、そして車麩のフライサンドを注文。

すべてランチセットにしたので、デザートと飲み物が付いてきます。

一つ一つ注文聞いてから焼くので時間がかかります。

というわけで二階というか、ロフトに上がってみました。

Dscf7722 急な階段、お分かり頂けますか?

二階には、木のお皿やスプーン、シチューを入れても良さそうな陶器のお鍋や食器。

そして温かそうな毛糸のセーターや帽子、和紙のレターセットもありました。 

Dscf7723_2 上る時より下りるときの方が怖いです。

靴下はいてるので滑りそう。 

お料理はもうちょっとかかりそうなので、「是非とも‼」と友にすすめられてtoiletに…

う~ん????? 困った、カギがない  coldsweats02

Dscf7719 あっ、見っけ❢  なるほど…。 

戸のお尻の方の壁にあるカギ穴(?)に棒を差せばいいんです。 あせったぁ~(笑)

キョロキョロしてまた新しい発見。 カウンターの椅子です。

Dscf7724_2 この微妙な穴は、昔の梁か柱だった痕…

この建物に使われてる材木は殆ど廃材を利用してるようです。

寡黙なスタッフが愛想振りまくことなく黙々と働いてる。 BGM無し。

それでも温かぁ~い空気を感じるはずです。

帰る時に気付きました、お料理の写真を忘れてました。

梅バジルは、塩の感じが美味。バジルの香りが強くって最高。 一押しです。 でも残念ながら季節限定。

キノコのピザもトマトソースが良かったです。 車麩のカツは、ソースのせいかコロッケを彷彿とさせます。

サンドイッチにはキッシュも。 これも美味しかった。 ジャガイモだけでなくお米みたいな粒々が見える。

何かな?なにかな?と思ってるうちに完食。 なんたって三分の一ずつですから…bleah

デザートは、ピザには栗入りのビターチョコ蒸しパン、サンドにはシフォンケーキが付いてきました。

あっさりとした甘さで、特に蒸しパンの苦味が大人❢ 

確認してませんが、多分ワインwineもビールbeerもありません。 とっても残念weep  

でもcardashですものね。 目の前or隣でグビグビッとされるよりいいかもね。

器も素朴で素敵だったのに、御紹介できなくって残念。

また誰かと行こうsmile   今度はカメラを持って…

2012年9月17日 (月)

我家の秋?

まだまだ残暑厳しく、秋の気配も足踏み状態。

そんな中、庭で見つけた小さい秋のお知らせ。

Dscf7702 紫式部が色づき始めてます。

Dscf7703 そして山椒の実もすっかり赤く…

来春にはあちこちから新芽が出てくることでしょう。

Dscf7715 藤袴はまだ咲いてません。

そしてなんと、隅に置きっぱなしになっていた植木鉢には朝顔が…

Dscf7705 果たして育つものでしょうか?

暫し水遣りに気を使ってみようかと思っております。

Dscf7711 まだ夏ぅ~と叫んでるのが紅蜀葵。

憎たらしいほどの青い空に日を浴びて元気一杯。 まだまだ蕾をつけてます。

カメラ構えてるだけで、汗が滴り落ちてきました。 お日様も容赦せず…です。

さっさと退散。 秋のお知らせするつもりが、このざまです。

もう彼岸の入りも近い。 あとはただ、秋が歩みを速めてくれることを祈るのみです。

2012年9月 7日 (金)

一大事

本日テニスtennisの試合がありました。

クラブごとの団体戦ということもあり、たいして練習もしてないのに人数調整の為参加。

普段はアラブ人もびっくりのブルカ状態ですが、試合では許されません。

当日は、恨めしいほどの青空&太陽sun    週間予報では曇りcloudだったのに…

長袖ハイネックのクールアンダーの上に半袖ウエアー、長ズボンで臨みました。

当然手袋、サングラス、サンバイザーも着用coldsweats01

それでも三時ごろともなると時々雲がお日様を遮ることも、そしてやがて怪しげな雲も出てきました。

コートの周りが田んぼのせいか、まだ赤くない赤とんぼが群舞。

Dscf7701 携帯で撮影。

肝心のトンボは小さすぎて判別不明。 赤いマル印は、確認できたトンボちゃんです。

雨が落ちてくる前にと、急いで家路につきました。

帰宅後発見、超ショックshock

 Dscf7699 わずかな隙間を見逃してくれませんでした。

佐渡送りの罪人の如し。 そう言えば去年も同じことをやらかしてたことを思い出しました。

学習能力ゼロです。

即漂白パック❢ といきたいところですが、ハイター使うわけにもいかずcrying

年と共に戻りが悪くなってきてます。 この痕はいつまで居座るかしら? ため息ものです。

2012年9月 6日 (木)

Cupmen勢ぞろい

いつごろでしょうか? もう忘れましたが、娘が面白い物を買ってきました。

それがCupmenn 1 カップラーメンの蓋を抑えてくれるけなげな(?)お人です。

なんやかや面白がって、4種類全部揃えました。

そんなことも忘れかけていたのですが、この度ゴソゴソしてたら出てきました。

Dscf7648 左からCupmenn 1 そして Cupmen 2

Dscf7649_2 Cupmen 3 と Cupmen 4

しっかとお腹で抑えたり、くつろぎモードのお尻でプッシュ、おかっぱ頭の女の子は遊んでるみたい。

小さいbabyはTwins で頑張ります。 ちゃんとおしゃぶりくわえてて、さらにビヨ~ンと伸びるんです。

並べてるとけっこう可愛い、面白い。 ということで御紹介したくなりました。

早速スーパーでカップラーメン買ってきました。 スーパーの定価で… 

でも毎日出歩く主婦はなかなかカップラーメン食べる日がありません coldsweats02

「困った、困った」と嘆く私に、「コップにお湯入れて蓋すればいいじゃん❢」と、娘の声。

さらに追い打ち。 「カップヌードルにはフタ止めシールがついてるから、Cupmen 要らないよ」

安売りでもないカップラーメンを意気揚々買ってきた私に、冷たい上から目線。

ちょっと立ち直れなくって、グジュグジュしておりました。

それでもカメラ片手に頑張りました、娘が留守の時に…(笑)

Dscf7662 頑張って押さえてると、色が変わります。

Dscf7660 こちらの方も…

女の子も白っぽくなるのですが、ちょっと分かり辛い。 色のせいかな?

Dscf7692 ツインズベビーはこんなこともできちゃいます。

娘の協力を仰げない私は、伸びる姿は撮影できず…です crying

ほんとにアホな私sign03

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »