2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« イタリア旅行 ミラノの美食?(10月3日) | トップページ | イタリア旅行 二日目ヴェローナ(10月4日) »

2012年10月27日 (土)

イタリア旅行 二日目パルマ(10月4日)

朝6時ごろでは、車はまだライトを点けてるほど暗くって、お天気を推し量るのは無理。

朝食に向かう頃は「曇りかな?」って感じでしたが、日が昇るにつれお天気も良くなってきました。

今日はバスでパルマに。 パルマと聞いて連想するのは『美味しいもの』。

パルミジャーノレッジャーノや生ハム、朝からnotenotesnotenotesnotesスキップ気分です。

そうそう以前、セリエAsoccerパルマAC(現FC)で中田英寿さんが活躍してましたよね。

川沿いでバスを降り、若者が行き交う大学のキャンパスみたいな雰囲気の広場?公園?を抜けます。

Img_0219 この古い建物は、博物館や図書館、劇場等々。

正面に工事中の鐘楼が見えます。  ほんとに工事の多いイタリアです。

Img_0216 でもこちらは、落雷thunderの被害にあったための修復工事とか。

Img_0256_3 パルマはまた音楽の街。

「千の風になって」で一躍有名になった秋川雅史さんもパルマ音楽院で勉強なさったと記憶します。

そして、かのトスカニーニが産まれた街でもあります。 

目指すはパルマのドゥオモ。 11c~12cの建物で、コレッジオの聖母被昇天のフレスコ画があります。

Img_0228 外観は地味ですが、重厚な木の戸に気が引き締まります。

狛犬宜しく鎮座するのは獅子…らしい。 向かって左は両足で悪魔を押さえつけ、右のは動物を。

Img_0231  Img_0230 必死で(?)で、背中で柱を支えてます。 

中はフレスコ画の美術館のようです。 

Img_0233  Img_0237

Img_0243 アンテラミの作品で『キリストの降架』

イタリア彫刻の始まりとも言われてるそうです。

そして丸天井の『聖母被昇天』。 楽器を奏でる天使や雲の渦巻きに上昇気流を感じます。 

Img_0240 マリアは下の縁の方にいるんですよ。

中央近くにいるのはマリアを先導する大天使ガブリエルだそうです。 

ふっと足元に目をやれば、金属蓋の下にお金。 何かのおまじないかしら?

ガイドさん曰く、「どこかのバカがやった事。 何となくまねる人が多いのよね。」 

Img_0241  危うく私もその馬鹿になるところでしたcatface

この聖堂の横に立ってる洗礼堂は、可愛いピンク。そして八角形。

Img_0229 11世紀の彫刻家ベネデット・アンテラミの作品。

Img_0250 中ほどにたってる14体の彫刻は季節を表してます。

農事(麦やブドウの栽培?)で表現された12の月暦像と再生を意味する冬と春の寓意像です。 

Img_0248 八角形の建物ゆえ、天井も16分割。

洗礼堂の中心には、洗礼に使われた大理石の浴槽。

Img_0252 真ん中に司祭(?)4人が入れるようになってます。

壁のフレスコ画も色が綺麗に残ってますが、絵の下の方(椅子の辺り)は禿げてしまってます。

Img_0253 椅子に座って凭れてしまう方がいるためだそうです。

みんなでパルマ市内を散策。 その後の自由時間に、私は聖堂近くの別の教会に行くことにしました。

Img_0257 美味しそうな果物が並んでます。 もうすぐお昼❢ 我慢我慢…

サン・ジョバンニ・エバンジェリスタ聖堂です。 ここのキューポラにも有名なフレスコ画が描かれてます。

Img_0267 誰もいません。 閉ってるのかなって思うほど静かです。

もう、どこから入るのか解ってきました。 おそるおそる戸を押すと開きます。 そ~っと覗いて…

Img_0262 やはりどなたもいらっしゃいません。 一人占め❢

Img_0264 これもコレッジオによるものです。

最初は単純に『キリストの昇天』とされてましたが、黙示録による『聖ヨハネの幻視』とされ、

さらに近年では『聖ヨハネの彼岸への旅立ち』とされました。

聖ヨハネを迎えるために天上より下降してくるキリストを描いたものだということだそうです。

キリストの髪の毛の動きが下降を示してるそう。  私には???解りませんでしたが…

フレスコ画とこの静けさに包まれてると、ス~ッと体の力が抜けていく気がします。 楽~に楽~に…

おっと、集合時刻に遅れるところでした。

外の眩しい日の光の中、ちょっと行っただけでいろんな人出会うのに…  先ほどの静けさが嘘のよう。

小さな街ですが、素敵なお店がならんでて、覗いて歩くのも楽しそう。 落ち着いた品のいい街です。

お昼を済ませたら、再びバスに揺られて、今度はヴェローナに向かいます。

« イタリア旅行 ミラノの美食?(10月3日) | トップページ | イタリア旅行 二日目ヴェローナ(10月4日) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イタリア旅行 ミラノの美食?(10月3日) | トップページ | イタリア旅行 二日目ヴェローナ(10月4日) »