2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« my boom ❢ | トップページ | 吉例顔見世興行 »

2012年12月 6日 (木)

食べてしゃべって、また食べて…

12月3日、東京の着物友達と京都でデートlovely

宗教も歴史も思想も総ファジーな日本では当たり前なイベントのクリスマスbellpresentwinecakeshine

駅もデパートもホテルも、さすがにお寺の前にはありませんが、みんなクリスマスツリーだらけxmas

Img_0016 でも楽しいnotes  平和を感じます。

ロビーでお茶してしゃべってしゃべって…

そして目的の新町六角の『紫織庵(復刻長襦袢屋さん?)』で、羽裏や襦袢をお買い求め。

バーゲンだったので、業者さんらしき方も買占めにやってきてます。

いつもなら古いたたずまいのお店を見学しにいらっしゃる方もお見かけするのですが…

商品の写真撮影は禁止ですが、お言葉に甘えて東京の友に写メを送り、リモートショッピングsign03

思っていた以上の品を手に、「東京から来た甲斐あり」と幸せそうでした。

お昼は近くの『膳處漢』。 ゼゼカンと読みます。 中華のお店です。

Dscf9004 カメラを忘れたので携帯で撮影 <m(__)m>

もとは男の物専門の呉服屋さんだったそうです。

中は石床で洋風。 でも改装したのではなく、昔から洋と和を上手に取り入れてらした面白いお家。 

内装も素敵ですが、とにかくお話が尽きず、写真どころではありませんcoldsweats01

メニュー内容もあまり考えないで、名前に魅かれて『美人◎▼*◆○膳』をchoice

Dscf9001 マメ皿9枚のお料理に御飯か麺が付きます。

サツマイモ&豆苗の湯葉巻、レバーペースト&車麩? 肉まん

中の段は、焼豚、海老の*%和え、豚ロース?    下は韮饅頭、クラゲ、ネギ鶏

美味しかった。 ちょっとずつが楽しい。 韮が苦手な方から韮饅頭をGetscissors

麺を選び、写真も撮ったはずなのに…shock   保存し忘れ? フカヒレ餡かけで、是ぞ美人の素sign03
 

Dscf9003 デザートは葛杏仁。 何ともいえないのどこし。

お腹いっぱいになりました。 

本日友は3時過ぎの新幹線 bullettraindash で帰っちゃいます。 でもまだ大丈夫、二時間ほどあります。

とはいうもののウロウロはできないので京都駅に戻り、御土産を探します。

たいていのものが東京にもあります。 でも『御池煎餅』はないかも…

軽いかるぅ~い白い麩焼きです。  ほの甘いので、醤油味を連想してる方には目から鱗。

さくっ⇒ふわっ⇒(溶けて泡の如し…?)  

缶のラベルは棟方志功の手によるもの。 

まだ一時間はあります。 ということで、別れ難き我ら一同またまたお茶しに…

お手軽グランヴィアですが、ふっと思いついたのが、京和菓子のお店『京都茶寮』。

いつも速足で、今夜の献立や明くる朝のパンの心配しながら通り過ぎてるお店です。

JR中央口前の大階段に向かうエスカレーターを登ったところ。 

Dscf9006 御抹茶を点てて下さるようです。 viva京都heart04

この季節のお菓子を有名処が用意してくれてます。 老舗京菓子の競演?オンパレード?

お濃茶とのセットを頂きました。

Dscf9007 鶴屋吉信さんの『冬ごこち』

晩秋の里山でしょうか、ちょっと雪化粧。  金団・粒あん・氷餅

Dscf9009 お菓子屋さんは失念。 『黄おち』

銀杏の葉っぱが絨毯のように…  金団・こしあん

Dscf9010 老松さんの『雪しぼり』

まさしく雪景色。 お日様にきらりっと…   芋練り・あわせ餡・金箔  

お茶は全て丸久小山園さんです。 

御茶碗に残ったお濃茶を、何かで拭って頂きたいほどほの甘い美味しいお茶でした。

「もったいな~い」といいながら、お返ししたお茶碗がもう一度出てきました。

心配いりませんでした。 お濃茶の残りを使って、お薄になって戻ってまいりました。

こまかな泡。 お裏さんのお茶。 焙じ茶もあるようで、いい香りがしてきてました。

とにかくこれほど話すことがあるのかって言うほど、しゃべって笑ってまたしゃべって…

そしてしっかり頂くものは頂いて、またまた元気を注入いたしました。

次回も京都でお会いすることになってます。 今からとっても楽しみ。

楽しすぎて、ついついカメラを忘れてしまいます。  今度は肝に銘じておかないと…

« my boom ❢ | トップページ | 吉例顔見世興行 »

美味礼讃?」カテゴリの記事

コメント

 ほんとにねぇ、
 世におしゃべりの種は尽きまじ・・・ですよね。 
 
 男の方にはきっと分からないでしょうね、
 女子会の楽しさ♪

 それにしても、
 お菓子もお茶も、さすがに京都!
 こういう環境、いいですね~~

ようさん、コメントありがとうございます。
とりとめの無い、結論もないこのおしゃべりの楽しさは女性特有特権。
男性陣からは、しらぁ~っとした目で見られるだけですものね。
女性の元気の素❢
これからも磨きをかけます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« my boom ❢ | トップページ | 吉例顔見世興行 »