2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 天橋立『蟹』ツアー 一日目 | トップページ | 天橋立『蟹』ツアー 夕食編 »

2013年1月14日 (月)

天橋立『蟹』ツアー お宿編

傘松公園のふもとの一の宮から、船で廻旋橋のすぐ横、『智恵の輪』側に戻ってきました。

宿はすぐ近く。 Img_0073 小さく看板らしき物が見えてます。

Img_0074 どうもここらしい。

誰もいない。 静かぁ~。 『旅館』とかいう看板がありません。 ここだよね、間違ってないよね…

Img_0075 Img_0076

玄関を開けると、ス~ッと横からお宿の方が出てこられました。 「お待ちしておりました」の声にホッsign03

Img_0082 Img_0080

すぐ横の素敵なお庭と正月飾りのあるお部屋にてお菓子とお薄を頂戴いたします。

Img_0081 先ほど参道で列をなしていた勘七茶屋の『智恵の餅』

お部屋に案内時、嬉しいバージョンアップを知りました (゚ー゚)v

申込時には八畳間のお部屋しか空いてなかったのですが、運よく二間続きの角部屋にlovely

Img_0083 Img_0084_2

どのお部屋からの眺めも良いそうですが、特に角部屋はあっちの景色もこっちの景色も欲張れます。

天橋立の松並木が借景です。 この庭先の海に横たわる松並木❢  そして時々行き交う船。 最高sign03 

Img_0089 Img_0141_2

お部屋の鍵は智恵の輪をかたどってます。 そして電話も木製❢

床暖なので下からホコホコ気持ちいい。 膝かけも用意して下さいました。

改めてお部屋でお茶と黒豆煎餅を頂き、すっかり落ち着いてしまいました。

Img_0087_2 そうそう、傘松公園で買った人形焼きを撮らねば…

イメージキャラクターの『かさぼう』の形が可愛くって買ったのですが、バッグの中で潰れかかってます。

泣き出す前の孫の顔に似てる気がします…(笑)

そんなことしていたら、今夜のお供の『蟹』さんが御挨拶しに来て下さいました。

Img_0088 ぴっこんピッコン。 御苦労sign03

ではでは早速お風呂に。 どなたもいらっしゃいません。 早速camera 

Img_0101 Img_0099

広くはありませんが、12部屋しかないお宿なら十分。 露天には全く屋根がありません。

入浴途中霰が降ってきて、イタつめた気持ちよかったです。

ヌル好きの私にはこの露天風呂がお気に入り。 夜中12時で男性用のお風呂と入れ替わります。

明朝10時まで、いつでも入浴可能。 深夜の露天風呂もいいなぁ~shine

向かいのお土産屋さんの一角が湯上りサロン。 お茶や冷やし飴などが用意されてます。

Img_0104 私は『はちみつ紅芋酢』を頂きました。

談話室を覗いてみました。 ここにもお正月花が活けられてます。 

Img_0094 壁には明日のお天気の予想も表示されてました。

とにかくいたるところにこの季節のお正月飾りやお花が飾られてます。

Img_0125 Img_0105 Img_0077

さすがにお食事の時間になると廊下を行き交う宿のお方をお見かけしますが、静かです。

それでも必要な時には、ス~ッと姿現して…   気持ちのいいお宿です。

さぁ~、いよいよ蟹の始まり始まり。 期待に胸ふくらませて、お部屋で待ちます。

« 天橋立『蟹』ツアー 一日目 | トップページ | 天橋立『蟹』ツアー 夕食編 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 天橋立を借景にお庭を眺められるお部屋、素敵ですね。
 思いがけないお部屋のアップグレードは嬉しいですよねgood

 おぉ~っ! タグ付きの大きな蟹!
 垂涎・・・

 いたるところのお花が華やぎを添えて、
 落ち着いたお宿の様子が伺えます。
 お風呂もゆっくりできそうで、湯上りサロンもいいですね。
 やっぱり一度は行ってみたい!

 いよいよ蟹ですね。
 楽しみ楽しみdelicious

ようさん、こちら方面にお出かけなられる時はこのお宿を一考する余地はあるかと…
ただ、湯上りサロンもちょいと腰掛けられ程度の小さいスペースです。
でもどなたの姿も見かけないため、気まずさはありません。
とにかくこじんまりとした施設。 
でもゆったりとした雰囲気です。
続きもお楽しみくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天橋立『蟹』ツアー 一日目 | トップページ | 天橋立『蟹』ツアー 夕食編 »