2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ベトナム旅行 三日目ダナン | トップページ | ベトナム旅行 三日目ホイアン②夜編 »

2013年3月 3日 (日)

ベトナム旅行 三日目ホイアン①お昼編

ホイアンはシルクでも有名。 『タンロイ』で、その生産過程を見学しました。

Img_0507 お蚕さんです。 下から生後1日・2日…??のお蚕さん。

わお~っimpact  思わずシャウトsign03  まさしく【天蚕】です。 これを着物にしたら… わお~です。 

Img_0506
  Img_0513

着色してない自然の色。 色はお蚕任せで、しかも染色しにくい糸を出します。  

ため息つきつつ奥へ奥へ…  オーダーメイドのコーナーもありました。 確かに安い❢

Img_0516 ホイアンはランタンでも有名。 カラフルshine

いよいよ目的の旧市街地に。  世界遺産に指定されてる古い町並に車は入れません。

日本人によって架けられたという来遠橋(日本橋)近くで車をおります shoe shoe shoe shoe shoe shoe

Img_0522  これがその『来遠橋』 木造屋根付き橋です。

ホイアンは、チャンパ王国時代より、中国・インド・アラブを結ぶ中継貿易都市として栄えました。

日本人町も造られ、この橋で、日本人街と中国人街とを結んでいました。

その後、江戸幕府の鎖国政策により日本人街は衰退してしまい、今やその当時の面影は殆どありません。

現在残ってるこの古い町並みは、その後に移り住んだ華僑の人々が形作ったものです。

Img_0525  Img_0527  Img_0531 

橋の両端を犬と猿の像が守ってます。  そして中央には船の安全を祈願する小さなお寺。

Img_0529_2 中国と日本、犬と猿   何だか考えちゃいます。

犬の像の方から猿の像の方へ渡ってすぐに古いお家『フーンフンの家(憑興家)』があります。

Img_0533 今でも八代目さんがお住まいなんですよ。  

お店の前を通りゆくおばさまが天秤棒で運んでるのは、果物のようです。

中に入ってみました。 貿易商人の家として建てられた木造建築、やはり風通しのいい作りです。

Img_0537 Img_0538  

中国風の設えに、ベトナム風間取り、日本風屋根のコラボみたいです。

二階の床に、こんな格子がありました。  洪水の時、2階に商品を運び上げるためにものだそうです。

    Img_0540 Img_0541    

庇が長く陽が入ってきません。 床の間があるところ以外、すべて窓があります。 涼しいわけです。

お隣の壁が見えますレンガを重ねてるんですね。 屋根の飾りに中国、瓦に日本を感じます。

  Img_0543 Img_0545

再び橋を渡り、川の方を見るとランタンがここかしこ Img_0524

Img_0550 チャンフー通りもテトの飾りで賑やかです。

Img_0552 築200年以上の中国式家屋のホテル『ヴィンフン1』

古いが故に、賛否両論分かれるところだそうです。 私的には、ちょっと興味ありますが…

300年前に建てられた『クアンタンの家(廣勝家)』  こちらも今でも家として活用中、現役です。
Img_0559 間口の狭い平屋。

でも入ると奥深い。  所謂ウナギの寝床。 そして中庭。  京町屋・奈良町の家を思い出させます。 

Img_0557 Img_0558

黒光りする柱や梁、そしてみごとな彫刻。 凄いです。 お住まい故、見るところは少ないです。

左の写真中央の柱に黄色い横線があるのがお分かり頂けますでしょうか?

これは、過去洪水時に到達した水位。 信じられませんが、ほんとのホント。 二階に商品上げなきゃねっ

そして、お向かいの『貿易陶磁博物館(海のシルクロード博物館)』  

Img_0560 Img_0562

代表的な民家がそのまま博物館になってます。

中庭から狭い階段で二階に行くと、沈没船から引き揚げられた品々が展示されてました。

Img_0564 Img_0567

観光メイン通りにちょこちょこ出現する路地は、とっても魅力的です。 入り込んでみたいheart04 

Img_0569 でも本日は、写真撮ってる時間もさまよう時間もありません。

賑々しきは、華僑の人々の同郷人の集会場の一つ、『福建会館』。 

Img_0570  Img_0572

とにかく派手やわぁ~sign03  中には福建省出身者の多くが信仰する天后聖母が祀られてます。

門をくぐると更にあでやかな建物が…  でもこれも門で、建物はもう一つ奥です。

Img_0574  Img_0576

凄いお線香sign03  1巻きで1カ月もつそうです。 風通しがいいのでむせませんし、それほど煙ってません。

49日一巻きでいいんですね。 七夜香でも「便利」と喜んだものですが、中国には負けた…

   Img_0579  Img_0580

帰り際に気付きました、獅子の手にするもの。 向かって左はママで子供、右はパパで御宝? 

お財布のひもはお父さんが握ってるようですdollardollar

ホイアン市場が見えてきました。 ちょっと薄暗い。 時間帯が遅いせいか、あまり活気もありません。

Img_0582 むしろ市場外の路上の方が元気かも…

シクロも木陰で一服。 ホイアン旧市街地を、さ~っとシクロで見て回った後、見学しに行ってもいいかも。

Img_0586 ただ良からぬ評判を聞きますので要注意danger 

私としては、ホイアンの街は歩くことをお薦め。 川沿いの遊歩道も素敵だと思いますよ。

昨夜は遅く、今朝早かったせいか、少々くたびれました。 

夕食までホテルで休憩することにしましょう。 とっても素敵なホテルですものhappy01

« ベトナム旅行 三日目ダナン | トップページ | ベトナム旅行 三日目ホイアン②夜編 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 ベトナムを詳細に拝見する機会は初めてなので
 見るもの、見るもの、興味深いものばかりです。

 不勉強ですが、
 宗教的にはキリスト教を信仰する割合が高いのかしら?
 仏教もありそうだけど、
 イスラムの香りはあまりしませんね。

 様々な文化の要素が混在しているあたりがベトナムらしさでしょうか。
 初めてなのになつかしい雰囲気がちょっとありますね。
 お天気よくてなにより!
 続きが楽しみ!わくわくhappy01
 

ようさん、お返事遅くなり申し訳ありませんでした。
ベトナムは殆どのかたが、道教を基本にした仏教みたいです。
キリスト教の方は、地方にもよるみたいですが、国全体では1割ぐらいかな。
イスラム教の方、モスクのような施設は目にいたしませんでした。
観光客として見る限り、排他的ではなく、融合を感じました。
そう感じるのも、日本と仲良しだからかもしれませんね。
また行きたいと思う国です。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベトナム旅行 三日目ダナン | トップページ | ベトナム旅行 三日目ホイアン②夜編 »