2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« バルセロナ観光一日目:カサ・バトリョ | トップページ | バルセロナ観光二日目:ランブラス通り »

2013年6月11日 (火)

2日のお食事

2日の朝は、出発が早かったので、ボックス弁当を用意して頂きました。

グラナダの空港で頂きます。  カフェが空いていたので cafe を…

見つけてしまいました、beerwine    主人には内緒にして…と思いきや、こういう事には目ざとい❢

飛行機に乗ってるのは一時間強。 あっという間にバルセロナに到着します。

今日のお昼は和食でした。 バルセロナに来てまで…と思いましたが、ちゃんとした和食で美味しいらしい。

店の名は『やしま』   よく見ないと通り過ぎてしまいそうな大人しい店構えです。

"瓦の庇に木戸"の日本風の入り口を入ると、中はモダンなフレンチかと思うようなテーブルセッティング。

スタッフは日本人。    勿論シェフ、否、板さんも。

  Img_1200   Img_1202                       

                                                                                                       Img_1203_3                                             
                                                    
                                                    
                                                      

 

 

 

外国で頂いてるという感じがしないお料理でした。

これなら許せる…お値段知りませんが…

御飯も美味しい。

この時ばかりは日本酒。 これも美味しかった。

満足です。 チラッとメニューを覗いてみました。

どうも納豆のように日本から取り寄せなきゃいけないものは高い。

しゃぶしゃぶやすき焼きはそれほど高くはありません。  あくまでも日本と比べて…の話です。

美味しい日本食に御満悦。  そろそろ和食が恋しくなった方もいらしたかもしれませんものね…

夕食は、バルセロナで初めてミシュランの星を獲得したお店『Neichel(ネイチェル)』に行きます。

一応ドレスコードあり…  それ程厳しいわけでもないそうです…

いつもの大型バスで行く予定だったのですが、渋滞に巻き込まれなかなかホテルに来てくれません。

よってタクシー分乗で、レストランに向かいました。  いつものスペインタイムで、8時半開始。

こちらで頂くのは、カタルーニャ風フレンチと聞いております。  

  Img_1333_2  Img_1335

流石のテーブルセッティング。  フレンチというだけの事はあります。

  Img_1336  Img_1338

  Img_1339  Img_1341

  Img_1342  Img_1343

申し訳ありませんが、メニューの詳細はすっかり忘れてしまいました <m(__)m>

メモする雰囲気もなく、記録もありません。 

ただ途中で口直しに頂いたのが、カタルーニャのスイートワインだったことは記憶しております。 

雰囲気良く、カヴァで乾杯し、白に赤とワインをよばれ、気分良く…

最初は≪ミシュラン一つ星(昔の話かも…)≫のプライドのせいか、とりすました感じを受けたのですが、

声をかけてみるとそうでもなく、親切にいろいろ説明して下さいました。

ただ聴きとる側の理解力が乏しく、なんともはや… coldsweats01

どれも美味しかったですよ。  お値段知りませんから…

でも新進気鋭の若手が頑張ってるこの時代、工夫が乏しいというか、新鮮味には欠けました。

例え過去の栄光であれ、ミシュラン一つ星に期待していたせいかもしれませんが…

前述したように、スタッフも親しみあふれる…という感じではありませんが、親切ですし気配りもok

前評判があっただけにちょっと辛口になりましたが、いつもとは違う夜を楽しめた事は確かです。

私にはいい思い出、個人的にとっても嬉しかった事があります。

お食事後にシェフが御挨拶に見えた時(どなたにもなさってらっしゃるのでしょうけど…)、

私を見て手を差し出し、スタッフにカメラを持ってくるように指示なさったのです。                                                                                               

Img_1344                                                                                   

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
                                             

いつもならためらわれるのですが、

私のカメラもそのスタッフさんにお渡しして…

右は多分ネイチェルさんの奥様。

食事の際、ホールを仕切ってらっしゃいました。                                                             

私が手にしてるのはツアーのみんなに下さった彼のカード。

一気に親近感が増しました。

この後ホテルに戻り、バーで乾杯しました。   気分のいい夜でした notes notes

結構歩いたと思ったのですが、11279歩。  ダラダラ歩きだったせいか、398kcal ≦ cake   ショック coldsweats02

heart今日の言葉heart Viva 着物sign03

« バルセロナ観光一日目:カサ・バトリョ | トップページ | バルセロナ観光二日目:ランブラス通り »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 おぉ~!
 さすがパンジー様。
 お着物持っていらしたんですね。
 ステキ! かっこいいです。
 シェフの目にとまるのも至極当然かと。

 中身の濃いバルセロナ観光、楽しませていただいてます。
 ガウディは、ちょこっ、ちょこっと紹介されることはあっても、
 こんなに様々に拝見できることはそうはないので、
 やっぱりブログは良いですね。

 サグラダファミリアの完成に立ち会え・・・そう?
 元気で見届けたいですねeyeshine

ようさん、頑張りました (*^m^)v
とうとう海外デビュー果たしました。
バスを待ってる時、通り過ぎる人の目を意識しながらも、ルンルン
自意識過剰気味ですよね(笑)
でも喜んで頂いた気がして、とっても嬉しかったです。

勉強不足の勉強嫌い故、まともな御紹介は致しかねます。
ただ、私個人の感動と興味をお伝えできれば…
ようさんがスペインをお訪ねになったら、
このブログのいい加減さに驚かれるかもしれませんね(笑)
それもまた妙、と心得て…(爆)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バルセロナ観光一日目:カサ・バトリョ | トップページ | バルセロナ観光二日目:ランブラス通り »