2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« セビーリャ市内観光③そしてエステポナのホテルへ | トップページ | エステポナからミハスへ »

2013年6月 2日 (日)

30日のお食事

朝食はいつも通り、ホテルのレストランでビュッフェ式。                                     

Img_0610                                                                                                     昨夜とは違うレストランですが、やはりモダン。

メニューは豊富。

でもワイン類は見当たりませんでした。 

壁のテレビによると、今日のお天気も上々のよう。

 

主人はいつもオムレツをお願いしています。

オムレツ用のコーナーがないにも拘らず…

でもどのホテルでも快く作って下さいます。

今回も…

「忘れられてるのかな?」

もう私は「御馳走さま」の気分。

ゆっくりコーヒーを頂いていたら、あらららららら                                                        

大きな銀色ドームで覆われたお皿を両手にのせたスタッフがこちらに向かってきます。

まさか……?????  ❢❢❢❢❢   ちょっと目立ちます。  目立ちすぎます。

何を勘違いなさったのか、もう一つは私の分でした bearing

大きいのはカバーだけではありません。                                            Img_0611_3                                            

卵3個分はありそうなビッグオムレツ❢

フランスのとは違って、やや硬めの焼き加減。

これが、主人の好みなのです。

頑張ってみましたがやはり半分で give up    <m(__)m>

はてさて今日はこの後、どこでどれだけ何を食べるのか飲むのか…

まずはアルカサール見学後の旧ユダヤ人街サンタ・クルス街の端っちょで一服した時、

コーヒーでも…と思っていたのですが、サングリアを見つけてしまいました。                      

Img_0690_3                                                                                                                                                      

 

 

 

この魅力には勝てません。

そんなにアルコール度高くないし…                                  

と、誰も何も聞いてないのに言い訳しつつ…                                                                                                                                          
                                                                     
主人は、「今朝飲んでないから…」とためらうことなく、でも言い訳言いながら…beer                                                     
 

                             
Img_0691 同席した知らないおじさんが、「○★※▽♯」

お菓子をおすそ分けして下さいました。  Torte de Aceite というそうです。

ぱりぱりサクサクした薄~い砂糖がけクッキーのような美味しいお菓子でした scissors

そしてお昼。 お客さんが見当たらないのは、まだお昼には少し早いから…  でも二時前なんですよ。

   Img_0775  Img_0776

  いつものようにワインを頂きます。  トーレスの赤ワイン。

  ガスパチョがとっても、一番美味しかった     シーフードサラダには海老・ムール貝がいっぱい

   Img_0779  Img_0780

   Img_0781  Img_0782

イカとのリングフライ・鶏のコロッケ・パブリカの蟹入りマッシュポテト詰    シュークリームのチョコがけ。

エステポナに向かう途中のドライブインでは自重(?)して、コーヒー cafe のみ。

夕食はエステポナのホテルのレストラン『CARTA AL-ANDALUS』

他にも数か所お食事できる所があるようです。   さすが、リゾートホテル❢

Img_0813 落ち着いた雰囲気とた~くさんのワインに感動。

Img_0817今夜はメニューから好きなものを選べます。

英語併記のスペイン語メニュー見ながら、

ああでもないこうでもない…

なんだかイメージのわかないものもあり、

添乗員さんは質問攻め、対応に追われてます。

取り敢えずのbeer呑みながら、主人は赤ワインを注文。

私は取り敢えずのカヴァでお付き合い wink

お兄さんが、お薦めの一本を持ってきてくれました。

我家の両サイドの友が、「おっ eye 」とばかりに?「負けてはならぬ」?

いつもの賑やかノンベェグループは、各テーブルで違うワインをchoice。

そして飲み比べ大会の始まり始まり… lovely
 Img_0819_5 Img_0822_4 Img_0821_2

どれがどれやらさっぱりわからなくなりました。 軽め、渋め、酸味…と勝手に評論しながら…

我家が真ん中だったせいもあり、三本のワインが集まってきます。 飛び交います。

お食事の方は、量が多いのが解ってるので、前菜から海老料理を選びました。 でもこれだけあります。 

   Img_0823  Img_0824

そして、マラガ風サラダ。 オレンジと干し鱈が入ってます。 サラダというよりお魚料理見たい。                                                                                                                                  

Img_0829_2そして外せないのが、デザートです。

ティラミスとコーヒーをお願いしました。

ところがコーヒーゼリーが出てきちゃいました。

cafeではなく、コーヒーのデザートと勘違いしたみたい。

お取り換えお願いしようかとも思いましたが、

ちょっと美味しそう。

で、両方制覇 heart04

で一方主人は…  スープとメインを2種もオーダー。 

私がメイン料理を注文しないのを見て、予算的に行けると思って欲張った様子。

というのも、一人○○円までの予算があり、オーバーすればお支払いすればいいのですが、

余っても戻ってこない…   どうもアルコールは別会計らしい…  との判断。  

Img_0826 チキングリルとツナのステーキ。

何でも多いのが好きな主人。 以前も「多いですよ」とのアドバイス無視してひどい目に会ってるのですが…

「ホントに食べられるの…?」   「大丈夫ダイジョウブ」

学習能力がないとはこの事、やはり残してました…… think

「もう食べれましぇ~ん、飲めましぇ~ん」と、パンパンに張ったおなかを抱えて部屋に戻りました。

13236歩・500kcal

full今日の言葉full 腹も身の内

« セビーリャ市内観光③そしてエステポナのホテルへ | トップページ | エステポナからミハスへ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

毎回の食事にワイン?う~ん、それだけでも羨ましい。
サングリアも美味しそう。^^
サングリアってスペインの飲み物ですよね?間違っていたらゴメンナサイ。^^;
ビッグなオムレツに驚き、それだけでお腹いっぱいになりそう。
な~んて、ちょっと「ええかっこう」しました(笑)
私もオムレツ好きです。とくにチーズいり。(^^♪
スペインの風景、建物、すべて素敵!
ただ、まったく知識のない私には「豚に真珠」・・・^^;
地名も建物の名前も覚えられなくって、気の利いたコメントも書けなくって
ついつい読む逃げ、、、、笑ってやってください^^;
コメントは書けなくても写真と詳しい文章で、スペイン楽しませていただいてます。^^v

ニャンさん、どうぞお気遣いなく。
私なんか、旅行に行く前・旅行中・ブログアップ時と、
三回も勉強する機会を持ちながら、この状態です。
自分の記録として、そしてもう一度振り返って頭と記憶を整理するためのブログです。
どうぞ気軽に立ち寄ってやってください。
励みになります。
そして、仰せの通り、サングリアはスペインの飲み物です。
赤ワインに果物入れて甘くしたもの。
私は炭酸も入れちゃいます、好きなんです、あのシュワッが…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セビーリャ市内観光③そしてエステポナのホテルへ | トップページ | エステポナからミハスへ »