« セビーリャ市内観光② | トップページ | 30日のお食事 »

2013年6月 1日 (土)

セビーリャ市内観光③そしてエステポナのホテルへ

いいお天気に恵まれ、気持ちよく観光を続けてます。

今日最後の観光は、『マリア・ルイサ公園(Parque de Maria Luisa)』内のスペイン広場。

もともとは、オルレアン公の王女マリア・ルイサが、サンテルモ宮殿の一部を市に寄贈して作られた公園。

その一角に、1929年のイベロ・アメリカ博覧会の会場となった所があります。

そこにスペイン館がおかれたことから、『スペイン広場』と呼ばれるようになったそうです。                   

Img_0765                                                                                                                                  
                                              

 

 

噴水あり、川あり、橋あり、緑あり。

ココだけでも凄~く広い。

でもほんの一部なんです。

今私がいるのは半円形の建物の二階バルコニー。

写真は正面に見える広場。

ボート遊びに興じるアベックさんもいらっしゃいます。 駆け回る子供の姿も見られます。

中央から左右を見下ろすと、下にカラフルなモザイクタイルが見えます。

これはスペイン各県の特徴や歴史的場面を描いたもので、ベンチになってます。  58もあるんですよ。

   Img_0763  Img_0764

早速ベンチに座りに行ってみる事にしました。

Img_0761                                                                                                                                                                               
                                        
                                             
                                           
                                              
                                         
                                          

 

 

 

下に降りる階段も、モザイクで飾られてます。

妖しいおじさんが、ギター抱えて演奏中。

黒いマントを肩にかけ、なんだかやっぱり怪しい。

なので、cameraを向けないでおきました。

あとで分かった、というか思ったのですが、

どうもボランティアか単に本人が好きで、歌ってるらしい。

愛想の悪い方ではないのですが、なんだか妖しいのです。

 

  下左の写真はコルドバの椅子。  唯一の作り話のモザイク画。 ドン・キホーテです。  

 ラマンチャ地方コンスエグラでしょうか?  槍を掲げ、」風車に向かって突進 carouselpony dash

   Img_0753  Img_0759

       右はセビーリャ。 やはりこの地にいるのですから…   中央には磔刑のキリスト。

いろんな椅子の絵が歴史上の何を表してるのか理解するのは、勉強不足の私には少々荷が重い。

きれ~い、可愛い~ぃ、面白っ、鮮やか、といった陳腐なセリフしか出てきません。    お恥ずかしい

Img_0766 今までいた建物の屋根に目をやると、焼き物❢

なんだか東洋的。  イスラム風?  文化の交流を強く感じます。 

もう1時半。  少し車を走らせて、サンタ・フスタ駅(Estacion de Santa Justa)近くのレストランで昼食。

そのあと、ヨーロッパ最南端の街エステポナに向かいました。

イタリアやギリシャの方が南かと思いましたが、細かい島を除くと、確かにこちらの方が南です。

Img_0788                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                          
                                                                                                                                                                                                                       
                                                                                       
                                           
                                                                                   
                                                                                         

 

この辺りは風力発電でも有名です。

車窓からもたくさんニョキッと突っ立ってるのが見えます。

さいしずめ現代版風車(?)といったところでしょうか。

なんだか妖しい雲が…

今夜のお宿はコスタ・デル・ソル西端の海岸保養地としてしられてるエステポナです。

「スペインで一番モロッコに近い街」の説明に、「あれっ、ジブラルタルの方が…」  

うっかりしてました、ジブラルタルはイギリス領。  

今やイギリスは小さい国ですが、昔の杵柄? 要所要所を押さえてますね。 オセロのコーナーみたいです。

予定より早く6時半頃、、ホテル(GRAN HOTEL ESTEPONA AND THALASSO SPA)に到着。

   Img_0793  Img_0795

このロビー向こうが海です。 ガラス越しに、庭やプールも見えます。 

早速お散歩とはやる気持ちを抑え、まずは部屋へ。 

Img_0801                                                                                          

 

リゾート地にありがちなデザインのお部屋です。

でも決して陳腐ではありません。

落ち着いたホッとできる空間です。

早速ベランダに出てみると…

Img_0803

これがコスタ・デル・ソル、地中海❢

まだ気温が低いから?夕方だから? 海岸にもホテルのプールにも人は見ません。

ベランダ下の芝生にムクドリに似た鳥がやってきました。 遠く東の方にも白く光る建物が見えます。

  Img_0804  Img_0806

ではではまずは、庭に出てみる事にしました。  海岸にも出られそうです。

プールサイドに行ってみました。 日陰になってしまい、余計に寒そう。 今の気温は20℃くらい。

  Img_0808  Img_0812

海岸に出ようと出口を探してると、フェンスにぶつかってしまいました。

その向こうに浜辺に下りていく道が見えます。 目の前の施設は、滞在型の宿泊者用でしょうか?

太陽がさんさんと降り注ぐプライベートビーチ❢  

涼しい時期で良かったかも…  でないと、不法滞在者になってしまいそうです。  

なぁ~んて負け惜しみ言いつつお散歩 shoe shoe shoe 

夕食は8時。 スペインでは早い夕食です。 外もまだうすら明るい。

とってもゆっくりの楽しい食事を終えると、もう11時前 night   

Img_0831  先ほどの庭もライトアップされてます。

ocean view の部屋からは朝日が見られるはずです。  お天気もいいらしい。

是非とも朝日を拝んで、コスタ・デル・ソルを歩きたいsign03

夜遊びはせずに床に就く事にいたしました、おやすみなさい sleepy

« セビーリャ市内観光② | トップページ | 30日のお食事 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セビーリャ市内観光② | トップページ | 30日のお食事 »