2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« バルセロナへ、そしてサグラダファミリアへ | トップページ | バルセロナ観光一日目:カサ・バトリョ »

2013年6月 9日 (日)

バルセロナ観光一日目:グエル公園

サグラダ・ファミリア聖堂に別れを告げ、『グエル公園(Park Guell)』へ。

いよいよ愛しのカメレオンちゃんとの対面です lovely

グエルはガウディのスポンサーだった方。

街を見下ろす山の手の土地に宅地造成しイギリス風の住宅街を造ろうとしたそうです。

そのための都市デザイン・道路整備・中央広場等のパブリックスペースの建設を、ガウディに依頼。

結局グエル家とガウディ家以外には一軒しか売れず、失敗に終わりました。

でもそのおかげで、素敵にお洒落な愛すべく公共公園ができたわけです。

大型バスの駐車場から入ります。 公園の裏というより横手になるのかな…・

なんだか面白いものが見えてきました。  周囲の自然に溶け込んでますが、つくられたものはず。

   Img_1247   Img_1251

高低差のある地形をつなぐために設けられた高架式遊歩道でした。 

この石も、道路を作る際に掘り出されたものなので、周りとの違和感が少ないです。

Img_1252_2                                                                                                                                                    
                                                                                                                                                                                     
                                          

 

 

                                                              木の間から見えてきたのは、

正面入り口脇に建つ『管理小屋』です。

童話の『ヘンゼルとグレーテル』にでてくる

お菓子の家をイメージしたそうです。

『中央広場』がみえます。  その向こうに見えるレンガ色の建物は『グエル邸』  でも今は小学校らしいlovely

素敵な小学校なんでしょうね、内装を見てみたいものですが…  

そしてよく写真で見るあのグネグネベンチが手前に見えます。  でも人がいっぱいsign01 

  Img_1254  Img_1257

この広場に下りてくる道もキノコか木の根っこか…  面白い。  どこを切り取っても楽しい映像です。

ベンチには座れました。 ガウディは、人間の体にぴったり合うように、ベンチを波型に設計したそうです。

確かにゆったりもたれるとそんな気がしなくもないのですが、何せ人が多い。

一度座るとなかなか動かない人が多いし、空いてもすぐに人がやってきます。

せめてツアー仲間とは、このベンチを譲り合い体感し共感したい。  といった具合で慌ただしい… coldsweats01 

背もたれのモザイク画もグネグネも、思うようには写真に収められませんでした、 残念。

広場の下に向かいます。  裏側から見ても、ベンチの背もたれのモザイク画がとってもお茶目。

Img_1263 下は『市場』。 ギリシア神殿を思わせるドーリア式の柱。

グエルとガウディはともに、ギリシア文化を崇拝していたそうです。

  Img_1269  Img_1264

太陽と月を表す天井飾りは、ガウディの弟子であるジュジョールの作品。

先ほどのベンチを始め、公園のあちこちにあるタイルを用いた装飾の多くは、彼の作品です。

Img_1267_2                                                                                            
                                         
                                         
                                                                                                                                  

 

 

言うても詮無き事ですが、とにかく人が多い。

先ほど木の間から見えていた正面入り口脇の建物。

左手は『守衛小屋』。

ホントにおとぎの国から出てきたような建物です。

                                                                                                                                                                                                               
いよいよ御対面、我が愛しのカメレオンheart04   と思いきや、『トカゲ』だとか… 

『竜』という説もあるらしい。  そしてこともあろうか、一説には『サンショウウオ』とも…

まぁ一般的には『トカゲ』   でもカメレオンとトカゲの違いは…・・・・・???????

トカゲ:トカゲ目トカゲ科に属する爬虫類の総称。広義にはトカゲ亜目に属する爬虫類を指し、

     イグアナ・カメレオン・カナヘビ・アがま等を含む。 云々

カメレオン:トカゲ類の中で最も樹上生活に適応したカメレオン科に属する爬虫類の総称。 云々

共に出典はマイぺディアです。  トカゲの方が広義で適切かも。 ブリタニカだともっと分かりづらかった。

というわけで、我が友(?)カメレオンちゃんは本日この時をもって、トカゲちゃんに変更 sign03 

そして彼(?)は、正面入り口と8m高い市場を結ぶ『大階段』に鎮座しております。

           Img_1274_2 奇跡? 人がいない。  

この階段は、市場の下にある貯水槽の水を排出する役割をも持ってるそうです。

階段を下ります。 この壁面のタイルもとても素敵です。 白が青空に映えます。

  Img_1277   Img_1279_2

入り口脇の『管理小屋』ではガウディグッズを販売してます。  どうも二階もあるみたい。

早速、人ひしめきあう小さな小屋に突進 dash    そして二階から大階段を見たのが、右の写真 scissors

ゆっくりぶら~りぶら~り散歩することは叶いませんでしたが、ガウディデザインを満喫いたしました。

森みたいなキノコみたいな不思議空間を通って、再びバスの待つ駐車場に戻ります。

          Img_1284_2

そして今度は街中にある『カサ・バトリョ(Casa Batllo)』に行きます。

« バルセロナへ、そしてサグラダファミリアへ | トップページ | バルセロナ観光一日目:カサ・バトリョ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バルセロナへ、そしてサグラダファミリアへ | トップページ | バルセロナ観光一日目:カサ・バトリョ »