2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 30日のお食事 | トップページ | グラナダ【The Alhambra and The Generalife】 part Ⅰ »

2013年6月 2日 (日)

エステポナからミハスへ

5月1日 今日もいいお天気です。

寝過ごした?  慌ててカーテンを開けると、まだ大丈夫間に合いました。

今7時。  日の出が遅いので助かります coldsweats01     お月様もでてました。

  Img_0832  Img_0834

Img_0835


東の空から、太陽が顔を出してきました。

一気に明るくなります。

目が痛くなるほどの眩しさ。

長くは見てられません。

輝きはじめる海に魅かれます。

早速、昨日行きそびれた砂浜に行くことにsign03

Img_0845_3                                                
                                              
                                                

昨日、一応チェックはしておきました。

まずホテルの正面から出ます。 

そしてぐるっと裏に回れば ok のはずです。

当ってました。

浜に出る階段発見。

そして昨日フェンス越しに眺めたコンドミニアムです。  

今朝は、朝日で赤く染まってます。

        Img_0836  

Img_0840 中央やや左 うっすらとピンクに染まってる陸がモロッコ.

距離は15kmほど。

ホテルを一周して戻ってくると、丁度朝食の時刻。   

cafe or wine 片手にゆったり滞在したいところですが、今日はまずはミハスに、そしてグラナダまでいきます。

9時半、荷物をまとめていざ出発です。

しばらく海岸沿いを走ります。  ところどころに見張りの塔の名残が見られます。

海岸沿いのリゾート地はミハス・コスタと呼ばれ、今から行く白い村『ミハス・ブエブロ』と区別されてます。

坂を登り始めると見えてきました、白い家並みsign03  陽の光でくっきり浮かび上がるようです。

  Img_0857  Img_0861

ギリシアと同じで、虫よけ・日除けの為に石灰で白く塗ってるそうです。

バス駐車場で、ロバのお出迎えを受けました。  観光用ロバtaxi(Burro Taxi)です。 可愛いけど…

  Img_0865  Img_0874

                        そして街中でもロバさんが、「いらっしゃいませ」 sign02

白い町並が眩しい。 赤い花が白さを引き立てます。 この道をズ~ッと山に行くと教会に行けます。 

  Img_0876  Img_0868

一年に一回だけ、イースターの時のみ開かれる山の教会(Ermita del Calvario) 

ここからだと片道25分程かかるそう。 とっても行きたいけど無理。 残念ですが、次回の目標にsign01

Img_0907_2

                                                                                      
                                                                                                                                                                                              
                                                                    

 

でもこちらの世界一小さい闘牛場に行きました。

入口のお土産物屋さんでチケットを買います。

そして店の中右に行くとあれあれ…

あれっ? こちらかな?  狭いのにちょっとややこしい。                                                                                         

 

Img_0881_2                                        
   

 

1900年に街の人達の願いによってつくられました。

四角?楕円? 表現はまちまちです。                                                                                                         

 

私は観客席に座ってみました。

広さが解り辛いので、主人にたってもらいます。                                           

こんな大きさです。 

主人は悠長に手を振ってますが、 

もし牛が飛び出してきたら…  牛は左後ろから dash

ちょっと想像してみました happy01 

因みにマタドールは左下の方から出場します。

 

闘牛場入口近くには礼拝堂(capilla)。  マタドールの衣装も展示されてました。

     Img_0896   Img_0897

闘牛場のそばの見晴らし台に向かいました。  遠くに海が見えます。

コスタ・デル・ソルの海岸線です。  

Img_0904_3   Img_0880

          ミハスの町並みも一望できます。 写真中央やや右上に、白く小さく山の教会が見えます。
                                                                                 

Img_0912_2

                                                                                

 

 

祠のマリア様礼拝堂(Ermite Virgen de la Pena)

ミハスの守護聖女マリア様が祀られてます。

自然の祠だそうです。

伝説によれば、1586年2人の羊飼いの少年が、

ここでマリア様の像を見つけたと…

行きたいのは山々なれど、

闘牛場で遊び過ぎて、時間が足りません。

残念ながら、立ち寄る事を断念。

集合場所バス停に戻ると、みんな屋台を取り囲んでます。

ミハス名物?アーモンドの蜂蜜がけ Img_0916 名物おじさん Sr.Juan です。

通りで同じようなアーモンドを作って売ってました。 でも確かにここのが香ばしくって美味しい。

小袋一つ買って、グラナダに向かうバスの中でぽりぽり…   

とうとう無くなってしまいました。  写真も撮ってない… coldsweats02    残念 m(__)m

 

« 30日のお食事 | トップページ | グラナダ【The Alhambra and The Generalife】 part Ⅰ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 出かけていた間に旅は進む・・・
 とりあえず一気読みして、合流いたしました。
 あとでゆっくりもういちど拝見します。

 58の椅子全部座ったら、足が筋肉痛になりますね(笑)
 
 マリア・ルイサもギター曲にありますし、グラナダも。
 実はギターを少々齧っておりまして、スペイン系の曲は大好きです。
 そんなわけで、ひとりBGM付きで拝見しています。
 何を見てもすてきで憧れます。

 晴れてよかったですね。
 青空に映える白い家並みが眩しいです。

 次はグラナダですね。
 楽しみ~~!

ようさんのギターを聞きながら、スペインワインで乾杯してみたかった(笑)
とつとつと、しゃっくりしてるみたいなブログアップで申し訳ありません。
なんだかいつも、用事やお出かけ、イベントが重なってしまい、
そこに緊急事態が割り込むと、どうしてもきちきちパンク寸前です。
急がないと全てが忘却の彼方~
写真や地図見ながら、何とか記憶を呼び起こしてる状態です
何とかグラナダ頑張らねば…
暫しお時間を…   お許しあれ❢

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 30日のお食事 | トップページ | グラナダ【The Alhambra and The Generalife】 part Ⅰ »