2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 熊野古道ウォーク第八回:二日目(7月8日)part2 | トップページ | 和彩 温 »

2013年7月23日 (火)

世界のビール博物館

7月15日、所用で大阪梅田方面に出かけました。

三時前、ブランチしか食べてない主人が空腹を訴えてきたこともあり、

人が多いから…と敬遠していた『グランフロント大阪』にある『世界のビール博物館』に行ってみる事にsign01

数日前仕事でこの辺りに来た主人は、私世代の女性陣がビール片手に談笑してるのを目の当たりにし、

何としてもどうあっても行きたくなったそうです。      

祝日なので覚悟して乗り込んだのですが、人員整理が上手なのか、人ごみに慣れてるのか、

それほどの圧迫窮屈感・人いきれもなく、うろうろきょろきょろしながら辿り着きました。

「世界中から集めた250種類以上ビールと、各国のビールに合った郷土料理を集めたビアレストラン」

という触れ込みです。

食事時間を外してるせいか、列はできてますがそれほど長くありません。

子連れの方も結構多く、ファミレスっぽくなってるテーブルも見かけました。

二人だけ&カウンターokなので、直に順番が来ました。

Dsc_0015jpg_2案内されたのはドイツビールのカウンター。

勿論他の国のビールも飲めます。

こちらのコーナーは端っこにあるため、

他のブースを見ることはできませんでしたが、

6つの国や地域のバーカウンターが再現されてるそう。

カウンターの陶器製グラス容量は1リットル。

本場ミュンヘンのオクトフェスで使われるサイズです。 いつか行きたいと思ってるのですが、やはりでかいsign01

こちらに座ったのも何かの縁、ドイツビールをお願いします。  ハム・ソーセージ盛り合わせに海老煎…

Dsc_0016 Dsc_0018 Dsc_0019

左がSPATEN Optimator : 修道士の断食期の栄養源として作られた濃厚なビール

細長いグラスのはFranziskaner WeissBier : 小麦麦芽を使用して醸造したミュンヘン人気№1ビール

真中はイギリスビールで右端はベルギービール。  

ヨーロッパのビールはアルコール度の高いのが多いので、強くは無い私は要注意sign03

テーブル席から離れているせいか、落ち着いて座ってられる席でした。

フット振り向くと、丸いテーブルを囲んで立って飲んでらっしゃる方数名。

それではそろそろ行くとしましょうか?

Dsc_0010_2                                      
                                    
                                                                                                           
                             

 

 

背後にはビールマルシェがあります。

世界のビールが集められてます。

瓶の形やラベルが興味深い。

海外旅行に行く度に集めてるビール瓶。

 

また記念品集めなくっちゃsign01   またまた『お出かけ病』再発の気配…lovely

« 熊野古道ウォーク第八回:二日目(7月8日)part2 | トップページ | 和彩 温 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

オク―バーフェスタ 引き続き豊洲で開催中ですので、
ブログを拝見して また行きたくなってきました。(笑)

でも世界のビール、、と言われると
私の中では オランダの「グローシュ」が最高だと思っているのです。

実は近くの酒屋さんで見つけたのです グローシュ。
ところが翌日に行くと グローシュだけ完売なんです。
競争相手が近くに住んでいるみたいで、次は負けるもんかと思っています。

shinmamaさん、オランダのグローシュですね、( ..)φメモメモ
この暑い時期にはビールが一番。
先日スパークリング日本酒を頂きました。
飲み口爽やかですが、日本酒風味の残存感が大きく、これなら冷酒の方が好き。
あのシュワ~ップシュ~ッは、やはりビールに限ります。
私がそちらにいたら、豊洲のフェスタに入り浸りそうで怖いです。
おっと、今夜のぶん、冷やしておかなくっちゃ❢

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊野古道ウォーク第八回:二日目(7月8日)part2 | トップページ | 和彩 温 »