2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月9日 part1) | トップページ | スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月9日 part3) »

2013年10月31日 (木)

スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月9日 part2)

9時半ホテル出発。

ゆっくり出発に早めの帰宅(?)がありがたいツアーです。

バスでさっき歩いてきた道を西へ、トンネルを抜けた先にあるボート乗り場に。

『プレトナ』と呼ばれる手漕ぎボートに乗ります。  

このボートの漕ぎ手は世襲制で、誰もかれもがなれるわけではないそうです。

Img_1058_3 Img_1060_2

まだすっきりしない靄の中、穏やかな湖面をボートは滑るように静かに進みます。

島が、教会が、近づいてきました。 こんな小さな島が、スロベニア唯一の島、というのに驚かされます。 

Img_1080 Img_1062_2

岸に見える白い建物は、旧ユーゴスラヴィアのチトー大統領の元別荘で、今は『ヴィラ・ブレッド』(ホテル)。

今夜はここでお食事をするそうです。  ちょっと期待しちゃいますnotes

ボートは教会の裏手に回ります。 あの階段ではなく、緩やかな坂道を登って教会に。

古くから愛の女神シーヴァが宿ってると言われてる島。 

この1534年に建てられた鐘楼の鐘、鳴らすと幸せになれるそうです。

最愛の夫を亡くした女性が祈りを込めた鐘を、湖中に投じた、あるいは運ぶ際に湖中に沈んでしまった…

祈りを込めたにも拘らず願いがかなわず、その悲しみの為女性は僧院に入り、一生を終えたそうです。

時のローマ教皇が、人々の奇跡への願いを永遠に響かせるために鐘を寄贈したとか。

Img_1066  Img_1072_2

私も鳴らしました。 力一杯下に引っ張ります。 一回で充分sweat01  結構力が要りますsad

現在のバロック様式の教会になったのは17世紀。

でも初代教会(8世紀)の礎石が、床に張られたガラス越しに覗けました。

Img_1074_2これが例の階段。 

上から見ても下から見ても凄い。

一人上り下りする分には構いませんが、

お嫁さんを抱っこして…  難行苦行です。  愛は強しsign02

島をグル~ッと巡ってみることに。 

Img_1076 流石に綺麗。

ホントに小さい島sign01  一周するのに10分かかったかしら?

雨が降ってきたので急ぎボートに乗り込みます。

今度は湖面から100mの高さの断崖の上に立つブレッド城に行きます。  雨に煙ってはっきり見えません。 

昨夜、部屋から見たライトアップされていたお城です。

Img_1063_3 Img_1087_7 Img_1092_2

第一の城門をくぐって坂を上ると『下の広場』に出ます。 ここには印刷所やギャラリーがあります。

この左手にはワインセラーがあるんですよ。  後でワインを買いに行くつもりです。

更に登って『上の広場』に。 眺めがいい、御天気なら…ブレッド島も煙って…言っても詮無き事ですが…

Img_1103 Img_1094

16世紀に建てられた礼拝堂や周辺で出土した石器や陶器、中世の武具を展示する博物館があります。

写真には写ってませんが、この右手にレストランがあります。  今日のお昼はこちらでrestaurant

その前に、スロべニアワインの講義を受けます。  北東で白が作られてますが、殆ど赤wine

Img_1109 Img_1110

右から、白・軽め赤・重い赤。 でもフランスワインに比べると重めでも重くない、飲みやすいお気軽ワイン。

試飲とは言うものの、ワイングラスにレストラン並みに注いでくれます。  充分出来上がっちゃって…lovely

早速レストランへ。  ワインは遠慮してビールにしました。  アスパラガスのスープ。

Img_1112 Img_1115

鱒のグリル。 湖で泳いでたお魚さんかしら??? ポテトが美味しい、ホウレン草はぐちゃぐちゃに柔らかい  

Img_1117 Img_1119

デザートはアイスに見えますが、ビスケットのケーキ。  完食 delicious

食後早速ワインセラーに向かいます。  私一人……coldsweats01  修道院みたいな雰囲気の中、再び試飲。

飲みやすいワインです。 お気軽に頂けそうです。  ということで御買い上げ。 

Img_1120 Img_1121

ここに来た理由の一つは、自分で樽から瓶詰にできるから…  当然樽入りのワインにしか興味ありません。

いろいろ瓶詰めされたワインもお薦め下さるのですが、「これがいい❢」とさっさと決めちゃいました。

手なれたもので、「カメラを…」と。  いろいろポーズまで指示されながら…coldsweats01

Img_1122 Img_1125

早速瓶詰め…   コルクを選んで、瓶の上に乗せ、えいや~っと押しこめます。

Img_1126 Img_1127

蜜蝋で封印します。 ラベルの代わりに白い紙をぶら下げ、封蝋(撮り忘れたので呑み終わった空瓶を撮影)

Img_2486_2  Img_2476 更に証明書発行sign02

おっと急がねば… 集合時間が来ます。  これで思い残すことなくブレッドを離れられる scissors

三時前にホテルに戻りました。

朝歩いておいてよかった、この雨の中では歩く気も失せます。  

フランクフルトで買った『SUDOKU』を広げ、コーヒー飲みながら一服です。

写真をチェックすると、ぼけたような写真ばかり…

お天気は今一でしたが、したい事全てができました。

明日のお天気は…?????  

« スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月9日 part1) | トップページ | スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月9日 part3) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 素敵なところにいらしたんですね!
 景色も建物も、いわゆる西欧とは、やっぱり雰囲気が違いますね。
 とはいうものの、スマホの画面では思うように拝見できなくて、
 もどかしいったら!
 でも、伸ばしたり!拡大したり、頑張ってついてっています!
 パソコンが退院してきて、もう一度ゆっくり拝見するのが楽しみです。

 
旅先で出会った人が よかったと口にするのが「クロアチア」でなので
いつか行きたいと思っていました。
シッカリとブログを拝見して 勉強させていただけるのが嬉しいです。

それにしてもご主人様がご一緒でなくて おさびしいことでしたね。
プラス思考で考えれば ご主人がお一人でお留守番できるだけでも よかったですね。
そうでないとお二人ともキャンセルになりますものね。
何があるかわからない、、、行けるときに行っておかなければ、、ですね。
 

ようさん、お返事遅くなりました
今頃はパソコンちゃんは退院なさってるでしょうか?
スマホは便利ですが、いかんせん画面が小さい。  御苦労お察しいたします。
私はワイドなスマホを使っておりますが、それでも小さい。
持ち運びには不便ですが、やはりタブレットの出番になります❢
一応リケジョに分類されるのでしょうが、頭はすっかりアナログのまま…
叩いて直すのが普通の私が、PC・タブレット・スマホを並べて奮闘してるのを
娘が醒めた目で眺めております(笑)
それにしても、見直して頂けるだけの内容にせねばなりませんね (-"-)  
あらっ、大変❢

お帰りなさいませ。
ご主人様の具合はいかがですか?

早朝の散歩。朝焼けに教会、美しい、ロマンチック^^
素敵なところですね。

ワインはひたすら羨ましく拝見。目の毒です。^^;
お姫様抱っこ、憧れですが夫には絶対無理(笑)

今日は、一気読みでした。^^

shinmamaさん、すっごいプレッシャー感じております。
クロアチア行く前に、shinmamaさんのブログに『クロアチア』探しにいお邪魔しました。
発見できず、ブログなさる以前にいらしたのかしら…?と、思っておりました。
わたしの旅は、もっぱらツアー参加ゆえ、御参考にはならないかと…
料理と宿とゆとりに重きを置いてそうな楽チンツアーが選択基準です。
今回は、現地観光協会の方達も推薦する「エクセルシオール」3連泊に魅かれました。
その価値ありましたよ。
shinmamaさんはどのような旅をなさるのか、今からワクワクドキドキしてます。
主人がいない分、自由に好きな所歩きまわれました。
内緒ですよ…(笑)

ニャンさん、お姫様だっこなんて、うちの主人も無理ムリ❢
自分の体重支えられなくなってるぐらいですから…(笑)…不謹慎でした
腰の具合は未だ悪く、うんうん唸っております。
内臓も整形外科的にも全く悪い所は無いと、お墨付き頂いたのですが…
長年の肥満と不摂生に老化が加わってこんなことになったのでは…との由。
今まで私の言うことなぁ~んにも聞かなかったから…と、私は思っております。
持病故、何とか痛みをとって腰痛と仲良くなってほしいものです。
でもおかげで一人参加だったのでフットワークも軽く、したいことができました…
またまた不謹慎ですね  

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月9日 part1) | トップページ | スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月9日 part3) »