2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月16日 part2) | トップページ | スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月17日 part1) »

2014年1月 4日 (土)

スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月16日 part3)

いよいよ夜の街へ shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe

近道確認のため、添乗員さんと一緒に旧市街方面に食事に行くグループと一緒に出かけることにしました。

今まで遅れたことのない添乗員さんがあたふたと…sweat01

何と昨夜の雨のせい?  お1組の方のお部屋のベッドが水浸し… catface

お部屋チェンジにバタバタ…sweat01  三日間連泊ということで、箪笥や引き出しに仕分け済み故余計大変。

幸いにも荷物には影響なく、でも夕食に出かけるエネルギーは失せてしまわれたようです。

ヨーロッパの古い建物ではありがちの出来事とはいえ、お気の毒です coldsweats02

気を取り直して出かけます。

ホテル正面ではなく部屋の近くの出入り口からだと、5分程で旧市街の東側の『プロチェ門』に到着。

                         橋を渡り城壁の中へ。 旧市街の中心的な広場『ルジャ広場』に出ます。

Img_2129 Img_2134_3 Img_2131_2

                     upwardright                     

広場には時計塔(私達は、塔の左からこの広場に入りました)や聖ヴラホ教会が建ってます。

この広場からまっすぐ西に延びる『プラツァ通り』はこの街のメインストリートです。        

      ここで、ツアー仲間と別れ、私はこの道をまっすぐ進み、反対側の『ピレ門』に。

      300mほど、あっという間に着いちゃいました

Img_2135  Img_2140 Img_2143

門をでると、賑やか。 市内バス乗り場もあります。道幅も広く、多くの車が行き交います up

高いところで光ってるのは、明日登るスルジ山でしょうか?                                                                                                               

Img_2144_2

 外から見るピレ門です。

Img_2145_4


中に戻ると、鎖がぶら下がってるのに

気付きました。

足元にはギザギザのついた

船の舵のようなものも。

昔はこんな鎖で、しかも手動で

開け閉めしていたんですね。

勿論今は開いたままです。

では戻ります。  今回来れなかった主人からの mission を果たさねばなりません。

以前こちらに来た時にお会いした『バチャン』という刺繍専門店の御主人に写真を渡さねばならないのです。

再びプラツァ通りを戻ります。  ここかな?こっちかな?と路地を覗きながら、適当にお店を物色しながら…

Img_2139 Img_2137 Img_2149

リツィタル(ハート型の伝統菓子由来のオーナメント)柄の可愛いTシャツを見つけました。

イメージは末娘にピッタシだったのですが、サイズが合わず断念。

ネクタイ発祥の地クロアチアのネクタイも見つけましたが、専門店の方が種類多そうなので止めました。   

そうこうしてるうちに、ルジャ広場に建つ時計塔が大きく見えてきました。

小腹も減ってきました。  ちょっと広い脇道ではギター演奏付き(?)のオープンレストランが大賑わい。

             downwardleft      お店、見つけました。  路地奥の角から二件目。  Good Job scissors

Img_2150 Img_2147 Img_2479

ご主人に直接写真を渡すことができました。  喜んでこんなコースターを下さいましたup

「シルク、silk 」と強調なさってました(笑)    

テーブルクロスになりそうなものがあればよかったのですが、小物ばかり。  で、御買い物は断念。

再びルジャ広場に戻ります。  もう一つの mission sign03   市庁舎一階のカフェで一服する事。

Img_2148

この時計塔の右手明るい三階建ての建物が市庁舎です。

Img_2152 Img_2153

『Gradska Kavana(グラドゥスカ・カヴァナ)』と聞いてましたが、窓ガラスには「GRADSKAVANA」???

意味は確か「大きな喫茶」  奥にスイーツコーナーがあるはず…

かつては大評議会か開かれた場所。  いわば国会議事堂でしょうか?   

カウンターのお兄さんが何か言いながらscissors   私は「一人でぇ~す」と一本指。

外はちょっと冷えるかも… 中の窓際の席を確保。  温かい物もいいですが、そこはオ・ト・ナ…(笑)

白ワインをお願いしちゃいました。  部屋に帰れば馬鹿でかいミートパイが待ってます、ここは抑えて…

Img_2154 Img_2156

窓越しに、聖ヴラホ教会のステンドガラスが色鮮やかに見えます。  

ここで気付きました、カウンターのお兄さんは「二階に行く?」と尋ねたんだと… 

でも二階だとこのステンドガラスは見にくいかも…  結果オーライでひとり勝手に納得満足。

ゆったりと静かに大人の世界に浸りながら、異国の夜をENJOY coldsweats01

いささか足がだるい…  ホテルに戻るとします。

Img_2160

でもちょっと気になる旧港に。

部屋から見えるロクルム島行き?

ざっと見渡したところ、

観光船がメインのようです。

個人のボートもあるんでしょうね。

向こうの明かりの中には、

私の泊ってるホテルも…

そろそろ行くとしますか。                  

 

                                                                             時計塔の裏に出て、ドミニコ会修道院の横を通って、先程のプロチェ門から出ます。

Img_2163 Img_2164 Img_2171

そのまま直進するとホテルが見えてきます。  

側道からプライベートビーチに面したレストランの灯りがみえました。  

まだ九時過ぎだものね。  宿泊客専用の入り口はカードキーで開きます。 

明日のお天気に期待込め、今夜はもう足を休ませる事にします。

スーパーで買ってきたミートパイはとても美味しくって、大きいにも拘らず完食。

満腹満足で眠りにつくことができました。

 

« スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月16日 part2) | トップページ | スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月17日 part1) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 夜の街、すてきですね。
 ご主人様はいらしたことがおありなんですね。
 無事ミッションを果たされてなによりでした。
 ご店主、喜ばれたでしょうね。
 日本からはるばるお写真を携えてきてくださったんですものね。
 ひとりで歩かれたパンジー様、えら~い!
 一味違う夜の街巡り、
 ちょっとどきどきしながら、楽しませていただきました。

ようさん、コメントありがとうございます。
主人は仕事で行ってるので、観光の方はチョロッとだけ…
リベンジしたいみたいで、ブログ書いてる私のそばをウロウロしております(笑)
主人には申し訳ありませんが、正直一人でのツアー参加は気楽です。
好きな時に好きな事が出来るし、我慢しなくてもお世話しなくてもいいのですから…
でも一人の夕食は淋しいし、文化の違う国では夜の女の一人歩きは要注意です。
ツアーですから、その辺りの事情は添乗員さんに教えて頂けるので安心ですが…
時々同じ一人旅の方(老若男女問わず…)と御一緒することもありますよ。
ようさんだけでなく、わたしもドキドキしながら…でも楽しかったsign03
こういうの、止められませんね coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月16日 part2) | トップページ | スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月17日 part1) »