2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月17日 part2) | トップページ | スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月17日 ラスト) »

2014年1月19日 (日)

スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月17日 part3)

城壁巡りは一方通行で反時計回りです。  一周1940m、最高地点で25m。

この城壁は、1667年の大地震の被害を殆どうけなかったほど丈夫にできてます。

先程チェックしておいたピレ門わきでチケット購入、そしてすぐ横から入場。

午前中見かけた賑いは何処に…LUCKY scissors   狭くて急な階段を上ります、フ~ッdash

Img_2298_3 Img_2300_2 Img_2302

少し進んで振り返ると、今朝登ったスルジ山が見えました。  ホントに気持ちのいい青い空ですnotes

下にはオノフリオの大噴水が見えます。 右手の建物が昼食を頂いた元聖クララ修道院です。

Img_2303 Img_2305

クロアチアの旗がたなびく最初の出っ張りに出ました。       

Img_2307下を覗くと、ピレ門。

右の城壁下をくぐると、旧市街のメイン通りのプラッツァ通り。

左に行くと、橋です。

橋を渡れば、観光案内所やバスターミナルのある広場に出ます。

敵が門を突き破っても、突進できないように曲がってる道。

そしてもう一つの門が待ってるというシステム。

日本のお城と違うところは、綺麗なカーブを描いてる事かな?

                                                      
                                                      
そしてここには小さい丸いドーム屋根の見張り塔(?)があります。  

早速入ってみます。   三方に小窓が…

海側の窓からは、城壁と同じころに整備されたロヴリイェナツ要塞が見えます。

こちらにも行きたかったのですが、今回は断念。 次回は…???

Img_2311 Img_2309 Img_2310

正面(西)から見える大通りをさらに西に進むとグルージュ港。  そして山側からはスルジ山。

低い天井の狭い見張り部屋(?)は、背の高い男の方や恰幅のいいお方には長居は苦痛。

入ってもすぐ出てらっしゃいます…可哀そうなくらい coldsweats01

旧聖クララ修道院を上からeye     ところどころ、破壊された跡がそのままに。 これは水道橋の跡?

Img_2319_2 Img_2323_2 Img_2324

今来た道を振り返ります。  右上向き矢印が、入口からの階段です。  そして反時計回りに進みました。

  Img_2328

Img_2338 
青い空と碧い海を眺めながら、爽やかな風に吹かれてのお散歩です。

角の『ボカール要塞』を通り過ぎ、思い切り手を伸ばして camera

多分『聖ペテロ砦』。 向こうに見えるのはロクロム島。

Img_2341_2今まで思いつきませんでした、

この切れ込みは砲台用だったんですね。

穏やかな海とお天気に騙されそう…

城壁は敵から身を守るのと同時に、

戦いの本陣にもなることを…。

暢気に「気持ちいいぃ~」と、

歩いてていいのでしょうか?

でも綺麗、気分最高sign03

何だか放って行けない見張り塔 happy01      窓の向こうにクルーズ船が見えます。

Img_2342 Img_2345 Img_2354

城壁内側の街の景色も面白い。   観光客のいない道。  街中歩いてると気づかない通りです。 

南の砦(聖ペテロ砦)辺りから身を乗り出すと、城壁下の岩礁で日光浴を楽しむ人たちがみえました。

信じられませんが、海水浴なさってる方も…  気持ちのいい日ですが、気温は確か22度か23度くらい…

  Img_2357

鉄扉の向こうの出っ張りに白いパラソルを発見。  素通りしてもいいけど…一服兼ねてティータイムheart04

beer にしたかったんだけど、まだ歩かねば登らねば… 我慢ガマン coldsweats01    テラスに座ってる気分で cafe  

Img_2364 Img_2365
再び出発。 城壁内を覗くと、ここも崩れたままです。 猫 cat が気持ちよさそうに日向ぼっこしてました。  

海側に目をやると、遠くに聖イヴァン要塞の先っちょにある旧港入口の赤い灯台が見えました。

写真の灯台の右上にはホテルが見えます。  

Img_2368 Img_2376 

右・左きょろきょろしながらshoe shoe shoe shoe   立ち止まってはcamera                                                                                                                        

城壁からだと、旧市街の裏側が見えます。  そして生活してる方のにおいを感じます。

この洗濯物も、御見事sign03 靴下が綺麗に揃ってます。 物の干し方にお国柄が出るのが面白い。

干す道具もいろいろですが、こちらではロープばかり見かけます。

Img_2377_3 Img_2379_2

旧港に来ました。 向こうに大聖堂が顔を覗かせてます。  

正面の角を右に曲がると、時計塔がず~んと近くに見えてきました。
                                          

Img_2384Img_2390滅茶苦茶ズームアップsign01 

左が時計塔です。

広場からは見えなかったてっぺんsign03

中に鐘つき男さんがいるようです。

そしてドミニコ会修道院の鐘楼のは

修復中のお方でしょうか?

こちらも下から見上げていた時には

見えなかった先っちょです。

 

港の反対側(北)にきました。 聖ルカ要塞。 ここから山側。 だんだん高くなっていきます。

Img_2398_2 Img_2405_2

城壁外は車・車・車。  遠くに見えるのは最高地点の『ミンチェタ要塞』   手前の橋は北の『ブジャ門』

Img_2406_2shoe shoe shoe shoe shoe  shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe   

Img_2418ここが要塞の入り口

更に急な階段を上ります。 

Img_2419_5 振り返ると… 

海が遠い。 でも停泊中のクルーズ船が白くくっきりと…

最高地点からの景色ですsign03  オレンジ色の屋根と碧い海、緑の島、青い空、白い雲。

  Img_2425

Img_2420_3                                               

そしてこちらが出発したピレ門方面。

一番下の赤い矢印がピレ門わきの入口階段。

階段左手の口型の建物が旧聖クララ修道院。

その手前にはオノフリオの大噴水のある広場。

海を隔てて右に見えるのがロヴリイェナツ要塞。

そしてこの要塞を背にして、海の方へ進みました。

征服した気分で、とっても気分爽快です。

そろそろ下におりる事にします。

一段下りて、塔の周りをグル~ッと…

 

                                                
                                                   
                                                                                                          おやおやあんな所で… [2][0]までできてます。 2013としたいのでしょうか? ライトアップ用?

ジ~ッと待っていたのですが、上に登って行ってしまいました。 お仕事中断の様子。 残念。                                                                                                                                                                                                                                    

Img_2427 Img_2430 Img_2431

フランシスコ会修道院の裏辺り?  屋根のないままの建物… coldsweats02   哀しい歴史を思い出させします。

城壁巡り終了。  二時間弱のウオーキングでした。   お天気に感謝しながら城壁内に戻ります。

                              
                               

« スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月17日 part2) | トップページ | スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月17日 ラスト) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 きれいな青空に、景色が映えますね。 
 オレンジの屋根の連なりが見事です。

 城壁めぐりの料金はお幾らなんですか?

 城壁の内外の様子が、こうなってるんだ! と、よくわかりました。
 見張りの人がこんな風に一周あるいていたんだな、と、
 往時の雰囲気が感じられます。
 当時の人も、争いごとがないときは、美しい風景をのんびり眺めていたのかもしれませんね。

 もう一周したくなりました。
 
 

ようさん、うっかりしてました
城壁巡りは90Kn(クーナ)でした。  ガイドブックには70Knとあったのですが…
クーナしか使えません。
ぎりぎりまでKnを使っていた私は危うく断念せねばならない状態に…coldsweats02
午前中に確認しておいてよかったです、ホッ❢
海を見ながらのんびり歩いていると、
街を守り敵を寄せ付けないための城壁であることを忘れてしまいそうなくらい平和です。
綺麗なだけでなく興味深い景色なので、目一杯写真をとってました。
ブログアップしながら、私は三周位した気分です(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月17日 part2) | トップページ | スロベニアとクロアチアの魅力を訪ねて… (10月17日 ラスト) »