2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 悠久のアンコール遺跡探訪*1月10日partⅣ | トップページ | 悠久のアンコール遺跡探訪*1月11日partⅠ »

2014年2月12日 (水)

悠久のアンコール遺跡探訪*1月10日partⅤ

五時半に宿に戻り、さっとシャワー浴びて着替えて…  七時前に出発。

私達のホテルのゲートから、目的のソフィテル・ロイヤル・アンコールのゲートまで200m。

地図で推し量るとその位です。 でもバスで行く…  足が退化しそう coldsweats01

車だとぐるっと回らないといけないので、時間はさほど変わらないのですが…coldsweats01

ゲートからエントランスまで100mはあるかな? 中に入ってからも奥深く行くのかな?

Img_0217バスが到着するや否や、音楽が…notesnotenotes

気恥ずかしくなるくらい gawk

私達だけの為にです。

照れながらさりげなく(?)camera

そそくさと階段登って中に入ります。

奥へ奥へ… 気持ち良さそそうなテラス席❢

でも私達の席は、室内のほぼ舞台の目の前。

今夜の夕食はビュッフェ形式です。

カンボジア風・中国風・フランス風?料理が所狭しと並べられてます。  果物やスイーツも充実。

Img_0224 Img_0222

「飲み物は?」「何かカンボジアのお酒を」     ウエイターさん、ちょっと困った顔して奥へ…

テーブルの上の稲を眺め、きょろきょろ見渡し、なかなか出てこないので、取り敢えずビールで乾杯 beer  

Img_0227 Img_0229 Img_0232

やがてフロアマスターと思しき方が瓶を片手に現れました。

『Sombai』   お米の事だそうです。  ようは米焼酎。  アルコール度数は26%くらいだったかな。

ただ中にグリーンチリ、マンゴーと砂糖(サトウキビ)が入ってるんです。  

面白そう lovely   グラスで頂くつもりだったんですが、「Presentsign03」と一本全部下さいました scissors

そのままで頂くより、ロックにした方が甘みが抑えられていい感じにピリッとします。

今日は、sombai で討ち死に覚悟です。  呆れ顔の主人は放っておいて、お隣の奥さんと乾杯❢

やがてアプサラダンスの舞台が始まりました。  美しい手の動きで花や草を表現してるそうです。

Img_0236【祝福の踊り】

祭礼や祝祭日に踊られるそうです。

国の繁栄を祈願し、世界中に平和と幸せが

訪れる事を願う歌と踊り。

ゆっくり足を上げポーズをとり、手の指を反らせます。

アプサラダンスを習得、極めるためには、

この指の反りが大切なポイントだそうです。

 

Img_0239【ケーン・ダンス】

ケーンは、竹のちいさな束で作られた気管楽器。

この楽器を使ったケーン・ダンスは、

カンボジア北部ラオスとの国境近くが発祥の地。

若い男女がこのケーンの音色に

お互いのロマンティックな想いを託し奏であう踊り。

初々しい雰囲気が可愛いおどりです。

 

Img_0247【メカラ・ダンス】

善と悪の戦い。 そして善の勝利を表現。

Cimg0251_2女神メカラは

知性と不思議な

力を持つ玉で、

悪魔から

勝利します。

                     
手の動きが

とても優雅。                

                                                                                        
                  

 

 

                                                                           
Img_0248                                   

 

【フィッシャーズ・ダンス】

農村で踊られる演芸だとか。

恋愛のお手本にもなってるそうですよ。

最近とみに失われつつある(と、感じる)恥じらいが、

とても愛らしく表現されてます。

 

                                          
                                         
                                               
                                            
                                                

                                                                                                                
Img_0254【扇の舞い】

昔エアコンのなかった時代、

王たちに仕える女官たちは、

音楽を奏で、扇を持って舞いながら、

涼しい風を送っていたのです。

今日は私達の為に…?

お衣裳も踊ってる彼女たちも

とっても綺麗です。

Img_0257_2 Img_0256 Img_0261

お食事頂きながら綺麗なものを拝見し、酔いも回って…  いい気持ちです。 

近いとはいえ、こうなるとバスは有難い。  

ホテルに無事戻ってまいりました。  一面きらきらshineshineshine  何とかカメラに収め、部屋に戻りました。

   Img_0268

 

« 悠久のアンコール遺跡探訪*1月10日partⅣ | トップページ | 悠久のアンコール遺跡探訪*1月11日partⅠ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 キラキラが揺れもせずに収まって、
 さすがパンジー様、お強い!wine
 sombai は一本空いたのですか?

 指、反らせようとしたら、つりそうになりました(笑)
 お写真、よく全編お撮りになりましたね。
 私なら、食べる方に神経集中で、途中で撮り損ねるに違いありません。
 
 お食事も、色とりどりでおいしそうですね。
 正直なところ、こんなに近代的なホテルがあるとは思いませんでした。

ようさん、私一人でではありませんが、1本あけちゃいました(笑)
強くは無いのですが、しっかり食べながら、時間かけて…だったのが良かったみたい。
ようさんの目にも、キラキラは揺れてませんか? 良かったよかった。
そして、私もトライしたのですが、指が全くと言っていいほど反りません。
日々使わぬ方向故、固く縮こまってるのにも気づきもしなかったようです。
年を感じた瞬間でもありました(笑)
シェムリアップには、外資系ばかりの様ですが凄いホテルがたくさん集まってます。  
アマンリゾートのアマンサラも近くに建ってましたよ。
お手洗いにも不自由しません、綺麗にしてあります。
やはりアンコールワットは世界に誇れる遺跡ですものね。
このまま近代化の波に毒されることなく、いいとこ取りで発展してくれるといいのですが…
これはベトナムでも感じたことです。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悠久のアンコール遺跡探訪*1月10日partⅣ | トップページ | 悠久のアンコール遺跡探訪*1月11日partⅠ »