« 悠久のアンコール遺跡探訪*1月12日partⅣ | トップページ | 悠久のアンコール遺跡探訪*1月13日partⅠ »

2014年3月 5日 (水)

悠久のアンコール遺跡探訪*1月12日partⅤ

大きく太い根と苔むした遺跡のコラボに圧倒されたままバスで街中に戻りました。

「お土産にできそうな美味しいものって…?」「ウ~ン、やっぱりマダムサチコかな?」

やはりまだ日本に持ち帰れそうなカンボジア名物は少ないようですね。

というわけで、ミーハー気分でホテルすぐそばの『MADAMSACHIKO』のお店に向かいました。

オシャレなお店 sign01 カフェがある heart04 

Img_0786_2 Img_0780

Img_0784_2
買い物は後回しにして、まずは一服 happy01

カフェの名は『Puka Puka』

『Ice Cooler /かき氷』のMANGOを頂くことに…

なんとまぁ~、驚き coldsweats01 

ザ・マンゴーです sign03

笑うっきゃない盛りだくさんのマンゴー lovely

マンゴー満喫した後、混み合う店内へ。

アンコールワット型の『Angkor Cookies』が有名。  

事前調査では、カンボジアの胡椒もなかなかの物との事。  このお店のは素敵な袋に入ってました。  

クッキーでも干果物でも、胡椒なんちゃらとか何とかコショウ風味といったお菓子が目に付きます。

いろいろパカパカ試食し、お値段や持っていく先の喜ぶ顔や人数を考えて…

Img_0791 Img_0803

バナナチップス胡椒風味、カンボジアらしい袋に入ってる粒胡椒、そしてアンコールクッキーを購入。  

このバナナチップス、食べ始めると止まりません。 ビールにあう❢ 「♪やめられない♫とまらない♩♫」

喜ぶ友や仲間の顔を思い浮かべながら、スキップ気分でホテルに戻ります。                                                              
                                                                                                                                      (後日談*最初のほの甘さに騙されて、ひぃ~ヒィ~口から火吹いた知り合いもおりました smile

そしていつぞや夕食で頂いたsombai(カンボジア米焼酎?)も見つけました。

Img_0783                                             

左から

Lemon & Lemongrass     29%

Coconut & Pineapple      29%

Green Tea & Orange       31%

Mango & Green Chilli       29%

何れのボトルもかわいいです。

並べて飾るのもよしって感じですね。

今夜はホテルで食事をします、いつもの朝食レストランです。

Img_0792                                                 

見慣れてるレストランですが、夜ともなるとまた違った雰囲気。

メニューは  小エビのフライ

        魚のサワースープ

        魚のソテー

        パッションフルーツ・プリン

南アフリカ産のワインをお供に、今日も美味しく頂きました。

 

 

Img_0794 Img_0795_2

Img_0798_2 Img_0799

Img_0800食後すぐそばのバーに向かいました。

やはりまだ「カクテル」に慣れていないのか、

なんだかわけのわからないものが出てきました。

味はそれなり…

ヨーロッパを取り入れてるつもりなんだけど、

まだ勉強不足・経験不足のよう。

「頑張ってね」といいたくなります。

ツアー仲間の方がいらっしゃいました。

「カンボジアのカクテルを…」に出てきたのは、見た目はおしゃれで素敵なのですが、「めちゃくちゃ甘い」

ちょっと飲みにくいほど甘かった…そうです。

カンボジアのお酒で何かおいしいカクテルでも作れたらいいのにね。

まだまだいろんな意味で、発展途上の国だと痛感して部屋に戻りました。


« 悠久のアンコール遺跡探訪*1月12日partⅣ | トップページ | 悠久のアンコール遺跡探訪*1月13日partⅠ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。ご無沙汰をお許しください、、、、^^;
ザ・マンゴに強く強く惹かれた私でございます。(笑)
いつぞや知人からの頂き物のマンゴの味が忘れられず時折買い求めていましたが
その時のマンゴの味に未だたどり着くものに出会えずにいます。
アンコール遺跡は何時かは行ってみたいとおもっておりますが
その思いは、一向にかなう気配すら見えず、パンジーさんのブログで
その欲求を満たしております。^^;

ニャンさん、美味しかったですよsign01(私っていじわるっですねcoldsweats01
氷というよりマンゴーです。
アンコールワットは是非ともお薦めです。
ホテルもトイレも綺麗で、快適です。
といってもこれも過ぎたるは及ばざるがごとし…ですが…
俗化される前に…そうならないことを祈りつつ…

 私は、マンゴにもピッときたのですが、
 南アフリカ産のワインに、より反応してしまいました(笑)
 以前、草津のホテルで南アフリカ産のワインに遭遇、これが美味しかったもので。

 カンボジアは胡椒の産地と、ブログの前の方で伺いましたが、
 いろいろ加工もされているんですね。
 どれも美味しそうです。
 もっとも、私も火を噴くくちかもしれませんけど(笑)

 カンボジアは内戦のイメージがいまだに残っているような気が、どうしてもしてしまいがちなのですが、
 こうして拝見すると、早く負のイメージを払拭しなくちゃいけませんね。
 最近、観光地として、カンボジアの名前を聞くことが多いのも頷けます。
 
  

ようさん、やはり内戦のイメージはなかなか払拭できないと思います。
いまでもプノンペン辺りでは労働者の賃金・待遇等々の抗議デモが炸裂中とか。
ただこの遺跡界隈シェムリアップは、平和な穏やかな街になってます。
数少ない外貨稼ぎのできる所ですものね、政府も力入れてます。
そして何よりも世界が見てますもの❢
くどいようですが、いい方に発展進化して頂きたいと祈ってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悠久のアンコール遺跡探訪*1月12日partⅣ | トップページ | 悠久のアンコール遺跡探訪*1月13日partⅠ »