2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ♨求めて白浜へ❢ (2月10日 ④)       | トップページ | ♨求めて白浜へ❢ (2月11日 ②)       »

2014年3月24日 (月)

♨求めて白浜へ❢ (2月11日 ①)      

まだ暗い中、朝風呂に行きます。 今朝は二階の『遊斎』。 御影石の浴場で露天風呂はありません。

Dsc_0175  Dsc_0177

間取りや広さは殆ど先日の『紫府』と同じですが、壁に絵も漢詩もありません。

あとは、この臼みたいな上がり湯が、こちらは木ではなく石でできてる点が違うくらい。

窓がないので、景色も楽しめません。  たとえ窓があったとしても、建物しか見えない可能性大ですが…

いいお湯でした。今朝も一人占め (^^♪ というか、満喫したころにどなたかがいらしたので失礼することに。

Img_0088_2部屋に戻り、ベッド脇の東窓を開けると、

お日様が顔を覗かせてくれました

今日はいいお天気…notes

昨日無理しなくって良かったnotes

私の勘違いでなかったら、

お日様の下に見えるのは『綱不知湾』

田辺湾奥に入り組んだところなので、

きっと波のない穏やかな場所なんでしょうね。

ここからの景色、凄く平和です。 ホッとする光景です。 

Cimg0742

朝食に向かいました。

☜ 朝ですから勿論バー『Pablo』は休業中

朝食会場は、バーの向こう、

レストラン『Isola Bella』の手前の

『Fornace(フォルナーチェ)』です。

ピザ焼き窯イメージしたデザイン。

既に二十人近い方が御見えで、

写真は撮りかねました。

私達は和洋ビュッフェを選択しましたが、二階の『八仙』での”こだわり和食”もあります。

昨夜同様、数少ないスタッフさんが感じよく応対して下さいます。

何度も申し上げますが、「この空間にこれだけのお客さんで大丈夫かな?」と心配になります。

もっと温かくなったら、ゴルフgolfや海遊びyachtのお客さんも増えるのでしょうが…

レストランの大きな半円形ガラス窓の向こうに芝生の庭が広がってます。

食後早速出てみると、意外に寒いsweat01 冷たい風。   でも昨日と違って太陽と青空が元気をくれます。

Cimg0758

石畳を海に向かいました。  でも生垣?の向こうはすぐに堤防で、ガラッと世界が変わります。

何とも愛想のないさびれた海辺の堤防です。

もっと散歩できそうな雰囲気かと思ったのに、残念です。 

振り返ると、さっきまでの凄い世界sign03

Img_0096

これだけのギャップを感じる所って、そうないと思いませんか?

魅力ない外回りに冷たい風が加わって、早々にホテルに戻ることにしました。

庭に出る戸口のそばの部屋にホテルの模型がありました。

☟正面入り口です(南)                   ☟正面向かって右側面(東) 手前の低い建物が spa 

Img_0092 Img_0093

☟背後というか海側(北)こんな池?プール?はありません  ☟西側面。1Fは夕食を頂いたレストラン

Img_0094 Img_0095

私達もこれを見て漸く間取りというか位置関係が把握できた次第です。

Img_0100_2 部屋で一服後、チェックアウトに玄関に向かいました。

あのだだっ広いロビーの東側の中庭を覗いてみると、

こんなトゲトゲの柱。

アンコール遺跡近くの公園で見た『トゲトゲの木』を思い出します。

多分この向こうがお風呂なんですよね。

中庭も綺麗にはしてありますが、魅力は感じません。

ホテルの中はさしずめ 『川久museum』 ですが、

造園・庭木に関しては、手を入れる余裕がなかったのか、

はたまた手入れや維持ができなかったのか…coldsweats02

フロント脇のアジアンテイストな椅子にちょっと魅かれてcamera   

Img_0109 Img_0113

最後にウサギさんに別れを告げ、みなべの梅林に向かいました。    

         ❀ ❀ ❀ ❀ ❀ ❀ ❀ ❀ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿

« ♨求めて白浜へ❢ (2月10日 ④)       | トップページ | ♨求めて白浜へ❢ (2月11日 ②)       »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 模型の後ろに見える絵? 写真? にも目が行ってしまいました。
 きっと、名のある方の作品なんでしょうね。

 お庭や外回りには手が回らなかったのでしょうね。
 未完だったのかも?
 伺っていると、ホテルの中は国籍をこだわらず、
 時間も外界とは別に流れているみたいに、見えてきます。
 温泉だけは、まさしく日本ですけれど(笑)

 サービスや食事の評価は別として、
 きっと、好みが分かれるところはあるかもしれませんね。
 でも、説明を見ても聞いてもちんぷんかんぷんなのは承知で、
 ホテルmuseum、覗いてみたいです。
 貴重なご紹介、興味深かったです。
 ありがとうございました。

ようさん、一度のぞいてみる価値はあると思います。
勿論、このホテルが好きか嫌いか、いいか悪いかは別問題としてです。
帰宅後、「館内ツアーをして頂けるとありがたいのに」と思いましたが、
きっとオーナーさんは、「わかるっかなぁ~❢」とかくれんぼ的な楽しみを残してるのかも。
そう思うと、ちょっと頑張って宝探ししてみたくなります。
お安いプランを使えば、「おもろかったぁ~」で済ませられますしね❤


多くのゴルフ場が経営破綻した時に ウソのように安い値段で競売にかけられていましたが、
同様に このホテルの建築費から考えれば 倒産後に買った業者は 
非常に安い買い物だったでしょうね。

ただ、維持管理が必要なうえに、採算をとらなければならないので
今のままで内部を使っているというだけでも 不思議な気がします。
ターゲット層が どれほどいるのか私には想像がつきませんが、
今後の展開が楽しみです。

宿泊できなくても良いので、建物自体を見てみたいという思いは非常に強いです。

おもしろいものをご紹介くださり 感謝です。 

shinmamaさんなら、きっとその凄さや手のかけ様がもっともっとお分かりだと思います。
ホントに好き嫌い分かれる空間ですが、museum だと思えばそれも納得。
スタッフさんも親切ですし、お料理もいいです。
孫を白浜サファリに連れて行く時、もう一度泊まってもいいかなって思ってます。
みんなとこの驚きを共有してみたいし、あの広いロビーで運動会できそうですしね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ♨求めて白浜へ❢ (2月10日 ④)       | トップページ | ♨求めて白浜へ❢ (2月11日 ②)       »