« 悠久のアンコール遺跡探訪*1月13日partⅡ | トップページ | 座オペラ in 南座 »

2014年3月14日 (金)

しょっく・ショック・shock・Shock・SHOCK❢

漸くアンコールワットののブログアップを終え、次の話題に…と思いきや、

何とスマホで撮っていた写真を消去してしまいました coldsweats02

一瞬の事です、要らない写真一枚消すつもりでタッチ❢  ファイルごとどこぞかに飛んでいきました (*_*;

  .........…。o0○**○0o…。o0○**○0o。…。o0○**○0o。…............ の物語❢

1月25日大阪フェスティバルホールにバレエを見に行きました。

バレエは、ダンサーが飛んでるトップに音を置くので、わたしは上から見る方が好き。

舞台全体を見渡せる二階の一番前なんか、私の一番好きな席です。

今回は出遅れて、三階席の一番前になりました。 

大阪フェスのはるか長く登っていくエスカレーターに不安を抱きながら席に着きました。

高い、あまりにも高い、でもオーケストラピットを真上からのぞけます。

それより驚いたのが、両壁に張り付くように設けられてる御二人様用ボックス席。

まるで高層ビルの窓掃除のゴンドラ。 私達より高い位置の席がいくつもあります。

今度はあそこから眺めてみるのいいかも…    なんて言う写真が消失しました weep

Img_3_thumb1_2

 

                 ほんとにですぅ ~

 

1月30日、京都の『清染居』(上野先生の工房)を訪ねました。

その前にお昼を…と、御所近くの『La Camartina』に立ち寄って、美味しくお昼を呼ばれたのですが、

そんな写真も… crying     涙の量がどんどん増えるだけのブログです…

             …(;ω)…(;ωシク…(;ω)…グスン

« 悠久のアンコール遺跡探訪*1月13日partⅡ | トップページ | 座オペラ in 南座 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

お気の毒としか言いようがありませんがアンコールの写真はここに残っていますから。
長編小説のような物語は結構でした。良く覚えていると感心しきり。
田舎に住んでいるとこういう文化的なことに疎遠になります。

お初?に御目にかかります?
お慰め頂き、恐縮です。
大事ならちゃんとコピーでもしておけばいいのにね、うっかりでした。
というよりも、その程度の記録だったんでしょうね、わたしにとっても。
お陰で吹っ切れそうです(笑)
コメントありがとうございました 

 あら~sweat02
 なんとお慰めして良いか・・・
 消えた中身を伺えば、私も拝見したかった・・・weep
 かくいう私もあります。
 SDカードをクリック一つで初期化してしまったことが。
 あれ? 写真が消えた? で気が付きましたが、帰ってくるはずもなくcrying

 でも、アンコール記が消えなくて良かった!

 蟻んこの炒ったのは、父が、珍しいからと、
 飲み屋さんから持ち帰ってきたことがありました。
 私は手が出ませんでした。
 母はつまんでました。 やっぱり蟻酸があるんですね、酸味があったそうです。
 佃煮とは! 炒ったのより、いけるかも?
 コオロギの感想、伺いたかったですね。
 珍しいものがいろいろ拝見できて、楽しかったです。

 どうかお気を取り直してくださいね。
 

ようさん、シェムリアップ到着後最初に目にした光景が、屋台でくつろぐジモッピー。
ガイドさんが、「コオロギの空揚げなんかを当てにビールで…」
そう聞いた時から気にかけ探していたのですが、やはりホテルでは出てきません(笑)
ガイドさんに買ってきてもらえば良かった…と後で気付いた次第。
今回の【悔しい№1】です。
ありんこの炒ったのってあるんですね… これもちぃ~っと気になる。
なるほど蟻酸ねぇ~。 う~ん、やはり気になります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悠久のアンコール遺跡探訪*1月13日partⅡ | トップページ | 座オペラ in 南座 »