2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 着物で奈良 三日目(3月1日) | トップページ | 『キリムと灯り』展(3月28日) »

2014年4月11日 (金)

矢田の春(4月2日)

大和郡山市の西に紫陽花で有名な矢田寺があります。

四月二日、その近くに住む友を訪ねてきました。

関東に住んでいた彼女は奈良が気に入って(?)、突然棲み着いちゃったのです(笑)。

プロの料理人である彼女は、何時でもなるべく地元の物を使い、且つ厳選された材料駆使し、『おもてなし

そんな彼女の作るお菓子を頂きに、時々たずねるのです。

Dsc_0146

cherryblossom お見事heart04  お花見のお誘いに納得。 でも今年はちょっと時間的余裕がなく断念 weep 

Dsc_0147ちょっとお菓子取りに伺っただけなのに、

美味しそうな桜のお菓子を出して下さいました。

「なんだろう? 麹みたいなつぶつぶ…

 ミルクではないけど、クリーム…?」

なんと甘酒だったんです。

中に文旦のシロップ漬けも入ってました。

もち米のお団子も。

桜餅をばらしてクリームみたいな甘酒に入れた…そうとしか表現できません。 

味はあくまでもクリームっぽく、あの桜餅の香りが口いっぱいに広がります。

麹の「くせ」が一切感じられませんでした、摩訶不思議 sign03

帰る時再び、逆向きに…camera   桜霞? 単なるピンボケ?   

Dsc_0148

ほんのチョコっとの訪問でしたが、矢田の春を満喫できた気がします。    

Dsc_0150足元に目をやると菫がいっぱい咲いてます。

このところ雑事に追われ、せかせかしてました。

ちっとも気付かなかったすぐ傍の春。

畑のエンドウや花のついた白菜が、目に新鮮。

両腕をひろげ大きく深呼吸すると、

肩の力がス~ゥッと抜けていい気分です。

足取り軽くなって家路に…

このまま春に…と思っていたのに、その二日後は朝から風の強い日でした。

晴れてるのに、さぁ~っと黒い雲がやって来て、冷たい雨の落とし物…

そしてまたまたお日様が顔出す…  そんなややこしい日。

桜は大丈夫かと心配しておりましたが、何とか耐えしのんでるDsc_0165 との事。           

そんな知らせにホッとして?、

友と矢田の麓?にあるカフェで一服。

[くるみとキンカンのタルト]を頂きました。

忙しい、慌ただしい、バタバタ、せかせか…

そんなこと言いながらもきっちり cafe&cake

自分でも忙しいのやらなんやら… coldsweats01

外に出ると虹が… 

Dsc_0166

ちょっと得した気分で帰ります notes notes

 

« 着物で奈良 三日目(3月1日) | トップページ | 『キリムと灯り』展(3月28日) »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント


未知のお菓子を拝見したのですが
どんな味なのか、想像の世界を越えてしまいました。(笑)、

詳しく書いてくださっているのに、、、、、
とにかく 美味しいことは ひしひしと伝わってくるのに、、、、、。

頭の中で あらん限りの想像をしても、
甘酒? 文旦? 桜餅?、、、、うーーーむ わかりません。

shinmamaさん、貧弱なボキャブラリーと生来のB級グルメ感覚で申し訳ありません。
甘酒とか桜餅とかにこだわってるとおかしなスィーツですよね。
何も知らないで口にすると、桜風味のクリームプリン… その方が的確かな?
何時でもそうなのですが、彼女の作ったものは素材・味付け・分野が不明。
サプライズの連続なんです。
shinmamaさんの頭もお腹も?????で一杯にしちゃいましたね。
        ごめんなさい(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 着物で奈良 三日目(3月1日) | トップページ | 『キリムと灯り』展(3月28日) »