« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

開田高原に行ってきました❢ (5月19日 ①)

ウッカリ寝過ごしてしまいました、朝日はもう上に…shinesunshine

Cimg1408

綺麗な青空に感動 heart04   今日も一日御天気の様 notes    気分良くまずは spa へ。

そして気持ちよく朝飯前のお散歩に shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe 

Img_0111_2Img_0124蒲公英に

土筆。

関西とは、

季節が違います。

そしてタンポポも

春が嬉しいのか、

たくさんの花を。
                                                          
                                                                        白樺林の向こうに御嶽山sign03  すがすがしい空気に爽やかな空。  これだけで充分満足。                    

Cimg1421

コナラちゃんにも御挨拶、「おはよう、元気?」

   Yjimageb6i1qis9Yjimageb6i1qis9       カッコウが代わって返事をしてくれました。

Img_0125

稲架の向こうにも御嶽山。  どこからでも御嶽山。   ブルーベリー畑の横をshoe shoe shoe shoe shoe     

Img_0118 Img_0119

Img_0123『木曽馬の里』に到着。

まだ早いので、御馬さんたちは厩舎です。

この春生まれた子馬さんが二頭いると聞いてます  Thumb_20131126075749_5293d5edf03601Thumb_20131126075749_5293d5edf03601

御挨拶は後にして、Uターンします。                                

Img_0126_2宿まで続く白樺の道。  

「これぞ高原」って感じでしょっsign03

ヤドリギがあちこちに見られます。  

 Img_0127 VIVA青空sign01

昨夜あんなに頂いたのにお腹がグゥ~❢ お野菜がいっぱいだから?  お腹に優しいメニューだから?

宿の温度計は11度。  涼しいはずです。   でも日向を歩いていたせいか寒くはありません。 

部屋には戻らず、そのまま朝食に向かいました。  昨夜と同じお食事処、同じ席。

左上のビールは主人のです。  器が可愛くって camera      今日も運転する気は皆無の様です。

Img_0131鮎、バイキング形式のお総菜(野菜の煮物etcをchoice)

お蕎麦は、キノコや山菜の入ってるお鍋で火を通して…。

蕎麦の実のおかゆ、御みそ汁、ジュースに苺ムース

すぐ横で作って下さる出汁巻き卵に自家製パン

Img_0132_5Img_0133_2 

バター


ジャム

                                   
 

 

「もし宜しければ…」と、残ったパンを入れる袋も下さいましたが、私は完食delicious   美味しいパンでしたheart04

少し部屋で休んでから、午前中は近くを散策することにしました。

木曽馬の里は 8時半オープン。   今度は会えるかな?  御挨拶できるかな?  Thumb_20131106105248_5279a0f0229261

2014年5月29日 (木)

開田高原に行ってきました❢ (5月18日 ②)

宿は、開田高原のブログ友お気に入りの『つたや季の宿 風里』さんです。

ナビは細い何の目印もない道を指示、思わず通り過ぎてしまいました。

バックしてさっきの細い道を入って行くと、それらしき建物が木立の隙間から見えます。

恐る恐る進みます、当り❢   「小さくてもいいから看板出しておいてくれたら…」と一言心の中で文句。  

後で気づいたのですが、一つ?手前の大きな交差点にちゃぁ~んととても分かりやすい看板がありました。

何で気付かなかったのかと思うくらいくっきりはっきり…   風里さんごめんなさい<m(__)m>

寄り道回り道、いろいろありましたが、とうとうやってきました。  積年の思い達成です scissors

Img_0078 Img_0073

興味津々で、きょろきょろウロウロ。  すぐにでもガラス向こうに見えるテラスに出たい衝動にかられます。

でもこちらも魅力的 heart04  ロビー兼ラウンジでクマザサ羊羹と共にお茶の御接待。  疲れが吹っ飛びます。

Img_0074 Img_0072

フロントとの間にちょっと気になるおくどさん。  冬場に温かい蒸菓子を供する時使われるそうです。

と、大きな観光バスがやってきました。  「エ~ッ」ちょっとびっくり。  20人ほどでしたか…?

22室しかないお宿なので、まさか大型バスが来るとは、予想だにしておりませんでした。

Img_0079今回このお宿を申し込んだのは、三月末日。

既に二部屋しか空いていませんでした。

平日利用なのに…

今回は、貯まっていたJTBのポイント使って

贅沢して露天風呂付きのお部屋にしました。

夜星を見ながら… spa

今からとっても楽しみです。

でもまずは御嶽山に御挨拶 wink

Img_0083

お部屋は全てオンタケビュー happy01   日が落ち始めてやや陰になってきた御嶽山です。

下に目をやれば、菜の花、そして隣には何を植えるのでしょうか?  マルチングされた畑には何が?

Img_0082 Img_0080

ぼ~っと、何時までも景色を眺めていられそうです。

でも団体さんがいらっしゃる前にお風呂に行くことにしましょう、そして spa でボ~ッとすることに。

Dsc_0246 Dsc_0226

お風呂は渡り廊下で繋がってるようです。 「こちらが大浴場ですよ」の看板も木曽の香りいっぱい。

スリッパを脱いで、更に畳敷きの廊下を進みます。

Dsc_0243 Dsc_0234

どなたもいらっしゃらないようです happy01      なので、スマホにて記念撮影 camera  

Dsc_0233_2大きなガラス窓。   さながら林の中。

まずは内湯にどっぷり、高い屋根を見ながら…

プカプカ ≪木曽ヒノキ玉≫

「フィトンチッドという芳香成分が人の感性を心地よく刺激し、

リラックスさせてくれる」と、言われてるそうです。

 Dsc_0228

う~ん、至福の時です Yjimagem8qrpge9_2  とろけますぅ~heart04 

奥の露天風呂がぬる目で私好み、手前はお一人様サイズです。 ぼ~っ…ボ~ッ… 桃が桜が綺麗~heart04

Dsc_0231_2 Dsc_0238

どなたかいらしたようです。  それでもぼ~っ&ボ~ッ…  白樺だぁ~早緑が素敵~ lovely   

Dsc_0244薄暗くって分かりにくくなってしまいましたが、

大浴場入り口に置かれてる≪夫婦囲炉裏≫

樹齢1000年以上のサワラの原木製。

天板には、木曽ヒノキ材が使われてます。

ロビーでお茶を頂いた時のテーブルも…?

到着時は興奮とお茶で、うっかりしてましたが…

Img_0086部屋に戻ったのは6時過ぎ。

そろそろ日が沈み始めてます。

御嶽山が夕日で染まらないか期待していたのですが、

残念ながら、今日はダメなようです。

それでもしつこく eye camera

どれもさほど変わりないのですが、撮りたくなる景色です。

でも肉眼で見るのが一番綺麗。

写真の腕のせいもありますが、「人間の目って凄い❢」と、

何時も痛感します。

部屋のテラスで、ぼ~っ…ボ~ッ…

そろそろお食事の時間です。 フロント横の『季楽々(キララ)』へ。

御嶽山眺めながら、取り敢えずの beer で乾杯

  Img_0290

☟柚子酒&余花                         ☟新暖(まだ夏ではありませんが、露打ち)

Img_0087 Img_0090

☟風の香(日が落ちてきた頃の人参のキャンドルサービス。 絶妙のタイミングです。)

      (手前はお宿特製桜ドレッシング、シャーベット状になってます。  このidea頂きました)

Img_0091 Img_0092

              緑さす(筍・茗荷・オクラのお寿司)☝ (シェフがすぐ傍で握って下さいました)

☟夕霞                               ☟山笑ふ(この言葉、主人知りませんでした…笑)

Img_0093 Img_0094

Img_0095_2☜お食事

  日本酒に白ワインに…

  すっかりいい気持になりました。

  それでも全部頂いちゃいましたdelicious

  満腹です。

  でもまだデザートが…

  何やら仕掛けがあるみたいなんです。

  他のテーブルからそんな気配が漂ってきます。

おぉ~、シェフ再登場。  ポットからボールに何かを入れると… 476631_2       液体窒素だそうです。

Img_0097 Img_0099

で、出来上がったのがバニラシャーベット(アイスクリームに近いです)。 果物に隠れてしまいました coldsweats01

美味しいだけでなく、驚きと感動も頂戴しました。

Img_0100フット気付けば、もうどなたもいらっしゃいません。

Img_0105      

 

 

 

 

 

 

     そうそう先ほどの『夫婦囲炉裏』ロビーバージョン➚

                                     
すっかり日も暮れました。 外に出ると、ひんやりいい気持ち、というか長居するとちょっと寒くなってきます。

でも星が綺麗。  写真はありません。  どうぞご想像下さいませ <m(__)m>     3149031_2       3230191
部屋の露天風呂に入って星を楽しんだのは言うまでもありません。          3150831    Yjimage60xydegg_2 3150831

「気持ちよかったぁ~」と部屋に戻ると、主人はもう高鼾、なんかそんなに疲れることしたのかしら…???

持ってきた本を少し読んでから、床につきました。  

明日もお天気間違いなし、日の出を見なくっちゃsign03

2014年5月27日 (火)

開田高原に行ってきました❢ (5月18日 ①)

『御仲間』と言っていいほど覗き見て参考にさせて頂いてるブログがいくつかあります。

その中の御一方が愛してやまない『開田高原』、関西からでもそう遠くはありません。

「行く」「行きたい」と言い続け、とうとうこの度夢が叶いました (*^^)v

白い水玉こさえた濃色の車では恥ずかしいので、まず洗車場に寄り、更に gasstation に寄って、

忘れ物取りに house に戻って、24hours でお茶買って…   結局出発は10時過ぎ

名阪国道➡東名阪➡名古屋高速➡中央自動車道➡国道19号線➡国道361号線で、5時間ほどでしょうか?

数年前、雪見酒をしたくって信州に出かけたことがありました。

その時、中央本線の中で「浦島太郎が玉手箱を開けた所ですぅ~」のアナウンスを聞きました。

『寝覚めの床』という景勝地ですが、如何せん、電車からでは「どこ?」「あれかな?」と言ってる間に通過。

そんな私の話に、「浦島さんは海辺で玉手箱開けたんちゃうのか、おかしいでぇ~」と…主人。

でも中津川IC下りて国道19号線に入ってしばらくすると、交叉点『乙姫』発見。

「ほらほらぁ~、なんか関係ありそうでしょっsign01」  「あ、ホントや」  更にダメ押し、交叉点『浦島』発見。

「多分間違ってないってsign03」   鼻高々で運転を続けます。

Img_0023

車の正面にはまだ雪の残る山々。

中央アルプスでしょうか?

山に囲まれた奈良に住んでますが、

今頃雪を頂く山はありません。

「雪だ、まだ雪があるぅ~」と大騒ぎsign01

助手席の主人にカメラを…

でもどうも面倒くさそうです despair

『道の駅 大桑』発見。

で、駐車場で撮影。

再び出発 car dash      

漸く、『寝覚めの床』の案内が見えてきました。

この7月に中央本線で信州に出かける予定の主人は、蘊蓄貯め込むために興味津々 coldsweats01

町営駐車場に停めて…  こっちに行くのかな?  近道もありますが敢えて遠回りしてみることに…

Img_0033 Img_0037

おやっ?  これは木曽ヒノキを運んでいた電車でしょうか?  

国鉄の開通や木曽川のダム建設によって【木曽式伐木運材法(川の流れを利用)】が廃止されるとともに、

木曽川の支流では森林鉄道が使用されるようになりました。

最盛期には東京~大阪間に匹敵する総延長540kmに及んだそうです。

この【林鉄】は昭和50年3月に引退。  ここに展示保存されるようになった…    フムフム…

このまま直進するとと『裏寝覚め』に行けるらしいのですが、今は通行止め coldsweats02

指示に従って新緑の中を shoe shoe shoe  下に川が見えます。 大きな白い丸い石がごろごろしてます。

Img_0041 Img_0045

途中「熊に注意」の看板がありましたが、今頃もう遅いwobbly   でもこんな所にもやってくるんですね。

芝生の公園を横目に川沿いに shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe    

今回はしっかりゆっくり見ることができます、リベンジ成功 scissors

Img_0050

Img_0048_4なるほど、屏風岩、浦島堂、

床岩に亀石。

浦島堂にブルーシートsign02

確か向こうにまで行けるはず…

Img_0051

あらまっ、中途半端なリベンジに。

後ろ髪ひかれつつ、先程横目で見ていた芝生の公園に向かいます。  一応【美術公園】

☟大きな石に登って芝生を見ると、どうも亀が描かれてるようです。  お分かり頂けるかしら?

Img_0055  Img_0058

そして『浦島太郎物語 玉手箱 けむり 波 竜宮城』と題された石のオブジェ ☝

全体を一枚に収めようとしましたが…  ちょっと無理が… weep   でも写真上でクリックして下されば…

Img_0038_2_3 ■に車を停め

が近道

が通行止めの所。

おそらくのコースで

浦島堂に辿り着くはず。

右の灰色の線は中央本線

は臨川寺

こちらに車を停め、

コースでもいけますが、

拝観料がいるそうです。

こちら側から展望台辺りまで

行くのは無料です。

でも結構急な階段で、おそらく主人の足腰では無理。 もう近くまで行ってきたし…まっいいかぁ~❢ 

再び新緑の木立の中を駐車場に向かいます。  

Img_0060トンボ発見。 今年初のトンボ heart04

縁起がいい。

W通行止めにちょっとショボンでしたが、これで復活sign01

一人でdownたりup

30分程の散歩で気分も体も爽快。

再び開田高原に向けて出発です car dash

木曽大橋渡って国道361号線を行くと、やがて道の両側に赤や白の花。  桃かな? でも今頃sign02

木曽福島の『ふるさと体験館』の前で車を停めて…

Img_0068

花桃です。  濃桃、淡桃、白、源平、三色桃と色とりどり。 花壇には水仙やチューリップも咲いてました。

再び出発 car dash    新地蔵トンネルを抜けると…   パァ~っと景色が変わりました。

Img_0191気温もグ~ッと下がりました。

早春の早緑。

白樺。

季節が逆戻りです。

車窓には桜も。

「凄い、凄い」と、

一人興奮気味。

とても綺麗な村です。

期待がグ~ッと高まります。

Yjimage3Yjimagek4kl6gnt

気分はスキップnotesnotesnotes

2014年5月16日 (金)

『フェアリーテールの世界』を見に

絵を描く友がいます。 

毎年のようにグループ展や個展を開いてる頑張り屋さんです。

今回は小さなカフェで、『フェアリーテールの世界』と題した小さな絵画展を企画。  期日は5月いっぱい。

早速友を誘って出かけました。

近鉄線富雄駅から歩いて10分弱、外から見る分には小さな可愛らしい喫茶店です。

二階でやってるのかしら?  でも階段が見当たりません。  友が来てくれました、ホッ(*^^)v  

何とこの喫茶店内での展示だそうです。  というわけで、ランチ付 lovely

他のお客様もいらっしゃるので撮影は憚れます。  でもいなくなった隙に…camera

ガラスが光って上手に撮れません。  <m(__)m>  こちら側には花やハワイの景色、全てアクリル画。

Dsc_0213 Dsc_0217

絵をマジマジと拝見することなくランチをごちそうになってしまいました coldsweats01

友からの案内状と共にcamera    サラダは見た目普通ですが、ドレッシングが美味しい。 

Dsc_0210 Dsc_0212

私はドライカレーセット、友はカレーセット。 どちらもというか全てのメニューにこだわりがあるみたい。

いろいろと説明して下さったのですが、「ふんふん…」で消化してしまいました coldsweats01

Dsc_0216_4

こちら側はメルヘンタッチの絵でした。  上の二つは童話そのもの。  和みます。 

そんな彼女が、この度初めて小さな画集を作りました。

Img_0004 絵本を作ることを勧められている彼女の初挑戦。

 Img_0005_3

英語の得意な彼女です。 英訳も付いてます。 

私の英語の勉強と孫に読んであげたくって一冊頂戴しました。

絵を見るより、ぺちゃくちゃおしゃべりタイムで思った以上に長居してしまいました。

明日から韓国で開かれてるアートフェスティバル?に出かける彼女とさよならして、もう一人の友のお宅へ。

「近くだから是非寄って行って…」  以前からのお誘いに、ちょっと遅くなりましたが、お邪魔しに。

Dsc_0221わざわざ作っておいて下さった

豆乳プリンは

ブルーベリーソース。

お気に入りにお店のクッキー

&金魚の形のゼリー、

さらに美味しいコーヒー。

あまりに素敵で、

そして嬉しくってcamera

さすが、お洒落heart04

今日は、個展に出かけたというより、友と喋りまくって美味しいもの頂くためのお出かけみたいになりました。

まぁ、花より団子の私ですから…    それにしても楽しい一日でした notes notes notes notes notes

 

 

2014年5月12日 (月)

続 サクランボ

5月9日、植木屋さんが庭木の毛虫対策(薬の散布)に来て下さいました。

椿にサザンカに梅。  「あらっ?」と気付いた途端に丸坊主に変身。  早め早めの対策です。

当然裏のサクランボ君もその対象です。

でも今小さいながらもたくさんの赤い実をぶら下げてます。

つまんでみると甘い、と言ってもデパートの佐藤錦の様にはいきません。  リンゴに近い感じの味です。

薬を撒いたら二週間は食べない方がいいとのこと(お野菜に使うようなお薬を使って頂いてるのですが…)。

で申し訳ないのですが、「今日中に収穫済ませるので明朝散布してほしい」と懇願。

そして慌ただしく収穫に励みました。      Yjimagenuf2m9th Yjimagenuf2m9th Yjimagenuf2m9th Yjimagenuf2m9th Yjimagenuf2m9th Yjimagenuf2m9th Yjimagenuf2m9th Yjimagenuf2m9th Yjimagenuf2m9th Yjimagenuf2m9th Yjimagenuf2m9th Yjimagenuf2m9th

最初は notes notes notes    次第に意地になってきます。 遠くにある実が赤くって大きく見えます。

高いところに手を伸ばし、枝で引っ掻かれながら…   でもどれもあまり変わりなく小さかった… coldsweats01

Img_0006 Img_0007

☟ たぁ~くさん採れました。  小指の頭にも満たない小さなサクランボ、それでも約1.5kg

Img_0012 Img_0020

せっせこせっせこ、種を取り皮を外して…  指が攣りそうになります weep   

手がベトベトになるくらい甘い汁が出てきます。     そして正味、約600gをGet。

いつの間にか日付が変わってました。

砂糖100g(ちょっと少なめですが冷凍すれば問題なし)を混ぜてもう寝ることに sleepy sleepysleepy

明くる朝、まだ残っていた自家製のレモン一個絞って… ちょっと多い気がしましたが全部投入❢

ことことことこと… 灰汁を取り除いて…  コトコト…

アルコールで洗った瓶に詰めました。   すこ~し酸味を感じる良いジャムになりました heart04

Yjimagewpu0pbbg_2_2 Yjimagewpu0pbbg_2_2 Yjimagewpu0pbbg_2_2 Yjimagewpu0pbbg_2_2 Yjimagewpu0pbbg_2_2

2014年5月10日 (土)

白あやめ (5月9日)

よく拝見する方のブログに、身の回りに咲くそれこそ季節の花の紹介がありました。

フット我が庭に目をやると、この前まで固い蕾だった『白あやめ』が咲いてるではありませんか。

     Yjimage1                    思わずカメラを持ち出して… camera impact                              Yjimage1

Img_0013

風が強くって、アヤメが右に左に大きく揺れます。

Img_0019

ああでもないこうでもないと…  疲れました coldsweats02

カメラ構えていろんな格好してるおばさんの姿は、結構御近所で笑いの種になったかも coldsweats01

Yjimage9_2 Yjimage9_2 Yjimage9_2

2014年5月 9日 (金)

さくらんぼ

数年前、いやもしかすると十数年前になるでしょうか、サクランボの苗を植えました。

家の裏側北西角で、日当たりがいいとは言えません。

Thumb_20130511233024_518e5600636931 それでも年々木は大きくなっていきました。

やがて、桜よりちょっぴり早く、白い綺麗な花を咲かせてくれるようになりました。

花が散ると葉が出てきて、でも何時の間にやら毛虫で丸坊主… weep

可哀そうになり、殺虫剤を散布するようになりました。

葉っぱは何とか持ちこたえられるようになりましたが、実は一向に生りませんでした。

やがて緑色の実らしきものが付くようになったものの、赤くなる前に落果。Thumb_20130511233024_518e5600636931

昨年ようやく赤い実を二つGet。

そんなサクランボでしたが、今年は何とたわわに… scissors     (5月5日撮影)

Img_0003

下に落ちてる赤い実も結構あります。  でもまだまだいっぱいsign03

手入れしてないので、流石に実は小さいです。  摘果しないといけないんでしょうね。

残念ながら、つまんでみましたがスッパイ、美味しくありません coldsweats01

でも可愛い実に癒されました。  「頑張れ」と応援したくなるような…

今度はちゃんと肥料ぐらいあげなくっちゃね heart04   

     Thumb_20130514151116_5191d5846fe171     Thumb_20130514151116_5191d5846fe171

 

2014年5月 7日 (水)

KIT KAT Chocolatory

先日東京の娘が友の結婚式の為、こちらへ帰ってきました。

というより我家を宿代わりに利用しただけで慌ただしく戻って行ったのですが… coldsweats02

その時の御土産は、今年初めに西武池袋店にオープンした【KIT KAT Chocolatory】のお菓子。

chocolatory は、ショコラティエとチョコレートファクトリーを組み合わせた造語だそうです。

「ル パティシエ タカギ」のオーナーシェフ高木康政さんが全面監修を手掛けたキットカットの専門店。

前から、横から、写真を撮って…   娘が持って帰ったのは三種類ですが、箱は二つ…?????

『キットカット ショコラトリースペシャル サクラグリーンティ』『・・・・・・・ チリ』『・・・・・・・クリームチーズ』

Img_0219 Img_0222

Img_0223一箱に4枚(4袋)入ってました。 

サクラグリーンティは、桜餅をもっとソフトにした味。

後で抹茶がほのかに感じられました。

チリは、口に含んでる間は普通なのに、後でピリッ❢

ウエハスの間のクリームに唐辛子がしこまれてます。

クリームチーズは、ホワイトチョコなのにチーズ風味。

こちらもウエハスの間にチーズが入ってるみたいです。

どれもなかなか美味しかったですよ 2222051

もう一種類 『キットカット サブリムビター』 があるそうです。

この商品は一日300本限定で、開店の10時に並んでも手に入らないとか。

「ビター」の響きが凄~く魅力的ですheart04  

半年もすれば列も短くなると期待して、東京に行く時にチャレンジしてみましょうか?

一度は食べてみたいKIT KATです。

2014年5月 6日 (火)

子供の日

027720s_mini1 子供の日だというのに、孫が帰った後の淋しさと涙雨で、

気が晴れません。

というわけだけでもないのですが、

たまたま娘も暇だったので、

用事ついでに外で食事をすることにしました。

でもこの歳になると行動はバラバラ。 

各自それぞれの用事・興味分野探索を済ませた後集合。

そんな現代風家族関係を象徴するような【おでかけ】です。

デパ地下で御遣い物を探していた私の目に【柏餅】が飛び込んできました。

虎屋さんです。 でももう夕刻。 「売り切れてるだろうなぁ~」と思いつつも…

「味噌餡の方はまだありますよ」  餡菓子を食べるのは私一人…  勇気を出して、「一つsign01

一人で端午の節句のお祝いをすることにしました。

その日は食事を済ませた後、いつもの?バーに立ち寄り飲んでしまいました wine bar wine

で、今日のおやつが柏餅。  一日遅れの【一人端午の節句祝い】  

Img_0001 Img_0003

白味噌を白餡に加えてるようです。  さっぱりとして美味しい lovely 流石とらやさんです。

昨日で柏餅は販売終了のはず。

こしあんの方は来年頂いてみることにしましょう。

Freeillustrationchildrensday121_2 Freeillustrationchildrensday131 Freeillustrationchildrensday121_2 Freeillustrationchildrensday131 Freeillustrationchildrensday121_2 Freeillustrationchildrensday131 Freeillustrationchildrensday121_2 Freeillustrationchildrensday131 Freeillustrationchildrensday121_2 Freeillustrationchildrensday131 Freeillustrationchildrensday121_2 Freeillustrationchildrensday131 Freeillustrationchildrensday121_2 Freeillustrationchildrensday131 Freeillustrationchildrensday121_2 Freeillustrationchildrensday131Freeillustrationchildrensday121_2 Freeillustrationchildrensday131  

2014年5月 5日 (月)

藤を見に… (4月30日)

27日、娘一家がやってきました。

28・29日は雨模様だったことや、我らジ~ジ&バ~バの都合で、おとなしく家で過ごしておりました。

30日も雨ということで若干諦めておりましたが、我らの祈りが通じたのか、天の恵みか、雨はどこぞかに…

早速、奈良公園へ鹿と遊び?に行きました。

前回は平気で近づき触っていたのですが、ジィ~ジが鹿せんべいで鹿集め_m1_m1_m1_m1_m1_m1_m1_m1_m1

訳も分からぬまませんべいを持った孫は、すぐ鹿に襲われ、「おわい❢」とパパorママの腕の中に…

ではでは気になる藤を見に行きましょう、あそこには鹿は入ってきません     Yjimage1 _m1 _m1    _m1

ビラを配ってる方が、「咲いてますよ」とおっしゃってました、そして入口にも藤の飾り❢  

Img_0224 Img_0225

出迎えてくれたのは≪あやめ≫。  我が庭の白あやめは、まだ蕾が一つ二つですのに…

先日と同じルートを進みます。

Img_0226やはり≪御衣黄≫は散り果ててました。

でも淡いピンク。

Img_0227 ピンボケ…coldsweats02

底から伸びる赤い筋からその色素が移るが如くうっすらとピンクに。

緑の桜がぽっと頬を染めながら散っていきます。 それもはらはらと…ではなく、花のままで…

Img_0230_3 『浮き舞台』を前から拝見。

背後の『遙拝石』の「神」の字

『臥龍のイチイガシ』

鯉に餌をあげてる方が…

凄い勢いで鯉が集合 dash

大きな口開けてます。

Img_0231

孫は大喜びheart04

落ちないでぇ~sweat01 

       Thumbnail_fishline1_3Thumbnail_fishline1_3Thumbnail_fishline1_3

流石に≪カキツバタ≫はまだのようです。  今回は『歌泉堂』も正面から camera

Img_0235 Img_0236

Yjimage1_2 藤の園 Yjimage1_2   咲いてます、咲いてます。  ほんの10日前は「蕾固し」でしたのに…   

Img_0242 Img_0241

≪八重黒龍≫             ≪昭和紅≫       そんな園芸種の中でひっそり≪山藤≫も…

Img_0239 Img_0252 Img_0244

20品種200本の藤。  その中を黒い丸い蜂が飛び交ってます。  ≪ダンゴバチ≫…正式名は???

刺さない蜂です。  苑内でも、「危険な蜂ではありません」とひっきりなしに放送されてました。

Img_0247_2  Img_0249

Img_0254

Img_0256

早咲きと中咲の藤は見頃ですが、遅咲きの藤はまだ蕾。 ちょっと残念 weep

Img_0258 Img_0259

池の周りを、池の上を走り回って(?)疲れました、孫ではなくジィ~ジバァ~バ&パパママsign03

お昼を頂きに…  その後、東大寺に向かいました。

孫に、「幸せになる」という穴くぐりをさせたいのです。  中に入るのは、私も久しぶりです。

Img_0263 Img_0264

外国人や修学旅行生が大勢見学に来てます。  穴の前には長い列。

ありがたいことに、修学旅行生たちには時間がないのか、穴くぐりは見るだけ説明を聞くだけ。

大人だと、「きゃ~きゃ~」悲鳴上げながらですが、御覧のように(下写真)孫には余裕。

この子には長いトンネルです。 怖がる?嫌がる?と思いきや、なんとノリノリ notes notes notes

カメラ構える我等にきょとんとしたものの通り抜けるや、もう一回とすたすた戻って再度挑戦。

長い列をなすお方たちも笑って見逃してくださいました coldsweats01

さすがに三回目は阻止。  再度並んでから、それでも【トライ】ですsign03

Img_0266 Img_0262

☝ 大仏様の鼻の穴の大きさです。              ☝ そして右手はこの大きさ。

大仏様の大きさを久々に体感した日でした。   三度もくぐったあの子には、仏様の御加護がたっぷり?  

最後まで鹿さんは「ワンワン」で、ちょっと離れて見てるのが楽しい【エアーなでなで】

そんな微妙な距離感を保っておりました coldsweats01

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »