2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月25日 (水)

パトロン

タイトルにドッキリなさった方もいらっしゃるかも…sign02

でも正直、素敵なパトロン現れないかしら…  白馬にまたがる王子様はもうと~っくに卒業 coldsweats01

冗談はさておき、20日は久々に関東住まいの末娘交えて食事、否、酔いどれて帰宅。

そんな娘が、「父の日・母の日・姉の日」と言って、綺麗な箱を出してきました。

Img_0109青いお洒落なリボンがかけられていたのですが…

「チョコ?」 「まぁ、近いかな?」

期待で一杯。

開けてみると…

「一つ余るけど…?」「私の日sign01」とのこと(笑)

そうは言うものの、一人は仕事にもう一人も友に会いに…

日曜、老夫婦二人だけのティータイムに頂くことに。

鎌倉『欧林洞』のその名も【パトロン】                                                

Yjimagem4oegm0w        Img_0112 二種類。

      二人で半分ずつ、仲良く?分けました。

おっと、チョココーティングが、この写真では解り辛い。

「お父さん、外側撮るから返してsign01」 「もう食べたsign03」    早い・素早い coldsweats02 

その機敏さをもっと有効利用できないのか❢  言いたい事はグ~ッとこらえて撮ったのが下の写真です。

Img_0113左がショコラオレ(上の写真でも左側)

マッシュしたマロンをバターと生クリームでしっとり焼いて

スイス製ミルクチョコでコーティングしたもの。

右がショコラノア

マッシュした渋皮つきマロンにラム酒とありますが、

パカッと一口で食べたせいか、私の舌のせいか、

ラムのみ探知、反応。  良いラム具合です lovely

外側はスイス製のブラックチョコです。

後日一人静かに御余りの一つを頂戴したところ、ラムの影に栗を感じましたが、先入観のせい?

「運よく」と申しましょうか「御縁がある」のか、この夏、娘が鎌倉に引っ越します。

後片付けやら荷ほどきの邪魔にならぬよう孫連れてこの欧林洞のカフェに行ってこようかしらsign02

インターネットで調べると、このカフェの佇まい、何やら記憶に…

なんと以前、着物友と鎌倉散策の折、このお店の前を通ってるのです。

お昼頂いたばかりだったので、気にしながらも通り過ぎたことを思い出しました。

Yjimageqkaug234_2  shoe  shoe      Yjimageqkaug234_2   shoe  shoe      sign04sign04sign04      shoe  shoe    Yjimagewqlhaz6l_4Yjimagewqlhaz6l_4Yjimagewqlhaz6l_4  shoe   shoe    Yjimagewqlhaz6l_4Yjimagewqlhaz6l_4 Yjimagewqlhaz6l_4Yjimagewqlhaz6l_4   

気候のいい頃なら、ちょっとした散歩?ウォーキング気分で行けそうですが、暑い夏の日の事。

やはりtraintraintrain を利用した方がいいかしら?

只今一人秘かに画策中。 

2014年6月24日 (火)

紅茶しかないお店

毎月一回、似合わないお稽古に大阪梅田に出向きます。  今月は20日金曜日がその日でした。

出張で東京に行っていた主人や京都に出てる娘と、梅田で待ち合わせて今夜は楽チン外食にsign03

というよりも、この近くにあるバーで【ギムレット】が飲みたくなったのが主因。

たまたま友に会いに戻ってくる関東住まいの娘も、「バーに行ってるから…」に「じゃぁ~、そこに行くっheart04

皆仕事後なので、待ち合わせ時刻はちょっと遅め。

お稽古は4時に終わるので時間つぶしに頭使います。

(この時期のウインドーショッピングは、我家の経済状態を一気に悪化させかねないので… coldsweats01

まずは本屋さんをウロウロ、すぐどこかに座りたくなります。  ジュンク堂の椅子は先客でいっぱい coldsweats02

まだ一時間以上あるのに give up sad 

待ち合わせ場所の近くに戻ってよたよたしてると、綺麗な落ち着けそうなお店を発見。

〖MLESNA TEA HOUSE〗  「紅茶しかありません」とのこと。   「なんでもいい、入っちゃえsign01

Dsc_0270_3分厚いメニューに紅茶の名前は少なく…????? 

           Yjimagebmlrlotr_2 

Dsc_0268目の前にはたくさん、

いろんな種類が並んでます。 

お洒落なキューブ型boxは

お花や果物のプリントで

とてもキュートです lovely

老眼でちょっと読めませんが、

日本語で何やら書かれてます。

いわゆる茶葉の名前でなく、

独自のブレンドの様です。

                              
メニューに載っているティーパフェと思しきものが美味しそう…

でもこれから食事をする身ゆえ、グ~ッとこらえます。

お店の方が、「ご説明しましょうか?」といらしたのですが、めんどくさくって「ティーソーダー❢」

「どちらの種類でお作りしましょうか?」 (あっ、そういうことなのね、茶葉のメニューがないのは)

「すっきりしたいので、爽やかな物で、お任せします」

Dsc_0271_2小さなグラスが

やってきました。

試飲の水だし紅茶。

そしてオーダーの

ティーソーダーは、

グラス一杯には

おさまらないので…

更に一緒に

ティーカップ???

何だかよく解りません。

私が頂いた水だし紅茶は【さわやか檸檬と果物】とかで、パイナップルはじめ8種類の果物が入ってるそう。

スキッと飲めました。  でも鈍い舌の私にはレモンを感じるのが精いっぱい。 申し訳ない…

ソーダーの方のベースの紅茶は、マスカットとベリー。 マスカットがいい感じで鼻や口に広がります。

ほの甘い香りがソーダーにあいます。 疲れがス~ッと飛んでいきました heart04

そして「チューリップローズです。 パッションフルーツの香りで…」と温かいのも入れて下さいました。

好奇心で一杯の私は完食いえ完飲。  お腹チャボチャボ。 

とおもいきや、食べれちゃうし、ビール飲んでワイン飲んでカクテル飲んで… coldsweats01

不思議です。  同じ液体でもアルコールの類は苦もなく入っちゃいました。

 Yjimagebs4a3m0l  Yjimagebs4a3m0l Yjimagebs4a3m0l beer beer beer winewinewinewinewinewine bar bar bar bar bar bar bar bar bar bar bar

2014年6月21日 (土)

檸檬の花

先日ブログ友がデコポンの花を紹介して下さいました。

我家のレモンの花とよく似てます、同じ柑橘ですものね。

我家のレモンもそろそろ咲く頃…と木を見に行くと、ありました、見つけました白い花 sign03

Img_0110

そしてなんと緑の実も…  いつの間にか咲いて、もう実になっていたのです。 

近づいてよ~く見ると、ここにもあそこにも…  親指の頭ぐらいから孫の拳大まで。

Img_0111

なのにそんなに白い花がいっぱい咲いていた記憶がありません coldsweats02

確かにこの一カ月余り、母が骨折し入院手術とバタバタあたふた続きではありましたが…

例年より少し早い気も致します。   そして今年もたくさん採れそうです lovely

Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5Yjimage9v7ozpb5

2014年6月19日 (木)

海外土産❢

今日午前は、インドネシアにダイビングの出かけていた友?お知り合い?と御一緒しました。      

まだ知りあって二カ月、とってもアグレッシブな方でお会いする度に驚き感心圧倒されております。

私はダイビングをしませんが、末娘はダイビング大好き海命 pisces fish pisces fish pisces fish pisces fish pisces fish heart04

「コモド島の方で潜るそうよ」に、「いいなぁ~」とため息ついておりました。

1390530_m1_2私はずいぶん前からコモドドラゴンに会いたくって、そちらの方に興味津々。

主人が「会いたくない」とか「行って見てもいいかな」と煮え切らないので…

彼女は私がこのオオトカゲに会いたがってる事を憶えていて下さり、

動画と共に楽しくお話聞かせて下さいました。

そしてその後、バンクーバーに出かけていた友と待ち合わせ。

以前中の娘が出向いたところだったのでお話が合いました。

今日一日、南と北のお話で世界を股にかけた気分です。

私には、両国ともまだ未知の世界、コモド島もメイプル街道も私の標的(?)です Thumb3Thumb3Thumb3

「行きたぁ~い」と叫びつつ…    今頃はまだ緑濃い葉っぱ、秋、9月ごろかなぁ~ maple maple maple heart04

お二人とも素敵な御土産を下さいました。

Img_0108左は今カナダで?バンクーバーで?

人気の天然成分100%の石鹸。

凄くいい香りがします。

友曰く、「もっといい香りだった…」

と、嘆いておりました。

中央はメープルの飴とキャラメル。

飴一つ食べちゃいました coldsweats01

カラメルソースのような香ばしさ。

キャラメルは、美智子妃殿下の

お気に入りだそうですよ。

白い手袋して食べなきゃsign02

右端はバティックの栞です。   知りあって間もない私にまでお気遣い頂いてしまいました <m(__)m>

そしてお二人のお話を聞いて、また海外に行きたくなってきました。

夢は北へ南へ東にも西にも膨れます  Yjimage8

2014年6月17日 (火)

父の日

15日日曜は6月の第三日曜、言わずと知れた sign02 【父の日】

横浜に住む娘からプレゼントが届きました。

Img_0104『箱根ビール』三種。   

夏季限定の<足柄ヴァイツェン>

<小田原エール><箱根ピルス>

すべてアジア・ビアカップで

賞を頂いてるbeer です。

三種二本ずつ 6本入り。

仲良く一本ずつ分けて…

ということだろうと、

勝手に思ってます。

早速冷やして…  

残念ながら月曜日は主人は外食。

父の日プレゼントですから、いくらなんでも私一人で先に飲むわけにもいかず…sad          今夜こそ…

                                                                                                                                                        フッと思い出したのが、母の日に送ってくれたプリンsign03

ブログアップした記憶がないので、写真を探して…  あれれれれぇup  見当たりません。

ビール飲むには早すぎる…

娘の名誉の為にも、【母の日】プレゼントを記録しておかねばなりません。

Img_0106_2で、空のプリンカップを撮影 coldsweats01

南葉山のレストランのデザート。

御土産用にお店オリジナルの

ビーカーに入れて販売。

200ml以上入るメモリ付きの

耐熱ガラスビーカーで

絵柄も面白く、保存してました。

(撮影のため懐紙を入れてます)

お店の名は『MARLOWE』

レイモンド・チャンドラーの小説の

フィリップ・マーロウ氏がモデル。

そうそうその頃、丁度テレビで「ロング・グッドバイ」が放映されていたんです。

私は見るチャンスがなかったのですが、そんなタイムリーなプリンに喜び倍増。

若いころ「長いお別れ」を読んでたのですが、頭の中がぐちゃぐちゃで、話の展開が思い出せません。

そんなこともあって、村上春樹さん訳の「ロング・グッドバイ」に再挑戦。   

そしてギムレットが飲みたくなって、主人にバーに連れて行ってもらいました bleah

たった一か月前の事ですのに、凄~く昔のような気がします。

記憶が薄れることの早さ、ひときわですね(笑)

このプリンはとにかく大きいので一人で一個は無理、と思いきや意外にぺロリheart04

確か濃厚な<北海道フレッシュクリームプリン>とバニラビーンズたっぷりの<カスタードプリン>でした。

う~ん、なかなか食べた物の事はよく覚えてる…coldsweats01

さぁ~て、ビールはどんな感じかな?

早く帰ってこないかなぁ~sign01

 

2014年6月10日 (火)

薔薇アイス

奈良の霊山寺というお寺は、バラでも有名です。

以前ここの薬湯に入りに行った時、「次回はバラを見に来よう」としっかと思っておりました。

が、忘れるのも早い私、すっかり失念しておりましところ、ブログ友の『ローズガーデン』にshineflairshine

この土曜(6月7日)に出かけようと思いましたが、あいにく雨模様。

天気予報ではここ数日cloudやらrainですっきりしたお天気は望めそうにありませんでしたが、

最近取り戻しつつある根拠のない自信で「日曜」に期待しました。

因みに土曜には『アナと雪の女王』を見に行って参りました。

噂にたがわず、松たか子さんの『Let It Go』がよかったです、というか和訳の歌詞が素敵でした。

英詞の殻を打ち破る的積極的な強さが、和詞では殻を脱ぐ的に少し優しく表現されてると思いました。

映画館出ると青空がのぞいてました。  明日への期待はグ~ンと up

明くる日曜は朝曇り、でもどんどん青空が広がり、どんどん蒸し暑く…  昼過ぎに car dash

Img_0103右の赤い橋から。

お寺ですが、

正面に鳥居。

Img_0003_2

ウロウロした先は

 往き
→ 帰り

 訪問先?

案内所の脇を

右に行けば

目的のバラ園。

 

面積4000㎡(1200坪)の近代洋風庭園。 200種類2000株のバラが咲き誇ってるはず…

あらっ残念 weep  盛りは過ぎてちょっと枯れ始めてます。  もう一週間早ければ… Img_3_thumb1_2Img_3_thumb1_2Img_3_thumb1_2

☟ 奥(写真中央やや右)に蔓バラのアーチが見えます。   ☟ アーチをくぐると更に…

Img_0008 Img_0013

一番奥の傘が並んでる所が、この時期と秋の開花時期にだけオープンするカフェ『プリエール』☝

☟バラ園入って最初に目についたのが【シーホーム(英国)】  まだ綺麗な花が一杯でした。   

Img_0005 Img_0010_2 Img_0012

そして写真中央と右は、二つの世界をつないでる蔓性のバラ【五色姫バラ(日本)】

花と解らないほど小さくって可愛らしいのでアップにしてみましたが、散り始めてるのもあって残念。

【マダムビオーレ(日本)】       【熱情(日本)】               【ソロプチミストローズ(ニュージランド)】

Img_0014 Img_0018 Img_0019

【鶴見’90(日本)】           【絵日傘(日本)】               【コテイヨン(アメリカ)】

Img_0021 Img_0024 Img_0026

☟【ユーロピアーナ(オランダ)】              Yjimage1t5hlae2_2         Yjimage1t5hlae2_2_2            【アンジェラ(ドイツ)】☟

Img_0031 Img_0028 Img_0033

【ピース(フランス)】          【セレッソ(日本)】               ハナモグリさんが奮闘中ですheart04

Img_0029 Img_0035_2 Img_0064_2

【ロビンフッド(英国)】          【ホワイト・マジック(アメリカ)】     【ベティ・ブープ(アメリカ)】

Img_0038 Img_0048 Img_0050

【チンチン(フランス)】         【エトワール・ド・アンネ(日本)】    【シャルル・ドゴール(フランス)】

Img_0052 Img_0054 Img_0056

【ピエールド・ロンサル(フランス)】  【ジュピレドゥプリンスドゥモナコ】  もうバラ薔薇ばら…

Img_0058 Img_0060 Img_0041

花より団子の私ですが、バラのパワーには勝てず、思わずカメラ握りしめ歩きまわってしまいました(笑)

とにかく一服せねば…  当初の目的『薔薇アイス』を頂かなくっては…  でものども渇きました。

Img_0080カフェ 『プリエール』のオープンテラス席が空いてます scissors

バラのついた薄いピンクのエプロン姿の女性陣が出迎えてくれました。

『ばらのアイスクリーム』と『ローズティー&ケーキ』を注文。

主人とワケわけです。

☟アイスクリームは噂にたがわぬ綺麗なバラスタイル、ローズクッキー付き

Img_0074 Img_0077

ローズティーをカップに注いだ途端、素晴らしい香りに包まれました lovely    

完全にリフレッシュsign03  日差しは結構強めでしたが、風がとても心地いい。

よそ様のテーブルむこうに綺麗なバラが……   その名も【バレリーナ(イギリス)】

Img_0069遠くって撮れません。

思いきりズーム up

  Img_0071

バレエしてる娘に見せなくっちゃ notes

元気になったので、この広そうな境内を回ってみることにしました(です)。  主人も歩き気満々❢

Img_0082_2カフェのそばのバラのアーチをくぐって、

緩やかな坂を上ります。

バラ園を上から見ることができます。

もう少し早く来ればよかった…

少し残念な眺めです。

カフェの営業も15日までだそう。

そこまで持ちこたえられるかしら…sign02

雨の予想に反して蒸し暑い日が続いてる奈良。

ちょっとしんどいよね。

☟建物の裏を抜けた先の階段の下には鳥居。 ☟メイン通りを少し上って再び階段を上って本堂へ。

Img_0083 Img_0085 Img_0087

でも中には入らずそのまま直進。  と、「ここから西1キロメートル」の看板。 

「1キロぐらい…」と主人も行く気満々。 手元の地図には「奥の院まで約20分」 

「そんなにかかるはずないよなぁ~」と強気な主人。 〖でも「坂道」と書いてありますけど…bleah

看板から見える範囲の坂はとても緩やかですが、少しカーブしはじめるにつれて急に…

熊野古道中辺路制覇してる私は notes notes  主人は次第に無口になり shoesign04shoesign04shoesign04 

見えてきました赤い鳥居 sign01   着いたぁ~sign03と喜ぶのは早い。 その先にまだ階段が…  

Img_0089 Img_0090 Img_0091

階段下がゴールと思いきやまだその先があります。  漸く七福神の幟が見えてきました。

その先の赤い橋の所が奥の院の様です。  近くまで行くと柵がされて入れません。

「礼の前後に二度拍手」という御参りの仕方。  柵越しに大弁財天さんに、パンパン・礼・パンパン

Img_0095

七福神の所には行けません、残念。  

今度は 当然下りた所は上りに、上った所は下りに…  有難いことに所々にベンチが置かれてます。  

アイス食べるだけで歩くつもりは全くなかったのでお水も持ってません。 主人はやや青息吐息気味sweat01

緑の木々に覆われ、日陰が多いのと涼しい風に助けられ、無事生還(笑)  たった1キロですが…coldsweats01

Img_0096 Img_0098 Img_0100

桜も紅葉もみ~んな緑。  ヤマボウシが白い花をたくさん咲かせてます。  ☝『薬師湯』

主人はこの薬師湯を恨めしそうに眺め、「着替え持ってくればよかった…」と嘆いておりました。

水分補給のためにコンビニに立ち寄っても家まで一時間かからないんですけど… coldsweats02

バテバテの主人ですが、腰の方は何とか持ちこたえてるようです。  私には明るい兆しです。

≪蛇足≫

Img_0101                                                 

☜ 家路に向かう途中、こんな看板見つけました。

初めてです。

高速道路のSAで充電スタンドを見かけたことはありましたが、

街中ともいえない、しかも奈良で…

ちょっとビックリでした。

2014年6月 9日 (月)

ガトーフェスタハラダ

先日あべのハルカスに出向いた娘が、御土産買ってきてくれましたsign01

群馬県に本店があるガトーフェスタハラダのラスクです。

関西では阪神デパートが取り扱っており、何時も長~い列を横目に通り過ぎておりました。

あべのハルカスができた時、ここの近鉄デパートにもお店ができたようです。

最新情報では、大丸京都店にも出店なさったようです。

関東の友から時々頂いていた私は、正直あそこまで並んで買う気はありませんが、

この日娘が通りかかったハルカス店に並んでる人は2,3人だったとか…  で、お買い上げsign03

基本のラスク(グーテ・デ・ロワ)、ホワイトチョココーティングのラスク、ミルクチョコの Premium。

私は食べことないのですが、ブロンド色に輝くチョコの Soleil というのもあるそうです。

娘の買ってきたのは、もう一つ私の知らなかった種類の物でした。                             

グーテ・デ・ロワ ソムリエ(GOUTER de ROI  Sommelier)    今までのお菓子ではなく、オードブルラスク。

Img_0001

美味しいワインと

チーズが

欲しくなるお味です。

パルミジャーノ

   ・レッジャーノに

ボルチーニ、

トリュフフレーバー

    オイル

それらを練り込んだ

フランスパンが基本

袋を開けた瞬間の

香りもwineを呼びます

ちょっといい感じ lovely

それほど並ばなくてもいいなら、買って帰ってもいいなぁ~と、思いました。

2014年6月 8日 (日)

田中公道さんテノールリサイタル (6月1日)

お友達の弟さんが声楽をなさってます。

彼らの先生の先生?2月の発表会で、圧倒的な美声を披露して下さった田中公道先生のリサイタルが、

6月1日、いずみホールで開かれました。    喜寿に輝く先生の記念公演です。

Dsc_0259まずは腹ごしらえ。

お昼は近くのニューオータニで… 

気持ちよく寝てはいけないのでワインは控え…coldsweats02

家では作れそうにない鮑のパスタを頂きました heart04

てっぺんにウニが乗ってました。

            145271

                                             Dsc_0262
御縁がなくて、

このホールは初めて。

好奇心一杯です eye

ホールの壁や天井の

音響を考慮した凸凹や、

大きなシャンデリア、

そしてこのパイプオルガンに

目を奪われました。

821席のいい具合のホール。

プログラムには知らない曲が多いですが、素敵な歌声に飽きることなく楽しめました。 

77歳というお年を考えると、とんでもないお声です。 「80歳を目標に…」に会場からは惜しみない拍手。

いろんな生き方がありますが、【生涯現役】私は好きです。

Img_0002_2 Dsc_0263_2

アンコールのフニクリ・フニクラは、サビだけみんなで合唱です。

 
マイウェイやオ~ソレミ~ヨなど親しみやすい楽曲だったので思わず口ずさみそうに…coldsweats01

帰る時、アンコール曲が貼りだされてました。  正式名を知った瞬間です (^^ゞ

主に両親の事でバタバタすることの多い日々、久々の文化的活動に胸すく思いがいたしました。

その余韻を楽しもうと、お茶したのは言うまでもありません、当然 cake 付きで…

2014年6月 5日 (木)

開田高原に行ってきました❢(5月20日)

今日も日の出には間に合いませんでした。   

天気は下り坂と聞いてますが、まだ大丈夫の様です。

まずは御岳山に、「お・は・よ・う sign03

Img_0264

早速朝風呂楽しんで、ウロウロして、そして朝食 notes   今日は何かなsign02  

ちなみに、今8時、気温は10℃    さすが高原です❢

今日のお魚は岩魚、デザートはコーヒーゼリー、お鍋はおうどんでした。  今日のパンも美味しかったheart04

Img_0266 Img_0267

当然完食致しました  (^^ゞ

やはり気になる天気予報、少し早めに出発します。   御嶽山に「さ・よ・う・な・ら」

Img_0270_2

Img_0272                                 

そして、木曽馬君たちにも

「さ・よ・う・な・ら、またね」

でもコナラちゃんに

御挨拶してないことを

たった今思い出しました。

御無礼を謝りに行かねば…

 (なぁ~んて再訪の理由を

   一生懸命探してる

   今日この頃です。)

                                                     
                                
                                                                

『九蔵峠』(標高1280m)から御嶽山を臨もうと、宿から高山市に向かって国道361を走ります。

ここは、『信州サンセットポイント百選』の一つの様です。   御岳さん綺麗に見えるかなぁ~sign02   

  Img_0273    Img_0277

右図説明板の↓左から、王滝頂上・剣ヶ峰(3067m)・一の池・二の池・サイノ河原・摩利支天山・三の池・

五の池・四の池・継子岳   そして右端上の曲線は標高2500mのライン、その下は1500mのラインです。

やはり曇ってきました。  青空ならもっとくっきりはっきり見えたはず。  ちょっと悔しい coldsweats02

Img_0278

でも三日間ず~っと御顔見られたなんて、とってもLUCKYなことだそうです notes notes notes

Img_0276この展望台前の駐車場に立て看板が…

道路沿いに見られる『古生層チャートの大しゅう曲』

はてさてどれがしゅう曲でどれが断層か…?

言われてみれば…

綺麗な縞模様のところ(中央やや右)かな?

なんて、門外漢の我ら二人、

取り敢えずカメラに収めたものの

何を撮ったのやら… coldsweats02

この道をそのまま行けば飛騨高山に辿り着きますが、今回は素直に来た道を戻ります。

Img_0285宿の近くを通って、「また来まぁ~すsign03

アイスクリーム屋さんに入ることもなく… weep

「ようこそ 開田高原」の看板の裏側に

「またねぇ~sign01」と誓って car dash

新地蔵トンネルを抜け、

昨日の『時香忘』さんを横目に… car dash                                           

お蕎麦にも「また来るからねぇ~sign03

この道の第一目的、『寝覚めの床郵便局』に向かって… car dash

ちょっと迷いながらも、なんとか局名のゴム印をGet。  これで一つ、すっきり❢    

あと気になるのは二つ。     『乙姫』と『浦島』という交叉点。

Img_0286 Img_0287

やりました scissors         今回のミッションは全てクリアーsign02

お天気に恵まれた旅でした。  それだけに、朝焼け夕焼けの御嶽山が見たかった… 

それもこれも、「また今度❢」     とってもいい旅でした。   楽しい3日間でした notes 

2014年6月 4日 (水)

開田高原に行ってきました❢ (5月19日 ④)

朝飯前に昼飯前、そして夕餉の前にと、結構歩きまわりました。

こんな日の spa は最高です lovely

ゆっくりじっくりどっぷり浸かって、全身をほぐします、ストレッチします。

有難いことに、お客さんは多いのに、ゆったり温泉に入れました。

はてさて二泊目のお料理は如何に…

Img_0290

朝霞(一品足りないのは、主人がさっさと…)      風薫る

Img_0247 Img_0249

野遊び                              囀り(すぐ横で揚げて下さいました)桜花塩で…

Img_0251 Img_0252

天婦羅の具材は、陸蓮根(オクラ)・筍・タラの芽・海老と貝柱のつくね・こごみ・行者ニンニク 

陽炎                                新緑(野菜を煮詰めたソース・アンデスの塩) 

Img_0253 Img_0255

お肉が凄~く柔らかい。 驚くほど柔らかい。  そして美味しかったです。

Img_0256お漬物は野沢菜・ラッキョウのワイン煮、

昆布の葉山葵はさみ。

この葉山葵が美味しい。

勿論、他のに異存があったわけではありません。

                  Yjimage4

どれもこれも美味しく頂戴しました。

そしてデザートは、モクモク 476631 で作った林檎シャーベットに蕨餅クレープに果物。  完食~sign03

Img_0257  Img_0258

外に出てみました。  wineで火照った頬に夜風が気持ちいい。 ライトアップも星空の邪魔になりません。

Cimg1565_2

明日はもう帰る日、次回はいつ?  白川氷柱群もみたいしブルーベリーの紅葉も気になる。

カラマツの芽吹きも涼しい夏も…   嬉しい悩みが尽きません。

そんなこと考えながら空を見てると、少し寒くなってきました。

夕刻宿に戻ってきた時20度だったのに今は12度。   まずはゆったり spa に浸かって…   

2014年6月 3日 (火)

/開田高原に行ってきました❢(5月19日 ③)

さすが標高1000m~1500mにある高原だけあって、これだけ日が射していても暑くはありません。

薄手のセーター着たまま出発です。

Img_0291_2

風里さん

➡ハイキングコース

炭焼き小屋

名所?

●アイスクリーム店

今朝から、

何度も通ってる、

白樺並木から

ブルーベリー畑へ、

コナラを見ながら

木曽馬の里に

向かうあの道です。

 

今頃気づきました、ブルーベリーに花が…sign01   放牧場に仔馬の姿はありません。 涼んでるのかな?

Img_0198 Img_0199

乗馬センターでは藁細工の木曽馬君がお出迎え。       こちら☟は、「キャベツ頂戴」と言ってるとか…

Img_0201 Img_0203 Img_0205_2

地元のガイドさんが、「今日はキャベツ持って来てないんだ、ゴメン」と謝っておいででした。

この子の名はボス、一番強いから…だって。 近くで見ると、やはり大きい❢ 主人の顔が小さく見えます。

Img_0206私も乗ってみたかった… horsesweat01

主人は腰が悪いので、当然乗りません。

次回は私一人チャレンジしようっとsign03

ぷらぷら坂を下っていきます。

Img_0209足元にたくさんイガグリ発見。

当然中は空っぽ。

秋は栗も楽しめる…

嬉しくなってきます。

下に、末川沿いに走る車道が見えてきました。

と、その手前の小屋からもくもく_m1               表に回ると、『高原炭工房』とありました。

Img_0210 Img_0211

Img_0212そしてここでもハナモモが綺麗に咲いてます。

漸くカメラの接写機能が使えるようになって

大喜びの主人が、「ああでもないこうでもない」と

花を写してます。

「どう~や、これ」と見せびらかしに来ます coldsweats01

私のは少しピンボケ。

やっぱり水かぶったせいかな?

買い変えようかな despair

川沿いに進みます。

『末田稗田の碑』     冷涼地の末川村は米作に不向きな土地。

☟ そんな地に水田を開いた庄屋の中村彦三郎の業績をたたえて、1748年に村人が建てた碑です。

☟ その周りに、道祖神・庚申塔・二十三夜塔及び数十基の馬頭観音が並んでます。

カットしてますが、右端のお堂には、西国三十三札所の象徴する石仏と供養碑が納められてるそう。

Img_0214_2 Img_0215

お向かいには『魚族供養之碑』、岩魚さんもアマゴさん山女さんもそして今朝頂いた鮎さんも <m(__)m>

再び shoenoteshoenotesshoenoteshoenotesshoenoteshoenotesshoenoteshoenotesshoenoteshoe

Img_0216_2『道祖神』? まだ新しそうです。  穏やかな表情の男女が Thm_16680_m1heart04

木曽街道には、たくさんの道祖神が見られるそうです。

Img_0217_2正面は『瑞松寺』

石仏が並んでるように

見えましたが、

「まっ、いいかぁ」と、

お寺には入らずに

左手に進みました。

この辺りは集落です。

どのお家もお花大好きで、色とりどりの花畑。  野の菫やスノードロップも負けてません…

Img_0218 Img_0234

とにかくどこに行っても綺麗。 綺麗な自然を綺麗に保全してます。 草も可愛らしく見えてきます。

少し無口になってきた主人、お疲れ?  『丸山馬頭観音堂』は急な階段の上の方にあるみたいですcoldsweats02

先が見えないので偵察に上ると、少し先に緩やかな坂がありました。 主人はそちらからshoesweat01shoesweat01shoesweat01

Img_0228 Img_0229

☝一足先に着いた見晴らしのいい所から御嶽山と家並みを拝見。   ☝ 

     反対側の足元には、今来た道とその向こうに広がるブルーベリー畑。

☟そしてこれは絵馬堂。  実物大の大きな御馬さんの周りには古そうな絵馬。

Img_0221 Img_0224

格子から手を突っ込んで camera

更にこの上に観音堂 ☟ があります。  右の灯籠に隠れてしまいましたが、半鐘がぶら下がってます。

Img_0227_3                                         

昔、村では馬を家族の様に大切にし、

仔馬が生れると、観音堂に御参りし半鐘鳴らして

お祝いをしました。

その半鐘には1821年の刻銘があるそうです。

Img_0225この観音菩薩は

1731年建立。

御顔が写らず、

申しわけない写真に。

   <m(__)m>

質素なお堂ですが、

欄間の彫刻が素敵。

天女の舞です。

                       
                                                                                        
Cimg1534 Cimg1533

少し陰ってきました。  今日も夕焼け御岳山は無理かな?  でもこの御嶽山も好きheart04

Cimg1538

Img_0235更に shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe  

『熊野神社』です。

1854年建立の大社造り本殿は、木曽最大だそうです。

残念ながら、「……???」

そして古代残存植物の一種【シバタカエデ】は

どれだかわからず… weep

恥ずかしながら、夫婦そろって植物に疎く…

「立札しておいて…」と、手を合わせてお願してきました

更に shoe shoe shoe shoe shoe   主人だけでなく私も休憩したくなってきました。

近道ないかな? バテ気味の私達に「行き止まりぃ~」「どこにでたのかな?」なんてやってる余裕は皆無。

素直に地図通りに進みました。  

『水生植物園』の前に出ます。  でもこの時期何にも見当たりません。  で、即パス。
   

てくてくてくてく shoesweat01shoesweat01上り坂とぼとぼとぼとぼ shoeshoe…頂上?更にぺたぺたぺたぺたshoesign04shoesign04

漸く建物が見えてきました。 ロッジ風のパン屋さん、興味津々。 

でも行きたいアイスクリーム屋さんがあります。  ここは浮気せずに一途に目的地目指します。

漸く到着、ここまでで2時間強、もう四時半。   皮ジャンきたBMWのバイクのお兄さんたちもThumb_20130610213754_51b5c8a2bc1eb1

Img_0243_2

Img_0240

今月のヨーグルトパフェはブルーベリー

でも売り切れ。 なのでソフトクリーム。

Img_0241私はとうもろこし、

主人は今月限定の

抹茶に。

 

喫茶室はありませんが、ベンチがありました。  ゆっくり座ってソフトクリームを堪能heart04

バターやチーズ・ヨーグルトも手作りです。  次回は早めに来て月替わりのヨーグルトパフェを頂きたい。

鳥が鳴いてます、「お家に帰ろう❢」     私達もお宿目指してshoe shoe shoe    

温泉が待ってます、美味しいお食事も…        Yjimage51nvrc71

2014年6月 2日 (月)

開田高原に行ってきました❢ (5月19日 ②)

旅行ならではのゆっくりの朝。  青空にひかれて出発です。

朝食前の散歩と同じ道を行きます。   青空のもと、雪の御嶽山眺めながら shoe shoe shoe

あっ、horse horse horse     あの子が仔馬ちゃんかなlovely    お母さんの後を追いかけてるようですYjimage1

Img_0137 Img_0143

こっちに来てくれました happy01    可愛いぃ~heart04    飽きません、何時間でも見てられそう。

Cimg1445

とはいうものの、他にも見たい物がたくさんあります。  少し後ろ髪ひかれながらも出発。

まず少し戻って、コナラちゃんの手前で林の方へ…   宿の<お散歩 map>で七福神巡りです。

Img_0144_2この道を行きます。   早速、面白い花発見 sign01

Img_0147_2上から camera

大きな三つ葉に

可憐な白い花。

べルみたいな形。

何と言う花?                

御存知のお方、

Img_0148_2宜しくお願い致します

  <m(__)m>

下からも camera

写真が悪いかな?

この後もちょこちょこ

見かけました。

こんな林道をのんびりふらふら歩きます。  カッコウや鶯の声に混じっていろんな鳥の声がします。

 Yjimagezx0kwz9jYjimagezx0kwz9jYjimagezx0kwz9jYjimagezx0kwz9jYjimagezx0kwz9j

雉か山鳥か解りませんでしたが、私達を避けるようにゴソゴソ草むらの中を去っていく姿を見かけました。

まず、福禄寿様 Nenga107b1_2          布袋様  Nenga106b1_3                       寿老人様 Nenga111b1

Img_0146 Img_0150 Img_0152

毘沙門天様 Nenga105b1          弁財天様 Nenga108b1                        大黒様 Nenga110b1_2

Img_0153 Img_0155 Img_0157

Img_0161_2恵比寿様 Nenga109b1 のそばから桜越しに風里さんが見えます。

Img_0159_2いつも部屋や

お食事処から

見えてる畑です。

季節の違いにも

慣れてきました。

今頃咲いてる桜にも

驚かなくなりました。

Img_0163真っ直ぐ下りていけば

畑のテラスに出ます。

でもちょっと横から…

水車の見える所に出て…

菜の花の黄色が、

目にも鮮やかです。

それにしても

どこから見ても、

どこへ行っても、

長閑です。

ゆったりのんびり…

お宿推定30分の散歩に1時間。

Img_0164菜の花畑を横目に、テラスに向かいます。

お食事処から見えていたテラスです。

宿に入らず、ぐるっと回ると、いいもの見つけました。

ブランコ lovely

なんだか懐かしい。

その後ろの大きな円形ソファ~に座ってcamera

本当にゆったりのんびりブ~ランブ~ラン。

ゆらゆらゆ~らゆ~らゆら~りゆら~り…

お昼にどうしても行きたいお蕎麦屋さんがあります。    

車で10分程の『時香忘』さん。  開田高原を教えて下さった方のブログで拝見し、とても気になってました。

噂でもそして風里さんのスタッフさんも、「結構早めに行かないと無くなる恐れが…」とのこと。

まだそれほどお腹減ってませんが、開店11時にむけ出発 car dash   赤い暖簾?の蕎麦名で解りました。 

Cimg1498 Img_0165

『ZCOBO』  何だかハイカラな、ムーディーな看板です。

☟ここが入口…      あららららら?   先があるようです。   更に右に曲がって…

Img_0166 Cimg1496

☟ここから中に入るようです。     予想外のモダンな設えに一瞬立ち止まってしまいました。

Img_0172  Img_0173 

Cimg1488  Img_0174

Cimg1489_2従来のお蕎麦屋さんとは違った雰囲気に戸惑ってるうちに席に…

平日で開店すぐだったせいか、どなたもいらっしゃいません。

で、あつかもしく、お言葉に甘えて、あちらこちらcamera

メニューは、【もり蕎麦】【おろし蕎麦】【イカ墨蕎麦】

すべて極粗挽き寒ざらし熟成蕎麦(本日の熟成度は4)です。

残念ながら、赤い看板暖簾の【石割り蕎麦(実を割って打つ)】

【木蕎麦(木の繊維でつなぐ)】【夜明け蕎麦(表裏色が違う)】は

ありませんでした(毎日は打たれないのです)。

主人はもり蕎麦の大盛りを、私はおろし蕎麦を注文。

今回こだわりの辛み大根がまだ手に入らず、普通の辛み大根だそうです。

気になる【焼き蕎麦がき】もお願いしました。 焼き餅のようにお醤油と海苔で頂きます。   

Img_0184  Img_0186

Img_0187とにかくいろんな物にこだわってるお店です。

蕎麦粉にも水にも…

つなぎも、「おやまぼくち(キク科の山草)」

「山ぶどう」「野菜の葉脈」「木の繊維」「フノリ」

小麦粉が採れない地方の昔からの製法です。

少し太めでしっかりしてるけど粘りのない

独特の食感でした。

次回はこだわりの辛み大根で食べてみたい…                  
                                                                                                                                                                                                                   

蕎麦がきは素朴な焼き餅みたいですが、蕎麦ならではの素朴さがいい感じ。

Cimg1491お店の方達のつかず離れずの対応も心地よく…

☜手作り大好きな御主人の作品だそうです。

箸置きも食器も楽しかったのですが、

御主人の作品とは思ってませんでした。

少しお話する機会があり、いろいろと…

また来たいお店です。

       Yjimage5 美味しかった❢

宿の戻る途中、朝方閉まっていた『一本木亭(そば道場兼御土産屋さん?)』が開いてるので覗きに…eye

良いお天気のせいか、写生のグループがいらしてました。  

Img_0194

木曽馬のモニュメントとブルーベリー畑、コナラちゃん。  御嶽山が見守ってくれてますsign01

Img_0196午後はハイキングに出るつもりです。

開田高原ハイキングコースの中でも一番短い

【末川散策コース(二時間)】に挑戦。

主人はウオーミングアップすべく部屋に…

腰を伸ばして…  ようはお昼寝です coldsweats01

私はゆっくりラウンジにて cafe を…

ハイキングしないならThumb2_2シャンパンって気分

至福のひと時です。  一人静かに外を眺めながら…

ではそろそろ主人を起こしに行きましょうか?  午後の部開始ですsign03

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »