2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月25日 (金)

やれやれ ┓( ̄∇ ̄;)┏

相も変わらずバタバタしてる間に梅雨も明け、世の中夏休みになってました。 

学校に行く子がいないと、そんなことも分かり辛くなってます(笑)

この夏は、かねてより行きたいと思っていたねぷた祭?ねぶた祭に行きます。

26日ダイヤモンドプリンセスで横浜港から北上、釧路に停泊後サハリンに行き小樽→函館→青森、

そして横浜に戻ってくるコース。

先日荷物を船に送りました。

フォーマル二回は着物で、セミフォーマル四回はいつもの旅のお供で…

更にエクスカーションのスニーカー、お祭り用の浴衣… 

楽しんでいたら荷物がとても増えてしまいました。  

いつもの10日~二週間の旅行の1.5倍くらいかな? いつも荷物少ない方なのですが…。

荷物送っちゃったら、後は横浜港に行くだけ。  やれやれ ┓( ̄∇ ̄;)┏

クルーズは初めてなので、ちょっとドキドキそしてワクワク。

我がパソコンは、娘と共有なので持っていけません。 

ブログアップは帰宅後のんびりゆっくりいたします。

暫く静かになりますが、元気ですので御心配なさいませんよう。 


Image6_2_2Image6_2_2Image6_2_2Image6_2Image6_2_2Image6_2_2Image6_2_2Image6_2_2Image6_2_2Image6_2_2Image6_2_2

2014年7月21日 (月)

儚い夢?

娘が可愛らしい小箱を持ってきました。 

Img_0013和菓子の箱です。  

頂いたのに、あんこが苦手な娘。

残念そうに、でも「あげる❢」   私はscissors

nikiniki とありますが、どちらのお菓子メーカー?

なんとあの有名な『聖護院八ッ橋総本店』のお菓子でした。

お菓子の名は【アムール・フルール】と洋風。

でも原材料は、砂糖・米粉・小豆あん・白あんにニッキ…  

まさしく八つ橋ですね。

Img_0012

主人と仲良く分けて頂くことにしましょう、冷茶と一緒に… notes notes

でも現実はかくも残酷、あっという間にパクッと消えてしまいました。

どうも仲良く語り合いながら優雅な老後というのは、夢のまた夢の様です coldsweats01

2014年7月12日 (土)

スズランの実

あちこちに被害をもたらした台風8号も温帯低気圧に変わり、そしてもう遠くへ去っていきました。

ホッとする間もなく福島県沖を震源とする地震のニュース。

「何にもない」「なんともない」のが申し訳ない、そんな静かな奈良です。

閉めた雨戸を開け、下におろしておいた植木鉢を戻し…  伸びた草をひきながら後片付けです。

おやっ?????  葉蔭に緑の実が…

Img_0003

ピンクスズランの実です。  ツワブキに隠れていたのをひっぱりだして camera

人一倍小さな…というより細かいピンクの花をつけます。

が、人一倍恥しがり屋で、可愛い花もいつの間にか咲いて散ってしまってることが多いのです。

「実がなって赤くなったら種を採って植えたらいい」と教えてくれた友がいました。

そんな言葉も実がなることも、すっかり忘れておりました。

可憐な花ですが、結構芯?は強く、ほったらかしでもどんどん根茎で増えていくそうです。

でも我家の場合は、大きな木の根が邪魔してるせいでゆっくりゆっくりでしか増えておりません。

この実から採った種は、違う場所か植木鉢に植えて育てて見ようと思っております。

さぁ~て、如何なりますことやら… coldsweats01

Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51Bd_suzuran51

2014年7月 5日 (土)

レインボーラムネ

「幻のラムネ」とも言われる『レインボーラムネ』は、奈良県生駒市にあるイコマ製菓本舗で作られてます。

今年1月に【秘密のケンミンSHOW】(私は拝見したことなのですが…)で紹介されたそうです。

そして2014年度から、生駒市のふるさと納税記念品に加わりました。

提供数は不明ですが、2014年分はもう受付終了してます。

以前、「これなかなか手に入らないラムネなのよ」と頂いて、知ってはおりました。

確かに直径2cmの球形ラムネは見た目にも可愛らしく、酸っぱさを残したピーチ風味はさっぱり爽やか。

あと味もよく、外はカリカリ。 私はぼりぼり食べちゃいますが、くちどけ感がいいです。

昨今では年2回の販売受付期間に葉書で申し込まないといけません。

申し込んだあと抽選。  当たるのは3500名、と聞いております。

例年競争率は約10倍だったのに、テレビ放送なされた直後(2014年3月)は3500/141400(40倍)sign03

そんな競争に、知り合いが勝ちましたscissors

Img_0001                                      イコマ製菓さんから送られてくるのは、

透明なビニール袋に入ってる愛想ないパッケージ。

知り合いは、可愛い瓶に入れてプレゼントしてくれました。

可愛いでしょheart04   鈴みたいだと思いませんsign02

このまま飾っておこうかしらと思いました。

確か、一袋800g、500円。 一人12袋まで買えます。

因みに、この瓶には約80g入ってます。

増税の加減か、来年からは750gになるそう。

レインボーとありますが、白・ピンク・黄・青の4種、

味は全部一緒。

日々、心してよばれておりますcoldsweats01

 

インターネットのオークションでは、一袋1000円以上の値が付いてるとか…

そこまでして?と思いますが… お好きな方もいらっしゃるんですね。

2014年7月 4日 (金)

オクトーバーフェスト in 奈良

28日に、長女一家が友の結婚式のために帰省。  明くる29日、長女は式に出かけました。

ジィ~ジ&バァ~バは、婿殿&孫娘&娘と共に奈良公園で開かれているオクトーバーフェストに行きます。

この日は最終日、お天気をとても心配していたのですが、何と梅雨の最中だというのに晴れ shinesunshine

日焼け止めが要ります、日傘も欲しい、そんなお天気の中、ベビーカー押して…  Yjimagez4sohfro☚ 気分は…

そして30日まで、鹿苑ではバンビちゃんが公開されてます。  計画はバッチシ、お天気もばっちり notes notes

ところが、孫が電車の中で寝てしまいました…sleepysleepysleepy

鹿苑はあとにして、オクトーバーフェスト会場で先にお昼を済ませることにしました。

Img_0116

やってるやってる… 陽気な音楽が聞こえてきます。 ビアソング?ビアポルカ?

空いてる席は日当たりのいい【要 日焼け止め】席、寝てる孫には気の毒です coldsweats02

テントの中を覗くと何とか座れそう… でもすっごくすご~く賑やか… 寝てる孫には可哀そう sad

Img_0119

公園のベンチや柵代わりの丸太もいいのですが、如何せんテーブルがなく不便です。

仕方ありません。 念のために…と持ってきた雨傘さしテーブルにつきましょう…  

あらっ、良いお席発見 happy01   大きなパラソル下に座れました scissors

Img_0118 Img_0121

早速乾杯 Thumb4 Thumb4  いろんな種類のドイツビールがありますsign03   ワインもありました。

各ブースを回るのも面白そう。  グラス1個につき1000円のデポジット、グラス返せば戻ってきます。

おっと、孫が目を覚ましました…自分の状況が解らずキョトン、異世界に入り込んだような顔してます。

Img_0120ビールもですが、おかず類はやや高めのお値段。

写真以外にも、ハンバーグやロールキャベツ、ソーセージ。

主人は、「柿の葉寿司でも買ってくればよかった…」

でも面白い・楽しい notes heart04 notes heart04 notes

何よりお天気に恵まれ、お祭り気分もぐ~んと up

ポテトを見つけた孫は、漸くシャッキ~ン sign03

何だか浮かれてる大人どもを観察しながらモグモグ。

すいてるブースで買い求めたビールは日本産<富士桜高原麦酒>でした。

Img_0125 Img_0122_2

楽しんでるうちに二時。  鹿苑の小鹿ちゃん公開は二時まで。  ちょっぴり残念ですが今回は断念。  

「あれっ sign02 」       娘がよその方のビアグラスに目を留め、「サッカーボールsoccersign01

主人と娘が探しに出かけます 陸上 走る のデコメ絵文字 dash   陸上 走る のデコメ絵文字sweat01 sweat01       そしてGet scissors

Img_0123_3グラス上部が球状でサッカーボールの六角形模様。

ブラジルの地図に国旗。 2014の文字も…

これは頂いて帰らねば… 今年限定です。 

1000円払ってるからいいよねheart04

Img_0131_2ブラジルのマークの

裏側にはサッカー選手

Img_0130

ドイツの7番はシュヴァイ

ンシュタイガー?

ドイツはベスト8だもんねsign01

次のフランスとの試合の時はこのグラスでビール飲みながら応援しようかしら?

でも確か5日の夜中1時キックオフ… coldsweats02      う~ん、どうしようかなぁ~ catface  思案中です。 

2014年7月 2日 (水)

『エディット・ピアフ物語』

27日、大阪の大丸劇場に、友とシャンソンを聞きに行ってきました。

Img_0114水織ゆみさん率いる?シャンソン教室の発表会。

ひょんなことからこの催しを知り、

エディット・ピアフの響きに強く魅かれました。

きちんとシャンソンを聞いたことはありません。

大学時代の友がレストランで開いたリサイタル?ぐらい。

そして大丸心斎橋劇場も行ったことありません。

五時半開場、自由席。

ちょっと早い目に行くにしても…

ではでは「どこぞかでお茶でもしようかsign02

遊ぶことはすぐに決まります。

いつものように着物着て…

早めに用意ができたので、

ちょっと用事を片付けようとゴソゴソ・パタパタ… ビリッsign03

やってしまいました、ドアの取っ手に袖を引っ掛けたのです。  これで二回目 weep

糸が切れただけ、着物本体は無事、でも袖がビヨ~ン。

もう着替えてる時間はありません。 友に「一大事早く来てsign01」と招集かけてもいいのですが…

何とか繕えそうです…   といっても超不器用な私、ちょっとひきつってしまいました sad

あまり手を広げずおしとやかにしてれば難なしと判断。

でも友は「気になるぅ~」       「大丈夫、私見えないから…」  意外とこういうの平気なんです coldsweats01

まぁいろいろありましたが無事(?)に出発できました。

お茶しに行った先は、〖サロン・ド・モンシェール〗  

『堂島ロール』で有名なお店モンシェールが、昨秋心斎橋に開いたお店です。

Dsc_0276

思ったより小さなカフェ。

20人?もう少し入る?

ゆったり感がたっぷりです。

天井にはシャンデリア。

ドレープたっぷりのカーテン。

ソファも壁も贅沢感溢れます。

他の方もいらっしゃるので、

写真はこの範囲しか…

   <m(__)m>

メニューを拝見すると、やはりそれなりのお値段です。

背後のキッチンスペースのカウンターにはシャンパンが見えました。  それが似合うお店です。

レースのカーテン越しにパーキングが見えます、景色は今一。

『堂島ロール』や他のケーキもありますが、やはりここはシェフお薦め季節限定メニューから…

Dsc_0273_2『白桃のコンポート

~ラムゼリー仕立て~』

私のCHOICEです。

お洒落な盛り付けheart04

フレッシュピーチのコンポートに

さっぱりライムゼリー。

花弁が散らされてます。

桃の下は、アイスクリーム。

しつこくない甘さが嬉しい。

Dsc_0275『季節のミルフィーユ』

友のCHOICE。

見るからにサクサクのパイ。

カスタードクリームや

パイナップルがサンド。

上はマンゴーとオレンジ?

夏の雰囲気たっぷり、

トロピカルです lovely

ともに大人なデザートsign03

たっぷりおしゃべりして…    そろそろ会場へ…  有難いことに雨は降ってません。

デパート売り場覗きながら14階へ。 

ほどなく開場、広くない劇場ですが、シャンソンには丁度いい感じです。

Img_0115本来なら水織先生は、

歌われないはずでした。

生徒さんの発表会 notes

でもお一人出演できなくなり、

急遽バトンタッチsign01

初めて来た私達にとっては、

申し訳ないけどLUCKY scissors

素敵なドレスに身を包み、

妙齢の女性陣が登場、

そして歌声を響かせて…

素敵でした、プロです。

でも一度水織先生の歌を聞いてしまうと、「やはり…」  

以前声楽の発表会を拝聴した際に感じたのと同じ。 

上手な方ばかりですが、プロの歌との差は歴然としてます。

とびきりの才能ある方が、とてつもない努力をなさってるのですから、当たり前ですが…

マイクのせいか、マイクの使い方か、ホールの音響のせいか、高音部がややひび割れて聞こえました。

とっても勿体なくって残念でした。  小さなホールです、マイクない方がいいのかもしれません。

でも水織先生の声は大丈夫。  どの音も綺麗に訴えてきます。

観客席も、華やかな独特の雰囲気に包まれ、シャンソン愛好家さん方と空気を共有できました。

バレエを楽しむ方、オペラ大好き人間、歌舞伎ラブの人達…   それぞれ特有のムード。

そんなことにも感動して、楽しい一日を過ごしました。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »