2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 初のクルーズ*乗船前(7月26日) | トップページ | 初のクルーズ*二日目(7月27日)昼の部 »

2014年8月11日 (月)

初のクルーズ*乗船後(7月26日)

ギャングウエイは、デッキ6(FIESTA)につながってました。

Img_0028_3Img_0029_3目の前の豪華な空間は

デッキ5~7の吹き抜け。

ピアノの生演奏に耳を傾け、

ドリンク片手にくつろいで…

そんな光景を横目に、

取り敢えずわが部屋へ…

デッキ9の中央です。

ポストに船内新聞が入ってました。

部屋に入ると、私の荷物は届いてたので、早速入口右手のクローゼットや棚に荷物を納めました。

バスルームを覗くと、外国船だけあってバスタブはやや長め、洗面台と便座はやや高め。

小柄な方にはちょっと不便かもしれませんね。 まして御年配の方には…

Img_0031_2 Img_0034_2

テレビもベッド向きとソファ向きの二台。 これで主人と喧嘩しなくてもいい、ホッ coldsweats01

バルコニーに出ると、ギャングウエイが真下に見えます。

そして先ほどの〖くじらのおなか〗には、お見送りの方・散歩の方・興味津々でカメラを構えてる方。

何だか照れくさくって、外を眺めていられません。  出港予定は6時から8時になったと聞きました。

取り敢えず≪旅レコ≫を用意。  出港したらすぐにスイッチオンflairできるように…

乗船時刻が遅れ、避難訓練・夕食を考えると、ゆっくり船内を探検する時間がありません。 

とりあえず、先ほどの吹き抜けの〖アトリウム〗に行ってみることにしました。

Img_0035_2

もうピアノの周りの椅子に空きはありません。

すぐそばの〖Lobby Bar〗に入って、

生演奏聞きながら、 まずは Thumb4_2

見渡すと、大半は日本人ですが、

外国の方も結構いらっしゃって、英語が主流。

プチ外国旅行気分です。

窓からは、いつもと違った角度の横浜。

さっき上ったランドマークタワーを見ながら… lovely

Img_0036

おっとうっかり、6時半から鏡割りセレモニーでした。

カウンターの向こうで見えませんでしたが、しっかりお酒は頂戴しました coldsweats01

7時過ぎから、緊急避難訓練が行われます。 そろそろ救命胴衣を取りに部屋に戻らねば…

Img_0038クローゼット横に置いてある救命胴衣をもって、

階段で集合場所(私達はデッキ7)に向かいます。

老いも若きも男も女も日本人も外国人も皆参加。

クルーズカードで、出欠を確認。

英語と日本語の両方で説明がありました。

飛行機でも説明は聞きますが、

実際に救命胴衣を身につけたことはなく、

不謹慎ながら、新鮮❢

フッと気付けば船は出港していて、大事なミッションが clearできませんでした。

      【mission 1】 横浜ベイブリッジを真下から見る  

Img_0040出港は8時と聞いていたのですが、7時に出発。

ポストのプリンセス・パター(船内新聞)を

ちゃんと読んでなかったせいですね…coldsweats02

気づいた時には外は暗く、遠くに横浜の灯shine

今日は、ダイニングでの夕食時刻も

5時半から10時までのオープンシーティングに変更。

指定のダイニング(Savoy)・指定の座席・

指定の時刻(7時45分)にこだわらなくても ok

急にお腹が減ってきました。 まだ荷物の届かない主人に合わせ、このままの格好でダイニングへ。

この際ですから、よそのダイニングを覗くことに。  因みにダイニングは5か所とも同じメニューです。

デッキ5にある指定ダイニング Savoy のお隣の〖Vivaldi〗に行くことにしました。

主人はいつもの取り敢えずのbeer 私は白ワイン。 ご一緒するのは静岡からの御夫婦と福岡のカップル。

皆さん着替えてらっしゃった様で、事情があるとはいうものの、ちょっぴり恥ずかしい… catface

Img_0042 Img_0043

前菜には、レッドスナッパーのモヒート(ラム酒をかけた魚介類のマリネ)を選びました。

何だかアルコールの名前見つけると魅かれます heart04 lovely heart04

グリッシーニだけでもワインがすすみます coldsweats01

何かの種(?)が乗ってるパンがとっても美味しく、在庫切れになったので、「このパン頂戴sign03

なんとバカァ~ッと籠いっぱい持ってきて下さった coldsweats01     せっせこせっせこパクパク美味しい delicious

メインはバラマンディーの切り身たたきパイナップルとパパイヤのサルサ添えに。

Img_0047 Img_0050

アレッ、何か一品抜けてるような…  そしてこのデザートはパッションフルーツのスフレ。  

 Img_0053
揺れを感じることもなく、普通に楽しく食事を終えました。

デッキ7からは〖Promenade Deck〗に出られます。

戸が重たく、鍵が閉まってるのかと思えるほど。

何とか全体重で押し開けると、凄い風dash

前進したいのに、風で壁に押し戻されそうになります。

少々火照ってる身には、この風も気持ちいい。

頭上にテンダーボート発見。

コルサコフに行く時は、これを利用すると聞いてます。

風に抗しがたくなり中に戻ると、目の前に〖Club fusion〗 今夜はなんのイベントもないのか無人。

Img_0054 Img_0055

中央に戻る途中〖Explorers Lounge〗でカラオケが始まってました。

吹き抜け部分の横〖Crooners Bar〗では、ブラッド・スティーブンズ氏による歌&ピアノ演奏。

やはりこちらの方が好きです、でも座るところがなく暫し耳傾けるだけで退散。

深夜までいろんなパフォーマンスが続きますが、少々疲れました…ウン? 飲み過ぎ?

部屋に戻って明朝の日の出に期待込めます。

おっと、またまた失敗する所でした。

遅くなりましたが、旅レコON     室内ではGPSひろえない様なので、バルコニーにぶら下げておきました。

ちょっと結果が楽しみです notes notes notes

« 初のクルーズ*乗船前(7月26日) | トップページ | 初のクルーズ*二日目(7月27日)昼の部 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

何と豪華な部屋でしょう。この部屋で10日間過ごされたのですね。
優雅です。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
素敵ですね。
食事もとても美味しそう。
徐々に見えてくる船内での時間。これはとても楽しみです。^^v

 船内をキョロキョロ探検している気分で、
 拝見していると、ウキウキしてきます。
 
 この先も楽しみです。

 横浜の夕景、太陽がちょうどビルに沈むところ、
 すごく素敵ですlovely

ニャンさん、クルーズは楽でした。
ホテル移動がないというだけでなく、日々自分のリズムで動けるからでしょうか?
ジムにもプールにもいかず、目に着いたイベントのみに参加するといった体たらくですが…
ちょっと病み付きになりそうです。

ようさん、窓越しでしたが上手に撮れたと自画自賛の写真です  (^^ゞ
一緒にキョロキョロして頂けるようなブログになるといいのですが…
高校野球横目に、御先祖様にはちょっと我慢して頂いて、ブログアップ頑張りますね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初のクルーズ*乗船前(7月26日) | トップページ | 初のクルーズ*二日目(7月27日)昼の部 »