2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 初のクルーズ*六日目(7月31日)小樽の町 | トップページ | 初のクルーズ*七日目(8月1日)大沼公園&温泉 »

2014年8月25日 (月)

初のクルーズ*六日目(7月31日)船に戻って

久々の温泉に癒され、体がグ~ッと軽くなった気がします。   やっぱり spa 最高 sign03

一服して外に目をやると、何だか華やかな一群が…

Img_0432_2フラダンス?  なぜここで?

音合わせでもしてるようです。

やがて、「タヒチアンダンス教室の者でぇ~す」

と、ダンスが始まりました。

5~6曲踊って下さったように思います。

可哀そうに、最後の方で音がきれてしまいました。

でも、周りの方・バルコニーの手拍手でダンス続行。

私達も一体になった気がしました。

Img_0443 Img_0449_2

Img_0459あらららら、今度は可愛らしいワンちゃん達…

「わんわんパトロール隊」だそうです。

Img_0460_2よ~く見れば、

浴衣です。

ちゃんと、

兵児帯締めて。

暑くなければ

いいけど…

そしてその横では太鼓が並び始めました。

Img_0464 力強い潮太鼓の音。

 キャプテンも聞いてる?

    Img_0467_2

いつの間にか出港  shipsign04    なのですが、 船はバックsign01

Img_0466港のみなさんが、次第に小さく…

タヒチダンスの皆さんもワンちゃんも…

みんなが手を振ってくれます…

私達も、(@^^)/~~~

バックオーライ、バックオーライ…

  ☟日本海フェリーの船着き場が見えてきました。

Img_0468 Img_0469

まだバック… 馬鹿でかいので小回り利かないんですね coldsweats01        小樽港に天使の階段sign03  吉兆sign02

船尾の影から船が一艘やってきました。  そして防波堤の脇にも一艘の船。

Img_0472 Img_0475

大きすぎて出入りが大変なんですね、見守って下さってるのか、「ぶつけんなよ」と見張ってるのか…

脇を凄いスピードで「TATEIWA」がやってきます  ship dash dash dash           カッコイイ lovely

Img_0477 Img_0478

「エッ、何すんのimpact」 「ぶつかるじゃんannoy」  はい、平和的に安全にぶつかり?ました。

Img_0479 Img_0481

おじさまが二人、ダイヤモンドプリンセスからTATEIWAに下りていかれました。

水先案内人さんですね、きっと。  話には聞いたことありましたが、拝見したのは初めてです。

ワイシャツにズボン、クールビズのサラリーマン姿に救命用具をつけて…  ふ~ん、て感じ。

Img_0483 Img_0484

でもちょっと得した気分で、大きく手を振ります (@^^)/~~~~~~~~~      

さてと、今夜は二回目のフォーマルの日です。  夕食はデッキ7の〖サバティーニ〗   

ここは、テーブルチャージ25$要ります。

主人はミラノ本店に入ったことあるのですが、私は行けずじまいでした。  そんな思いがあるので…

お店の入り口は、写真屋さん近くで狭く人も多く行き交うので、とても写真撮れませんでした <m(__)m>

店内の人のいない所を何とか camera      テーブルセッティングも華やか、食器も素敵です。

Img_0488 Img_0489

「シェフからの感謝の気持ちを込めて」と、グリッシーニにフォカッチャ、生ハムを載せたフラットブレッド

更にオリーブのマリネが出されました。   それだけでもワインが進みそうです coldsweats01      

Img_0492 Img_0493

私の前菜は「二度焼きしたふっくらアーティチョーク カステルロッソチーズのソースとともに」 

あれ?写真がない…「貝のグリル入りトマトスープ」も頂いたのですが…  主人はイカだったかな?

「シェフのスペシャルパスタ」は、二人で分けました。  そしてメインはロブスタープレートに。

Img_0494 Img_0496 

 ☟主人は果敢にも「10オンス(300g)ショートロインステーキ」に挑戦。 あらっ、サラダの写真もない coldsweats02

Img_0497 Img_0499

そして私のデザートは、「チョコレートリボンを飾ったシトラスタルト云々」 (とにかく名前が長い coldsweats02

主人のチョコやクッキーも別腹に収め、すっかりいい気分 delicious         やはり流石です、美味しかったheart04

「もう一回来てもいいね」と、すっかりご機嫌の主人。  では最後の晩にでも来ましょうか sign03

再び船内をウロウロし、どこからともなく聞こえてくる音楽に耳傾けていると、す~っとウエイターが…

何時もなら「NO」ですが、今日は「 bar 」         気持ちの良い夜です。  

明日は函館、プチwalking の予定です。    お天気が続く事を祈りつつ、部屋に戻りました。

« 初のクルーズ*六日目(7月31日)小樽の町 | トップページ | 初のクルーズ*七日目(8月1日)大沼公園&温泉 »

旅行」カテゴリの記事

コメント


今まで有料レストランに わざわざ予約をしてまで行ったのに
混んでいたことがなく むしろガラガラ。
パンジー様の場合は いかがでしたか? 

しかし やはり量が多いですね。
日本人のために 幾分かは少な目にしてあるのでしょうが、
これだけ 食べるには勇気が要りそうです。

でも 短期クルーズだと すぐに取り返せるので 
安心して召し上がることができますね。
 

 寄港地の歓迎イベントもいろいろ楽しいですね。

 船の高さがわかるお写真ですね。

 ほうほう・・・
 材料から作り方までわかる、長い名前・・・restaurant
 華やかな雰囲気で、でも、落ち着いたレストランの、
 美味しそうなお料理に垂涎・・・
 優雅で素敵ですshine

 

お返事遅くなり申し訳ありませんでした
娘の引っ越し手伝いに、再び関東に…
バァ~バ大忙し…です。
有料レストランの件ですが、このサバティーニはほぼ満席。
もう一度行こうとしたのですが、満席であえなく断念しました。
他のステーキ屋さんやお寿司屋さんの具合は存じません。
でもガラガラだとなんか淋しいですよね、それにグレートダウンする感じで…
今回の日本ツアーでは、かなり日本人向けの量になってると思います。
ただこのサバティーニは、本店の意向に沿って…?  イタリア風かもしれません。

ようさん、長らく?知らん顔で申し訳ありませんでした。

なるほど、「材料から作り方までわかる…」、言い得て妙❢
さすがようさんです。
夫婦で、ちょっと気取ってレストランに出向くなんて、非日常の我が家、
面白いゲームをしてる気分です。
良い距離感も保てるので、クルーズは我家にはうってつけかも知れません。

豪華客船ならではのお見送り、華やかですね。
そして私の大好きなゴールデンワンちゃんのお見送り・・・。
船を下りてでも触りに行きたくなります。^^;
夫婦で洒落してお洒落な夕食。
うん。うん。非日常的・・・わかります。わかります。
船上だからこその非日常を優雅に過ごせる。それも良いところですね。
私もそんな非日常的時間を過ごしたいです、、、、。

ニャンさん、御無沙汰してしまいました
レトリバーはおとなしくって人懐こくって、みんなのアイドルですよね。
先日のお尻を刺された盲導犬のレトリバーの話に絶句、ショック状態です。
どうしてあんな事が出来るのか、摩訶不思議です。
ところでクルーズですが、もし本当に主人タイプの御主人なら、お薦めいたします。
と言っても一度きりの体験ですので説得力無いかな?
私、只今とっても乗り気です notes

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初のクルーズ*六日目(7月31日)小樽の町 | トップページ | 初のクルーズ*七日目(8月1日)大沼公園&温泉 »