2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 初のクルーズ*乗船後(7月26日) | トップページ | 初のクルーズ*二日目(7月27日)夜の部 »

2014年8月12日 (火)

初のクルーズ*二日目(7月27日)昼の部

パターに日の出は 4時16分とありました。  目覚ましをかけておいたのですが、握りしめて寝てました coldsweats02

Img_0056気づいたら五時半、カーテンの遮光は完璧。

室内は真っ暗…

そ~っとカーテンを開けると、

まぶしい日差しが差し込んできました。

有難い、今日もお天気 sun

パターによれば、予想最高気温は26度

今日は終日クルージング、読みたい本もありますが、

まずは船内イベントを確認。

こんな時、持ってきたインスタントコーヒーが役に立ちます。 わざわざ着替えて出るのも面倒ですしね。

煎茶パックはあるのですが… 昨夜コップ一杯ミルク貰ってきておけばよかった、カフェオレになるのになぁ~

朝食はデッキ14の〖Horizon Court〗へ。  ビュッフェ式のカジュアルなレストラン。

いつものように「カフェオレ or カフェラテ」を希望すると有料。  ならばと、お得な珈琲カードを購入。

そして、ゆっくり時間が通り過ぎるのを楽しみながら、船内をブラブラ 2742851    2742851_2_2 2742851_2_2 2742851_2_2 2742851_2_2 2742851_2_3 

さほど興味のなかった『$500の宝探しスタンプラリー』、同じブラブラするならスタンプ探しをしようsign03

スタンプ7つ集めてポストに投函すればok  但し、12時15分の宝探し抽選会場にいないとダメ。

スタンプ一つはおまけです。  あとはデッキ16の〖Platinum Studio〗、デッキ15の〖Lotus Spa〗、

デッキ7のショップ・〖Crooners Bar〗・〖Savatini's〗、デッキ6の〖Grand Casino〗の6個。

船内地図片手にウロウロキョロキョロ。 ショップはどこの店でもいいの? 上に行く階段がない???  

結構楽しい。 なんとか時間内に集め、アトリウムのポストに投函。   で、果報は寝て待て sign02

Img_0059珍しくアトリウムの椅子が空いてます。  ではではちょいと一服。

デッキ7までの吹き抜けをこんなにゆっくり眺めるのは初めてかも。

しょっちゅう通ってる所なのに…

船の中央部で、この周りに〖ツアーデスク〗や〖エクスカーションデスク〗

図書室もPCコーナーもあります。

デッキ6には〖Passenger Service(フロント)〗があり、一部ショップも。

乗客にとっての船の心臓部です。

のんびり座っていたら、何やらイベントがあるらしく…  

テーブルが置かれ、クロスが架けられ、野菜が出てきましたよ。

『野菜と果物の彫刻デモンストレーション』が始まるらしい。  ではこのままここで待機 notes

Img_0061「プリンセスダイヤモンドのトムクルーズ」の彼と

日本女性の軽妙なお話の中、黙々と作業が進みます。

大胆な包丁さばき、精巧なカッティング、細かい芸も。

Img_0070_2☜ こんなのが

出来上がりました❢

所要時間30分程?

数々の作品が

出来上がりました

Img_0067

続いてお寿司のデモンストレーションも行われました。 

彼らの作品は今朝行ったホライゾンコートにちょこちょこっと飾られてるそう、気づきませんでした m(__)m

11時から『基礎の英語と日本語レッスン』に参加するつもり、ちょっと急がないと… run

Img_0072教室?はデッキ7の〖Wheelhouse Bar〗

ちょっと雰囲気いいんですよ、このバー。

参加者は、日本人と外国人半々ほど。

少し拍子抜けするほど簡単な英語。

「Good morning !」とか、「How are you ?」とか…

外国の方には「おはようございます」とか云々

退屈かなって思っていたら、

グループでお話しすることになりました。

私のグループには、シカゴからいらした3人さんとメキシコから来た若い女の子。

とても積極的で、「おはよござますおはようはどう違うの?」とか「今は、こんにちは?おはよう?」とか…

たどたどしい英語で申しわけなかったけど、ちょっとドキドキの楽しいひと時でした。

今度は御宝目指して抽選会に行かねばなりません。

Img_0075写真は撮れなかったのですが、

「アレックス&マグダレナ」のダンスや

☜ ダイヤモンドプリンセスのダンス&シンガーの歌。

今夜のショーの紹介兼ねての御披露目がありました。

いずれも素敵でした。

御宝の方は、残念ながら当りませんでした。

「運は旅に使おう❢」と、負け惜しみ…coldsweats01

何もしてないのにお腹はすきます。

さっきの彫刻の事もあり、ホライゾンコートに行きました。

Img_0077確かに、プチ作品があちこちにあります。

食べ物にばかり目が行き、気づきませんでしたが、

ここかしこにさりげなく飾られてます。

Img_0078この焼うどんが、

とても美味しかったheart04

主人が、「明日食べる」と

鼻息荒く叫んでました。

取られる前に完食 scissors

Yjimage2_2_3    主人は昼寝、私は本を持って船内探索に。                                        

    気に入ったところ・気持ちのいい所で本を読みます。

今日はここにしようかな?                                                    

Img_0080_2Img_0079子供たちは元気。

このプールサイドにもバー発見。

〖The Mermaid’s Tail Bar〗

日本酒の瓶も並んでます。

日陰にひっくり返って…

風が気持ちいい。

今の気温は24度。

ちょっとコーヒーが欲しくなってきました…  「そうだ、アフタヌーンティータイム flair

デッキ6の〖インターナショナル・ダイニングルーム〗(5つのダイニングのうちの一つ)のはず。

本片手に、当然そのままの格好、スリッパ代わりのビルケンシュトックひっかけたまま…

行ってビックリ、皆さんお洒落して…  案内されたテーブルの方達はワンピースにパンプスにネックレスsign03

「しまった、プールサイドにすればよかったかな?」 でも折角のチャンスですものね、参加しなくっちゃnotes

少し離れたテーブルに、昨夜お食事を共にした静岡の方がいらっしゃいました。

少しラフなスタイルでいらしてます、隣の席が空いてます。  「席をあちらにして下さいませんか?」  

彼らはプールで遊んできた後だとか。 

明日の釧路では、レンタカーを借りて動かれるようです、旅慣れてるらっしゃる、なるほどね ( ..)φメモメモ 

サンドイッチやスコーン、スイーツを頂きながら、話が弾みました lovely

船内をフラフラした後、部屋に戻ります。

さぁ~て、今日はフォーマルの日。 

七時過ぎからキャプテン主催のウェルカムパーティー、シャンパンウォーターフォールもあります。

セカンドシーティングの食事時間も15分遅い8時からに変更され、パーティーにゆっくり参加できそう。

それでは、シャワーでも浴びて着替えるとしましょう sign03

« 初のクルーズ*乗船後(7月26日) | トップページ | 初のクルーズ*二日目(7月27日)夜の部 »

旅行」カテゴリの記事

コメント


フルーツカッティングやキッチンのバックヤードツアーなどのイベントは 
どの船も同じなのですが 最初は 私も感動しましたので
パンジー様のお気持ちがよくわかります。

寄港地での過ごし方ですが、
考えなければならないのは 出港時間が決まっているので
ホテルと異なり、遅れることができないこと
また 次の日は遠くに移動していることも注意が必要です。

レンタカーは 一見 良いのですが、
もし事故をして(自分に責任がなくても) 相手やレンタカー会社との話などで
出港時間に間に合わなかったら そこで下船する覚悟が必要です。

以前の船で 時差のことを忘れて 出港に間に合わず 
自分で船をチャーターして 追いかけてきた人がいましたが 
ずいぶんの出費になったと思います。
特に海外のクルーズでは 次は他国に行くことも多くありますので、
トラブルのリスクは極力避けなければなりません。

クルーズの場合、旅慣れている人ほど 陸に上がっても遠くに行かず
船の用意したバスで 移動される程度です。

 あれだけの大きさのお船ですから、当然のこととはいえ、
 広~いんですね~!
 レストランもバーもあちこちにあって、迷いそうです。
 イベントに参加してもしなくても、
 退屈することはなさそうですね。
 パンジー様のあとについて、
 船内を楽しく巡らせていただいてますnote
 

なるほどぉ~、shinmamaさん、とっても参考になりました。
この後凄いクルーズベテランさんにお会いしたんです。
その方に「あすはどうなさるんですか?」とお尋ねしたら、
奥様の方は、「シャトルバスで町に出て、ぶらぶらしてみようかと…」
パートナーさんは「何もない町なんですけどね、○%▽*#辺りはおもしろいかも…」
そんな会話が今さらながら思い出されます。
確かにおっしゃられる通り、道理です。
今後のクルーズの参考になりました、ありがとうございました。

ようさん、地図片手にウロウロするんですが、階段が解らなかったり行き止まりだったり…
なかなか面白いんですよ。
そのうち地図持たないで、さまようのを楽しむようになりました。
同じ所を通っても新しい発見があります。
迷子大好き(笑) 
どこで迷っても好きな所で休めますしね❢

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初のクルーズ*乗船後(7月26日) | トップページ | 初のクルーズ*二日目(7月27日)夜の部 »