« 初のクルーズ*七日目(8月1日)お食事編 | トップページ | 初のクルーズ*八日目(8月2日)青森船内編 »

2014年9月 6日 (土)

初のクルーズ*七日目(8月1日)花火編

このツアーはホントに運のいい事に、『函館港まつり』初日に函館港町埠頭に停泊するので、

7時45分から9時までの『道新花火大会』を、船のデッキから見る事が出来ます。  

そして私達の部屋のバルコニーからでも ok

夕食済ませたら一目散で部屋に戻ります。

あら、まだの様 scissors     月と共に花火を待ちます。   街の明かりが控え目に感じられます。

Img_0062_2

花火が打ち上げられるのは、≪緑の島≫  函館山から海の方に降りて来た所近くです。

ドッカ~ンannoy  花火が上がると、函館山の展望台が見えました。     玉やぁ~ lovely  

Img_0063 Img_0064

Img_0066 Img_0077

Img_0071_2

Img_0080 Img_0093

Img_0107_2  Img_0079

いろいろ苦心しました、私なりに…  三脚がないので、もう限界❢ 二の腕が痛い、苦しい…

写真撮影は諦めて、肉眼で楽しむ事に決めました。  「玉やぁ~sign03」 

花火のさく裂する音は遠く小さく、花火も夜空を彩る程度ですが、何にも邪魔するものがない❢

音と振動を体で受け止め、空から降ってくる花火を浴びるのも一興ですが、これもまた楽し heart04

夏の夜を満喫いたしました。

« 初のクルーズ*七日目(8月1日)お食事編 | トップページ | 初のクルーズ*八日目(8月2日)青森船内編 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 遠花火もまたいいですね!
 水面に映る花火の色もきれいです。
 函館港まつりにあわせて寄港するべく、ツアー計画が立てられたのかも。
 そのクルーズをお選びになったパンジー様の運気、最高でしたね。

 手持ちでよく撮られましたね。
 ご苦心のほど、お察しいたします。

ようさん、私も海を彩る光に魅かれました。
解って頂けるのが凄~く嬉しいnotes
ねぶた祭りに行きたかっただけなのに、思わぬところからプレゼント頂いた気分です。
この日は風がなく、若干煙ってしまうのですが、
遠花火だとその影響が少ないような気がしました。
そこそこお天気にも恵まれ、ホントにいい旅でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初のクルーズ*七日目(8月1日)お食事編 | トップページ | 初のクルーズ*八日目(8月2日)青森船内編 »