2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 賢島へ❢  プロローグ | トップページ | 賢島へ❢ 一日目(11月3日)お宿編 »

2014年11月 7日 (金)

賢島へ❢ 一日目(11月3日)観光編

昨日の雨が嘘のように、朝からsun     嬉しい旅の予感 notes notes

本日は近鉄で鳥羽で途中下車、『真珠島』に立ち寄ります。     チェックインは2時、ちょうど具合がいいsign01

賢島方面に行くときは、いつもお伊勢さん参り、鳥羽なら水族館が定番でしたが、今回は趣向を変えて…

車窓からまだ紅葉には早い景色を眺めること約二時間、鳥羽駅到着。 

ここでJTBの特典の手荷物無料預かりを使い、より身軽になります。

早速駅直結の鳥羽1番街という鳥羽のアンテナショップのような施設の一階のサービスカウンターへ。

外に出ようとすると何やら神社さんが…  なになに…  ≪石上さま≫???  「願を叶える???」   

Img_0001 Img_0003 Img_0021

「女の願い事なら必ず一つはかなえてくれるとの事」とあるではないですかsign03

早速横の「お願い」受付処にある紙に願いをしたため、半分に折って、お賽銭箱ならず≪願箱≫に投函?

後で知ったのですが、鳥羽には女の願を叶えてくれる三女神様がいらっしゃるそうです。

で、ここでも二階には≪加布良胡さん≫、三階には≪彦瀧さん≫が祀られてるとか。

欲張らずに、「元気でいつまでも旅行ができますよう」お願いしてきました。

建物を出ると、海沿いに木製の遊歩道ができてました。  

Img_0009広くてベンチもあって、適当に木陰も…

ゆっくり海を眺めながら…なんてカップルもheart04

綺麗な青空に恵まれたのですが、

我ら後期中年組?初期高齢者?には、

いささか風が強い、そして日向でもやや冷たい。

ベンチに座って…という気にはなりませんでした。

それでも釣り人は糸を垂らして頑張ってましたよsweat01

と、目の前を竜宮城に行けそうな船が通って行きました、『鳥羽巡り』の観光船。

Cimg0001 Img_0010

その向こうに『ミキモト真珠島』が見えてきました。  陸橋で繋がってるようです。

Img_0013入場料1500円也

そうそう、この写真は確か≪矢車≫

帯留めなんですか、いろいろ分解できちゃうんです。

ブローチや指輪、簪などに変身できる逸品です。

何かの本で見た事が読んだ覚えがあります。

ここにあるとは知りませんでした。

嬉しい誤算 (^^)v

陸橋を渡って島に入ります。   

お昼はここのレストラン『阿波幸』さんで頂く予定ですが、団体さんがいらしていて、12時40分まで✖

ではそれまでゆっくり見て回る事にしましょう。  むしろ団体さんにぶつからなかった事に感謝です。

【順路】はここを直進するよう指してますが、右手の門をくぐって和風庭園に向かう事にしました。

Img_0014 Img_0015

Cimg0002_2さらに奥へ行くと、南国を彷彿とさせるお庭。

Img_0016_2

庭に面した建物『御木本幸吉記念館』に入りました。

Img_0018幸吉さんのお家は『阿波幸』というおうどん屋さん。

記念館の中に復元されてました。

幸吉さんの生涯を紹介するアニメビデオを見ながら、

ゆっくりじっくり拝見させていただきます。

なかなかの知恵者だった幸吉さんですが、

その成功の陰にはいろんな方との出会いが…。

人って大事ですよね、痛感いたします。

そのまま島を反時計回りに進むと、『パールプラザ』(一階パールショップ、二階レストラン『阿波幸』)に。

ここでお昼を頂きます。  伊勢なのになぜ阿波?と思ってましたが、幸吉さんの御実家の屋号と知り納得。

メニューに<生 しらす丼>発見❢ 限定10食とありましたが、まだ間にあったようです scissors

Img_0022 Img_0024

あこや貝の貝柱の醤油煮はアルコールによく合います coldsweats01    錦糸卵の下には生シラスたっぷりです。

盆の左中のある「お味噌か生姜醤油をお好みでかけて…」とのこと。   私は生姜の方が好みでした。

海女の実演が始まるとの放送があり、すぐ眼の前の『海女スタンド』に向かいました。 グッドタイミングsign03

屋根の下の日陰で風に吹かれると結構い寒い、そんな日に海に入るなんて… coldsweats02    ブルッsweat01

Cimg0003

もう真珠は養殖で、海女さんがあこや貝を潜って採ることは無くなってます。  

今は、鮑がターゲットなんでしょうか sign02

Img_0029 Img_0030 Img_0032

手に小刀?の様な物を持って潜って行きます、そして手に貝を持って戻ってこられます。

磯笛という哀しげな口笛は、水圧から肺を守るために呼吸を整えるために出る音だそうです。

見てるだけでも寒くなってくるのに、さぞや水の中は冷たかろう…coldsweats02

パールプラザ横に『真珠博物館』があります。   いよいよ御宝拝見です

<m(__)m>  誠に申し訳ありません、「きゃぁ~」と叫んでフ~ッとため息ついてハァ~ッと見ておりました。

全くもって写真を撮るということを失念。  ただただ眺めておりました。

そして真珠の養殖の仕方や、パールの見分け方等の説明を聞いてちょっと真珠博士気分?

パールショップには目もくれず、ため息つきつつ外に出ます。

Img_0033御木本幸吉さんの銅像。

手にする杖は、貞明皇后より賜ったものだそう。

   Img_0034

帰りの陸橋から、白壁に囲まれた日本庭園が望めました。

ではそろそろお宿に向かう事にしましょう。

絶大なる信頼を置くブログ友のお一人が御紹介して下さった『汀渚 ばさら邸』です。

再び近鉄で鳥羽から賢島へ。   鳥羽駅で到着時刻を宿に連絡・御迎えをお願いしておきます。

Img_0038特急を使ったので20分ほどで賢島に。

駅には『しまかぜ』が止まってました。

「明日乗るもんねぇ~」と言いながらも、

カメラ取り出て、記念に一枚。

正面からだとバッタみたいな顔ですね。

一日三本、難波・名古屋・京都に一本ずつ。

賢島の方達は観光には使いにくい。

だって夕方乗って昼前に戻ってくるのですから…

ばさら邸産の御迎えの車は普通車だと聞いておりましたが、普通ではありませんでした。

センチュリーです❢  どこのお偉いさんが来てるんだろうと、思わずキョロキョロしてしまいました(笑)

期待に膨れる私です notes notes notes notes notes notes notes notes notes notes notes

« 賢島へ❢  プロローグ | トップページ | 賢島へ❢ 一日目(11月3日)お宿編 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

懐かしく拝見しています。
真珠博物館も入りました。
数々の真珠!
五重塔、矢車等々、その見事さに溜息・・・。

先日、銀座のミキモトに行きこちらでも目の保養をしてきました。

 私も期待にあふれてます(笑)

 海沿いの遊歩道は、電車の窓からも見えましたよね。
 前回私が行ったときはにわか雨で、
 電車から見ていても歩く人はほとんどいませんでしたが、
 気持ちよさそうですね。
 遠いけど、
 もし、また行く機会があって、『ばさら邸』 がとれたら、
 途中下車して歩いてみます。
 長生きしなくっちゃねhappy01

みやびさんは、行ったことおありなんですね。
伊勢・賢島・鳥羽には何度も行ってるのに、私は初めてでした。
思った以上にいい所でした。
展示品は豪華でした、垂涎の的、高根の花…
銀座のミキモトのクリスマスイルミネーションを思い出しました。
都会だわぁ~❢

うつきようさんの所からはちょっと遠い…  確かに。
でもお互い長生きしてあちこち行きましょう❢
これからもいろんな素敵な所教えて下さいね。
それを糧に頑張ります(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 賢島へ❢  プロローグ | トップページ | 賢島へ❢ 一日目(11月3日)お宿編 »