« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

我家の忘年会

28日は我家の忘年会です。

末娘は極寒catfaceチェコに行ってるので、長女一家と我ら奈良組で参加者は 5.5人。

猿沢池近くにあるお気に入り鉄板焼き屋さん?ステーキ屋さん?に、11月末に予約を入れておきました。

この時すでに1月1日は満員だったんですよ、恐るべき人気sign03

いつもの様にお任せコースです。

乾杯には、取り敢えずビール派三人とスパークリング所望二人。

前菜4種(左上より時計回りに、牛タンのサラダ・白子の茶わん蒸し・ビーフシチュー・牡蠣のグラタン)

少食の孫がパクついております、ママのを大分取り上げてしまいました coldsweats01

「まだお肉来るからね、先は長いよ」と、アドバイス sign03

Dsc_0658 Dsc_0659

次はフォワグラのステーキ(下に大根、これがフォワグラの味・油を吸って甘辛くって美味しい)

Dsc_0661鮑のステーキ

もう文句ありません。

次は牛ステーキ(いつものように、ヒレとロース半々)

でも写真撮り忘れ…<m(__)m>

二歳半の孫の口にお肉の塊押し込む姿に驚愕❢

彼女は半人前以上は食べたはず…coldsweats01

これにはお店の方もビックリ。  そして目を細めて喜んで下さいました。

確か少食つまみ食い派おチビちゃんときいていたのですが、昨夜以来バカ食いの孫に変身sign02


下の写真はそのステーキの付け合わのお野菜ときのこの炒め物、そしてタレ4種です。

Dsc_0662 Dsc_0664

もうお腹一杯。  私は、デザート用に胃腸を整えます。

このあと〆にと、奈良組の娘はガーリックライスを、主人はカレーを頼んでました coldsweats02

デザートはクレームブリュレ、シュトレン、アイスクリームケーキ苺添え。

孫にも一人前出して下さいました、そしてその孫、シュトレンは少し残しましたがほぼ完食 coldsweats01

コーヒーと一緒に出されたクッキー、孫にも特別くださったのですが、パパのも取り上げて食べてました。

一体鎌倉では何を食べているのだ?  そういいたくなる光景に驚くやらあきれるやら… coldsweats02

楽しい忘年会で一年締めくくれました。

孫たちは、新年をpapaジィ~ジ&papaバァ~バのところで迎えます。

30日のもちつき(と言っても器械ですが…)、神棚や仏壇の御供え、お墓参りに…

もうちょっと年末の行事につきあってもらいましょう。

そして良いお年をsign03

2014年12月30日 (火)

ブルーシャンパン

以前何かで聞いた?見た?青いシャンパンがとっても気になってました。

成城石井で扱ってるということをおぼろげに覚えてました。

奈良は成城石井とは無縁の地、かといってインターネットで調べて送料払ってまで欲しいとまでは思わず…

そんな奈良にも駅中に成城石井が入って来てチャンスが巡ってきました。

でき始めの頃はワインコーナー覗いても見かけなかったのですが、何時の頃からか鎮座するように。

でも我家にとって、日常頂くのにはちょっとお高い… sad  

何か事ある時に…と思っていながらつい忘れ…  時は過ぎました coldsweats01

この年末娘一家がやってくる時、婿殿とみんなで呑もうと一念発起sign03

Img_0005

正確にはシャンパンではありません、フランス製スパークリング。

名も『La Fleur Bleue(ラ・フルール・ブルー)』

綺麗な青でしょっsign03

Img_0007ヨーロッパでは幸せの色とされる青。

花嫁も幸運を願って、

something blue を身につけるとか…

「辛口」と書いてありましたが、

私にはフルーティーというか甘め。

でも綺麗な色に気分は上々。

女子会ではうけそうな色とお味です。

ノンベイ女と男の集まりでは今一?

やはり鍋には合わないのかな?

ともあれ、足りない分はビールで補って、世は更けました。

2014年12月29日 (月)

クリスマスケーキ

二年前の秋、知り合いが「すっごく美味しいフルーツケーキ焼く方がいるの」と話してくれました。

どっぷりとアルコールに漬け込んだ果物やナッツをどっさり盛り込んだ英国式フルーツケーキheart04

12月1日頃から毎日一切れづつ頂いてクリスマスに食べ終える…そんなクリスマスケーキです。

でもその年はもうフルーツ漬け込みが終了しており、横入りもできず、手にも口にもすることできず weep

「来年はお願いね」と言っていたのですが、忘れられ(私も念押すのを忘れてました)、手に入らず…crying

でも一切れ分けて頂きました。  そしてどうしても絶対今度こそは欲しいと、痛切に思いました。

とうとう今年念願かなって一本GET。

というか、この10月に工房を開かれたそうで、インターネットや電話で注文できるようになりました scissors

それが下の写真左です。

ごらんのようにどっちゃこと入ってます(無添加無着色の10種のドライフルーツ&ナッツそしてレモン)

持って帰ってさっさと切って食べちゃったので、元の姿を写真に収め忘れました (^^ゞ

昨年に頂いた時に感動した洋酒の効き具合が今年もばっちり、とっても美味しい。  

7~8mmぐらいに切って…とありますがそれよりもやや薄めの方がいい。  厚めにすると濃厚です。

Img_0002  Img_0004

でも洋酒どっぷりでは子供は頂けません。  で、クリスマスフルーツケーキを注文。

直径12cm缶入りで、アーモンドとナッツがトッピングされたお酒抜きのケーキで限定100個。

こちらは先程のケーキほどフルーツは入ってませんが、それでも充分な量です。

今まで頂いたこのタイプのケーキの中で、№1と№2のそろいぶみと相成りました。

期間限定のフルーツケーキもあります。

12月~1月は柿、年明けたらこのケーキを注文しようと思ってます。

「またまたいいものみつけちゃったnotes」と、友に自慢しております。

2014年12月27日 (土)

写真展

12月21日、たった一日だけの写真展を見に、『入江泰吉記念奈良市写真美術館』に出かけました。

何度か訪れている新薬師寺のすぐそばにありますが、この美術館に行くのは初めて。

お天気もいいので、バスで<破石町(わりいしちょう)>までいき、そこからぷらぷら歩いていくことに。

その前に腹ごなし。 確かバス停前にうどん屋さんあったかな、そこで…と心づもりして出かけました。

が、なんとお休み。  他にこの辺りで知ってるのはカフェ一軒。  

「でも何かありそう。 この辺り、最近観光客が増えてるらしいから…」と、友と強気に出ました。

少し行ったところで、うどん屋さんらしきもの発見、思い切って飛び込む事にしました。

Dsc_0640『たつや』さん。

店前のメニュー看板にある【高畑うどん】が面白そう。

この辺りは高畑。 近くには志賀直哉旧居もあります。

どんなのが出てくるのかしら?

「覗いて見ようか…」

戸を開けると、感じのいい応対と素敵な設え。

高畑うどんにおばんざい3種&デザート付の【冬のたつや膳】1500円也をお願いしました。

中央の小鉢は林檎と大根の塩麹和え、その右はローストポーク。  左は忘れました<m(__)m>

これで前菜3種かと思いきや、次がやってきました。

Dsc_0635 Dsc_0637 

右写真左は牡蠣の味噌トマトグラタン、右はブロッコリーと厚揚げの豆乳餡かけ

そして高畑うどん。 春菊・葱・椎茸・人参・大根・えのきに大和ポークが入ってます。

錫の鍋を焼き物の深皿に入れて出して下さるので、なかなか冷めませんし、触ってもやけどしません。

Dsc_0638 Dsc_0639

デザートのおしるこは甘すぎずさらっとしていて、ぺろりと平らげてしまいました。

友と異口同音、「ここいい、使える‼」  有難い新情報ゲットです。

私達の後から次々とお客さんが入ってこられます、常連さんみたいな方もいらっしゃいました。

私たちはテーブル席でしたが、入口挟んで反対側は畳のお席のようです。

体の芯からあったまって、お酒頂いていないのにほこほこしてます。

「幸先いい❢」と喜びながら、新薬師寺の方に向かいます。

この辺りには素敵な風情が残っていて、歩くのも楽しい。

住居を上手に使ってカフェやアトリエにしてるお家をちょこちょこ見かけました。

露地みたいな道を選んで歩いていくと、アヒルちゃんの行列に遭遇 lovely

Dsc_0641 Dsc_0644

そして新薬師寺前の田んぼにはアベックかかしさん、でもなんだか距離がある…coldsweats01

今日の写真展は、友の知り合いのお嬢さんが開かれたのです。

ご両親はアメリカ人ですが、日本で生まれ、日本で育った、御覧のようにまだ若い女の子。

Dsc_0642

この写真の中の写真、お分かりになる方もいらっしゃるのでは…?

ミスチルの新しく発売されたシングル“足音~Be Strong” のジャケットです。

彼女(Reylia Slaby)が撮った写真、ビニール傘向こうは桜井和寿さんなんです。

この写真も素敵ですが、もっと好きな写真がたくさんあります。

こんな可愛らしい女の子が撮ったとは思えない妖しいミステリアスでちょっと怖い写真の数々。

彼女がどう思って撮ってるのかは分かりませんが、いろんな声が聞こえてきます。

たいてい顔の見えない、顔がはっきり分からない女性がモデル。

着物も使ってらしゃるんです。  時代や場所が特定できないそんな空気をはらんでます。

でも撮影裏話をお聞きすると、なかなか愉快で面白いんですよ。   意外に以外で…  

それにしても何度見ても何故かこの桜井さんからだけは何も聞こえてこない、訴えてこない…

このビニール傘が彼のシェルター?バリアー?貝殻?コート?

有名人だもんね、いつでもどこでも人目に晒されてるもんね、隠れたいよね、たまには一線引きたいよね。

なんて一人勝手に想像膨らませながら、眺めておりました。

次から次へとやってくるお友達やお知り合いで、狭い展示会場は熱気でムンムンです。

友は英語で、私は日本語でお話しを楽しむこともできました。

早々に失礼して、火照った心と顔を冷やすべく?カフェへheart04

ここへ来る途中、4件ほど行った事ない行ってみたくなるカフェを見つけました。

Dsc_0645今回はそのうちの一軒『ろくさろん』へ。

昔の蔵の様ですが…

友をモデルに記念撮影 camera

   Dsc_0657

店内には他のお客様もいらしたので写真は撮り辛い。

それでも撮りたくなる御紹介したくなるお店です。

上の写真は入ってきた入り口です。

右手には素敵なアクセサリーが置かれてました。

ちょっと気になる雰囲気の物ばかりなんですよ。

Dsc_0649そして正面の壁には、カシニョール、多分本物 sign03

グランドピアノの横にはマイクやBOSEのスピーカー。

ミニコンサートでもなさるのかしら?

壁に嵌め込まれたタイルはオーダーだそう。

お手洗いのタイルも同じ方の手焼き。

白地に青でいろんな動物がポップな感じに描かれてました。

素晴らしく楽しくなる絵柄。

  Dsc_0650

窓の外は、手入れの行きとどいた日本風のお庭。  ガラスの反射でぼんやりしてしまいました<m(__)m>

二人ともケーキセットに挑戦 bleah    ブルーベリータルトとコーヒー。

カップが素敵heart04  友のも素敵でしたが、見渡せば他のお客さんもみんな違ったカップでのんでます。

Dsc_0654 Dsc_0656

コーヒーが美味しいかった事と、どんなカップがあるのか気になるので、おかわりしました。

今度は友には黒いカップ、私には赤いカップ。  右手のゴールドのデミタスカップには砂糖。

「このidea頂き❢」と思いましたが、我家にデミタスカップはありません coldsweats01

オーナーさんは私達より若干先輩風の個性的なお洒落な女性。

さもありなんといったオーラが出てます。

優雅な気持ちで美味しいコーヒー飲んで、楽しい一日を締めくくる事ができました。

リリアのこれからの活躍を祈りながら、夕食考えながら帰途につきました。

2014年12月22日 (月)

琵琶湖へ(12月14日)

朝食はビュッフェ形式で、10時まで。    ゆっくり 9時ごろに行きました。

日がいいのか、結婚式が何組か執り行われるようです。

娘の舞台は3時開演、二時過ぎに出れば充分間に合います。

ゆっくりするつもりでしたが、主人が眼鏡を壊し急遽メガネ屋さん探し・メガネ修理の用ができましたcoldsweats02

「お父さんて、なんかしでかすよね❢」と娘に呆れられ、思わず納得の私は笑うっきゃない coldsweats01

Img_0001ところで、今回のバレエ公演は≪白鳥の湖≫

昨日は白鳥さんに会えたし、何となく幸先良し。

何時も舞台でお世話になる事務方さんに、お部屋見舞いをお渡しします。

今回はとってもいいお菓子見つけちゃったんですよ。

情報元は婦人雑誌です。

松本市にある『開運堂』の<白鳥の湖>というクッキー。

あまりのドンピシャに感動、この日が来るのが嬉しくって楽しくって…

昔スペインの修道院で作られてた「ポルポローネス」

幸せなお菓子だと聞きました。

固いサクサククッキーでもソフトクッキーでもない独特の食感。

柔らかめの落雁に近いかも?  和三盆の様な口溶けはありません。

皆さん喜んで下さるかしら?面白がって下さるかしら?とワクワクしながらお持ちしました。

包装の紙も箱もクッキーも白鳥さんです。

(後日娘から、バレエ団の先生がとっても喜んでらしたと聞き、とっても嬉しくなりました)

三時間ほどの舞台を楽しんだあと、娘の大荷物を楽屋口で受取るために待機。

娘は打ち上げ兼反省会 → 二次会です。   アッシーから荷物持ちに変わった私達はホテルへ。

Dsc_0620今夜はいつもの中華『湖園』にいきます。

お料理はアラカルトで❢

まずはビールで乾杯。

素敵な舞台を酒の肴に、気分のいい夜です。

綺麗な設えに落ち着いた雰囲気。

でもなかなか注文聞きにいらっしゃいません coldsweats02

「ソフトがねぇ~」を思い出し、またまた酒の肴に… 

前菜の盛り合わせにアスパラの炒め物、餃子 

Dsc_0621 Dsc_0622

チンジャオロース―に春巻き。   娘は青島ビール、私は白ワインに。

Dsc_0623 Dsc_0624_1

パカパカお酒がすすみます、とにかく愉しい夜です。  海鮮野菜炒めに蟹あんかけ料理。

Dsc_0625_2 Dsc_0626_2

この後確かゴマ団子を頂いたのですが、写真がありません、もう酔っぱらっていたのかな?

そんなこんなで、異口同音三人揃ってバー『ザ・オーク』へ。Dsc_0627

何度も利用してるホテルですが、バーに行くのは初めて。

静かな人気を感じない廊下を行きます。

廊下の暖房は抑えられてるのか冷えてきます。

辿り着いた先は落ち着いた大人のバー。

よかった、カラオケなんてしてたら興ざめです。

明日もチェックアウト12時までぎりぎり滞在できる身なので、

久々にゆったりと夜を過ごせます。

これでまた一つ今年のイベントが終わりました。

そして年の瀬が着実に近づいてきてます。

これは、思い出したくない現実です coldsweats01

忘れるためにも、もう少しお酒を頂きましょうか(笑)

2014年12月20日 (土)

琵琶湖へ(12月13日)

毎年年末、今年は14日にびわ湖ホールの舞台に娘がたちます。

前日13日のリハーサルのため、大きな荷物ともどもママアッシーが出動します。 今回は主人同伴。  

娘はホールのすぐそばに宿をとったので、着いたら後は別行動です。

私達も、明日また舞台見にここまで来るのが面倒なので、大津に宿をとりました。

ホールには10時半頃に到着、娘を降ろしてしまえばあとは暇。

で、以前ブログ友の記事で知った『湖北野鳥センター』に行く事にしました。

ここから湖沿いのさざなみ街道を90km北上の予定。

でも「おうどん食べたい」という主人の御意向を尊重し、暫し国道一号線を行きます(滅茶苦茶遠回り pout

少し前に長浜も積雪したと聞いていましたが、その気配感じないままセンターに 2時前に到着。

湖の方に行くつもりでしたが、とてつもなく冷たい強い風に断念、センターに駆け込みました。

中にはたくさんの望遠鏡や双眼鏡がセットされ、覗けば鳥を観察できるようにされてます。

部屋に入るや否や、「オオワシが見られるよ」と声をかけられ、大慌てで望遠鏡覗きました。

木の上でお食事中です… スタッフさん曰く、「今日はカラスが来てないからゆっくりだ」

餌はオオバン君、渡り鳥なのに逃げる時に飛ばないで水面を走るそう。  それでは捕まっちゃうよね。

湖側ではヒシクイがたぁ~くさん、先ほどのオオバンや緑頭のマガモも一緒に泳いでます。

ヒシクイがヒシの実を口の中でもごもごさせながらトゲトゲをとって食べてるのが見えました。

少し離れた消波ブロックの上には、カワウが立ってます。

スタッフさんの説明や野鳥大好きものしり博士さんの蘊蓄に耳を傾けて…

でも残念なことに、一番の目的の白鳥さん達はお食事先から戻る気配もなし。  

夕景ベストスポットとは言うものの、暗くなるまでに大津に戻りたい運転手パンジーは泣く泣く車へ。

湖岸を南へ。  まだ夕焼けには早いのですが、いい感じの景色に思わず車を停めました。

Dsc_0603

途中カップルの白鳥を見つけましたが、スマホではこれが限界 crying

Dsc_0605 Dsc_0606

反対側には白く光る山が見えます。 伊吹山でしょうか。 奈良県民にはこの時期珍しい雪山です。

そのうち真っ赤な綺麗な夕日をまっ正面にうけながら走ったのですが、停めるタイミングを外して…coldsweats02

もうちょっと先で…もうちょっと車がなくなったら…なんて言ってるうちに日は沈んでしまいました weep

Dsc_0618宿泊先『ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ』には6時ごろ到着。

ここはシティーホテルとリゾートホテルの中間的な雰囲気を持ってます。

若干中途半端な感じで、どのあたりの客層を狙ってるのか読めません。

「ハードはいいけどソフトがね…」とおっしゃった方がいらしたのですが、

これがドンピシャに当てはまるのです。

勿論ビジネスホテルだと思えば、丁寧な対応十分なおもてなし。

でもちょっと高級感漂わせるつもりなら、「それはないんじゃぁないの」

しかしながら、とっても安い料金を思うと、「まぁそんなもんか」

人を削減すれば、手が回らないのは致し方ありませんから❢

割り切ると居心地はそんなに悪くはないのです。

それにお料理はいいのです。

と言っても朝食と中華しか知らないのですが…

入ると正面にガラス?のクリスマス飾り。  フルートの生演奏。  いい雰囲気です。 

でも結婚式用にバージンロードが設えており、飾の傍までは行けません。

チェックイン済ませ部屋で一服したら、今夜は外へ食事に出ます。

行先は、このホテルに12年いらしたという方が開いた和食お店 『和彩 温』。

もうだいぶ前になるのですが、ブログ友が教えて下さったお店なんです、とってもお気に入り。

でもお昼は頂いた事あるのですが、夕食は初めてです。

このホテルをとったのも、温さんにタクシーで行けるから❢    beer でも bottle でも wine でも今日はok

カウンターのお席をお願いしておきました。  いちいち面倒なので、コース料理でsign03

まずはビール。  前菜は、ふぐの煮こごり・イカの塩辛・白子入り真蒸。  

Dsc_0608 Dsc_0609

お造りは、まぐろ(細い大根のおろしが挟んであります)・縞鯵・蛸・〆鯖

蟹の夫婦和え(子も入ってるので親子では…なぁ~んてね coldsweats01   大将とのお話も楽しいnotes) 

Dsc_0610 Dsc_0611

焼き物は、縞鯵のカマ。 これかなり大きなシマアジですね。  軽~く味噌漬け?みその香りがしました。

ふぐの唐揚が出てきました、季節ですねぇ~heart04  ちょっと甘辛いたれが絡めてあります。

Dsc_0612 Dsc_0613

そして雲子の豆乳仕立て。  私の苦手な豆乳臭さがまったく感じられません。

鰤ご飯に湯葉のお味噌汁、香の物。  お味噌汁にはゴマ油の隠し味、とっても香ばしいんです。

Dsc_0615 Dsc_0616

デザートは、洋ナシの豆乳クリーム?かけ。  サワークリーム?ヨーグルト?的な酸味がすがすがしい。

Dsc_0614_3途中、お猪口に変わってるのにお気づきでしょうか?

更にそのお猪口も変わってます happy01

大好きな<黒龍>を頂いて、その次は<三方よろし>

で、私が酔鯨(大好きなんです)にしようというと、主人が反対し…

悩んでいたら、「大将がメニューにはないんですけど…」とsign03

それが左写真のお酒<玉川 Ice Breaker >

確か丹後のお酒と聞いたような…  もう酔ってましたので <m(__)m>

メニューにないと聞くと、異口同音「呑みたい」

久々に意見の一致をみた気分です。

どのお酒も美味しかった heart04

勿論、お料理の方は言うまでありません。

近いようで遠い滋賀草津です。

年に一度大津に用がある時宿をとってでも来たいお店なんです。

また来年も…  でももし他にもこちら方面に来る事あらば、お昼を頂きに立ち寄りたい。

ただいつも運転手の私としては、やはりここは宿泊してのんびりお酒と共に楽しむ方が魅力です。

今回私はワインを頂きませんでしたが、主人は秘かに赤を呑んでました、私は見てましたよ、知ってますsign01

そして何か一品頼んでいたでしょっ、気が付いてますよぅ~sign03

ここを教えて下さったブログ友が、こちらの大将お薦めの牡丹鍋屋さんの名前を忘れたと…

私の方が先に来たみたいだからお尋ねするつもりでおりましたのに、すっかり忘却の彼方 coldsweats02

情けない事ですsweat01

まぁともあれ、楽しい気持ちの良い夜を過ごしました。

明日の舞台は 3時開演。   見るだけの私達はゆっくりのんびりできます happy01

読みかけの本を読んだら寝るとしましょう sleepy

2014年12月17日 (水)

新しいカフェ発見❢

先日、お昼を外で済ませようとウロウロしていたら新しいレストランを見つけました。

カジュアルで明るい雰囲気が、外からでも感じられます。

でも今日は「お寿司」の気分、初心貫徹で先に進みます。

でもちょっと気になる…  お寿司後のコーヒーに立ち寄ってみました。

入り口横の小窓から中を覗くと、お客さんはいないようです。

Dsc_0575 Dsc_0576

最近近場でカフェを見つけると気になるのが、車椅子で行けるかどうか…なんです。

ここは大丈夫、小さな段差ですが右の写真の様にスロープつけてくれてます。

そして中も広々として、車椅子移動も楽そう。

これなら母を連れてこれそうです。  明るくってお洒落な雰囲気も気に入ってもらえそうです。

Dsc_0574_2 Dsc_0573

そのためのお味見…というわけではありませんが、「別腹ぁ~」と lovely

ドライフルーツとナッツのケーキです。  

可愛いデージーのお皿も、母が喜びそうです。

母は、施設内では補助して頂きながらですが、歩行器で移動できます。

でも外出時は車椅子。  街は、思った以上に段差や凸凹があって、足元不安定な母にはとても危険。

そして小さな小さな段差の為に車椅子では入れないところの多い事❢

勿論、皆様手助けして下さるのですが、やはり心苦しく、二回が一回に減ってしまいます。

中に入れても座席間が狭くって、進みにくいことも多く…

みんなに優しくって、素敵で、美味しい、そんな三拍子そろった所って、ホントに少ないんです。

しかも我家の普通乗用車では乗り降りできないので、「施設から歩ける範囲」というのも条件のひとつ。

ここなら大丈夫そう。  一つちっぽけな親孝行ができそうで、ちょっとHappyになりましたheart04

2014年12月15日 (月)

吉例顔見世興行

毎年恒例の吉例顔見世興行に行って参りました。

Dsc_0578少々雲の多い日でしたが、雨の心配な全くなく、notes notes で着物着て…

只今 9時48分、でも開場は10時。

いつものようにお向かいから『招き看板』をカメラに納めます。

入場待ちの人だかりで、狭い歩道はごったがえってます。

バス停もあり、乗り降りなさる方達はひと苦労。

待ち合わせの方、ツアーでおいでの方、何事かと立ち止まる観光客…

私たちは既にお昼をよそで買ってきてるので、急いで入る必要なし。

かといってコーヒー飲みに行くほどの時間はなし。

フット思いつき、近くのコンビニへ…

最近は便利になりました。

幕間にもここまでくれば簡単に待たずにコーヒーが頂けそうです。

いい事思い着いちゃった lovely

今回は『藤十郎の恋』『新口村』『魚屋宗五郎』『仮名手本忠臣蔵 七段目祇園一力茶屋の場』です。

Dsc_0585_2

招きの下には8枚の絵、演目(昼の部4話、夜の部4話)の一場面が描かれてます。

Dsc_0587今回、平成3年の新装開場以来はじめて檜舞台を総張替。

そのため、「新檜舞台開き」と銘打っての公演です。

そしてプログラムを買うともれなく、

この南座の歴史を刻んできた檜舞台で作られた栞が頂けます。

嬉しがって、座席にて記念撮影sign03

フムフム、この板の上を役者さんが踏み歩いてた…

そして、私は南座で初めて松本幸四郎さんにお会いできます。

仁左衛門さんの復帰も楽しみ。

でも何より気になるのが、七之助さんのお軽。

体調崩されたり、声音に力がなくなってきた重鎮になり変って、

若手が着実に伸びてきてると感じる今日この頃。

まだ粗かったり、力みが感じられたりですが、

一生懸命さが伝わってきます。

はてさて今日はどうでしょうか?

おやっ? 前の前のお席に舞妓ちゃんが…  素敵な髪飾りです。

Dsc_0593

慌てて撮ったのでちょっとピンぼけ <m(__)m>  いつものことながら申しわけりあません。

 

楽しい一日を終え、外に出ると冷たい風。  それでも興奮で顔は火照ってます。

一つ一つ12月に予定してるイベントが終わっていきます。

時々ふっと思い出す大掃除、「夏にしておけばよかった」と、学習能力ないまま、歳月流るる如し coldsweats01

笑ってる場合ではありませんよね(笑)

 

2014年12月10日 (水)

またまた甘いランチ❢

今日は心斎橋に。   行きつけの美容院が心斎橋、そして4カ月ぶりの訪問です。

髪の生え際が白くなってるのは知ってましたが、自分ではあまり分からない、上手に隠してるつもりでしたが、

久しぶりに帰って来た末娘の「おばぁさんだぁ~」にショック❢   

fuji状態(ありがたい御来光は無し…笑)らしい。   プリン頭に言われたくないですが…(笑)

12時半の予約前にお昼を済ませに大丸中二階『サロン・ド・テ・ヴォーリズ』へ。 

ここのフレンチトーストheart04 なんです。 最近めっきり心斎橋筋を歩かなくなった私には懐かしくすら思えます。

Dsc_0570ところが、メニューから消えてます。

すっごくショック weep

で、クリスマスココアワッフルに❢

季節限定のジンジャーミルクティーと。

でもショックから立ち直れるお味でした。

チョコレートソースが甘くなくっていい。

苦みを残した大人の味sign03

生クリームは紅茶に入れてロイヤルに❢

甘いお昼だなんて「ゲェ~up」という方にはお分かり頂けない至福のときでした。

街中クリスマスの気分もり盛で、思わずクリスマスソング口ずさみながらスキップしてしまいそう coldsweats01

世の中のイベントに参加してるみたいで、ちょっと心が弾みました。

それでもすっきり頭で帰宅する私の考えることと言ったら、夕食のこと。

死ぬまで解放される事ない主婦業を、ちょっと恨めしく思いつつ電車に揺られました。

2014年12月 7日 (日)

猪鍋パーティー

12月4日、朝から冷たい雨の降る日でした。

大和郡山の友のお家で猪鍋パーティーが開かれました。

奥明日香とも呼ばれる栢森(かやのもり)で、里山プロジェクトを繰り広げてる方と知り合いになった友。

今日は、その方が山で捕まえたイノシシが主役。   これがほんとのジビエ heart04

多少臭かろうが固かろうが、この機を逃しては…・・・と、即参加表明 scissors

いつもの友との参加ですが、今日は食べ負けたらいけないので洋服で参戦することに… coldsweats01

Dsc_0564朝から出かけていた私は、途中の駅中の成城石井で、差し入れ探索。

で、面白そうなベルギーホワイトビールを見つけました。

まるでシャンパンみたいなボトル lovely

面白がってもらえるかしら?

いつもの友と、郡山の駅前の喫茶店で合流。

ちょっと早かった私は、包みを開けて、ビールの撮影。

周りの人からは好奇の目?

おばさんが何してようと関係ないかな?

あぁでもないこうでもないといじくりまわし、お店のクリスマスツリーと…

再び綺麗に包み直して…

あとはお味見だけです❢

今日は呑むのでここからバス20分そして徒歩7~8分。

雨が止むといいのですが…  日が暮れかかって、更に冷えてきてる気がします。

Dsc_0566里山プロジェクトチーム?のシェフが準備を整えて下さってました。

そしていつもの仲間が茄子の煮びたしを持ってきてくれてます(写真手前)。

この煮びたし滅茶苦茶美味しいんです。

フォルテピアノコンサート前日のパーティーの時にも頂いてます。

その前は…???  とにかく大ファンsign01

       Dsc_0565

まずはお茶を頂きました。

お菓子はこの近く矢田山の栗で作った栗金団風お菓子。

矢田寺前で口コミだけのお店をしてる友の作品。  彼女の作るものに間違いはありません❢

栗皮の渋みをほんの少し残した大人の栗金団でした。  又彼女のお菓子買いに行きたくなります。

Dsc_0567 Dsc_0568

Dsc_0569蕪の和えもの、玉こんにゃくの煮物、人参サラダ。

そして、圧巻の猪肉に、自家製お野菜。

春菊・白菜・葱・大根・ごぼう…  

お野菜以外は糸コン・豆腐・えのき茸

お味噌も手作り。

出汁も美味しく、分からない程度のニンニクとショウガ。

芯から温まります。  お肉は煮るほど柔らかくなるのが不思議。  全く臭みがありません。

捕えてしめた後、すぐの滝の水で洗うそうです。  水もいいのでしょうね。

自然の恵みを頂戴いたしました。

我が友の差し入れのイチゴをデザートに、そして自慢のコーヒーが今日のパーティーの仕上げです。

今までで一番美味しいボタンでした。   これでこの冬も乗り切れそう notes notes notes

2014年12月 5日 (金)

我家もクリスマス?

先日お知り合いの御家で、折り紙で作られた鹿さんを見つけました。

いろんな色の、いろんな柄、いろんな大きさの鹿さん達。

「あげるよ❢」といわれ、赤と白を選択。

Img_0008_2見た時思いついちゃったんですsign03

「トナカイだぁ~」って…

そして後日雑貨屋さんで見つけたログハウス?

ちょっと飾ってみました。

トナカイに見えません?

独り面白がりのクリスマス準備です。

家族は気付いてくれるでしょうかsign02

てっぺんに小さなお星様shineが欲しいなぁ~heart04

不器用な私ですので、、無駄な抵抗はせずに、

お店で探す事にします… coldsweats01

なんだか birthday wine 欲しくなります。

 

子供が成長すると、こういったイベントもわたし一人の物になりました。

昔は面倒だと思っていたのに、今はちょっぴり淋しく感じられます。

xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell

2014年12月 2日 (火)

往く秋❢

師走初日は、それ程冷え込みはありませんでしたが、雨模様。

何時もならテニスに出かける日でしたが、流石に中止。

ならば…と気になっていた用事を済ませに車を走らせました。

銀杏並木も雨に打たれ、見事な散り具合sign03

Dsc_0555

毎朝掃き清めてらっしゃる御姿に感動しておりましたが、ここまでくると…

雨上がりはさぞや…とその御苦労に胸が痛みます。

とはいえ、美しい黄色絨毯。  ズボラして車の中から撮りました、ちゃんと車は停めてますよsign01

Dsc_0556

ほんに、御見事❢

2日から冷え込むそうです。

奈良でも秋は終わりを告げ、冬に入ります。

またまたぬくぬく温泉が恋しくなってきました、熱燗も❢




2014年12月 1日 (月)

甘いもの大好き❤

この一週間、何やかやと都会に行く用がありました。

やはり都会には美味しい物が溢れてます、誘惑に弱い私はすぐに甘いものに飛びつきます。

京都の錦に行った時は『サロン・テオ・グルニエ・ドール』で、<柚子のガレット>とローズティー。

ここのケーキに裏切られた事ありません。 季節感もあって大好きです。

Dsc_0526 Dsc_0527

以前はとっても小さな狭いお店にギュ~ッと押し込めたようなティーサロンでした。

そちらをテイクアウト専門にして、喫茶部はそのお向かいの建物の狭ぁ~い狭ぁ~い階段の上。

多少広くなったとは言うものの、何となくせせこましい感じは否めない。

ところが運よく?お隣の京町屋が手に入ったとかで、喫茶部が再び移動、このお二階はお菓子教室専用に。

話には聞いておりましたが、この京町屋喫茶に来るのは初めてです。

何時も長~い列ができていて、行くのがためらわれていたのですが、流石に大きくなったせいか列はなし。

中を覗いても御待ちの方はいらっしゃらない (^^)v

奥の奥のお席…中庭を横に見ながら、奥へ奥へ…  空いてる席はあと4人がけ一つのみとなりました。

やや遅いお昼、おやつにはまだ早い、そんな時刻です。

でもお店を出る時には、待ちあいは一杯、次から次へとやってくる人たちが、紙に名前を書いていきます。

わたしって、超 Lucky かも… scissors          何だか勝った…て気分ですcoldsweats01

そして今度は大阪リッツカールトンに出かけた時。    ここにはほぼ月一で来ます。

Dsc_0536今日は、マロンタルト。

そしてコーヒー。

ホテルはコーヒーおかわり自由だから助かります notes

やはりここのケーキも裏切りません。

何時、何を頂いても美味しい。

幸せをかみしめて…heart04

そしてまた高島屋に行った時、ホントはお昼なんですが…

Dsc_0550いつもの『ダマン リュミエール』

フレンチトーストにアップルシナモンティー

ちゃんと食べないと…と思う時はワンプレートランチ。

でも体にはいいのは解るのですが、

なんだか「美味しぃ~」と思える物が少ない…

甘い物が気になるから…かな?

で、このフレンチトーストになっちゃうんです。 パンケーキもあるのですが、こっちの方が美味しい・好きlovely

男性陣にはお分かり頂けない…  女性にもかな?   これが今日のわたしの昼食❢

おやつはやめときますね、やめとかなきゃね、やめといた方がいいよね、でも少しぐらいなら… 

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »