« 琵琶湖へ(12月14日) | トップページ | クリスマスケーキ »

2014年12月27日 (土)

写真展

12月21日、たった一日だけの写真展を見に、『入江泰吉記念奈良市写真美術館』に出かけました。

何度か訪れている新薬師寺のすぐそばにありますが、この美術館に行くのは初めて。

お天気もいいので、バスで<破石町(わりいしちょう)>までいき、そこからぷらぷら歩いていくことに。

その前に腹ごなし。 確かバス停前にうどん屋さんあったかな、そこで…と心づもりして出かけました。

が、なんとお休み。  他にこの辺りで知ってるのはカフェ一軒。  

「でも何かありそう。 この辺り、最近観光客が増えてるらしいから…」と、友と強気に出ました。

少し行ったところで、うどん屋さんらしきもの発見、思い切って飛び込む事にしました。

Dsc_0640『たつや』さん。

店前のメニュー看板にある【高畑うどん】が面白そう。

この辺りは高畑。 近くには志賀直哉旧居もあります。

どんなのが出てくるのかしら?

「覗いて見ようか…」

戸を開けると、感じのいい応対と素敵な設え。

高畑うどんにおばんざい3種&デザート付の【冬のたつや膳】1500円也をお願いしました。

中央の小鉢は林檎と大根の塩麹和え、その右はローストポーク。  左は忘れました<m(__)m>

これで前菜3種かと思いきや、次がやってきました。

Dsc_0635 Dsc_0637 

右写真左は牡蠣の味噌トマトグラタン、右はブロッコリーと厚揚げの豆乳餡かけ

そして高畑うどん。 春菊・葱・椎茸・人参・大根・えのきに大和ポークが入ってます。

錫の鍋を焼き物の深皿に入れて出して下さるので、なかなか冷めませんし、触ってもやけどしません。

Dsc_0638 Dsc_0639

デザートのおしるこは甘すぎずさらっとしていて、ぺろりと平らげてしまいました。

友と異口同音、「ここいい、使える‼」  有難い新情報ゲットです。

私達の後から次々とお客さんが入ってこられます、常連さんみたいな方もいらっしゃいました。

私たちはテーブル席でしたが、入口挟んで反対側は畳のお席のようです。

体の芯からあったまって、お酒頂いていないのにほこほこしてます。

「幸先いい❢」と喜びながら、新薬師寺の方に向かいます。

この辺りには素敵な風情が残っていて、歩くのも楽しい。

住居を上手に使ってカフェやアトリエにしてるお家をちょこちょこ見かけました。

露地みたいな道を選んで歩いていくと、アヒルちゃんの行列に遭遇 lovely

Dsc_0641 Dsc_0644

そして新薬師寺前の田んぼにはアベックかかしさん、でもなんだか距離がある…coldsweats01

今日の写真展は、友の知り合いのお嬢さんが開かれたのです。

ご両親はアメリカ人ですが、日本で生まれ、日本で育った、御覧のようにまだ若い女の子。

Dsc_0642

この写真の中の写真、お分かりになる方もいらっしゃるのでは…?

ミスチルの新しく発売されたシングル“足音~Be Strong” のジャケットです。

彼女(Reylia Slaby)が撮った写真、ビニール傘向こうは桜井和寿さんなんです。

この写真も素敵ですが、もっと好きな写真がたくさんあります。

こんな可愛らしい女の子が撮ったとは思えない妖しいミステリアスでちょっと怖い写真の数々。

彼女がどう思って撮ってるのかは分かりませんが、いろんな声が聞こえてきます。

たいてい顔の見えない、顔がはっきり分からない女性がモデル。

着物も使ってらしゃるんです。  時代や場所が特定できないそんな空気をはらんでます。

でも撮影裏話をお聞きすると、なかなか愉快で面白いんですよ。   意外に以外で…  

それにしても何度見ても何故かこの桜井さんからだけは何も聞こえてこない、訴えてこない…

このビニール傘が彼のシェルター?バリアー?貝殻?コート?

有名人だもんね、いつでもどこでも人目に晒されてるもんね、隠れたいよね、たまには一線引きたいよね。

なんて一人勝手に想像膨らませながら、眺めておりました。

次から次へとやってくるお友達やお知り合いで、狭い展示会場は熱気でムンムンです。

友は英語で、私は日本語でお話しを楽しむこともできました。

早々に失礼して、火照った心と顔を冷やすべく?カフェへheart04

ここへ来る途中、4件ほど行った事ない行ってみたくなるカフェを見つけました。

Dsc_0645今回はそのうちの一軒『ろくさろん』へ。

昔の蔵の様ですが…

友をモデルに記念撮影 camera

   Dsc_0657

店内には他のお客様もいらしたので写真は撮り辛い。

それでも撮りたくなる御紹介したくなるお店です。

上の写真は入ってきた入り口です。

右手には素敵なアクセサリーが置かれてました。

ちょっと気になる雰囲気の物ばかりなんですよ。

Dsc_0649そして正面の壁には、カシニョール、多分本物 sign03

グランドピアノの横にはマイクやBOSEのスピーカー。

ミニコンサートでもなさるのかしら?

壁に嵌め込まれたタイルはオーダーだそう。

お手洗いのタイルも同じ方の手焼き。

白地に青でいろんな動物がポップな感じに描かれてました。

素晴らしく楽しくなる絵柄。

  Dsc_0650

窓の外は、手入れの行きとどいた日本風のお庭。  ガラスの反射でぼんやりしてしまいました<m(__)m>

二人ともケーキセットに挑戦 bleah    ブルーベリータルトとコーヒー。

カップが素敵heart04  友のも素敵でしたが、見渡せば他のお客さんもみんな違ったカップでのんでます。

Dsc_0654 Dsc_0656

コーヒーが美味しいかった事と、どんなカップがあるのか気になるので、おかわりしました。

今度は友には黒いカップ、私には赤いカップ。  右手のゴールドのデミタスカップには砂糖。

「このidea頂き❢」と思いましたが、我家にデミタスカップはありません coldsweats01

オーナーさんは私達より若干先輩風の個性的なお洒落な女性。

さもありなんといったオーラが出てます。

優雅な気持ちで美味しいコーヒー飲んで、楽しい一日を締めくくる事ができました。

リリアのこれからの活躍を祈りながら、夕食考えながら帰途につきました。

« 琵琶湖へ(12月14日) | トップページ | クリスマスケーキ »

おでかけ&美味しいもの」カテゴリの記事

コメント

 豪華なおうどんですね。
 1500円とは思えません。
 蕎麦好きですが、おうどんも好き。
 近くにほしいお店です。

 ミステリアスなあひるちゃんの行進ですね。
 雨が降ったら流れちゃう?
 アートな雰囲気が漂う一角に、
 すてきなカフェもあって、羨ましい限り。
 上田周辺、お茶するところが無くて・・・
 いつも悩みます。

 写真展、一日だけなんですか?
 もったいない。

ようさん、一日だけなんてホントにもったいない写真展でした。 
とっても素敵で活気のある展示会でした。 
ようさんの様に自然を満喫するより、お茶してグ~タラしてるのが好きな私は嗅覚が効く?
木の鳥や足元の花、梢の雫に目をやるよりも、お店の看板見て歩いてるのでしょうね。
何とも情緒のない事、反省しきりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 琵琶湖へ(12月14日) | トップページ | クリスマスケーキ »