2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 新しいカフェ発見❢ | トップページ | 琵琶湖へ(12月14日) »

2014年12月20日 (土)

琵琶湖へ(12月13日)

毎年年末、今年は14日にびわ湖ホールの舞台に娘がたちます。

前日13日のリハーサルのため、大きな荷物ともどもママアッシーが出動します。 今回は主人同伴。  

娘はホールのすぐそばに宿をとったので、着いたら後は別行動です。

私達も、明日また舞台見にここまで来るのが面倒なので、大津に宿をとりました。

ホールには10時半頃に到着、娘を降ろしてしまえばあとは暇。

で、以前ブログ友の記事で知った『湖北野鳥センター』に行く事にしました。

ここから湖沿いのさざなみ街道を90km北上の予定。

でも「おうどん食べたい」という主人の御意向を尊重し、暫し国道一号線を行きます(滅茶苦茶遠回り pout

少し前に長浜も積雪したと聞いていましたが、その気配感じないままセンターに 2時前に到着。

湖の方に行くつもりでしたが、とてつもなく冷たい強い風に断念、センターに駆け込みました。

中にはたくさんの望遠鏡や双眼鏡がセットされ、覗けば鳥を観察できるようにされてます。

部屋に入るや否や、「オオワシが見られるよ」と声をかけられ、大慌てで望遠鏡覗きました。

木の上でお食事中です… スタッフさん曰く、「今日はカラスが来てないからゆっくりだ」

餌はオオバン君、渡り鳥なのに逃げる時に飛ばないで水面を走るそう。  それでは捕まっちゃうよね。

湖側ではヒシクイがたぁ~くさん、先ほどのオオバンや緑頭のマガモも一緒に泳いでます。

ヒシクイがヒシの実を口の中でもごもごさせながらトゲトゲをとって食べてるのが見えました。

少し離れた消波ブロックの上には、カワウが立ってます。

スタッフさんの説明や野鳥大好きものしり博士さんの蘊蓄に耳を傾けて…

でも残念なことに、一番の目的の白鳥さん達はお食事先から戻る気配もなし。  

夕景ベストスポットとは言うものの、暗くなるまでに大津に戻りたい運転手パンジーは泣く泣く車へ。

湖岸を南へ。  まだ夕焼けには早いのですが、いい感じの景色に思わず車を停めました。

Dsc_0603

途中カップルの白鳥を見つけましたが、スマホではこれが限界 crying

Dsc_0605 Dsc_0606

反対側には白く光る山が見えます。 伊吹山でしょうか。 奈良県民にはこの時期珍しい雪山です。

そのうち真っ赤な綺麗な夕日をまっ正面にうけながら走ったのですが、停めるタイミングを外して…coldsweats02

もうちょっと先で…もうちょっと車がなくなったら…なんて言ってるうちに日は沈んでしまいました weep

Dsc_0618宿泊先『ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ』には6時ごろ到着。

ここはシティーホテルとリゾートホテルの中間的な雰囲気を持ってます。

若干中途半端な感じで、どのあたりの客層を狙ってるのか読めません。

「ハードはいいけどソフトがね…」とおっしゃった方がいらしたのですが、

これがドンピシャに当てはまるのです。

勿論ビジネスホテルだと思えば、丁寧な対応十分なおもてなし。

でもちょっと高級感漂わせるつもりなら、「それはないんじゃぁないの」

しかしながら、とっても安い料金を思うと、「まぁそんなもんか」

人を削減すれば、手が回らないのは致し方ありませんから❢

割り切ると居心地はそんなに悪くはないのです。

それにお料理はいいのです。

と言っても朝食と中華しか知らないのですが…

入ると正面にガラス?のクリスマス飾り。  フルートの生演奏。  いい雰囲気です。 

でも結婚式用にバージンロードが設えており、飾の傍までは行けません。

チェックイン済ませ部屋で一服したら、今夜は外へ食事に出ます。

行先は、このホテルに12年いらしたという方が開いた和食お店 『和彩 温』。

もうだいぶ前になるのですが、ブログ友が教えて下さったお店なんです、とってもお気に入り。

でもお昼は頂いた事あるのですが、夕食は初めてです。

このホテルをとったのも、温さんにタクシーで行けるから❢    beer でも bottle でも wine でも今日はok

カウンターのお席をお願いしておきました。  いちいち面倒なので、コース料理でsign03

まずはビール。  前菜は、ふぐの煮こごり・イカの塩辛・白子入り真蒸。  

Dsc_0608 Dsc_0609

お造りは、まぐろ(細い大根のおろしが挟んであります)・縞鯵・蛸・〆鯖

蟹の夫婦和え(子も入ってるので親子では…なぁ~んてね coldsweats01   大将とのお話も楽しいnotes) 

Dsc_0610 Dsc_0611

焼き物は、縞鯵のカマ。 これかなり大きなシマアジですね。  軽~く味噌漬け?みその香りがしました。

ふぐの唐揚が出てきました、季節ですねぇ~heart04  ちょっと甘辛いたれが絡めてあります。

Dsc_0612 Dsc_0613

そして雲子の豆乳仕立て。  私の苦手な豆乳臭さがまったく感じられません。

鰤ご飯に湯葉のお味噌汁、香の物。  お味噌汁にはゴマ油の隠し味、とっても香ばしいんです。

Dsc_0615 Dsc_0616

デザートは、洋ナシの豆乳クリーム?かけ。  サワークリーム?ヨーグルト?的な酸味がすがすがしい。

Dsc_0614_3途中、お猪口に変わってるのにお気づきでしょうか?

更にそのお猪口も変わってます happy01

大好きな<黒龍>を頂いて、その次は<三方よろし>

で、私が酔鯨(大好きなんです)にしようというと、主人が反対し…

悩んでいたら、「大将がメニューにはないんですけど…」とsign03

それが左写真のお酒<玉川 Ice Breaker >

確か丹後のお酒と聞いたような…  もう酔ってましたので <m(__)m>

メニューにないと聞くと、異口同音「呑みたい」

久々に意見の一致をみた気分です。

どのお酒も美味しかった heart04

勿論、お料理の方は言うまでありません。

近いようで遠い滋賀草津です。

年に一度大津に用がある時宿をとってでも来たいお店なんです。

また来年も…  でももし他にもこちら方面に来る事あらば、お昼を頂きに立ち寄りたい。

ただいつも運転手の私としては、やはりここは宿泊してのんびりお酒と共に楽しむ方が魅力です。

今回私はワインを頂きませんでしたが、主人は秘かに赤を呑んでました、私は見てましたよ、知ってますsign01

そして何か一品頼んでいたでしょっ、気が付いてますよぅ~sign03

ここを教えて下さったブログ友が、こちらの大将お薦めの牡丹鍋屋さんの名前を忘れたと…

私の方が先に来たみたいだからお尋ねするつもりでおりましたのに、すっかり忘却の彼方 coldsweats02

情けない事ですsweat01

まぁともあれ、楽しい気持ちの良い夜を過ごしました。

明日の舞台は 3時開演。   見るだけの私達はゆっくりのんびりできます happy01

読みかけの本を読んだら寝るとしましょう sleepy

« 新しいカフェ発見❢ | トップページ | 琵琶湖へ(12月14日) »

おでかけ&美味しいもの」カテゴリの記事

コメント

13日に湖北にいらっしゃったんですね。^^
その時、私は長野県の昼神温泉にいました、、、、、。
13日には伊吹山良く見えていたんですね。しかもしっかり冠雪。
そうなんですよ。白鳥。昼間は結構田んぼへ食事に出かけている事が多いようです。
オオワシ見られましたか^^v
今年の飛来は例年より遅く、オオワシも高齢で、もう渡ってこないのでは・・・・と
皆さん心配されていたようですね。でも、今年も無事渡ってこれて良かったです。
温さんで、しっかりお酒も飲まれたようですね。
お酒に合うお料理揃い 飲まない いえ 飲めないのは ちっと寂しい。
うん。? メニューにはないお酒! これは しっかりメモ、メモです。^^
う~~そうですか・・・牡丹鍋のお店・・・惜しい(笑)
今度行ったら しつかり聞いてメモして ご報告しまーす。^^

あらっ、ニャンさん、今度は昼神温泉ですか?
いいなぁ~❢  ブログアップお待ちしてますね。
ニャンさんのお陰をもちまして、オオワシに会うことできました。
たとえ望遠鏡の先とはいえ、生オオワシです、感激です。
白鳥さんはお出かけだろうなぁ~と覚悟はしていたとはいえ、おさぼり組にちょっぴり期待…
帰りに見つけられてとっても嬉しかったです。
和彩温さんでの夕食は、昨年主人の腰痛で念願叶わず、二年越しとなりました。
期待裏切ることなく、否、期待以上のお食事が楽しめました。
お酒ですっかりいい気分になり、ボタン鍋情報を聞くの忘れたのが悔しい。
あとはニャンさんにお任せいたします、よろしく (^_-)-☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいカフェ発見❢ | トップページ | 琵琶湖へ(12月14日) »