2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

初?内視鏡(1月30日)

昨年末以来、なんとなく喉に違和感を感じていました。

痛くも何ともないのですが、何かできてるような…。

小さなイボ?ポリープみたいな物が有るような…

でも気にならない時もあり、勝手に経過観察しておりました。

年明けから、遠い近いあれど親戚に不幸ごとが二件、友の入院…

何となく気分は晴れません。

そんな時にブログ友が意を決して検査に出かけられたという記事を拝読。

明くる日たまたま雨でテニスが中止になったので、私も意を決して hospital car dash

近くにある行きつけの(と思っていたのですがなんと20数年ぶりの訪問)耳鼻科に飛び込みました。

先生も見違えるほどプックリぽっこり、お年を召され…(笑)

おしゃべりしながらも右の鼻の中にいろんな物を注入…

そしてテレビを私に向けながら、「見るかな?」

「はい、面白そう❢」と、何が起こるのか分からないままに…

テレビで見たことある先っちょがライトの細い黒いコード状の物を、するするっと右鼻穴に差し込んで…

そうか、最近では簡単に内視鏡?できちゃうんだ、予約も手間もいらないんだ、と気付く前に映像がsign03

我が咽頭の写真は手に入りませんので、参考資料を提出❢ 

 

肉色の喉の中央の穴の中に白い弦の様な、ささみの筋の様な物を発見 eye

声帯だそうです。

私が見ても感心するほど綺麗な喉でした。   イボみたいなものも見当たらず、異常なしscissors

でも違和感はあります。

「食堂の検査はこれではできません。 胃カメラしてる?」「いいえ」

「気になるようなら内科で調べてもらってください」「はぁ~い」

毎秋検診でバリウム飲んでるし食道は大丈夫でしょう…と再び私的独断的経過観察の生活にカムバック。

知らない間に、小さなクリニックでもいろんな検査がいとも容易くできるようになってるんですね。

浦島太郎状態の自分を、「健康なんだぁ~」と、自画自賛しながら帰宅しました coldsweats01

2015年1月25日 (日)

箏初めコンサート(1月24日)

Img_0067_2友のセカンドハウスで開催される『箏初めコンサート』に行ってきました。

私は、琴も三味線も唄もいたしません、できません、全くの門外漢sign01

でもいつものように着物着て行ってきました。

それらしく見えるかしらん??? coldsweats01

Dsc_0686まずはお薄を頂戴します。

お菓子は『鈴』

お茶名は『松の緑』

新春にふさわしい感じ notes

久々のお薄が嬉しい lovely

最初は、宮城道雄さんの<春の海>

Dsc_0687

そして地唄を三弦だけで…

初めて知ったのですが、御琴をなさる方は三味線を三弦と言って、こちらもお勉強なさるそうです。

Dsc_0688

そして大好きな十七弦の独演。  演目は現代曲『スペイン風即興曲』

Dsc_0693

床の間の羽子板、お気づき頂けたでしょうか?   このサロン仲間の作品です。

Dsc_0694演奏後、楽器を触らせていただきました。

十七弦の弦がとても太いという事は知ってました。

でも実物を触ってビックリ、テニスのガットほどあります。

弦一本弾いて音を出すだけなら大丈夫、できます。

でもこの弦を抑えるのはとてつもなく力がいる…

格闘技の気分です coldsweats02

着物着て優雅に…というわけにはいきませんよ、これはsweat01

楽譜を拝見させていただきました。

縦書きで漢字の一が一番遠い弦、十まで来たら今度は算用数字。

丸印は左手で弾くものだそう。

ちんぷんかんぷんながら、ちょっと演奏。たちまち (?_?) wobbly

でも貴重な体験させていただきました。

コーヒーとバナナケーキで一服。

何となく居心地悪そうにしてる主人が気の毒なので、今日は早々に失礼することにしました。

2015年1月24日 (土)

新年会(1月19日)

正月の後始末も一段落し、皆の生活が落ち着いた来た頃、我らが主婦の新年会 heart04

今日はテニス仲間総勢18名での新年会です。

今回初めてのお店、そして”おふらんす”です。

私には不便なところで車で行くしかありません、winebeerもお預けです weep

第一目的が、今年の予定発表・抱負表明ですから仕方ありませんね。

Dsc_0670 Dsc_0671

誰も行った事のないお店でみんな興味津々、我らで貸し切りできたのがGoodです。

既に、入口のお品書はディナーでした。

Dsc_0673 Dsc_0675

Dsc_0676オードブルは二種。

フォアグラのブリュレ・生ハムサラダ・鴨ロースト、

そしてサーモンとホウレン草のキッシュ。

& 鮪の冷静グリル(冷製ではないのです(笑))

ほぼ生、焼き目付って感じで美味なり lovely

人参のポタージュスープ。

Dsc_0677 Dsc_0678

Dsc_0680パンはおかわり自由? プチパンにフランスパン。

スズキのポワレ on マッシュポテト、海老ソース。

いくらの塩が効いてます、菜の花が春。

秋田産の和牛が柔らかくって美味しいかったlovely

あっさり目の赤ワインソースで、私は好き❢

デザートは三品盛り合わせ。

フルーツにバニラアイス・チョコとオレンジピールのパウンドケーキ。  

可もなく不可もなく…普通のお味でしたが、友達とゆっくり話せたのが楽しい…

コーヒーもおかわりできて、私的にはこれでポイントアップ。

でも失礼ながら言わせていただければ、わざわざ行くほどでもないかな?っと…

パンやコーヒーのおかわり等、何か要望するとき、スタッフと目が合わず難儀だったのがマイナスポイント。

20名近い人数で貸し切れるので、テニスグループにはとてもありがたいお店でした。

さぁ~、これで今年の活動が、正式に開始されます。

     tennis   tennis   tennis   tennis   tennis   tennis   tennis   tennis   tennis   tennis     

昨日はサッカー日本代表もフェデラーも負けちゃったけど、錦織君と白鵬は頑張ってる…

私も今年頑張ろうっとsign03   頑張れる身体を維持せねば… そう痛感する日々です。

2015年1月19日 (月)

『初場所大相撲&壽初春大歌舞伎二日間』(1月17日)

今日もいいお天気、昨日同様温かそうです。

今日は阪神大震災から20年、こんな日に華やかな歌舞伎を楽しめる身に感謝します。

そして亡くなられた方達の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

朝10時にホテル出発、開場は10時半、開演11時。

Img_0055

前回来た時は雨で、<屋上庭園>に行けずじまいでした。  

今回リベンジできるかなっと思ったのですが、この時間はまだ閉まってます… weep

歌舞伎を見ない時 or 夜の部見る時昼の部上演中に来れば、ゆっくり拝見できると、早速画策開始sign01

入り口脇の<歌舞伎稲荷神社>に御参りして、歌舞伎座に宿る特別なパワーをおすそ分けして頂きました。

Img_0053 Img_0054

『金閣寺』の雪姫を七之助さんが演じます heart04    只今七之助Loveの私としては、これだけでも充分 lovely

なのに、『蜘蛛の拍子舞』では玉三郎さんが妻菊とおどろおどろしい蜘蛛の精を… heart02heart02

朝からハイテンション、スキップ気分で notes notes notes です。

早速中へ…   こちらも正月飾りで華やか。  筋書きを買い求め、座席へ❢

Img_0059

一階席、前から14列目、花道から3席目。  思っていたよりは良いお席ですsign01

Img_0060_24種類の緞帳の紹介が始まってしまいました。

うっかりして一枚目の『朝光富士』を撮り忘れました。

 fuji fuji fuji  <m(__)m>  fuji fuji fuji

☜ 『春秋の譜』  中島千波画伯

つがいのメジロが可愛い(クリックで拡大できます)

そして、『水辺の四季』(上村淳之画伯)に『夕顔図』

Img_0061 Img_0062

金閣寺終了後の30分の休憩時間に、3階の<花篭>で昼食(お弁当)をかき込みます coldsweats02

個人で行く時は忙しいのが嫌で、座席にてお弁当それも簡単な物を広げるのですが…

でも普段から鍛えられてるので、そこは簡単にクリアー coldsweats01       ブザー前に座席に戻ります。

ため息ついたり笑ったりホロッとさせられたり…   なかなかいい舞台でした。

四時前に幕が降り、出口へ…   松本幸四郎夫人と市川染五郎夫人が立っておいででした。

贔屓筋?後援会?きっと御挨拶せねばならぬ方がおいでなのでしょうね。

バスで東京駅まで行って下さるのであっという間。  帰りの新幹線は5時発、まだ時間があります。

ではでは、以前より気になってる<ねんりん家>のバウムクーヘンを買いに大丸へ。

大分前ですが、噂を聞きつけ東京の友に「買いたい」というと、「もっとおいしいのがある」と。

でもそのもっと美味しいのをまだ紹介してもらってません。

気にしながらも買わず味わわず過ごす事、数年?  やはり気になるのでお味見❢

Img_0063有難い事に列は10人弱。 

いろんなのがあるようですが、

ここは一番風味のある『極上のたべごろ』を❢

こちらは賞味期限今日中。

15日から発売されたというValentine限定品もある❢

『マウントバーム ブラウニー ショコラがけ』

かなり魅かれましたが、少ししつこいかも…と断念。

今夜の夕食は決まってませんが、デザートは決まりです bleah

  _m2 _m2 _m2 _m2 _m2 _m2 _m2 _m2 _m2 _m2 _m2 _m2 _m2 _m2 _m2 _m2

このバウムクーヘン、美味しかったです。 外側のカリッと感がGood、内側のしっとり感も良し、甘味もok

今度は友の言う「もっと美味しいの」を教えてもらわなくっちゃsign03

楽しい二日間でした。   これが私の正月納めかな?

『初場所大相撲&壽初春大歌舞伎二日間』(1月16日)

16日から東京へ、表題のツアーに参加して参りました。

東京駅八重洲口南口に11時50分集合です。  

Img_0005

昨日の嵐のような雨とうってかわり、ほんにいいお天気 notes notes     初リアル富士山に感動 lovely

八重洲口でツアーガイドさんと合流、総勢20名と聞きました。  ここから大型観光バスで両国へ。

お昼を頂く両国駅近くのちゃんこ屋さん『巴潟』に直行。  元祖は、元友綱部屋のお相撲さんだそうです。

Img_0013 Img_0020

カウンターの番付表は今場所の物でした。  

突き出しは鮪のお造りと練りもの&アスパラ。   そして焼き物鰆の上には塩麹。   お供は beer

Img_0015 Img_0016

ちゃんこは北海道出身力士だったせいか、鮭や鱈と言ったお魚がたっぷり、ホタテも入ってます。

Img_0017 Img_0018

私が大好きなネギは、天敵・人の食べるものではないと言いはなつ主人の手で綺麗に除去sign03

白濁したおだしです。  この後うどんを入れて…   ふぅ~ふぅ~dash  温まります。

お味は正直可もなく不可もなく…  

個人で国技館に行く方もいましたが、我らユックリ組は添乗員さんと一緒に国技館に向かいます。

Img_0023_2ちゃんこ屋さん出た所にある『國技堂』さん。

どこのどういう調査か不明ですが、

東京帰省土産第二位の<揚げあんこあられ>のお店。

「はなまるマーケットおめざに選ばれました」と…

添乗員さん的には、「???」だそう。

香取慎吾さんお薦めは、元祖の<焼きあんこあられ>

ちょっと悩みましたが、第二位の方をお買い上げ。

Img_0034

Img_0065_2 ☜ こんな具合。

ちょっと濃いめの塩味あられの中央に

少々固めのあんこ棒が乗ってます。

確かに微妙なお味… 説明し難い…

お店を出て国技館に向かう歩道に、お相撲さんのブロンズ像を発見。

Img_0011Img_0012もっとズ~ッと歩いたら、もっと見つかる?

置いて行かれないよう急いで camera

これがツアーの哀しさ…sweat01

☟ 初めて見る両国の駅。

Img_0010_2

国技館は目と鼻の先です。

櫓太鼓、ここで打たれるんですね。

Img_0008

たくさんの入り待ちの方達が座って待機してらっしゃいました。

大阪の三月場所には何度か行ってますが、ここのようにお相撲さん専用入り口はありません。

私達と同じ所から入って、同じ通りを通っていきます。

入場すると、目の前に国技館の壁に描かれたお相撲さんが迎えてくれました。

これも大阪にはない…  やはりお相撲専門の建物は違いますね。

Img_0024 Img_0025

そしてその脇には…           遠藤関にお姫様だっこしてもらえます heart04

Img_0026で主人がチャレンジです coldsweats01  目線は遠藤関に…

私が恥しいので顔は伏せます…coldsweats02

Img_0027_2その横には、

豊国稲荷神社(左)と

出世稲荷神社(右)。

開運と出世の

御利益があるそう。

旧両国国技館の

裏庭にあったもので、

国技館と共に蔵前へ、そして再び両国へ、でも今度は正門脇sign01

中に入ると、お茶屋さんがズラリ…  さすが初場所ですね、正月飾りが華やかsign03 

Img_0028

どうしても覗きたかった『相撲博物館』に行きましたが、写真撮影禁止なので… <m(__)m>

ガラス越しですが化粧回しを手の届きそうなところで拝見し、思っていた以上の豪華さに圧倒されました。

そしてこちらは優勝カップ一覧。 

左上から時計回りに、大関賞・コカコーラ賞・福島県知事賞・奈良県知事賞(綺麗な螺鈿、嬉しい出会い)

☟    ・報知新聞社年間最優秀力士賞

Img_0031 Img_0032

左から、東京新聞東京中日スポーツ賞・優勝旗・賜杯・内閣総理大臣賞☝

人が多くってこれ以上は撮影できません。   次から次へと記念撮影の方がいらっしゃいます。

大阪場所ではパイプで作られた仮設スタンドなので、階段はガタガタ音がし少し急です。

ここは緩やかですし、しっかりしてます。 そして何よりお手洗いや売店があちこちにあり、とっても便利。

Img_0029

Img_0064東11側3でちょっと遠い枡B席ですが、2人だけ。 ゆったりです。

お茶屋さんから、弁当・焼き鳥・枝豆・あんみつ・缶ビールとお茶。

JTB?から、白鵬関の浴衣地の手ぬぐい(非売品)と色紙付き。

そんないい席でないと思ってましたが見やすい、さすが国技館 sign02

Img_0030_2Img_0033

土俵入りまで時間がありそうなので、売店巡り?一周回ってみました。

そして直径16cmの国技館限定煎餅を一枚GET notes

白鵬関にうらみはありませんが、ここは一度負けてもらわないと、今場所が面白くなくなっちゃいます。

なので、パリッと割って頂くお煎餅は、あなたでないと困ります(他は遠藤関と逸ノ城)。

お腹一杯と言いながらも、お豆とビールで…  

土俵入りが始まる頃には、満員御礼の垂れ幕がでました。

Img_0036 Img_0046

二階席には修学旅行生でしょうか、制服姿の一団も見えます。

Img_0039 Img_0042

日馬富士関と鶴竜関の土俵入り。    なかなか撮るタイミングが合いません coldsweats02  

そして私のカメラではこれが精いっぱいの拡大 weep

今日一番の懸賞取り組みは、白鵬―遠藤の40本です。

Img_0047 Img_0050

白鵬関が可哀想になるほど凄い「遠藤~❢」の声援が、館内に響き渡りました。

「白鵬❢」の声も聞こえますが、かき消されそうです。

二人ともが土俵外に弾き飛ぶようなお相撲でしたが、迷うことなく白鵬に軍配sign03

ため息と共に場内が静まりました。 結びは日馬富士ー豊ノ島、そのあとの弓取り式も見て…

ぞろぞろと外へ出ると、はね太鼓が聞こえてきました。

その音に押されるようにバスに乗り、ホテルに向かいます。

行先は皇居前の『パレスホテル』、初めてです。  大きなモダンでお洒落な雰囲気漂うホテル。

私達の部屋の窓から見えるのは宮内庁病院?  うっかりして全く写真は撮ってません <m(__)m>

再びビール片手に、サッカー観戦に盛り上がり?下がり?ました。

2015年1月13日 (火)

今日のお昼(1月10日)❸

今日は毎年開かれる、毎年楽しみにしてるさる展示会の日です。

母が行けなくなり、娘たちも遠くに離れ、ここ数年は一人参加。

会場は、京都高台寺近くの『土井』さんです。  実はここのただ飯狙いcoldsweats01

この度は、昨秋吉田山荘で味をしめた主人が付いてきました coldsweats02

『土井』は、二年坂出口?入口?の脇に入った所にある広大な敷地を持つ料亭。

観光客で賑う通りを一本入るだけですが、空気が変わり、静かな風情・佇まい。

Dsc_0026

門前の車寄せには御迎えのお方がいらしたので、大きな門松は写せず…  

日陰に大きな雪の塊を見つけ、ビックリsign03  そう確か新聞・テレビが京都で積雪と言ってましたっけ❢

それにしてもまだ残ってるなんて、而もこんな街中で…  想像以上だったみたい。

我家界隈では、はらはらっと埃程度の雪でしたのに…

さらっと展示品を拝見し、そそくさとお昼頂きに… coldsweats01

お食事処は4F、実は玄関がもう3Fなんです。  坂にある料亭ですから…

なのでここからはお庭は拝見できません。 でも目の前(西)には八坂の塔が見えます。

Dsc_0022_2

そして軒下には残雪。  雪国育ちの私には懐かしく、そしてもうすっかりご無沙汰の雪です。

お正月、初春を感じるお献立でした。  右写真の左はお漬物の一口寿司。

Dsc_0019 Dsc_0020

生麩やくみあげ豆腐、白味噌に京都を感じ、菜の花に春を、新鮮なお魚や赤コンニャクには若狭の道を。

やはり都の街、雅の世界ですね。

ビールで少し火照った顔を冷やしながら、後半の部を拝見し、失礼しました。

お天気もいいので、ぶらりと散策しながら…

今日は10日戎で、八坂神社はいつも以上に賑ってるはず、でもあまり笹もってる方と出会いません。

しつこいようですが、こちら南向きの門が正門です。  

Dsc_0028

門をくぐって左に進むと戎さん。  御祈祷の中、御参りの方達が並んでます。

横目に見ながら、人だかりの中を何とか抜けて、四条通側に出ました。

原了郭の黒七味を買って、お鍋に備えます。

やっぱり今夜はお鍋❢   そんな夕食風景を思い浮かべながらデパ地下へ❢

ほんとに嫌になっちゃうほどどっぷり主婦です。

隣を暢気に赤ら顔で歩いてる主人をけっとばしたくなる瞬間でした。

2015年1月11日 (日)

今日のお昼(1月8日)❷

二日連ちゃんで『お外ランチ』です 。

今日は、たいてい一カ月か二カ月に一回近況報告&情報交換する友と一緒です。

行先は『Benvenut(ベンベヌート)』、カジュアルなイタリア料理のお店…らしい…

Dsc_0001通りの上方にある見辛い洋館風の建物は入り辛そう…

最初この建物を目にした時は、「何屋さん?」

それから何時も横目で見ながら、入ることはなく…

知り合いから、「普通にイタリアン、カジュアルよ」と

聞きましたが、それでも入ることなく… coldsweats01

そんな気になる外観のお店でした。

Dsc_0012 Dsc_0010

中が見えない大きな木のドアを恐る恐る押すと、素敵な空間が広がりました。

たくさんのお客さん、そしてほぼ女性陣…  いづくも同じいつものランチ風景。

外観やお店の雰囲気から受けるイメージとは違って、とってもカジュアルそうなお方ばかりです coldsweats01

メニュー拝見すると、とっても入りやすいお値段でした happy01       因みに私達のコースは1680円也

Dsc_0007 Dsc_0008

Dsc_0011前菜は、大和鶏のコールドチキンのグリーンサラダと

      マッシュポテト人参ジャム添え

            蒸し野菜バルサミコ酢風味。

パスタは、しらすのトマトソースを選びました。

デザートは、ピーチとオレンジのシャーベット、

      ティラミス、塩のバターケーキ。

最初「塩?」と思ったのですが、外側を頂くと塩を感じます。 塩萬穣みたいな、甘味とのバランスがいい。

それぞれそこそこのボリュームで、別添えのバゲットとフォカッチャは半分だけ頂きました。

コーヒーを頂きながら、しゃべってしゃべってしゃべりまくりましたが、お店の方達は嫌な顔一つせず…

「とっても美味しくって…おすすめのお味」とまではいきませんか、ゆっくりできる気持ちのいいお店です。

フット周りに目をやると、ランチタイムぎりぎりにお見えになられた一組残すのみとなってました。

そろそろ出ましょう、でもお話は尽きません、では場所変えて…

Dsc_0013友はほかのお店に行くつもりだったのですが、

運よく駐車場が空いてるので、『JE ILEDE』に変更。

私は、聞くのも入るのも頂くのも初めて。

可愛らしい素敵なケーキショップ。

思った以上に小さなカフェブースでした。

(満席で写真は撮ることできません)

家庭的な雰囲気な伝わってくる接客にGood lovely

まだお腹は大きいのですが、口は卑しく… coldsweats01     で、小さな一口洋ナシのパイを頂く事に… (^^ゞ

Dsc_0015 Dsc_0016

何でか真っ暗になった写真… weep  

お正月用の愛らしいパッケージの焼き菓子や素敵なケーキを写したかったのに… 

我家からはちょっと遠いので、フラッと出かける先ではありませんが、ついでの時は立ち寄りたいお店。

頭に( ..)φメモメモです。

外に出るともう薄暗くなってました。

今日も夕食のメニュー考えながら、車を走らせました coldsweats01

2015年1月10日 (土)

今日のお昼(1月7日)❶

漸く世の中同様我が家の正月気分が抜けてまいりました。

主人も娘も仕事に出かけ、私は何とか正月の後始末も大物の洗濯を残すのみとなりました。

冷蔵庫の中もすっかり淋しくなり、いつもの様な整理すべき残飯もありません。

本日午前中知り合いの所に出かけていた私は、久々に『お外ランチ』と洒落こむ事にlovely

フット思いついたのが最近ズ~ッと行ってなかったカフェ、帰る方向で遠回りにもならないflair

Dsc_0002_1世の中まだ正月、ここにも正月飾りが…

中には結構な人、何と私世代の女性ばかり。

皆正月疲れを癒しに、友達とランチでしょうか?

というわけで、中の写真は撮れずじまい。

中は口型で、ガラス張りの中庭。

とりたてて綺麗ではないのですが、明るい。

本を持ってくるにはうってつけ?

いつの間にか、メニューに1000円ランチが。  前菜・リゾット・プチメイン・サラダ・パン

以前はモーニングセットが遅い時間まであって、軽い昼食にはもってこいだったのです。

ちょっと魅かれましたが重たそうなので、サンドイッチのセット(好きなサンドイッチを選べます)に。  

パストラミポーク&サラミのバゲットサンド(580円)をchoice。  これに+250円で、セットになります。

Dsc_0002なんとそれが凄いボリューム。

一般的なバゲット半分以上 coldsweats02

それに、ソーセージ2本とスクランブルエッグ、

更にプチサラダに一口ヨーグルトsign03

でもカリッとしたバゲットが美味しく、

挟んであるハム類も添えてあるソーセージも

Goodheart04     完食致しました coldsweats01

このあと、なかなかお腹が減らなくって、夕食作る気が失せてしまいました。

お腹も心も重いまま、スーパーに買い出し、いい気分だったランチタイムが遠い昔の様❢

主婦業に戻った哀しさを満喫いたしました(笑)

2015年1月 7日 (水)

金柑風呂

4日日曜日はとても穏やかで、陽だまりは気持ちよく、散歩にはうってつけでした。

いつものメンバーに戻った我が家三人、ウォーキングがてら、お昼を頂きに外出。

家の近くまで戻って、久々にゆっくり外から我が家を眺めました。

古い古いキンカンの木に黄色い実が結構ついてます。

「木が弱るから採ってしまおうか…」と娘と二人、実をもぎ始めました。

小指の頭ほどの小さいのが多い、大きくても親指ほど…

舅が存命の頃はシロップ煮にしてました coldsweats02

姑はあまり食べないのですが、金柑の香りが移った蜂蜜は好みました。

蜂蜜に金柑放りこむだけというのは、私にもあり難い作業です coldsweats01

その姑もなくなると、金柑はいつの間にか見捨てられ、いつの間にか衰え、そして現在に至る… catface

可哀想なので、きっちり剪定してもらい寒肥置いたり藁を敷いたり…と少しは優しくしましたが、

やはり寄る年波には勝てず…か、実は一向に大きくはならなくなってしまいました。

そんな小さな哀れな実ですが、採ってみると捨てられません。

「では❢」っと、お風呂に入れる事にsign03

「どう?いい気持ち?」と聞くも、一番風呂の主人は「う~ん、少しは香りしたかな?」と愛想なし。

確かに両手にたっぷり入れたのにそれほど香りません。

お風呂の蓋を外した時、かすかに感じたぐらいです。

「それでは❢」と、金柑の実を少しモミモミ…  プ~ンといい香り heart04

ところが次第にピリピリ・ひりひり…  二の腕や太もも辺りがどうもおかしい。

どうも強すぎたみたいです。  かといって赤くなる事も腫れることもなし。

すぐに金柑を出しておいたのですが、後に入った娘も「ピリピリする」とのたまう事態に。

中途半端に理科系の二人は、「明日はモミモミしないでやってみよう❢」

人体実験です。

5日の夜、目分量ですが同量位を放り込み、いじりたくなるのをじっと我慢して入浴。

私は大丈夫でしたが、あとで入る娘は若干ピリッときたらしい。

やはり浸出時間が長いせいか…  「ならば時間を変化させて…」

「おかあさん、そんなに無理して金柑風呂にしなくてもいいんとちゃうの sign02

確かに…  で、我家の金柑風呂はあえなく退場❢

でもまだ袋に入ったままの金柑が気になる私です(笑)

2015年1月 5日 (月)

2015年初…

皆様、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお付き合いください <m(__)m>

今年の元旦は全国的に荒れ模様だったようですね。

奈良も冷たい雪混じりの凍るような風が吹き荒れてました。

深夜のもうでは、元旦の昼過ぎに延期。

それでも歩いて30分ほど先の神社に行くだけで、指先は凍るように冷たくなってしまいました。

耐えられず、帰り道、カフェにて暖をとりました。

「アレッ? これってカフェsign01

で、記念撮影 coldsweats01     撮影かもsign02

Dsc_0668 Dsc_0667

入り口そばの席は空いていたのですが、人が出入りする度に外気に晒されそうなので、奥へ奥へ…

一番奥の席が空いてました、ホッ wink    (上の写真は皆様お帰りになった瞬間です)

Dsc_0666カフェオレで暖まるだけのつもりだったのですが、

カフェに入ったならば、やはり…

そう、ケーキ lovely

チーズケーキが一つだけ残ってました scissors

娘たちは屋台で買ったポテトをこそこそ頂いて… coldsweats02

母は優雅?に… coldsweats01

その後雪風の中歩いて… 家に帰りつくとホッとしました。  一大イベントを成し遂げた気分です。

いつもなら夜はおせちですが、今年は年末に頂いた上等なステーキ肉で鉄板焼きパーティーにsign03

お供は年末に用意しておいたフランス産赤ワイン heart04

Img_0001比較的近い所に、ワインのみならず焼酎・日本酒なんでもござれの

アルコールに詳しい酒屋さんがあります。

そこにいけば希望タイプでお安いワインが必ず手に入ります。

Img_0004_2今回は御正月っぽい雰囲気の

ラベルにもこだわってみました。

と言っても何の絵なのか、

私にはよく分かりませんが…

でも何となく雰囲気ありませんか?

完全なフルボディーではありません。

そう軽くもない…でも飲みやすい。

2500円でお釣りがきたはずです。

気分は上々。

牛肉にワイン、何でも頭に『』をつけて喜んでいた一日でした。

そしてこれもブログ…  なぁ~んちゃってね

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »