2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 開田高原(2月5日)プロローグ | トップページ | 開田高原(2月6日)一日目❷ »

2015年2月 8日 (日)

開田高原(2月6日)一日目❶

いよいよ開田高原に向けて出発、お天気も上々です。

八時半頃の近鉄電車で名古屋に行きます。 しなのに乗り換えて木曽福島に着いたのが12時半少し前。

この道中、全く雪の気配のない景色・温かな日差し・青い空に春を感じるほどでした。

流石に中津川すぎるころから、車窓に雪を見かけましたが、むしろ雪解けを思わせる日差しに、やはり春sign02

木曽福島の駅にも思ったほど雪はありません。  それでも雪像がお出迎えです。

Img_0015 Img_0016

ちっぽけな木曽福島駅にびっくり❢ 有名なので、もっと大きくって賑やかだと思い込んでおりました coldsweats02

駅の字が『驛』なのが嬉しい、御嶽山のモザイク画には先だっての噴火のイメージはありません。

日差しは温かですが、さすがに空気はひんやり… やはり冬ですsign03   

が、お天気は上々、お昼に500mほど先にある『くるまや』さんというお蕎麦屋さんに向かいました。  

「ここは中山道」と気付くのに、時間はかかりません。  新しい建物もそれなりの雰囲気に…

Img_0001 Img_0002

Img_0014今夜から明日にかけて『雪灯りの散歩道』が演出されるとかで、

あちこちで準備が…   路地奥に大きな雪だるまさん snow 発見sign03

雪は何処からか集めてこないと足りそうにはありません。

ちょっとこの日差しが心配ですが、

日向のちいさな雪像が溶けだしてない事を思えば気温は低いのかな?  

あちこちに作りかけの雪像を見かけます。

アンパンマンかな?   マントがないけど… 

人参のついてないオラフらしき雪像に、キティちゃんも。

胴体だけがたくさん並んでいたり…何になるのでしょう???

角を曲がると、歴史ありそうな建物に車の飾り…   『くるまや』さんです。

もともとは山村代官のお屋敷に仕え、黒川村の水車小屋で製粉・精米をなさっていたお家だそうです。

何時の頃からか自家製のお蕎麦が有名になり、お蕎麦屋さんに…

その後、黒川にあった由緒ある旧家はダム建設の為移転。 

今の建物は明治からあった物を譲り受けたものだそうです。

Img_0004

早速ですがお手洗いを拝借…  只今修理中とかで三階まで行くことに…

靴を脱いで黒光りした床、階段を行きます。  二階・三階はお座敷で、結構お客さんがおみえのよう。

一階席はがらんとしていて、私の事前調査とは全く異なって不安でしたが、なるほど…

そして古そうなものが、階段上のガラスケースに並べられてました。  しげしげじろじろ eye です。   

Img_0005_3Img_0007_2一番上はお雛さんshine   もうすぐですね heart04 

Img_0006_2

古そう、江戸時代あたり? 細面です。

Img_0009さて、私のオーダーは冬限定の【すんきそば】

Img_0013ブログ友の記事で知って以来、

気になって気になって…

酸味は言うほど強くありません。

かつおの香りが効いてます。

喉を潤すべく beer をグビッ❢

お供は地酒辛口の【中乗さん】

あしらいに出されたお菜っ葉の炊いたのも美味しくって、お酒はあっという間に空になりました coldsweats01

柔らかめ、太めの麺です。   蕎麦湯も美味しく頂きました。

主人はざるそば。  出汁は共にやや甘めで主人好みでした。 

ざるだと、はっきりお蕎麦の香りを感じることができました。 

駅発1時40分のおんたけ交通路線バスで、<木曽馬の里入口>に向かいます。

7~8人ほどのツアーグループとやはり7~8人の女性グループと一緒に乗り込みます。

バスは先程私達が歩いた道を行きます、くるまやさんの前を通ったので思わず「あっ❢」

通路挟んで隣席のツアー客を案内なさってる地元中山道のガイドさんが、「有名なんですよ」と。

それ以降、メンバーと勘違いなさったのか、私にいろいろと説明して下さいます scissors

≪崖屋造り≫という表通りからは二階建てに見えるが川側からだと3~4階建の建物のお話も…

でもバスが通るのは表故、実態が解りかね、「ふ~ん?」です。

「奈良吉野も山なので≪吉野造り≫と言った崖にへばりつくような建物があるんですよ」と、

これ幸と会話に花咲かせ… scissors   楽しく開田高原へ bus dash

トンネルを抜けると一変に気温も下がり景色も変わりました。

バスは集落を回るコースをとってます、自家用車ではいかない所を巡って35分程で到着。

バス停には宿の車が迎えに来てくれます。 女性グループと一緒に全く歩くことなく宿に到着。

スタッフさんがこのグループに手間どってる間に庭に向かいました。  あいにく御岳山は雲の中。

でも大きなつららや軒下の雪が珍しくって…  到着時気温は―3度。  昼間なのにね sweat01

Img_0019 Img_0018

Img_0021 Img_0022

右上の写真は窓際のお気に入りの席。 ここでコーヒー飲みながら御岳さん眺めるのが大好き。

でも残念ながら今日はかすかにしか…。  前回三日とも拝謁できたのは、やはり奇跡だったんですね。

ところで、女性グループは、なかなか賑やかです。

お風呂が一緒にならない様、アンテナ張りめぐらしながらそば茶と熊笹羊羹を頂きます coldsweats01

部屋で一服したら、木曽馬さんに会いに行くつもりですsign03

« 開田高原(2月5日)プロローグ | トップページ | 開田高原(2月6日)一日目❷ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

先日は、お会いできて嬉しかったです(*^^*)
木曽福島駅とてもローカルでしょ。
くるまやさん、行かれたんですね。
「すんき」お口に合いました?
地元では各家や店で「すんき」をつけられるそうで、
お店のすんきも酸味など違うようです。
福島の雪像知らなかったので見たことがありませんでした。
良いことを教えて頂きました。ありがとうございます。
パンジーさん目線の開田高原 楽しみにしています。(o^^o)

ニャンさん、私こそお会いできてうれしかったです。
恥しいのやらどうしていいのやら解らず、失礼したかもしれません
ニャンさんのブログで初めて知ったすんき、興味津々でした。
くるまやさんのすんきそばは、何の抵抗もなく美味しく頂戴いたしました。
次回は『霧しな』さんのを食べてみようと思ってます。
つまり、また行く気満々なのです(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 開田高原(2月5日)プロローグ | トップページ | 開田高原(2月6日)一日目❷ »