2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 開田高原(2月6日)一日目❶ | トップページ | 開田高原(2月7日)二日目❶ »

2015年2月 9日 (月)

開田高原(2月6日)一日目❷

「思ったより寒くない」と、主人は元気です。

「行く前のブツブツはなんだったの」と、突っ込み入れるのはグ~ッと我慢して出かけます。

Img_0033玄関にスノ―ブーツが用意されてました。

「買わなくっても良かったね」

でも今後の事もあるし、やはり自前で…

主人は「俺の方がちゃぁ~んとしたやつだ」とか言いながら…

ちょっと子供っぽい気がしないでもないのですが、

気にしないで、突っ込まずに、聞き流して…(笑)
 

Img_0023四時前ですが、もう灯りが付きました。

日陰は寒い❢

ここに来るまでもそうでしたが、大きな道は綺麗に除雪されてます。

今日みたいなお天気なら、私でも車でこれそうなほど…

でも止めます、今日はたまたまいいお天気だという事を肝に銘じて…

それよりも足元気をつけて行かないと… shoe shoe shoe shoe shoe

うっすら新雪の所を歩きます。  ふわっと雪の下のシャーベット雪氷がシャカシャカ言うのが楽しい。

いつもの≪こならちゃん≫  ブルーベリーは頭の先が見えるだけ…でも気持ち赤く見えます❢

Img_0027 Img_0025

先日この小さな丘の名前を知りました ≪ダイスケの丘≫  謂れは開田高原のプロにお任せしましょう❢

こんなに青空なのに、御嶽山側は妖しげな雪雲に覆われてます。

木曽馬君達が何時も放牧されてる処はすっかり雪に埋まってます。   当然どなたもいません。

乗馬する処だけ、何やらトラクターでも通ったみたいな跡がありますが、ここにも誰もいません。

Img_0028馬小屋に行くと、一人ぽつねんと…

淋しそう…  でも声かけても知らん顔sign01

「放っておいて❢」的な…(笑)

中に入っていくと、「もう馬ぞりの時間は終わったんですぅ~」

そのつもりなかったので、反対にびっくり。

さっきの馬場の跡は橇のだったんですね。

外にいる木曽馬君達も小屋に帰る時刻で、お姉さんお兄さんを柵の前で待ってます。

Img_0029 Img_0030

ちゃんと序列があるらしく、一列に並んでます。 押し合いへしあいすることなく大人しく…

Img_0031 Img_0032

柵出る瞬間を撮るつもりだったのに、何と電池切れ❢  慌てて取り変えて、おいどを撮るはめに coldsweats01

日が傾き始めると一変に気温が下がってきします。  私達もお宿に戻りましょう。

さっきは水たまりだった所がもう薄氷張ってます。  滑らないように気をつけて…

Dsc_0702ロビーで一服、コーヒーcafe タイム。

ちょっとお洒落なカップが楽しいんです。

オルゴールを聞きながらゆったりまったり…

私達は夕食を一番遅い7時からにしました。

(かの女性陣は6時から…と耳にしたのです)

きっと5時半頃からは湯船独占です scissors

主人は一足先に部屋へ、そして私も部屋へ…  と、階段で一人の女性に声を掛けられました。

「奈良からいらした方?」「はい…???」「ニャンです❢」「○#*%▽」「パンジーさん?」

これが今回の旅のハイライト sign03    もう驚いたのなんのって…

今朝出掛けにブログをチェックした時、、ニャンさんの「行きたい」という言葉を目にはしてました。

でもまさかお出でになるとは露知らず…  後でその次のコメントを拝読、納得した次第です。

それにしても本当に驚きました、慌てました、我がブログに恥ずかしい事書いてなかったかしら…???

照れくさいやら恥ずかしいやらで、もごもご状態で失礼してしまいました <m(__)m>

部屋に入るや主人に報告、一人興奮状態です notes notes notes

落ち着いてからお風呂に…  思った通り一人❢   露天風呂に行く時ニャンさんにお会いしました。

Dsc_0707独りどっぷり…

いい湯加減です。

全然寒くありません。

でも少し顔が痛い。

塩の温泉に入ってる時の様。

きっと冷気、否、凍気のせいです。

でもぬくぬくほこほこ spa

やっぱりいいわぁ~、温泉って lovely

気が付けば1時間以上入っていたようです。 ちなみに、お食事処に入る直前、7時で―5度。

今回は超お得な『あったか風里鍋満腹プラン』で申し込んでます。

お電話でメニューの御説明を受けたのですが、「行きゃぁ解る」としっかり把握してませんでした。

軽い前菜と鍋、雑炊か何かにデザートくらい… 最近食が控え目になってきた主人には丁度いい?

Img_0062ところがびっくりの<寒霞>

ずら~っと並んでる12の小皿。

「なんだこりゃ sign02 」です。

これに食前酒として柚子酒も。

更に<氷湖>

鱒とさっと焼いた香ばしい地鶏が

メインディッシュ並みに❢

焼きネギ味噌が鶏にあい美味heart04

Dsc_0709 Dsc_0714

Dsc_0715そして<霧氷>は味噌味と醤油味。

お肉もお蕎麦もお代わりできるのですが、もう充分sign01

Dsc_0711

ビール&ワインで、

堪能致しました。

お雑炊も完食 sign03

                                                                                                                                                         
Dsc_0717 Dsc_0718

デザートは御品書とは違って、サツマイモのシャーベット。  ちょっともちっとして面白い食感です。

いつもながら地元の物を活用したローカル色豊富な工夫された楽しいお料理です。

部屋に戻る直前、9時過ぎで―8度、どんどん冷えていきます。

明朝は何度だろう?  今まで―10度以下の世界を経験したことがありません。

お天気はどうかな???  御岳さん見えるかな???   ……・・・・・zz z z z sleepy sleepy  sleepy

« 開田高原(2月6日)一日目❶ | トップページ | 開田高原(2月7日)二日目❶ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

パンジー様のブログを拝見してて目がテン!
ニャン様も開田高原へ行かれるとのこと。
お宿でお会いするのかしらと・・・。
このような素敵な偶然があるのですね。
とても楽しく読ませていただきました(*^-^*)

パンジーさんにお会いできることがわかっていたので
始めに何とお声をかけようか?と シュミレーションしておりましたが
とってもオーソドックスな ご挨拶となりました。^^;
此方こそ、大変失礼いたしました。
パンジーさんとお会いする少し前に、お部屋の前で
ご主人様に「こんにちは。」とお声をかけました。
半信半疑ながら、ご主人様なのだろうなと思いながら・・・^^
夫が「パンジーさんご夫婦、とても品があって感じ良いね」と言っていました。^^
木曽馬は裏の林に居ましたか。^^ 可愛いです。♪
「鍋満腹プラン」でご予約されたのですね。
ちらっと見えたパンジー様のお席、前菜のお皿に「何だ。何だ。凄い。」と興味津々でした。
お鍋のメイン具材は豚肉と鳥ですか?美味しそうです。^^
醤油、お味噌と両方で味わえるのがいいですね。
夜9時すぎで-8度でしたか? よく冷えましたね、、、、。
星が綺麗でしたが、ご覧になられましたか?

みやびさん、私も「目がテン」「絶句」金縛り状態でした(笑)
前もって知っていれば違ったかもしれませんが、全く予想だにしていなかったので…
こんなこともあるんだなぁ~と、つくづく人の縁を感じました。
他のブログ友も場所は違えど長野県に…
いつか「みんな長野集合❢」も夢ではないかもしれませんね。
みやびさんともいつか東京の街でお会いするかも?
もうすでにすれ違っていたりして… 楽しい夢です。

ニャンさん、上品に見えましたか? うまくごまかせたようです(笑)
私の席からは窺い知ることできませんでしたが、
主人が「なんだか美味しそう」とニャンさん宅のお食事を気にしておりました。
御二人がかくも仲良くご旅行なさる、御旅行できる理由が分かった気がします。
穏やかな雰囲気がこちらにまで漂ってきましたものね。
我家では、無視するかバトルするか… 危険ですよね(笑)
星空は夢の中でした。
真夜中に目が醒めたのですが、酔いは醒めず…(^^ゞ
惜しい事をしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 開田高原(2月6日)一日目❶ | トップページ | 開田高原(2月7日)二日目❶ »