« 開田高原(2月6日)一日目❷ | トップページ | 開田高原(2月7日)二日目❷ »

2015年2月10日 (火)

開田高原(2月7日)二日目❶

「凄いぞっsign03」の声で目が醒めました。

何事かと思いきや、主人が御嶽山が見えるとおおはしゃぎsign03

Img_0034

寝過ごしてしまいました、朝焼けに染まる御岳山を見たかったのに… weep

でも右端がまだすこ~しピンクがかってます、有難い… 

「よくぞ起こして下さった…」 熟酔?爆酔?でした coldsweats01

「とにかく行こう、外に出てみよう」と慌てて着替えます。  買いたての温か下着の出番です❢

7時前、生で体感する―15度(自然界でのこの気温は初めて)  ある意味感動とっても感動sign01

Img_0037 Img_0038

そしてこの青空sign03  最高ですheart04  「来て良かった」もうこの時点で満足度 200%

 ☟ ブルーベリー畑の近くから

Img_0040

振り返れば、コナラちゃんsign01

Img_0042

Img_0041大きくて立派なカメラを三脚に乗せて待機中…

そんなカメラマンが二~三人。

「何を待ってらっしゃるんですか?」

「特に何ってわけではないのですが…」

野暮な質問でした、自然が織りなす一瞬が勝負?

偶然やLUCKYが紡ぐ美の世界なんでしょうね。

☜ 樹氷ですぅ~snow

冷え過ぎたのか、カメラがさぼり始めました。

カメラまで凍った???

これ以上拡大できなくなってしまいました coldsweats02

やっぱり買わなくっちゃ❢

防水だけでなく、耐寒性のあるのを… sweat01

暫くカメラを温めて…

と、ニャンさんもお見えになられました heart04

「朝焼け御覧になった?」「寝てましたdownweep

ニャンさんがいたく感動なさってる様子に、これは珍しいんだと、あらためてお天気に感謝 lovely

Img_0043

白樺のヤドリギも凍ってる?  白い世界に月が沈み始めました。

Img_0046雪の結晶みたいでかわいいので思わずcamera

あらっ、こんな所に…❢

car rvcar Img_0054_2 gasstation

Img_0056近づくと結晶が見えます scissors

こんな時にまたまたカメラがストライキ coldsweats02

もう嫌になっちゃう sad

綺麗な景色、見たことない光景満載に、

「僕もカメラ持ってくればよかった…」

と、横でぼやく者一人…

「だから言ったのに…」は呑みこんで…

日が射してくると、木々の氷や積もった雪がキラキラ輝き始めます。 写真には収められず、残念。

Img_0058 Img_0059

先日拝見したブログ友の【霜】の写真の様にはいきません…crying   難しい…

 ☟ ロビーからテラスの方に出て見ました。 やっぱり綺麗❢ 

Img_0060

それにしても左端の雲が何時まで経ってもどいてくれません、しぶといなぁ~ coldsweats02

昨日は臨めなかった御嶽山にも逢えたし、これで満足して帰れます。

朝食❢  いつもながら凄い❢  マンゴージュースの手前はデザートのゼリーです。

Dsc_0720 Dsc_0721

焼き立ての小ぶりの鮎の塩焼きには蕎麦味噌山葵、これも美味しかった。 そして私は御粥❢

四つ葉のお皿はバイキングでとってきたおかかのふりかけに柴漬け、オクラと湯葉の和えものにサラダ。

テーブル横で焼いて下さる出汁巻き卵に温かいパン。  私はコーヒーとクロワッサンで締めました。

残りのパンは袋に入れてお持ち帰り、今日のおやつにします。

この後、ニャンさんが教えて下さった<白川氷柱群>を見に行く予定。 

そして運のいい事に、今日は『かまくらまつり』が開田高原西野というところで、開催されてるそう。

1時半頃のしなので帰るので、それまで貸し切りタクシーでそれらを適当に回ってもらうことにしました。

それまで、またまた一服休憩です。

ニャンさん御夫婦は、「あまりお天気がいいのでもう一泊することに…」とおっしゃってました。

「いいなぁ~up」  私達は家の都合もあり今日帰らねばなりません、それに今夜はもう満室です。

(満室で良かった、迷わなくってすみますものね coldsweats01

昨夜は3組10人強のお客さんで、お食事処も淋しい気がしましたが、やはり土日は一杯の様です。

又今度来る日を楽しみに…

« 開田高原(2月6日)一日目❷ | トップページ | 開田高原(2月7日)二日目❷ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

まだ朝焼けが残っている御嶽山の淡いピンクとお月様。
このお写真も条件が揃わないと撮れない写真です。
そして、霧氷。
十年以上、通っても今回が二回目の霧氷とのご対面♪
パンジーさん、ご夫婦は本当にラッキーです。
ブルーベリーの霧氷のお写真綺麗です♪
宿の作務衣にハンテン姿、バスタオルもって・・・失礼しました、、、、^^;
ちょこっと玄関付近を撮って温泉へのつもりが、霧氷に誘われコナラの場所まで・・・。
お恥ずかしい、、、、^^; 寒かったです、、、、
二泊目は、当初、満室だったのですが上手くキャンセルが出てとれました。^^
それから・・・御嶽山の左側の雲は、昨年噴火した場所で、
今だ水蒸気が噴出しております・・・・^^;
はい。三組のお客さんでは寂しいですね。
噴火の後、お客さんがなかなか戻ってこないとか、、、。

 おお~sign03
 やりましねgood
 素晴らしい青空、素晴らしい御嶽山。
 これだけの朝は、そうそうないと思います。
 拝見していても感動ものですlovely
 私は早起きはどんなときも苦手なので、
 朝の景色はみなさまのブログが頼り。
 お写真も実に見事にお撮りになっていて、
 良いものを見せていただきました。
 ありがとうございます

 御嶽山の左端の雲は、噴煙なんです。 
 ずいぶん収まりましたが、収束までにはまだまだ時間がかかりそうです。

 この分ですと、白川氷柱群も期待大ですね。
 充実の開田旅行、羨ましい限りです。
 私も参加したかったですぅ・・・
 
 

ニャンさん、そんなに珍しいのですか?
超Luckyなんですね、私達❢
御嶽山は天候の事もあるでしょうが、霧氷は寒けりゃ見られると思ってました。
常連さんのニャンさんのお言葉に、主人と思わずハイタッチ…です。
ところでお風邪召しませんでしたか?
あれだけ着こんでいた主人でも寒いと言って私の手袋していたのですから…
でもそれだけ珍しい光景だったんですよね。
わたしは、その引き換えに温泉一回断念しました(笑)

ようさんに「見事に…」なんて言われると、照れますなぁ~ (^^ゞ
あまりの美しさに感動しつつ、あの綺麗な山にまだ眠る方達がいると思うと…
手を合わせ冥福を祈りながらも、この山を直視できない方達がいらっしゃるかと思うと…
それなのに、うっかり者の私は「あの雲邪魔ぁ~」と言い続けておりました。
山に罪はないとは言うものの…
いつか是非ともご参加を… そんな機会があるといいですね❢

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 開田高原(2月6日)一日目❷ | トップページ | 開田高原(2月7日)二日目❷ »