2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 開花宣言❢ | トップページ | L’Odyssee d’Espoir »

2015年3月31日 (火)

『風に立つライオン』

写真も何もありません、私の記録・つぶやきです <m(__)m>

先日(3月29日)、大沢たかおさん主演の『風に立つライオン』を見にいきました。

シニアデビュー❢なのですが、主人と一緒なので夫婦50割引きでも一緒の1100円×2…でした(笑)

あまり映画に興味のない主人ですが、以前東京の焼き鳥屋さんで大沢たかおさんに会って以来気になる…?

「普通のセーターを普通に着てるだけやのに、めっちゃカッコ良かった」とのこと。

確かに男前さんですが、テレビの中ではそれほど目立つほどのniceルッキングではないと、私は思います。

テレビよりいい男らしい… となると私も気になる…

そんなこんなで、主人も超乗り気の映画館行きでした。

内容は簡単です、でも感動しました、考えさせられました、重たいものがドッシ~ンと心に淀んでます。

戦争というこれ以上にない残虐極まりないバックグランド、なのに映像自体は穏やか。

「掘り下げ方が足りない」「甘い」と御指摘なさる方もいらっしゃるかも知れません。

それほど優しくって温かい物も詰まってました。

これでもかこれでもか…という映像はなく、どちらかと言えば事実(?)を淡々と…

だからこそ想像し考え…  「さぁ、あなたは?」と、尋ねられてるような気がしました。

今まで心地よかったさだまさしさんの歌が、ズッシ~ンときました。

青空のもと桜を見る幸せをかみしめながら、知らないところで知らない人が私の知らない生き方をしてる…

そんな事を考えながら、今日も歩いてお買い物です❢

« 開花宣言❢ | トップページ | L’Odyssee d’Espoir »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント


私も 観たい映画が2つあって どうしようかと悩んでいたのですが
パンジー様のブログに触発されて 見に行こうと思います

次の問題は 夫婦割引で行くか シニア割引で行くか。(笑)

 私、カミングアウトいたしますが、40年来のさだファンです。

 『風に立つライオン』 を初めて聞いたときは鳥肌がたちました。
 さださんは、いろいろなテーマの曲を書かれますが、
 ドラマチックな歌の中では、壮大さにおいては群を抜いてますよね。

 初め、『キリマンジャロの雪』という題だった曲名を、
 「風に立つライオンでありたい」という歌詞を書いて、すぐにチャチャッと消して、 
 『風に立つライオン』 という題に変えた、とか、
 小説や映画にまつわるあれこれは、
 さださんご本人が、話されたり、書かれたりされているので、
 見聞きする機会がありますが、
 映画そのものについては良い映画だということしか伝わってこないので、
 パンジー様のご感想を伺えて、とても良かったです。
 なるほど・・・と、映画を見ていないのに、頷いています(笑)
 
 
 
 
 

shinmamaさんが見に行きたいとお考えの映画は?????
晴れてシニアになった時は、「これでいつでも1100円❢」意欲満々でしたが、
結局のところ、タイミング逃し続けて今日に至る…でした(笑)
最近はすぐに入れ替えされちゃうので、「思いついたら即dash」ですね。
慌ただしい事です…

うつきようさん、さださんのファンでいらっしゃいましたか…
私は熱烈なファンではなく、この曲も映画公開に至って初めて知った次第。
でも彼の詩のドラマ性には強く魅かれておりました。
勿論あの独特なメロディーも…。
何方がおしゃったか『教祖様』がぴったりですよね。
でも彼のラジオ番組での噺をまとめたCDを聞いてると、涙が出るほどおかしくって、
とても同じお方とは思えません…(笑)

近頃映画情報にも疎い私ですが
「風に立つライオン」と読ませていただき、漠然としてではありますが
ストーリーが浮かんできました。
私も うつきよう様と同じく さだまさしさんは昔から好きです。^^
はい。グレープの時代から ♪
特に「風に立つライオン」は今でも時々CDを聞きます。
あの壮大さ そして歌詞のひとつ ひとつに 人はどうあるべきか?と
考えさせられます。

ニャンさんもファンでらっしゃいましたか❢
何も知らなかった私ですが、映画を見てからこの曲を聞くと一層身にしみます。
温かいが故にせつない、優しいが故に哀しい…
まだ見ぬ雄大なアフリカの光景を思い浮かべながら…
でも映画を思い出すと、心の鉛弾がうずきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 開花宣言❢ | トップページ | L’Odyssee d’Espoir »