2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ベルギー・オランダ8日間*5月11日 Amsterdam へ | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月12日 お昼は中華 »

2015年6月26日 (金)

ベルギー・オランダ8日間*5月12日 [Van Gogh & co]

ちょっと鬱陶しい空の色ですが、毎朝こんな感じ、でも次第に回復してくれてます、今日も…???

予想最高気温は16度。  風がなければいいのですが…

今日はアムステダムの街から83km離れた所にある『De hoge Veluwe(デ・ホーヘ・フェルウェ)国立公園』へ。

オランダ最大、5500haの広さを誇る国立公園です。

でも、この公園散策に行くのではなく、ゴッホのコレクションで知られる『クレラー・ミュラー美術館』が目的。

☟往きの飛行機同様、ゴッホ没後125年で、近くの街もゴッホで盛りあがってるようです(車窓)☟

P5120650 P5120651

P5120732_2P5120656緑あふれる公園の中、

バスを下ります。

お出迎えは、この方heart04

オズワルドおじさん。

何だか可愛い❢

雨でなくって良かった。

とてもゆったりしてます。

チューリップとモダンアートもお出迎え…  今までの美術館とはちょっと趣が違います。

P5120655 P5120660

館内に入るや早速、ゴッホシャワーです(笑)。  私でも知ってる『自画像』に『アルルの跳ね橋』

P5120667 P5120672

P5120675 P5120677 P5120679

P5120684ミレーの『種まく人』を参考にした

ゴッホの『種まく人』

☟こちらは頭抱えて嘆く老人

P5120685_2「そんなにお金

使わないで~」

と、依頼者の

気持を代弁。

そんな冗談を

聞いたけど、

本当かも?

『The potate eaters』やお世話になっていた方達のポートレート。 

P5120689 P5120692

P5120697『夜のカフェテラス』

体調次第?気分で?   色や雰囲気が変わるような気がします。

P5120699

☝こんな絵も描いていたなんて知りませんでした。

P5120702 P5120706 P5120708

P5120712私が一番気にいったのは、この絵 ☞

この枯れてるひまわりです。

でも種になるんですよね❢

P5120710

ルノアールやモネの絵も。 絵画が多いですが、彫刻類やブロンズ像もあります。

P5120695 P5120714 P5120722

スーラの『シャユ踊り』発見、そしてピカソの『Violon』 に『ふくろう』  このあたりも好きな感じだわlovely

P5120716 P5120718 P5120723

それにしても、柵もロープもない展示に感動です。 流石に有名な絵の前では立ち止まる人が絶えません。

それでもゆっくりじっくり、「私の絵」みたいな感じで拝見できるのが嬉しいです。

遠くまではいけませんが、庭園彫刻を見に出て見ました。   青空が見えてきてます happy01

P5120726ドラム缶積んだオブジェの前で、お勉強に来た高校生達も「???」

P5120725ベルギー王立美術館

で同じ作品見ました

古い建物の中では

とても気味悪く感じ、

写真も撮らず。

でも明るい庭では

そうでもない…

「人間の悪」を表現?

ツアーの哀しさで、集合時刻には行かねばなりません。

再びバスに揺られてアムステルダムの街に戻ります。

« ベルギー・オランダ8日間*5月11日 Amsterdam へ | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月12日 お昼は中華 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

今日は。
アムステルダムでお着物をお召しになるとはお洒落!
そして、日本の装いをご披露して頂いたパンジー様に感謝。
私も夫も海外は好きで家にも数点、飾っております。
ゴッホの作品は流石に我が家のはありませんが
結婚前に岡崎の美術館にゴッホ展見に行きました。(^^)

パンジー様

すっかりご無沙汰してしまって・・・。
いつも読み逃げばかりで申しわけありません(m_ _m)

真珠の耳飾りの少女の絵の前には木の枠が設けられていたのですか。
私が行ったときはありませんでした。
見学者が多くて絵に寄りすぎることを懸念したのでしょうか。
でも日本と違ってかなり近くで見られますよね。


いつもながら 海外の美術館は撮影をさせてくれるのでいいですね。
営利目的ではなく 自分の記憶のために、写させてよ、、と思うのですが、
残念ながら 日本では難しいですね。

ゴッホやピカソが 若いころに描いていた絵を見ると
晩年の絵も 違った目線で見ることができますね。

垂涎の美術館です。

ニャンさん、日本人代表…は荷が重いですが、着物だと即VIPになれます(笑)
絵を見るのは楽しいですよね、「これ好き❢」「コレ何?」なんて好き勝手言いながら…
でもどちらかと言うと、入れ物、建物の方に興味があります。
モダンな建物、昔のお城、もとお屋敷云々、これは世界共通かしら?
日本でも海外でも、芸術と共にその入れ物を堪能するのは楽しいです。


みやびさん、お久しぶりです。
「人気者は辛い」といったところでしょうか?
心配になるほど傍まで行けますものね。
ルーブルでもモナリザだけはガラスの中ですし…
今回見る限りでは、見学者が殺到するようなことはなく、皆さん静かに拝見。
小さい頃から、美術館や博物館では静かにする事を学んでるようです。
そういう事を教えるためにか、小さなお子様連れを結構見かけました。
そしてこの名画の前でデッサンしたり、何やら勉強する生徒さん達も。

shinmamaさん、おっしゃられる通りです。
日本での○○展はたいてい円熟した頃?高額な有名になった代表作ばかり…
「こんな絵も描いてたのね」と言う発見は、知ってるはずの絵まで新鮮にしてくれます。
勿論、日本の美術品もですが…
美術鑑賞が売りのツアーではありませんでしたが、たくさんの出会いに恵まれました。

 ドックの間、スマホで拝見していましたが 、
 先月末に機種変して、ずいぶん画面が大きくなったとはいえ、
 やはり小さい!
 帰宅後改めて拝見。
 美術館で写真がOKなのはいいですよね。
 ゴッホ、好きです。
 ご主人様とのツーショットも素敵。
 お召しになられたお着物は、
 私の記憶違いでなければ、カンボジアのクメール織の生地でお作りになったお着物ですよね。
 きっとあちらの方の目を引いたはずですのに、残念!
 お立ちのお姿も拝見したかったです。
 
 

うつきようさん、御明察❢
外国では華やかめがいいと思い、そしてこの着物は丈夫なので…(笑)
目立ちたくって、「ほぅ~」と言ってもらいたくって着てるのに、ほんとに残念(爆)
なにはともあれ、絵画はたくさん見ました、触れそうなところで…
名画盗難のニュースを聞きますが、何となく納得できるものがありますcoldsweats01
わたしも出先などで、スマホでブログを拝見するのですが、如何せん画面が小さい。
お写真は、あらためてパソコンで見直さないと…
老眼が拍車をかけますしね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベルギー・オランダ8日間*5月11日 Amsterdam へ | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月12日 お昼は中華 »