« ベルギー・オランダ8日間*5月9日 Brugge の夜 | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月10日 Brugge 市内観光後半 »

2015年6月 9日 (火)

ベルギー・オランダ8日間*5月10日 Brugge 市内観光前半

sun 文句ありません。  風はさわやか、快適。  予想最高気温は21度。

まずは市内観光に出かけます。   昨夜の様に運河沿いに、マルクト広場に行きます。

昨夜覗いた広場です、あのライトアップを見た広場です。

運河クルーズ乗り場まで、抜け道・細道・謎の道を抜けるのですが、結構昨夜見た景色に遭遇します。

工事中の『メムリンク美術館』を横目に  (見た見た…)  shoe shoe shoe shoe shoe

☟一番小さな橋(これもローラが教えてくれた) 後でこの下を船で通るそうですが、狭いし低い…sweat02

P5100328 P5100330

P5100333

☝まだ残ってる木造の家もあります。

川・橋の上からの眺めながら shoe shoe shoe shoe shoe

運河クルーズ乗り場に到着。

でもまだ営業開始前の様です。

9名の小さなグループですから、何事もスムーズ。

で、いつもやや早めに早めにできちゃいます scissors

今回も交渉結果、早めに出発 ok

誰もいない運河を行きます notes notes

運河沿いのお家は、船着き場を持ってます。 その名残を両岸に見ながら… 橋をくぐり…

P5100335 P5100346

花咲く中を… 窓の飾りを見ながら… 有名な窓際ワンちゃんがいたのですが、この頃お留守だそう。

P5100351 P5100352

遠くに鐘楼を見… 岸辺のお洒落なディスプレイ見つけ… 卵温めてる白鳥さんとエール交換…

P5100357 P5100363

岸辺の人に手を振りながら、30分程のクルーズ。  戻ると列を作って待つ人達。   

P5100367

P5100368_3再びshoe shoe shoe

知らない土地に来ると気になるこんな路地sign01

行ってみたい…と思ってると、「ここ行きましょう」

こんな道も… 両側、いずれも古いお家です。

この門の跡みたいなのがつっかえ棒になってるのかな?

抜け道が楽しいウオーキングです。

☟この公園も昨夜通った… この作品に覚えあり…  

Cimg4588 P5100372

P5100373そうそう、ローラが「beer brewery」と教えてくれた建物☝

この三日月マークを撮りたかったのですが、昨夜はあっという間に通り過ぎ…

見学できるといいのですが、ツアーの悲哀を感じつつ、今回は前進あるのみ coldsweats02

でもここの beer 飲みたいなぁ~heart04

なんてぶつぶつ言いながら shoe shoe shoe 時々eye eye そして絶えず camera

着いた先は昨夜散歩した『愛の湖公園 Minnewater Park 』です。

かつてはブルージュの内港だったのですが、今は水門で区切られ湖に。 周辺も整備され公園に。

P5100376「いつもなら卵抱いてる白鳥がいる頃なのに、

今年は全然いないの。  残念な年かも…」

そんなガイドさんのお話聞きながら…

sign03」 おっとこのカップル、巣作りしてるようです。

一生懸命、枝をくわえて引っ張ってきてます。

あまりに非力なので、お手伝いしたくなります(笑)

ガイドさんもとっても嬉しそう。

「良かった、又babyが見られるわ」

ガイドさんは殆ど立ち停まることなく、さっさと橋を渡ります。 この橋の下を先ほど船で通ったのです。

P5100378 P5100379

門を抜けると『ベギン会修道院 Beginhof 』です。 門をくぐっただけなのに違う世界に来たような…静か…

13世紀より自身で生計立てる女性たちの共同生活の場として、今はベネディクト派の修道院です。

P5100380中庭を白い小さなお家が囲んでます。

鳥の巣箱の様なものは、芸術だそう???

あまり好評でない… 私的にも「早く元に戻して❢」

そしてここは、オードリーヘップバーンの

『尼僧物語』の舞台になった所でもあります。

もう少し早かったら、一面の水仙が楽しめたのですが…

何かで「紫の水仙もある」とか聞きましたが、勘違い?

いずれにせよ、今回は緑の綺麗な庭でした。

P5100381P5100386ぐるっとお庭を回って、

違う門から出て…

そろそろ団体さんが…

橋からの眺めが素敵sign03

橋の向こうは先程の

『愛の湖公園』です。

今度はゆっくり公園散策。

P5100390

次第次第に人が増えてきました。   

そろそろ退散し、次は鐘楼のある中心広場『マルクト広場』傍の『Burug (ブルク)広場』に向かいます。

« ベルギー・オランダ8日間*5月9日 Brugge の夜 | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月10日 Brugge 市内観光後半 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 毎度のことながら、
 どこをどこから眺めても素敵!
 運河の川風も心地よさそうですね。
 水嵩が増しても大丈夫なようになっているとは思いますが、
 昨今の異常気象が心配です。
 木造のお家もあったんですね。
 戦火には遭わなかったのでしょうかね。
 前夜の馬車、やっぱり良かったですねscissors

うつきようさん、戦火でやられなかったのは奇跡に近いと思われます。
街の中心は全滅してますものね。
水は珍しくない日本人ですが、取り囲む建物で、すっかり本の世界です。
あちこちカメラ向けまくったものですから、整理に追われてます(笑)
水はたっぷりで、溢れないかと、わたしも心配になりました。
昨今穏やかで災害とは無縁に思える所が、悲惨な事になるんですもの。
ここベルギーオランダの気候も、やはり世界と同じよう異常が多いようです。
そう、馬車に乗ってよかったと、今は自分に「Good job❢」です(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベルギー・オランダ8日間*5月9日 Brugge の夜 | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月10日 Brugge 市内観光後半 »