2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ベルギー・オランダ8日間*5月12日 アムステルダム国立美術館 | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月12日 夕食 »

2015年7月 2日 (木)

ベルギー・オランダ8日間*5月12日 運河巡り

頭の中に小さな美術の本棚を作った感じで、次の予定に向かいます。

P5120810車窓から、運河を行く船が見えます。

ツアークルーズ???

私達も今、運河巡りの船乗り場に向かってます。

船着き場はアムステルダム中央駅の傍だそう。

東京駅のモデルになった駅です。

それにしてもいいお天気になってきました。

いくら屋根のある船とはいえ、お天気が有難い。

そして、クルーズは 1時間ほどだそうです。

おや?もしかして『ハウスボート』では…sign02  テレビで見た事あります。 窓越しだと写し辛いけど…

P5120811 P5120812

ここのハウスボートは固定されてます、移動しません。  そして普通の家とお値段はそう変わりません。

ボートハウスとかハウスボートと聞くとお安いのかなって思っていた私には、目から鱗です。

まだ4時過ぎのせいか、お出かけ(お仕事)で窓のしまってるお家が多く、軒並み閉店の商店街みたいです。

乗り場に到着。 背後に見えるのがアムステルダム中央駅。  1889年に完成したレンガ造りの建物です。

P5120816

いよいよ出発。 日本人は私達だけですが、アジア系の方・ヨーロッパ・アメリカと船内はインターナショナル。

窓からハウスボートが見えてきました。  美女が二人日向ぼっこsign01  窓際でない事が悔やまれます coldsweats02

P5120819 P5120828

運河沿いの建物最上階から突き出てる棒は、いろんな物を搬入・搬出する際の滑車取り付け用。

今でも大きなものはこれを使って窓から出し入れするそうです。

Cimg5011こちらもハウスボート。

窓際に座った主人が撮ってくれました。

もうお帰りの様。 カーテンが開けられてます。

中を覗いてみたくなりました。

確かハウスボート・ミュージアムというのがあるはず。

今日帰ったら調べてみましょう。

多分このハウスボート村(?)にあるはずですから…

と、CAT museumを見つけて、猫好き仲間が絶叫sign03

2組が、「明日一緒に行かない?」と相談、そして確定のようです。

そうこうしてる間に、運河からアムステルダム川へ。  そして『マヘレの跳ね橋』が見えました。

P5120832

☟ 拡大 search

P5120833

自分の座った位置を呪います。  もうちょっと考えて座らないといけませんね、反省反省です。

でも私に替り、窓側主人が頑張りましたscissors  橋が何重にも重なって見える所です☟

Cimg5027

こうやって見ると、拡大しすぎでピントが甘い。  でもGood Job sign03

P5120847船を下り、再びバスに。

そろそろホテルに戻ります。

ハウスボートを見ながら、「やっぱり中を見たい❢」

調べなくっちゃね。

一人で、明日の行きたい所をリストアップ。

ただどうしても主人の足腰を考えると…coldsweats02

あらっ、ズ~ッと一緒に歩いてますよ、歩けてます。

旅行の時は、痛くっても歩けちゃうんですね coldsweats01

さて、今夜の夕食は自由なんです。

添乗員さんがお薦めのホテル近くのレストランは、いつの間にか閉店していたそうで、彼女も「困ったな」

でもホテルのコンシェルジュが近くで美味しいお店を紹介してくれたので、私達は7時に予約しました。

オランダ料理は、オランダ人本人が「おいしくないよ」という代物。

オランダで美味しいものを食べる時にはフレンチに行くそうです。

というわけで、お墨付き頂いた今夜のお店もフレンチです。    楽しみぃ~heart04

« ベルギー・オランダ8日間*5月12日 アムステルダム国立美術館 | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月12日 夕食 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベルギー・オランダ8日間*5月12日 アムステルダム国立美術館 | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月12日 夕食 »