« ベルギー・オランダ8日間*5月13日Keukenhof ② | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月13日 Amsterdam 市内散策 »

2015年7月 8日 (水)

ベルギー・オランダ8日間*5月13日 『ハウスボート・ミュージアム』へ

「アムステルダム市内を自転車で走り回る」…そうしたいのですが、腰痛主人には無理 ban

P7051094となると、ウロウロするのに一番便利なのがトラム。  

面白いことに、チケットは乗車距離ではなく乗車時間単位なのです。

つまり1時間券(€2.9)、24時間券(€7.5)、48時間券(€12)、

そして、72時間券(€16.5)

最初に乗った時からの時間ですので、

1日券を今すぐ使ったら明日の昼ごろまで有効なんです。

乗る時&降りる時に、ドア脇の器械にタッチするだけ、世界共通ですね。

有難い事に、ホテルで一日券を売ってました。

地図も頂いて、出発です。

停留所は道路の中央にあるので解りやすい。

最寄りのCornelis Troostplein駅から12番トラム、途中乗り換えてWestermarkt駅へ。

『アンネの家』も近くにあるのですが、今からだと二時間待ちと聞きました。  

当然却下、初志貫徹、『ハウスボート・ミュージアム』に直行です。

あまり目立たないので、通り過ぎてしまう所でした。  一度気付けば結構分かりやすいのですが…coldsweats01

P5131002 P5130982

入口脇の看板によると、このボートは1914年建造の”Hendrika Maria”で、商業用の帆船だったそうです。

どなたもいらっしゃいません、たしか「open」だったはずですが…  

P5130981P5130983恐る恐るボートの方へ…

岸から、「water」の管。

水や電気、全て ok

なるほど、ボート型の家sign03

これでは動けませんよね。

小さな穴の様な入口、

急な階段が見えます。

誰もいない、音もしない。

「入りますよぅ~」

梯子の様な階段を…

P5130996降りた所のカウンターに、お嬢さんがいらっしゃいました。 

入館料?€4.5  

構造は簡単、縦一列に部屋が繋がってるだけ。

なので、自由に勝手気ままに拝観。

背の高い彼女を御覧になってお解りでしょうが、

天井も普通に高いです。

☟先ほどの梯子の様な階段下りた背後の部屋   お向かいは洗面所、如何せん近すぎて…coldsweats01

P5130984 P5130985  

P5130997_2お隣に戻ると、さっきの受付の部屋。

よく見るとキッチン。

彼女がス~ッとどいて下さいました。

今でも使えるようです。

コンパクトですが、使い勝手よさそう、

三口コンロにオーブンもついてます。

丸い窓が可愛いいlovely

☟続きはリビング、キッチン側&反対側からcamera                                        

P5130986 P5130987

☟そのお隣はベッドルーム、ベッドはやや小さめ。  ☟そのお隣はオーディオルームになってました。

P5130988 P5130990

このハウスボートでの生活の映像を座って拝見できます。

見た所、生活はいたって普通、でも屋根の草花に水撒きする光景は、ちょっと楽しい。 

P5130993この部屋の奥は船尾で、ここにもベッド。 

上に上がる梯子が少しのぞいてます。

そしていろんな生活用品が置かれてます。

ロフトのイメージですね。

隠れ家みたいで面白そうです。

床が平らでないのが解ります。

この部屋はガラス窓越しに見るだけで、

入れませんでした。

リビングやベッドルーム?の窓から外を覗いてみました。  お向かいさんに岸の建物。 

P5130995 P5130994

思ったよりははるかに広いですが、それでも小さなボート。 説明を読みながらのんびり拝観しました。

梯子で再びデッキに出ると、昨日乗ったクルーズ船がやってきました。  思わず手を振って…coldsweats01

P5130998 P5131000

デッキの椅子に座って、暫し住人の気分 heart04    窓から見たお向かいさんは御留守のようです。

いろんな管で陸と繋がってるだけでなく固定されているのか、揺れません。

これなら船酔いの心配なさそう、そして虫もいないし、臭いもしません。

排水やごみ処理、きちんとなされてるのでしょうね、とても清潔な住居環境です。

テレビで見たハウスボートを実際に目にすることができ、そして入る事ができてとても満足。

訪問客は多くなく、私達の前に1組、私達の後からもう一人いらしただけでした。

« ベルギー・オランダ8日間*5月13日Keukenhof ② | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月13日 Amsterdam 市内散策 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 私もボートハウスの中が気になっていたので、
 拝見できて、満足です。
 揺れるのかなあ、と思っていましたが、
 なるほど、これでは揺れそうもありませんね。
 好きな川に行って住めたら面白いでしょうけれど、
 そうはいかないんですね。

花いっぱい、緑いっぱい、綺麗ですね。
チューリップも種類が多いです。
花弁の形も変われば、色のグラデーションも変わる。^^
チューリップも花一輪だと寂しいですが、たくさん集まればとても華やか。
ハウスボート外から見るより船内ははるかに大きいし、
機能的な作りになっているんですね。
ハウスボートの生活を一寸経験してみたくなる写真でした。^^

うつきようさん、以前テレビで動いて好きな所に行けるハウスボートを見たのですが、
どこのかよその国だったようですね。
自由に行きたい所に行けるのは素敵ですが、そうなると水くみや自家発電装置も必要?
棲むとなると、いろんな問題や御苦労があるのでしょうね。
オランダでは、このボートハウスは地上のお家と変わらないお値段だそう。
実際に住んでらっしゃる方に、ハウスボートを選択した理由をお聞きしてみたいものです。

ニャンさん、わたしも一泊二日くらいならハウスボート体験してみたい…
そんな貸しボート?ホテル?があってもいいと思うのですが…
家を綺麗にしお洒落に生活する事を大切にするオランダ人故、内装は素敵なはず。
外観も、花で飾られたり、可愛い椅子が置かれていたり、考えられてます。
運河沿いを、もっともっとハウスボート眺めながらぶらぶらしたかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベルギー・オランダ8日間*5月13日Keukenhof ② | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月13日 Amsterdam 市内散策 »