2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ベルギー・オランダ8日間*5月13日 Keukenhof ① | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月13日 『ハウスボート・ミュージアム』へ »

2015年7月 5日 (日)

ベルギー・オランダ8日間*5月13日Keukenhof ②

風車から見たボートが気になります。  どうもクルーズ用、そしてまさに準備中って感じです。

風車を出ると、なんとすぐ傍にそれらしいブースを発見。

やはり、花畑を巡るボートツアーで、所要時間45分、10時過ぎに開始。  今10時、やったぁ~sign03

でも始発のボートは既に予約で一杯 coldsweats02 、今からだと乗船は11時前 weep

調べておけばよかった…  そして再びツアーの哀しさをかみしめながら、断念 crying         

となるとやはり、日本人としては日の丸マークの『とっとり花回廊』()を無視できません。

P5130905P5130906やはり紅葉に桜。

石組や水に日本が見えます。

オランダは水が豊富ですから、

このせせらぎに感動はないでしょうが、

段々に流れていく様子には、

日本を感じてるのでは?

緑の世界ですが、満艦飾の花畑にも

負けない美しさを表現してました。

新緑の頃だから、余計に…sign03

でもチューリップ達の色を見るとやはりカメラを向けたくなります。

P5130909 P5130910

ほんとにチューリップって、いろんな色だけでなく、いろんな姿の花があるんですね。

更に行くと今度は『Beatrix(蘭縁)』()  でもなんだか「作られた」って感じが強くって好きになれません。

P5130913 P5130917 P5130920

花は綺麗。 人間は何でも作っちゃうんですね、青い蘭まで。  花壇のチューリップさえ自然に見えます。

ここはつつじでいっぱい。 カメラ持って馳せ参じる人も多いです。 そして園内の人が増えてきました。

P5130922

さっき風車から見た跳ね橋もどきが気になり、そちらへフラフラと向かいます。 

まっこと「もどき」で、いたって普通の橋でしたが、停めてあるボートに乗って記念撮影の方が絶えません。

P5130923_2P5130925_3園内のチューリップは花が第一。

でも畑のチューリップは球根命。

風車から見た畑は既に空っぽ。

が、ここにはまだ残ってました。

やはり花は既にチョンチョン hairsalon

可哀想ですが、仕方ありません。

畑の赤い筋は切られた花です。

この後球根を育てるために…

tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip

黄色いチューリップの向こうに人だかりが…  そして黄色い壁…  地図ではかしら?

P5130926 P5130932

ゴッホ関連の展示でした。  二人で額縁に納まって、気分は「○#公爵」と「△*夫人」

運河の向こうにWilliem-Alexander()の建物や黄色のミッフィーが見えてきました。

P5130934

行きにスル―した建物『Orange Nassau』()に入ります。      ここのテーマもゴッホ。  

そして右写真はゴッホのアトリエ? 只今制作中のゴッホさんの背中に屋根のフクロウ、壁の花は勿論生❢

P5130936 P5130945

いろんな仕掛けがあって楽しめます。 まずはドレスを着て再び「△*夫人」 当然ですが生花です。

P5130938 P5130941 Cimg5205

この「ひまわり」はファン・ゴッホ美術館のかな?ロンドン・ナショナル・ギャラリー?

でも私は、新宿の損保ジャパンの美術館所蔵の同じ構図の絵、つまりこれらの兄弟かな?を見ただけ。

(因みに、以前主人はゴッホ美術館で、三作品揃ったのを見た事が自慢です)

P5130943 P5130948

「これ見たねぇ~」「これも見た❢」と言いながら…  「でもひまわり見てない…」「僕見たもぉ~ん」

思っていた以上に素敵な、面白いディスプレイでした。

P5130951 P5130954

園内には、桜も植えられていて、只今花盛り。  オランダで花見ができるとは思いませんでした(笑)

戻ると、来た時はなかったのに、大きなオルゴールが鳴り響いてました。 そしてはしゃぐ子供達 lovely

P5130961 P5130962 P5130963

苺屋さんheart04  このくらいの気候だとかき氷や冷たい飲み物より苺が魅力sign03  たっぷりのクリームと…

苺は甘くはありませんでした、まだ青い感じの味。 で、クリームと一緒に… ビタミン補給です❢ 

ピッタシ集合時刻、ここからバスでアムステルダムの街に戻ります。

駐車場は今まで見たことないほどの数の観光バス。  「各自自分でバスに戻る」じゃないわけです。

添乗員さんの、「珍しいですよぉ~」の声に、前を見ると…

前方は、赤信号に遮断機。  そして道路が持ち上がってきました…???  慌てて camera 構えて…

P5130966 P5130968

あの船が通って行ったのね。  そして道路?橋?が下りはじめました。  遮断機が上がって、通行 ok

P5130971 P5130974

一番前に停まったので撮影できました scissors   でも動画を撮るなんて思いつかず、後でショック… 

午後はフリー。  その予定を決めねばなりません。

主人は、「もう『ゴッホ美術館』は行ったからいい」      私は行ったことないんですけど… coldsweats02

又事がややこしくなるのは嫌なので、「へぇへぇ…down

ここは先に主張した者勝ちなので、「ハウスボート・ミュジアムとムント塔のデルフト焼き屋さんsign03

戻ってくる時刻は不明なので、昨夜のレストランは諦めます。

でもホテルの近くに美味しいお惣菜屋さんがあると聞きました。

グラム単位 or 一個単位で売ってくれるそう。  ちょっと面白そうです。

てなことを考えていたら、ホテルに到着。

« ベルギー・オランダ8日間*5月13日 Keukenhof ① | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月13日 『ハウスボート・ミュージアム』へ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 広~いですねえ!
 チューリップの数といい、種類といい、
 さすがに本家本元の本場!
 チューリップばかりでなく、いろいろな花のオンパレードで
 ほんとうにきれいtulip
 ディスプレイもふんだんに生花が使われていて、
 管理が大変でしょうねえ!
 ゴッホさんのディスプレイも、趣向が凝らされて飽きさせないですね。
 時間の制約がなかったら、一日居続けてしまいそうです。
 晴れて本当に良かったですね。
 

 

うつきようさん、お返事遅くなり申し訳ありません。
仰られる通り、滅茶苦茶広くって、お天気が良ければ一日いたい場所でした。
ボートから見る花畑も楽しいだろうなぁ~と、今でもちょっぴり悔しい。
自由気儘な自分旅していても「あれもこれも」と欲が出てくるので、
きっと際限ないのでしょうが、それでももっと時間があったらと思ってしまいます。
それぐらい気候に恵まれた旅でした。
今度はチューリップ畑のストライプを狙って来たい。
とかいいながら違う国、違う町に行くのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベルギー・オランダ8日間*5月13日 Keukenhof ① | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月13日 『ハウスボート・ミュージアム』へ »