2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ベルギー・オランダ8日間*5月12日 運河巡り | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月13日 Keukenhof ① »

2015年7月 2日 (木)

ベルギー・オランダ8日間*5月12日 夕食

今夜のお食事は各自自由です、はてさてどこに行きましょうか?

しつこいようですが、事前調査する時間なくこちらに来たため、情報は慌てて買ったガイドブックのみ。

頼りになるのがコンシェルジュ、しかも五つ星とも言われるホテルですから使わない手はありません。

ホテルに戻ってくるのが6時半頃、それからあまり遠出はしたくありません。

歩いて5分程の所に新しくできたフレンチのお店がなかなか好評との情報を得、七時に予約 scissors

フォーマルなお店ではないと言うので、軽く身支度整えただけで出かけました。

部屋の窓から見えていた運河沿いに shoe shoe shoe shoe shoe

Dsc_0255交叉点を右に曲がって…  橋を渡って、もう一つ大きな通りを越えます。

信号でストップsign01

おや? 流石自転車の国、自転車道の整ってる国sign03

自転車専用の信号があります。

信号のない所を横断する際、自動車は停まりますが、自転車は停まりません。

danger 自転車最優先です。

この信号が絶対必要な国です。

この向こう右手に見える角のお店が目的の『EAU DE VIE』だと思われます。

当りsign03  素敵なカップルが窓際でお食事してらっしゃいました。 もう少し綺麗にしてきたらよかったsign02

Cimg5049 Cimg5052

Dsc_0257先程の信号の見える窓際のお席に案内されました。

20名ほどで満員になりそうです。

先客は2組、お洒落な雰囲気漂うお店。

「そうだ、着物着てくれば良かった❢」   もう遅いけど…coldsweats01

確かにフォーマルなお店ではありませんが、お洒落してきたいお店です lovely

ホールスタッフは、陽気な雰囲気のおじさま一人。

「メニュー見せて下さい」とお願いすると、「まずは御飲み物から…」

そうですよね、食前酒頂きながら、ゆっくりメニューを拝見…ですよね。

私はスパークリングワインを、主人はオランダのビールを  notes notes

Cimg5054_3Cimg5055アミューズ・ブーシュと共に。

オリーブが美味しかった。

手前のお皿は、

アスパラかお豆系の

オーロラソース和えだった?

もう記憶が薄れてしまい…

   <m(__)m>

で、じっくりメニューを❢

オランダ語ですが、下に英語も併記されてます。  何とか把握 coldsweats01

前菜+メイン+デザート、もう一品多いコース、更にシェフお薦めコースもありますが、多分多いsign03

私は取り敢えず前菜(ホームメイドダックレバー)のみを注文。   ダックレバーと言う事はフォアグラsign02

主人は前菜に貝柱を、メインにベルギー牛のヒレステーキを注文。   白ワインにチェ~ンジheart01

Cimg5057 Cimg5058

☟わたしのフォアグラ、無花果のコンポート添え、ラズベリーと林檎のソース heart04

☟思った通り、馬鹿でかいフォアグラです。  先ほどのおつまみとパンで結構お腹膨れそうです。 

Cimg5059 Cimg5060

主人の前菜の貝柱もホウレン草とベーコンでボリュームアップし、日本人的にはメイン☝

Cimg5061

Cimg5063_2フィレステーキは赤ワインで。

ボリューム結構あります。

1品追加したのですが、

写真が見当たりません。

きっと撮らずに… coldsweats01

2人の記憶もあいまいで…   

情けない…

パンも美味しくっておかわりしちゃいました、お陰でお腹一杯 delicious     でも別腹 heart04

私はタルトタタンを頂きました。  コーヒーと共にチョコやプチケーキ、クッキーも lovely

Cimg5062 Cimg5065

美味しかったし、雰囲気も良かったし、文句なしのお店でした。

異国人の片言英語を一生懸命理解しようと、そして楽しめるようにと気さくに話しかけてくれたり…

そんな温かいお店でした。  

明日の夕食も自由です。 「もう一回来てもいいね」と言いながらホテルに向かいました。

Dsc_0259Dsc_0258先ほどの橋で入り日を…

向こうにホテルも見えます。

☟運河沿いの遊歩道。

Dsc_0260

ワンちゃんとお散歩する人。  そしてワンちゃん用落とし物入れ袋とそれを廃棄する入れ物☝

あちこちで犬を見かけますが、みんなお行儀がいい、躾が行き届いてます。

ボートの手前に何やら動くものが…   鴨の一種のよう。  目の周りの茶色が外国です。

Dsc_0261 Dsc_0262

運河側のホテルの入り口に戻ってきました。  通勤の方達の自転車でしょうか?  整然と並んでます。

Dsc_0264ところで街中で見かける自転車族が格好いい。

とくに子供連れの自転車のデザインは様々。

ここにも日本で見ないタイプが停まってました。

前の籠にはちょっと大きな子、後ろには小さな子?

勿論前の籠は荷物入れにもなります。

スーツ姿のお母さんやお父さんが、こんな自転車で、

幼稚園?保育園?に子供を連れていくんです。

とってもお洒落に見えます。

足が長いからかな?  自転車姿がめっちゃ素敵なんです。

皆、すごいスピードで走って来て停まりませんが、ちゃんと曲がる時には手で指示してます。

オランダはほんとに真っ平らの国。  自転車が活躍しやすいお国ですね。

日本も自転車道がきちんと整備され、自転車操作の教育も行き届けばいいのになぁ~と…

« ベルギー・オランダ8日間*5月12日 運河巡り | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月13日 Keukenhof ① »

旅行」カテゴリの記事

コメント

 ボートハウスはさながら水上のトレーラーハウスといったところでしょうか?
 湿気は?
 虫は?
 と気になるところですが、
 窓のデザインも素敵で、ちょっと滞在してみたいですね。

 そういえば、オランダ料理と聞いて思いつくお料理は???
 チーズなんか、おいしそうなイメージですけど・・・

 街角のレストランに溶け込んでいらっしゃるパンジー様ご夫妻、
 ステキ!
 憧れちゃいますlovely

>目の周りの茶色が外国です

この表現、、、ウケました。
久々に 大笑いしました。

日本にも似たような動物がいて 
でも ちょっと外観が違う動物を 海外で見つけたとき
私は その鳥を現地の人が何と呼んでいるのか知りたくて
それで頭の中がいっぱいになって 
その後の観光が 楽しめなくなるのです。

そんな時 パンジー様のように 割り切ってしまえば
いいんですよね。

なんとも 豪快で 愉快です!!

ホテルオークラにお泊まりでしたか?
ホテル前を通っただけですが日系ホテルなので良く覚えています。

ホテルの近くにお洒落なレストランがあるのは良いですね。
食べ終わってそぞろ歩きでホテルに戻れますし・・・。

うつきようさん、オランダは涼しいせいか嫌な虫とは出会ってません。
大気もからっとしていて、水の上といえども湿気も気にならないと思います。
オランダでは皆カーテンを開けて、「中を見て見て、こんなに素敵にしてるのよ」って。
だから、汚くしてると御近所から注意されちゃうそうです。
住宅街を歩いていませんが、見かけたお家は外も中もお洒落なお家ばかりでした。
「見習わなくっちゃ…」と思いましたが、自宅に戻れば…
太陽を一杯取り込みたいという事情があるにしても、私には不向きなお国です。
そうそう、乳製品はおいしいですよ、でもあまり創意工夫はしないで、そのまま…
そういう意味で、レストランで頂くようなオランダ料理はないみたいです。

shinmamaさん、そんなに受けると思いませんでした。
真剣に単純に、そう思っちゃったんです…coldsweats02
動植物に詳しくなく、調べても区別し難く、とっくの昔に諦めてたのが良かったのかしら(笑)
なんだか腰に手を当て胸張りたい気分です。

みやびさん、御存知の様に、オークラは街中から少し離れてます。
「観光から戻って又トラムに乗って夕食」は少し辛いものが…
今回の様なレストランがあるとホントに助かります。
ホテル内にある日本料理屋鉄板焼き屋さんもミシュランクラスで美味しいそうですが、
あまり食べたいとは思わなかったので…
同じように歩いて行ける日本料理屋さんにいらした方もあり、「おいしかったよ」と仰ってました。
他のお店は存じませんが、このレストランは、お薦めです。
ホテルとの距離感もちょうどいいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベルギー・オランダ8日間*5月12日 運河巡り | トップページ | ベルギー・オランダ8日間*5月13日 Keukenhof ① »