2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月29日 (土)

『獺祭』

21日金曜日、何やらばたばたしていて気が付けばもう6時過ぎ。

主人は「夕食要らない」と出ていきましたが、娘は要ります、しかも今日の帰りは早い…

慌ててスーパーに飛んでいき、何とか手間いらず金要らず格好のつくメニューを考え買い物。

帰宅するともう娘が帰ってきておりました。

娘の姿を見ると、今さら作るのが面倒になり、「どっか食べに行かない?」

というわけで、自転車で居酒屋さんへ dash    以前、主人・娘と三人で行ったお店です。  

その時、お支払いする段になって気付いた『獺祭』の瓶、気になっていたのです。

なので、今日は席に着くや否や、「獺祭ありますか?」

「ありますよ、39%はグラスで、50%はミニボトルです」とのこと。

23%まで磨いたものもありますが、こちらにはおいてないようです、それても品切れ?

以前これら三種の飲み比べをした娘によれば、「39%が一番おいしかった」とのこと。

まずはbeer で乾杯して、その後挑戦する事にしました。

Dsc_0569今まで話には聞いていましたが、口にするのは初めて。

他の居酒屋さんでも、空き瓶見ただけ… coldsweats02

噂たがわぬ美味しいお酒でした。

日本酒のうまみを残しながらもすっきりしてます。

なぁ~んてね、私B級グルメなので、当てにはなりません coldsweats01

Dsc_0570生ハムサラダにスライストマト。

名物のおでん頂いたのですが、

写真撮り忘れ…

他にもいろいろあったはずですが…

もう酔っていたのでしょうか?

写真でお分かり頂けるように、グラスにつるつる一杯注いで、そのまま瓶を置いていかれました。

その後も通り過ぎるたびに注ぎたして下さり… lovely    絶対二~三杯以上は飲んだはず heart04

この『獺祭』は瓶の底に数センチほどあっただけ。  なのでとうとう空になりました。

(勿論お支払いは一杯分だけだったんですよ scissors

Dsc_0572

娘が「飲んだことない」というので、

次は、獺祭のスパークリングにしました。

シャンパン・スパークリングワインほど、泡は出ません。

こちらの磨きは50%

日本酒の苦手な方の取っ付きにはいいかも…

以前ほかのスパークリング日本酒を飲んだ時と同じ感想です。

やはり、日本酒は日本酒として飲みたい…

スパークリングはスパークリングとして…

久々の娘との飲み会、家では話さないようなことも話して、

なんだかお互い親子というより、飲み友な感じでした。

こんな日もいいかな… sign03

2015年8月25日 (火)

モクモク手づくりファーム(8月18日)

先日より我が家に孫一家が来てます、当然孫中心に回る我家sign03

本日は三重県伊賀市にある『モクモク』に行きます。

奈良公園で鹿と、めぇめぇ牧場で羊と遊んだ孫に、pig さんを紹介しようと思ってます。

cloud の予報に、「暑くなくって丁度いいよね」と、ちょっぴり雨の心配しながら迎えた朝でした。

我らの期待裏切って、sun    喜ぶべきなのでしょうが…sweat01

我が家から車で約1時間、〖野天もくもくの湯〗に行くことはありましたが、ファームに入るのは久しぶり。

〖インフォメーション〗ではいろんな体験学習を申込む人が並んでました。  

一応地図を頂いて…フムフム  私達は、まっすぐ〖モクモクショップ〗へ。  ここから先は入園料が必要。   

Dsc_0566

ベビーカー持参のため、階段ではなくスロープをすすみます。  と、〖ミニブタハウス〗の傍に。

Imgp1962いましたいました()。 

暑いんでしょうね、木陰で昼寝の豚さん。

二匹?二頭?

からまつちゃんは、孫の相手してくれました。

こわごわ見ていましたが、やがて…

へっぴり腰でちょっとタッチ。

そして余裕の撫で撫でに。

「ぶぅぅ~」に、ちょっとビックリしながら…

これで豚も制覇 sign03

「混む前に…」と、早速〖BuuBuuハウス(❷)〗でバーベキューのお昼です。

平日のせいか不安なほどガラガラ。  屋外の席でのバーベキューはないようです。

Dsc_0560 Dsc_0562

以前、屋外で豚肉を頂いてると、足元に豚さんが餌求めてウロウロ。

勿論ウロウロしてるのはミニ豚さんで、頂いてるのは別種の豚(大きな伊賀豚)ですが、妙な気分でした(笑)

孫は、手作りソーセージが気にいったのか、そればかりつまんでました。

食後、<親子ふれあいポニー乗馬体験>に挑戦しに、〖小さなのんびり学習牧場(❸)〗へ。

途中「ハンモックの森()」の看板を見つけたジィ~ジは、「寝てくる❢」とそちらへ… coldsweats01

もくもくの地ビール飲み比べセットの後、大きなビアマグ(800ml)飲んだジィ~ジは当然の如くダウン coldsweats02

学習牧場まで思った以上に距離ありましたが、所々に質問ボードがあって子供に飽きさせません。

アカンタレの我が孫も、牧場まで抱っこなし、抱っこせがむ事もなく自力で到着。

Imgp1966羊さんもいました。

ヤギさんもいました。

今年生まれたミニヤギのさくらちゃんも。

小さいから組易しと見た孫ですが、

お腹を突っつかれて退散 coldsweats01

さくらちゃんはお構いなしで、こちらにやってきます。

じぃ~っと、距離を保ちつつ様子を窺ってます(笑)

ポニーには、子供が一人で乗ります。

親が手綱をひいて、小さな広場を一周回るのです。

まずはヘルメット?着用。  ちょっと大きいので、帽子の上から被る事に。

Imgp1970 Imgp1982

「バァ~バと…」と…。  嬉しい手綱ひき役の御指名に notes notes notes

小さいので心配しましたが、泣く事も親を呼ぶことも落ちる事もなく、一周できました。

そろそろ「ミニブタ芸」が始まります、そちらへ戻る途中、ジィ~ジを迎えに〖ハンモックの森〗へ。

Imgp1995ハンモックに孫も大喜びheart04

寝るのではなく、揺らして遊びます。

網に足をとられながらも、力一杯網を引っ張って…

トランポリンだったらもっと喜びそう❢

車や船だけでなく、ブランコやロッキングチェアでも

酔う私には、この揺れるハンモックは天敵sign02

一人静かに寝る分には気持ちよさそうですが…

漸くジィ~ジも回復? 歩く元気が出てきたようです。

暑い直射日光下でのミニブタ芸では、言う事聞かないミニブタ軍団に御兄さんも四苦八苦悪戦苦闘 coldsweats01

ソフトクリーム食べながら、みんなの笑い声を子守歌に、いつのまにか孫は夢の中へ sleepysleepysleepy

日陰に移動し、我らも一服。

その隙に何か可愛いものないかと、〖豚のテーマ館〗に行って見ました。

以前ほど小物はなく、かわっていろんなポストカードがありました。

二階で書いて、ここにしかない切手を貼って、ここで出す事が出来るようです。

写真撮り忘れましたが、可愛い豚さんのカードに豚の郵便屋さんの絵柄の切手を貼って…

当然、孫宛てに鎌倉の家に soon        (内緒です wink )

この暑さの中、ミニブタ君達もあまりうろうろしてません。

神出鬼没のミニブタ君にキャァ~キャァ~言っていた昔を懐かしみながら、帰宅しました。

Yjimage3_2_2Yjimage3_2_2Yjimage3_2_2Yjimage3_2_2Yjimage3_2_2Yjimage3_2_2Yjimage3_2_2Yjimage3_2_2Yjimage3_2_2Yjimage3_2_2Yjimage3_2_2

【追伸】もくもくファーム行く途中にあった豚丼の美味しいお店『楽豚』が見当たりませんでした。

    いつも並ぶ人ができるほどの人気店だったのに…

    「やはり平日は人少なかったのかしら…  残念だわぁ~」

    でも後日調べてみると、何と10周年記念を機に移転しただけでした   (o^-^o)ホッ

2015年8月22日 (土)

地球投五郎宇宙荒事

8月16日、オリックス劇場(旧厚生年金会館)に歌舞伎?を見に行って参りました。

私、正直申し上げて、市川海老蔵さんのこと、あまり好きではありません… でした?

知り合いに数人「海老様heart01」の方がいるのですが、私と同じうする方もあり。

その anti?海老蔵さんが、「六本木歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事』はよかった」と薦めてきたのです。

東京住まいの彼女はこの2月東京で観劇。  

それ程勧めるならと、取り敢えず二枚チケットをGet。  主人が一緒に来る事になりました coldsweats01

Dsc_0546「オリックス劇場」と名前が変わってからは初めて。

外観は、とりたてて変わったようには思えません。

座席の色が変わったそうですが…

それに女性トイレが増設されたと聞いてます。

これはとてもありがたいsign01

エレベーターの新設や、バリアフリー等々。

これもとてもありがたい御配慮 sign03

Dsc_0548_2 Dsc_0550

何人もの方がこの幟を写真に収めたくって構えてるのですが、一向に動かれる気配なく…☝

5分程お待ち申し上げたのですが、とうとうスマホとりだして…  こりゃ長引きそう coldsweats02

(帰宅後、娘に訴えると、「人のふり見て我がふり直せ」と、言われました coldsweats01

Dsc_0552入り口で、BMW の提灯がお出迎え。

特別協賛だそうです。

海老蔵さんも獅童さんも御愛用?

なんていらぬ心配しました coldsweats01

日曜公演ですが、女性陣が目立ちます。

純然たる歌舞伎の時より若い方がはるかに多い。

御二人の人気が窺えます。

私的には「でもね…」の気分で入場。

Dsc_0564プログラムもお洒落でりっぱです。

御二人の紋付き袴のお写真、出演者のお名前と紹介、そしてあらすじ。

いつも通りですが、その後ろは、御二人の写真集 sign02

お洒落なコートスタイルで、いかんなくやんちゃぶりを披露。

Dsc_0568衣装協力はルイ・ヴィトンとありました。   「やっぱりね」

ぺらぺらと中を読み、ネタばれになるといけないので…

「江戸時代の、エイリアンと歌舞伎役者の対決」とだけ暴露。

なかなか面白い仕立てです。

「流石宮藤官九郎さんの脚本」と、感心致しました。

歌舞伎に馴染みない方にもとっつきやすいですが、「きちんと歌舞伎」です。

『暫』姿の海老蔵さんの「暑~い」も「二度付け禁止の串カツのsign04」なんてセリフも、歌舞伎の言い回し。

歌舞伎を知っていればそれなりに、知らなくってもそれなりに楽しめる舞台です。

私もすっかりしっかり楽しませてもらいました。   思っていた以上です、紹介してくれた友に感謝 heart04

とても満足して、劇場を後にしました。

盆休みで娘達が帰ってるので、今夜は外食の予定。

でもまだ二時すぎ、お昼食べてない…でも今食べちゃうと夕食が…・・・・・・ coldsweats02

1439794456010で、二人でサンドイッチをシェア、所用済ませ、近鉄奈良駅へ。

娘家族&末娘と合流し、猿沢池近くのいつものステーキ屋さんへ。

ここのコースは、ボリュームがあります。

経験上、腹ペコで挑まねば完食無理 coldsweats01

しかも予約は、早めの5時半です。

お腹が膨れるので、私はスパークリングに。  何も知らない末娘は男共とbeer

Dsc_0554 Dsc_0555

Dsc_0556_2前菜4種  ローストビーフ、カボチャの冷製スープ、

       蟹サラダ、パテ(鴨だったかな?)

(冬場はビーフシチューに茶碗蒸しでしたが…)

二品目はフォアグラ&大根

孫がぺろりと平らげました、只しフォアグラのみ coldsweats01

次は鮑、そして白ワイン。

やはり孫は鮑だけつまんでました coldsweats02

そしてカウンターのお肉に孫の目は lovely に.

1439794442609 1439794388031

ヒレとロース、半分ずつ。 玉葱のたれ、ニンニクだれ、ポン酢、沖縄の塩で。  赤ワインと一緒に❢

アレッ???  お肉の前に焼き野菜があったのですが…

1439794419616 1439794477713

野菜炒めを頂いて、私は一服。  主人に婿殿、末娘は、〆にガーリックライス。

Dsc_0557私と孫、ママは、デザートに備えます。

ベリーのゼリーにアイスクリーム、クレームドブリュレ。

最高の夜 heart04

初めてここに来た末娘も感動。

只遅めのランチをしてきたために嬉しい青息吐息。

「美味しい」連発でお腹が極限状態に wobbly

今回、フォアグラを知ってしまった孫、 

次回から要注意 danger ですね 。

コーヒーと共に出されたクッキーを両手に持って御満悦の孫。

御土産まで頂戴し孫は notes heart02 notes   末娘はタヌキのお腹抱えてふぅ~ふぅ~sweat01

そんな風景がとっても楽しい… 充実した一日でした。

2015年8月15日 (土)

竿灯まつりに行ってきました(8月5日)

今日もまたまた sun 

いくら暑くても、体温よりは数度低い気温は、奈良組にはありがたい、でも暑いsweat01

今日13時10分の飛行機で帰ります、東京組も13時発。

奈良組は帰宅後の予定もあり、荷物持参。  秋田からだと宅急便も二日かかるのです coldsweats02

チェックアウト後、千秋公園のまん前の秋田キャッスルホテルへ。  ここで秋田の友と待ち合わせです。

公園周りのお堀の蓮を見たいし、新しくなった秋田県立美術館を見るのもよし…なので。 

Dsc_0536ゴロゴロ荷物を引っ張って…  

マンホールの蓋に竿灯が…

でも道路の真ん中。   それでも camera  coldsweats01

もう10時前ですが、蓮の花はまだ綺麗heart04 

白、ピンク、ローズ、凛と咲いてます。 

前よりも蓮の数が増えてるような…

以前はもっとお堀の水面が見えていた気がします。

お堀から吹く風が気持ちいい sign03

Dsc_0537お堀の向かいに美秋田県立術館があります。

その前の『エリアなかいちにぎわい広場』には

大勢の竿灯スタイルの法被姿が集合。

〖昼竿灯(竿灯妙技会)〗が開催されてるのです。

大若の団体戦、個人戦、囃子方が技を競います。 

今日は予選。

スマホでは上手に撮れません(カメラでもsign02 coldsweats01

暫し足を止めて見とれましたが、暑い sweat02

ホテルに駆け込みます、一階の『キャッスルハウス』の窓際の席へ。

もう朝食時間が過ぎてるせいか、人もまばらでとても静か、席もより取り見取り scissors

ガラス窓越しですが、先ほどの〖昼竿灯〗が見えます。

Dsc_0534

竿灯見ながら、私はモーニング。  宿泊してるホテル、悪くはないのですが、朝食は今一。

和食バイキングで、魅力的なメニューはなく、欲しいのは御みそ汁くらい。

タイミング悪かったのか、コーヒーも煮詰まっていて…

なので今朝は、部屋でお茶を飲んだだけ、ここキャッスルホテルで morning をしようと…。

Dsc_0535フルーツ一杯のパンケーキを発見 heart04

コーヒーと一緒に…

パンケーキ本体は、カリッと感がなく、ちょっぴり残念。

でも果物が嬉しい、美味しい。

秋田の友曰く、「秋はもっといい」

のんびり竿灯を見ながら cafe 飲んで…

あっという間の三日をかみしめながら…

楽しかったわぁ~ lovely

荷物があるので、美術館は遠慮し、竿灯の見納めに。

以前完成したばかりの美術館に来た時、藤田嗣治画伯の<秋田の行事>は搬入されてなかったのです。

安藤忠雄さん設計の建物は知ってますが、この大壁画がどのように展示されてるか見たかった…

見に行った友曰く、<秋田の行事>の展示は前の方が良かった…と。

Dsc_0545秋田空港で、主人の大好きな<いぶりたけのこ>をGET。

昨日市場で買うつもりだったのですが、「今注文中」

諦めていたのですが… scissors

主婦に変身した私は、夕食の算段開始。

『杉のや』で、わっぱ飯を買います。

早めに言っておかないと時間がかかります。

鯛と鮭とかど(にしん)の三種、一つずつ。

全て親子です。

タイは鯛の子と、鮭はイクラ、かどは数の子入りです。

時々季節限定があるのですが、今回は見当たりませんでした。

30分後にとりに行って、搭乗口へ。

そこから階段下りて、歩いて飛行機のタラップへ。 

Dsc_0538青い空、風も強くなく、いい飛行日和。

と、思いきや、次第に雲が増えてきました。

あちこちでにょきにょきと伸びる白い雲の柱。

これが入道雲になっていくのかな???

そして灰色の雲に突っ込んでいきました。

シートベルトを着用するよう指示がありましたが、

心配するような揺れもなく、無事37度の伊丹到着。

バスまでに時間があります。

カレーの匂いに魅かれてフラフラっと…  お昼抜きでしたから… 

友と二人、旅の余韻に浸りながら、各々の明日からの予定にため息つきながら…

友はお孫ちゃん達との楽しいキャンプの準備、私は娘のお友達がお泊りに来るので全館掃除❢

とにかくお互い、今日家に着いたら、洗濯です、家がひっく帰ってない事を祈りつつ… coldsweats02

2015年8月14日 (金)

竿灯まつりに行ってきました(8月4日)

今日もいいお天気、ありがたいですが暑くなりそう…

今日は角館に行きます。

何でもとっても美味しい料理屋さんがあるというのです。

東京の友(秋田出身)は、お知り合いの食に関するお仕事をなさってる方(秋田とは無関係)に

「エッ、知らなかったの?  食べてないの?」と言われた…とショック隠せずにおりました(笑)

今日は車が一台だけなので、あみだくじで選ばれた?2人は新幹線で角館に向かいます。

秋田の新幹線『こまち』はローカル線と同じ線路を走ります。

時々道路と並走したり、駅ですれ違うのを待ったり…  新幹線とは思えない運行状況です(笑)

ここから角館まで約50分かかりますが、そんな状態なので遠いわけではないのです。

車で1時間ほど、それも地道です、高速は使いません。

Dsc_0487我ら車組は、混み具合が読めないので、先に出発。

少し早めに出たので、彼女達が来るまで、『くら吉』で cafe sign01

今朝煮詰まったようなコーヒーを飲んだので、久々に紅茶に。

名物菓子『もろこし(諸越)』が付いてきました。

とうもろこしではありません、小豆の粉を砂糖と固めた「打ち物」

早速お土産にGETして、友達が来るのを待ちます。

店内に浴衣を着物風にお召しの方がいらっしゃいました。 着物仲間としては気になる存在…(笑)

「日本丸のクルーズで竿灯祭りに来ました」とのこと。   昨夏のクルーズを思い出し……・・・・・・

全員集合。  一服して元気な我らは歩いて目的地『じん市』へ、新幹線組は車で…

話には聞いていたのです、旅館なんだと…  予約が入った時だけ開くお店だと…

Dsc_0488 Dsc_0489 Dsc_0490

何か不安になる佇まい(失礼m(__)m)に二台の車、右手に回るとレストランの入り口、中はsign03

お店の名刺には御二人の名前、ポジションはそれぞれ料理人と笑顔人。  素敵な笑顔の奥様ですheart04

座敷に御家族と思われるグループがいらしてました。

奥様お一人で、何の支障もなく、Goodタイミングでお料理をサーヴして下さいます。

まずは白ワインで乾杯 sign03   ほどなく出されたのが、「ホタテ」 湯葉で巻いたものです。

手前に添えられた少しピンクがかったフランス産のお塩で頂くと、ふわっと甘さが引き立ちます。

Dsc_0491 Dsc_0492

次は「鮑」  ごま油風味のとろみスープ仕立てで、青梗菜と共に。  今風の軽い中華の感じ。

サラダは「焼きフグ」です。  シャキシャキッとしたレタスは御当地名産だとか。

Dsc_0493 Dsc_0495

「ふかひれ」の姿煮を載せた茶碗蒸し。  上に乗ってるのは「円菜」という菜っ葉だそう。

「せいご(鱸の幼魚)」をサフランソースで。 キャベツと葱と一緒に。

Dsc_0496 Dsc_0497

「秋田錦牛」のイチボのローストビーフ。   柔らかかったわぁ~、おかわりしたいほど❢

野菜料理の「モザイク」   詳細は右に❢   よそでは見たことないお料理、取り合わせです。

Dsc_0498 Dsc_0500_3

ショートパスタ「リゾーニ」はカワハギを使ったアリオリソースぺぺロンチーノ風味って言ったらいいかな?

Dsc_0501 Dsc_0505

最後に、デザート三種。  

メロンのスープ(シャーベット風)、クレーム・ブリュレ、チョコレートケーキ(京都の抹茶ガナッシュ)

勿論コーヒーも頂きました。  美味しかったので、おかわりしちゃいました bleah

どの一品も美味しく、驚きをもって頂きました。  さらに、組み合わせの妙をも楽しめました。

和洋中勢揃いの創作料理に区分されるのでしょうが、絶妙のバランスです。 

また角館に行きたくなる、そんなお店でした heart04heart04heart04

帰りは、私が新幹線組です。   友と二人先に角館の駅に向かいます。

Dsc_0507秋田駅も珍しくってキョロキョロ。Dsc_0508

流石に竿灯一色です。

駅続きのアーケードにも『大若』

   ホテルで一服し、再び外へ。

      竿灯まつりの待機場所です。

      こちらは昨夜楽しませてくれた

      JR東日本チーム。

      偶然なんですよ。

      一応エール交換して…

夕食は県庁近くのビルの地下にある『半平太』さん。     

Dsc_0510 Dsc_0512 Dsc_0514

突き出しは、例の大きなジュンサイの酢の物と枝豆。  ビールに合うわぁ~heart04

左上はイワガキをさっと炙ったもの、右下は山菜ミズの玉の煮物、後は??????

Dsc_0516 Dsc_0517

「美味しい辛口冷酒」を希望すると、出てきたのが山本合名会社の『山本』

左がミッドナイトブルー、右はストロベリーレッド。  イメージ的にミッドナイトブルーをオーダー。

すっきりした日本酒です。  切れ味鋭い辛口ではありません。 美味しい飲みやすくて危険danger

焼き肉の乗ったサラダのドレッシングには山葵が使われていて、口がすっきりします。  

(もう酔っぱらっていたのかな? ピントがずれ始めてます… coldsweats02

Dsc_0518 Dsc_0521

カジキマグロに蛸、メヌケ、〆鯖、雲丹。   文句ありません。

ふぐの塩麹つけとカジキの焼きもの           桜エビとミズの玉の天婦羅(ヒマラヤの岩塩)

Dsc_0523 Img_3121

丸茄子の田楽(京都から取り寄せた桜味噌にとりそぼろを合わせてるそうです)

Dsc_0524 Dsc_0525

確かメヌケの煮物も頂いたのですが…  デザートはアイスクリーム、とても御飯は入りませんでした coldsweats02

(それにしても良く食べる sign03  いや、食べていた sign02   ブログアップして気付くとは… bleah )

Dsc_0527祭も終わり、静かな竿灯大通り。Dsc_0529

そぞろ歩いて帰ります。

祭の本部席かな?

 Dsc_0528

    竿灯大通りの入り口の灯も消えて…

Dsc_0532竿灯大通りは旭川渡るとおしまいです。

橋もライトアップされてました。

30分程?もっと…??

風があったので、歩くのも苦になりません。

大通りを走る車がないからでしょうね。

気持ちよくフラフラゆらゆら…

でも、竿灯の方達は大変だったかもしれません。

川を渡ると、行き交う車で一気にヒートアップ…

一度に疲れが出てきます。

さっさとお風呂入って寝る事にしましょっsign03

2015年8月13日 (木)

竿灯まつりに行ってきました(8月3日)

秋田出身の友達のお陰で、秋田へ行く事五回目です。

大曲の花火大会二回、角館の桜一回、そして今回は二回目の竿灯祭りです。

Dsc_03988月3日、始発のバスで伊丹空港へ。   

いつもように、伊丹空港で朝食。

いつものように端っこの搭乗口へ。

更に階段下りて、小さなプロペラ飛行機へ。

でも今回は、飛行機までバスで…

すぐあそこ、歩ける所に停まってますが、

飛行場内歩かせたら、

どこ行くか解らないおばさんもいますから… (笑)

いい御天気で、「右手に富士山が見えます」  でも「どこ?」「えっ、アレッ?」「違うでしょ」「…・・・?」

9時半に無事秋田空港に到着、東京の友3人は30分程早く到着してます。

秋田在住の友が二人車で迎えに来てくれてました。   ほんとに至れり尽くせり…

今回は空港から直接、乳頭温泉に行きます。  江戸時代より続く秘湯 『鶴の湯』へ。

車で1時間半ほど。Dsc_0400

竿灯祭りのため渋滞を懸念してましたが、何の心配もなく…

なので途中、いつのも醤油ソフトを求めに安藤醸造元北浦本館へ。

新作の『しょうゆパフェ』を見つけました。

醤油マカロン+醤油ばうむ(ラスク)+醤油ろうる(スポンジ)

そし、しょうゆソフトクリームです。

悪くはないですが、単純で素朴な『しょうゆソフトクリーム』の方が、あっさり感際立つ感じです。

『いぶりがっこ』や『家伝つぶ味噌』を試食・試飲して、車に戻ります。

運転してくれてる秋田の友曰く、「昔はもっと細くてがたがただったんだけど、いい道になったわぁ~」

一歩脇に入ると、舗装はされてますがグネグネの山道、最後の数キロは舗装されてない道を進みます。

「秘湯」と言われるのが解ります、行きにくい所です。

それでも駐車場には結構車が止まってました。

1438657284289で、通りすがりのお方にお願いして記念撮影 sign03

(因みに、今日は温泉に入るので、皆浴衣です)

Dsc_0544_2

☝パンフレット転載の地図中で撮って頂いた写真。  〖1号館()〗で昼食を頂きました。 

写真左手の建物は地図の〖本陣〗で、湯治の方が宿泊する所。 他に旅館部や自炊部もあるそうです。

1号館の玄関入ると ☟ こんな感じ❢   右手に行くと私達のお食事処(大きな御部屋貸し切り状態)

Dsc_0413 Dsc_0412

お料理はこちらならではの田舎料理です。

Dsc_0414_2川でとれた岩魚の塩焼き

近くの山でとれた蕨(今でも採れるそう)。

切干しの炊いたものやキノコ。

秋田名物の『いぶりがっこ』にお蕎麦。

私はお腹一杯だったので頂かなかったのですが、

友達は、「ご飯がおいしい」と喜んでました。

なんといってもここの名物は『山の芋鍋』

季節関係なくいつでも供されます。

Dsc_0415Dsc_0416

粘りの強い山芋をすって手でつかみます。 ギュ~ッと握ると、ポコッと拳から団子状に出てくる。

それをそのまま鍋に入れるそうです。  つなぎも何もなし、100%山芋です。

それを旬の山菜と共に味噌仕立てで頂くのです。  美味しくっておかわりしちゃいました heart04

とりたてて珍しい物があるわけではないのですが、遠くに置き忘れた様なお料理が懐かしい lovely

ちょっと一服… でもやっぱり spa です lovely      残念ながら〖大白の湯〗は清掃中で入れません。

で、〖白湯〗()へ。 別名「冷えの湯」とも「美人の湯」とも。  ここには入らねば heart04   

Dsc_0418_2名前通りのミルクみたいなお湯です。 

湯治の宿なので、洗い場はありません。

Dsc_0422熟女4人sign02

気持ちよく…

とにかく古そう。

歴史を感じて…

次の湯に dash

着替えて…

どこに行くのも外を通らねばならないので、着替えなきゃいけない… チィ~ッと面倒です。

お隣の〖黒湯〗を覗くと、先客3人ほどでもう一杯の小さな湯船。 見た目は同じように白いお湯でした。

別名「温(ぬく)たまりの湯」、湯冷めしないそうですが、この時期・しかも満員なので、辞退する事に coldsweats01  

次は〖中の湯〗です。  別名「眼っこの湯」。  神経系統や眼の病に効くそう。  老眼にも…??

Dsc_0427 Dsc_0428

白湯より小さい、黒湯より大きい。 でも露天風呂⇙や〖滝の湯()〗⇓(打たせ湯)が併設されてます。

Dsc_0432 Dsc_0436 Dsc_0435

滝の湯の裏から〖鶴の湯〗(混浴露天風呂)に行けます。  そ~っと覗くと⇑、観光の方が見えました coldsweats02

ヌル好きの私には、中の湯(露天風呂含めて…)はちょっと熱め、私には白湯が良かったかな sign02

ゆっくり着替えて外に出ます。  目の前の〖湯の沢〗(小川)で、子供たちが遊んでます。

手を入れると冷たくって気持ちいい。  先に出た友達は、川を渡ったそうです、もち「気持ちよかったぁ~heart04

Dsc_0437_2部屋に戻ると、お宿特製?アイスの差し入れがありました。

夜の部の事もあるので、湯上り beer は自重。

アイスで涼をとります。

宿泊客ならもっとゆっくり入れる?  混浴も人の目気にしないで済む?

今度は泊ってみたいものです。

爽やかになったところで、祭賑う秋田に戻ります。  6時頃から交通規制が始まります。 

その前に宿に行き、チェックインを済ませ、夕食も…

と言うのは、今回は、秋田の友のお知り合いがお持ちのマンションのモデルルームからの観覧なのです。

竿灯通に面した絶好のロケーション、でも「モデルルーム故、飲み食いは遠慮しましょう」

有難い事に思ったほどの交通量はなく、途中の道の駅?で休憩。

Dsc_0439名水百選の秋田六郷の水を使った『仁手古サイダー』は、やはり甘かった…

1438931327110夕食はお知り合いのクラブで。

当然ですが開業前貸し切り状態。

お店の雰囲気に何だか緊張し…

夕食は仕出し屋さんのお弁当。

ビールで乾杯 sign03

スムーズに事が運び、慌てる必要なし。

食事をゆっくりと済ませ、噂に聞く高級マンションモデルルームまで歩いて…

老若男女総法被姿。  祭りの熱気を感じます。 心が躍ります。

私達が祭を観覧するモデルルームは100㎡ もありました。 娘夫婦がため息つきそうです。

二階で、桟敷席より高く、いい角度で拝見できそうです。

でもバルコニーはなく、ガラス越しの拝見です。  そのお陰でエアコンの効いた御部屋から… scissors

今日は秋田といえども暑く、そして風がありません。  

演技をなさる方には好条件の日ですが、観覧する身には、ちょっと辛いものが…  

窓際には既に椅子が用意されてました。

七時前、竿灯が入場。  一番大きな竿灯は「大若」で長さ12m重さ50kg、提灯は46個。

小学生の「小若」でも7m、15kg、24個。 可愛らしい「幼若」で、5m、5kg、24個。

Dsc_0440 Dsc_0442

女性陣も囃子方で頑張ってます。  太鼓に笛に、格好いいです。

市長さん達の挨拶が終わると、いよいよ開始。 流し(握る?)・平手(掌)・額・肩・腰の五つの技の披露。

二階から観るのは、ベストポジションかもしれません。 遠くまで見えるし、見降ろす感じは少ないし…

最初に、私達の目の前に位置したのは、秋田県立大学のグループ。

Dsc_0447 Dsc_0453 Dsc_0455

大学生の皆さん、勉強そっちのけで練習なさっていたのではないかと思うほど上手、男前sign03

継竹を足すための技を「流し」というそうです。  次々と高くなっていく竿に、思わず「キャァ~heart04

Dsc_0462一連の妙技が終わると、再び移動します。  

次に目の前にきたのは自衛隊。

正直期待するほどの事もなく…

忙しくって練習できないのかな?

逞しい、筋力隆々だけではない技術の必要性を痛感。

どちらかと言えば足腰のがっちりした安定感のある人が上手。

今風の足の長い男の子には不利?

でもさっきの大学生上手だったんだけどなぁ~。

なんて、おばさんたちの評論厳しく…(笑)

でも竿持つのが精一杯の幼若ちゃんには甘い、惜しみない拍手sign03

小学生くらいの子でも上手にこなす子がいます。 競技会でもいい成績とるでしょうね。  がんばれscissors

その向こうに、平行にまでたわむ竿灯発見。 

ジィ~ッとみていて分かりました。 ☟継竹6本すると、ここまで曲がります。5本だとその左手くらい。

Dsc_0464

次はJR東日本。  私たちの目の前では、ここが一番すごかった。

Dsc_0466_2花傘つけたり、扇子持ったり…

そして6本にも挑戦。

御見事sign03

演技終了後は、「ふれあい竿灯」

早速記念撮影です(当然JR東日本の若者と)。

Dsc_0474

竿灯が退場していく道をそぞろ歩いて…

竿灯通から去っていく竿灯が、各町内?で「もどり竿灯」を披露してるのが見えます。   

祭の余韻に浸りながら、いつもの?(でもまだ2回目)バー『ル・ヴェール』へ。

大人の女の夜はこうして暮れました coldsweats01

2015年8月10日 (月)

2015 我家の土用の丑 (7月26日)

近くに美味しい鰻屋さんが二軒『みしまや』と『淡水』があります。   二軒とも結構有名です。

どちらも美味しいですが、私が一番好きなのは『みしまや』の【せいろ蒸し】。

巷の鰻の値段がうなぎ上りとの情報に、すっかり御無沙汰。   でも「今年こそは」と決意 annoy

今年の土用の丑の日は二回、7月24日・8月5日も平日故、中をとって?26日に主人と出かけました。

いつもいつも(平日でも)駐車場に入りきれない車が列をなしてるのを見かけてました。

店内に入れない人が、並木の木陰で扇子パタパタさせながら汗をぬぐう姿を見かけてました。

知ってはいましたが、11時開店故その頃に行けば大丈夫と信じて…。

店に到着したのは11時10分。  もう待機47・48人目。   「ウッソゥ~sign02」です。

多分今お召し上がり面々が第一グループ、私達は何クルーになるのかしら?

でも今さら諦める気にもなれず、店内に入れている事に感謝しつつ待機 sign03

待つこと1時間ちょい、漸く案内されました。  メニューの【せいろ蒸し】に、大きな✖印 coldsweats02

秋から再開するそうです。  そりゃぁそうですよね、暑い時期だし、時間かかるし…

又秋 or 冬にくるとしましょう。     又来る理由ができた事に感謝して…coldsweats01

Dsc_0397で、【ひつまぶし】に❢

おっとうっかり食べちゃいました。

慌てて撮りました。

汚らしくってごめんなさい coldsweats02

最初はそのまま鰻丼で…

パリッとした皮とふわっとした身heart04

えっと、次は薬味を載せて…かな?

手前は御出汁をかけて…です。

肝吸いとお漬物付で 2500円.

値段上がってませんでした。

これならまた来れる、秋には【せいろ蒸し】頂きに来ようっと notes notes

2015年8月 9日 (日)

東京2日目(7月19日)

昨日はチラッと雨に逢う事もありましたが、今日はすっかりいいお天気 sun 暑くなりそうです sad

それでも足元気にせず動ける事に感謝❢

朝はいつもよりゆっくり起きて荷造り、さっさと宅急便で送っちゃいます。

身軽に地下鉄で三越前へ。  娘たちは三越で御遣物の算段でウロウロしてるとか…

スマホで連絡取りあって合流、パパのお買いものの間、バァ~バと孫はウインドウショッピング sign02

今日のお昼は主人お薦めの『孫』   名前もいいですよね、でもマゴとは読みません、ソンです。

NHKの朝一の元祖カリスマシェフ三人組のお一人、現在のアサドラにも出演している孫さんのお店。

と言っても支店なので、彼に会えるわけではありません。

とりあえず、三越の象徴である獅子に御挨拶。  孫に、「らいおん」と教えて、目的地へ。

孫と話してると写真を撮り忘れます。  気付いたら奥の席に座ってました coldsweats01

このお店では、コース料理をお願いしないと予約を受け付けてくれません。 まずは beer  で乾杯❢

Dsc_0387 Dsc_0388 

Dsc_0389 Dsc_0390

Dsc_0391_2私と娘は真中のコース、

主人と婿殿は1品?2品?多いコース。

写真は私のコース料理です。

前菜盛り合わせ、緑のスープ、八宝菜、酢豚。

この酢豚はこちらの名物なのです。

豚だけ pigsign01   他いっさい何にもありません。

最後はお野菜におあげさんだったかな…?

麺料理は摂り忘れましたcoldsweats02

私達のコースにはデザート付いてませんが、 主人のデザートを頂戴しました。 またまた撮り忘れ…coldsweats02

全体にあっさりした印象を受けました。   お腹にも口にも優しい…そんな感じ。 満腹満足 delicious

お店を出ると、列をなして待つ人達… 休日ですものね、ファミリーが多い❢

予約しておいてよかったと、またまた都会の悲哀を感じて…  ほんとに何でこんなに人がいるの despair dash

娘は孫の水着を見たいらしい… そして東野圭吾さんの『麒麟の翼』を確認したい…

暑いですが、髙島屋まで shoe shoe shoe        日本橋で、「キリンだよぅ~」 「???」 戸惑う孫 wink

「羽があるでしょっ❢ 飛べるんだよ❢」「???」「違うからね impact 」  娘に叱られちゃいました bleah

丁度いい水着が見つかり、試着、御満悦の孫、お支払いはジィ~ジ、といった一連のよくある光景 coldsweats01

そうそう、ここには千疋屋さんのフルーツパーラーがあるはず、果物なら孫も喜ぶ…

ところがここにも都会の悲哀、凄い人、とてもではありませんがこんなに待てません。  ギブアップ sweat01

各階の喫茶をチェックしながら、4階からエスカレーターで downすると、二階にジョエル・ロブション発見。

どうもカフェもしてるよう…  人も並んでません。 「喫茶ですが…?」「 ok 」   やれやれです happy01 ホッ‼

入口近い席だったのではっきりとは解りかねますが、とっても落ち着いた豪華な大人空間。

一杯人はいますが、うるさくない、程良いざわつき感。  スタッフさんも丁重。

と、喜んでる間にずらずらっと人が並び始めました。  ほんとにどこからこんなに人が…coldsweats02

Dsc_0393☜ 私のCHOICE

なんとこれ、「ミルフィーユ」なんです。

普通は、パイ皮サンドですよね。

ホロホロサクサクの鳥の巣状態。

おいしい lovely  そしてとても食べやすい… 

ポロポロと崩れますが、ぐちゃぐちゃにはなりません。

ジィ~ッと苺を見つめる孫に、「はぁ~いheart04

今日もパパ&ママからいろいろGET、バァ~バからも…

殆ど母親と二人の生活、それでもいろんな知恵をつけてます。

残念ですが、そろそろ新幹線の時刻。

皆に別れを告げ、品川へ。  今度会えるのはお盆のころかな?

それにしても、今日一日、人の多さに驚く事、驚かされる事…  

前回の鎌倉でも感じましたが、どこでも並ばないといけないんです、それも結構長い事❢

大阪・京都も人は多いですが、東京はケタが違う感じがしました    ┐(´д`)┌ヤレヤレ

              ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

娘達と高島屋で分かれました。  地下の食品売り場で『代官山 小川軒』のレイズン・ウイッチ発見 lovely

これに目がないんです、鎌倉のでも目黒のでもお茶ノ水の小川軒でもいい、でも関西では売ってない…

関西では、『ファクトリー Shin』のリッシュ・レザンを愛用?しております。

P8080104私の知る限り、代官山の小川軒のは、

お店に行くしかない、というか、行くしかなかった…

「今買わないでいつ買うの❢」

当然のお買い上げ notes notes

最後の最後に、LUCKYが付いてきました。

「あっ、御守り忘れてたぁ~」

先日鎌倉で買った孫用御守りを持ってくるのを忘れてました。

やっぱり最後は  ┐(´д`)┌ヤレヤレ    です。

2015年8月 8日 (土)

東京1日目 『乾山、見参 ❢』 (7月18日)

20日ほど前に決定した東京行き、でも台風騒ぎでどうなるかと心配しておりました。

運がいいのか、災害に逢われた方々には申し訳ありませんが、新幹線が遅れることもなくお天気もまぁまぁ。

一応傘の用意はしましたが、昨夜の嵐を思えば、「Good」と言ってもいいくらいです。

10時過ぎの新幹線で品川へ、渋谷のホテルに荷物を預け、サントリー美術館に向かいました。

1思った以上の作品が展示されてました。

外国と違って、写真禁止が哀しい…

(ポスターの写真だけです coldsweats02

友とこの展覧会に行くと決めた二,三日後でしたか、

この展覧会を取り上げた番組がありました。

展示では解らない底や裏の説明、焼き方は? 

料理を盛り付けると…‼  といった面白い番組でした。

乾山だけではなく、こういった美術工芸、それらの歴史にも詳しい友に、私がにわか蘊蓄を披露(笑)

「その番組、見たかったぁ~」を連発する友に、ちょっとエッヘン smile です。

それにしても、展示の方法にもう一工夫あると嬉しかった…。  焼き物故仕方ないのかもしれませんが…

P8080103ミュジアムショップでいい物見っけ❢

ソラマメと枝豆がペアになったちいさな帯留めです。

ウロウロしながら、悩みぬいて…

結局、お買い上げ(笑)

銀製です。

そして可愛い翡翠のお豆二粒。

Dsc_0543その後、フラメンコを見に新宿の『スペース・ゼロ』に向かいました。

当然ながら撮影禁止ですので、プログラムの写真を❢

親子共演フラメンコといえども侮れません。

プロとしてご活躍の方もいらっしゃるんですよ。

4世代おそろいの御家族の舞台もあり、驚きました。

82歳とは思えぬ迫力ある声、リズムに揺れる身体 sign03

「目指すはあのお方heart04」と友と異口同音です。

曾孫ちゃんもビシッときめてましたよ sign03

友のお知り合いは、お嬢さんとの舞台でした。    格好いい父娘に心から拍手です❢

P7180035夕食は恵比寿のお店です。

駅のざわざわを抜けると住宅街。

そこにお店『VERITA』はありました。

友がインターネットで調べたところ、

「わりにカジュアルな店のよう」と。

でも東京の友が懇意にしてる方のお陰で、

今夜は、特別メニューいわゆる裏メニューsign02

内容は、プロデューサーにすべてお任せ。

白アスパラに生ハムwithトリュフ         白いのはモッツァレラです   手長海老のグリル

P7180042 P7180048 P7180049

リゾットにもトリュフ        ローストビーフ                     そしてデザート

P7180069 P7180096 P7180100

どれも美味しく頂戴しましたが、完食するとちょっと喉が渇く感じが…  何故かな sign02

凄く充実した一日に満足してホテルに戻りました。

明日はお互い自由、「帰りの新幹線で会いましょう❢」

友は、東京の息子さん一家と、横浜の『萬珍楼点心舗』に行くそうです。

私は、主人や鎌倉の娘一家と日本橋で待ち合わせです notes notes

2015年8月 6日 (木)

和彩 温 (7月12日)

ブロ友さんに教えて頂いて以来、びわ湖方面に出かける時は、こちらに立ち寄る事にしております。

この日、娘がびわ湖ホールに用があるので、それをダシに、【和彩 温】さんでお昼を頂く事にしました。

年に一回、七夕さんみたいな客ですのに、大将はよぉ~く憶えて下さっていて、いつもいつも驚きです。

真中のコースをお願いしました。  私はドライバーなので、ノンアルコールビール。  でも瓶❢

Dsc_0385

Dsc_0386デザートはアイスクリーム二種。

バニラと山葵です。

真中のアイスクリームが若干緑色なのが

お分かり頂けるかしら?

大将曰く、「バニラと一緒にお口へ…」

でも言う事聞かないで山葵クリーム単独で口に…

山葵好きの私には、全くもって平気。

でも確かにバニラと一緒の方が、良いとこ取り scissors

今回もまた美味しく頂戴いたしました。   満足です。  

又11月にもびわ湖ホールに来る用があります。  

今度は宿泊して夕食を頂くつもり。     もう今から notes lovely notes です。  

2015年8月 2日 (日)

奈良のお茶屋さん(7月9日)

七月の三連休に、急遽東京に出かけ、友に逢うことが決まりました。

更に竿灯祭めがけて秋田にも行く予定があり、それぞれに何か奈良らしい御土産を…

それに14日に、ワイン好きな方を囲んだちょっとした集まりがあり、美味しいワインを探したい…

てな具合に誰も聞いてないのに理由をつけて…  

ついでに先日のイタリアン『YU・RU・RI』を友に教えてあげよう、その後いつもの『遊・中川』で何か探して…

最後の仕上げは、試飲させてくれるワイン屋さん『ワインの王子様』に行こう sign03

予定はパーフェクトsign01 

ところが、当てにしていた『ワインの王子様』は木曜定休、事前に解っただけで幸運と喜ぶ事にして断念。

ワインはいつもの近くの酒屋さんに任せる事にしました…  でも試飲できない… coldsweats02

なので『YU・RU・RI』でワイン頂きながら…  話が弾み過ぎて、ランチの写真は無しに (笑) 

私自身は何度か行ってるので珍しい事もなく、ただ友が満足した事で notes notes

そして今や全国区なった元奈良晒のお店『遊 中川』で、やはり丁度いい物を見つけて notes notes

以前このお店にお洒落なカフェがあったのですが、今はもう営業してません。

そこで友が面白いお茶屋さんに連れて行ってくれました。  『心樹庵』という日本茶と中国茶のみのお店。

お店の前の看板に、「コーヒーはありません、あちらのお店へ➡」とあるのがおかしい。

古い奈良家で、梁が黒光りしてます。  

Dsc_0383

このカウンターの向こうでお茶を用意して下さいます。  私達はテーブル席に。

常連さん?お茶に詳しいお方がカウンターでオーナーさんとお茶談義なさってました。

奥には座敷もあります。  スマホで撮影する時、光のハレーションを防ぐ方法が解らず…・・・ coldsweats02

電燈の笠がレトロで素敵だったのですが、見事真っ白に… weep

Dsc_0384

Dsc_0381台湾の『阿里山茶』とケーキを頂きました。

ゴマたっぷりケーキと生姜プリンだったかな?

干果物も添えられてました。

小さな器に入っているのは、友が注文したお茶。

飲み比べできるようにしてくださったのです。

静かに応対して下さるオーナーご夫妻。

お茶の話になると、蘊蓄が停まりません(笑)

「お茶・命heart04」の熱い想いが伝わってきます。

いい雰囲気の御茶屋さんを知りました notes notes

夏柑糖

以前ブログ仲間が紹介して下さった柑橘ゼリーを拝見して、京都のお菓子を思い出しました。

『老松』の〖夏柑糖〗です。

お高くって、とても自前で買ってパカパカ食べる気にはなりません。

京都在住の友は、「夏になる度に”今年は1個食いするぞぅ~”と決意固めるんだけどね…」と言いつつも、

いまだ達成されてない夢だと言ってます coldsweats01

一部のデパートでも売ってるのですが、昼前にはたいてい売り切れ、贈答用の受付のみの状態です。

殆ど私の世界から消滅しそうなお菓子でした。

この夏、いつもの友と御礼を用意する事になりました。  相手はお口の肥えた何でもお持ちの方。

そんな時、フット思い出したのがこの〖夏柑糖〗

老松さんに行かなくっても電話やインターネットで、またはデパートでも注文できます。

でも多忙な主婦? 「やはり見ないとねぇ~」 と、京都に出かける事になりました。

バタバタ走りまわってる二人ですが、遊び?となると即決、即断 bleah

スマホによれば、7月16日をもって発送終了とのこと、急がねば…

情報集めてると、老松の喫茶が嵐山にある❢ 

北野の本店ではなくそちらに行く事に決定、これも即決即断。

6月29日、二人のスケジュールの隙間を埋めるべく出かけました。

うっかり店構えを撮るのを忘れました coldsweats02 が、ガラスケースの中に、憧れのゼリーが鎮座しておりました。

Dsc_0373_2

ガラス越しなのでちょっと霞がかってしまいます coldsweats02

大仕事を終了し、心おきなく喫茶へ…  メニューになんと〖夏柑糖〗発見、「頂ける…」 scissors

最初ワラビ餅を注文するつもりでしたが、急きょ変更、二人ともこのゼリーにしました。

涼しげな装いに気持ちもス~ッとします。  坪庭の緑もいい清涼剤です。  

Dsc_0374 Dsc_0378

世間話に花を咲かせてると、お互い「東京に行きたいなぁ~」と思いつつも踏ん切れてない事が判明。

私は、「主人が7月18日(土)に仕事で東京に行く」ので、ついでに私も行って又孫達と…notes notes

友は、「尾形乾山展を見に行きたい。日帰りで行こうかと… 20日までなの」

乾山展?  関西に来ない?  ならば私も見たい❢

意気投合し、お互い関東に子供・孫がいるのだから明くる日は自由行動…と一泊を計画。

即スマホで、新幹線+お宿のお得なセットを探しますが、三連休の初日とあってなかなか… wobbly

漸く見つけたと思ったらスマホが作動しない、というか、相手が応答してくれない…

すったもんだしてる間に、もう喫茶も終わりで出て行かねばなりません weep

手配先の東海ツアーズは、京都駅に店舗を構えている事に気付き、急いで京都駅へ。

順番待ちで帰宅時刻も気になりますが、こちらの旅行の方がもっと気がかり coldsweats01

でも何とかホテルもとれました、新幹線も行きは10時以降乗車、帰りは5時前乗車でお安く❢

京都から奈良に向かう電車の中で、「どうせなら東京の友達に逢わない?」

お仕事のみならず多種多様の活動で忙しい彼女に今頃言っても難しそうですが、駄目元で連絡。

なんと返事は、「その日、知り合いのフラメンコショー見に行くの。 チケットあるけど行く?」

当然 「行く sign03

フラメンコをステージで見た事ありません、というより、スペイン観光で見た事あるだけです。

夏柑糖のお陰で、また次の遊び計画が実行される事になりました。

2015年8月 1日 (土)

開田高原、そして御嶽山ロープウエイ(6月20日)

気持ちよく目覚め、早速朝風呂へ。   そして朝食へ。

P6200038 P6200039

これ以外にバイキング形式各自盛り合わせを追加して、優雅なリッチな朝食です。

P6200051_2腹ごなしに散歩に出かけました。

いつものように、コナラちゃんに挨拶し、

まだ青いブルーベリーに、「残念」

ソバ畑を眺めながら木曽馬牧場に向かいます。

シロツメクサやアカツメクサ、菜の花の咲く道。

ところどころにアヤメも見かけます。

手入れが行き届いてるのに、

ほど良く放っておかれてる草花との絶妙なバランス。

P6200040 P6200041

牧場には仔馬が4頭いると聞いてます。  流石に放牧場では見かけませんでした。  奥へ行くと…

P6200043 P6200044

いました、いました。 ぴったりお母さんの横歩く子、心配顔のお母さんしり目にちょろちょろする子…

性格出ますね。  もっと小さい子もいたのですが、奥の奥の方に隠れてしまいました。

いいお天気ですが、御嶽山は雲の中。 若緑のソバ畑にチョウチョが飛び交ってます。 撮れません…coldsweats02

P6200048

そろそろチェックアウト時刻。  この後、6月6日にオープンした御岳ロープウエイに乗りに行く予定。

車を走らせてると次第次第に雲が増えていきます、青空が消えていきます coldsweats02

ロープウエイ乗り場『鹿ノ瀬駅』は標高1570m、センターハウス裏には綺麗なお花畑がありました。

P6200002 P6200003

お天気が良ければ、案内図の様な景色が拝めるのでしょうか…? でも雲が、とても怪しげな雲が…

ロープウエイは雲に向かって登っていきます、着いた所は『飯森高原駅』標高2150m

P6200004 P6200005 P6200006

まず、正面の『御嶽社』に御参りします。  

まだ6名、行方不明な方がいらっしゃる筈…  そんな事がとても信じられないほど静かで穏やか。

地図や案内板から、『しらびその小径』で『行場山荘』までは行けそうです。

ウッドチップを敷きつめた殆どアップダウンなしの道、往復約30分。   これなら主人も大丈夫。

P6200011_2 P6200008 P6200009

でも後もうちょっとの所に赤いコーン。 「しらびその小径はここまで  折り返して下さい」  despairsweat01

残念ですが、致し方ありません。  頂上に向かって手を合わせ、とぼとぼ戻りました。

ロープウエイの駅と御嶽社の間に高山植物園があります。   と言っても花壇の様になってるだけ…

コマクサガーデンを覗くと、ちょっぴり終わりかけのコマクサ発見。

登山をしない私には、なかなか出会いのない花です。   

P6200013_3 P6200014_2

天然植物園は、自然に生えた植物をそのまま大事に温存保存してるもので、自然そのものです。

☟イワヒゲ                                              ☟コイワカガミ                           

P6200015_2 P6200016_2

☟ゴゼンタチバナ(石の傍の花)                ☟ツゲザクラ

P6200017_2 P6200023_3

P6200024☜ ハクサンチドリ

見たとおり、ラン科の高山植物です。

どの花も小さく可憐です。

カメラ持ってウロウロいてると、施設の方が説明しに来て下さいました。

とても熱心に教えて下さいます。  ひたすら感謝 <m(__)m>

記憶が消える前に主人と手分けして名前を憶え… weep

いつでもどこでもメモ用紙とペンの用意は必要ですね。

今回の教訓 one です。

次第次第、黒い雲、雨雲がこちらに向かってきます。

御嶽山頂上『剣ヶ峰』は全く見えませんが、右手の『摩利支天』と思しき山はちらりと… 残雪に驚きです。

P6200026 P6200025

そしてここから見えるはずの北アルプス方面、槍が見えると聞きましたが、当然見えるはずもなく…

雨に降られては大変、そろそろ退散です。

開田高原を通り抜ける際、『開田高原アイスクリーム工房』に立ち寄りました。

P6200030たっぷりの朝食でお腹一杯のはずですが、

やはりこれは別腹 sign03

6月限定「すぐりヨーグルトパフェ」heart04

とにかく〖限定〗に弱い。

ヨーグルトにすぐりジャム、バニラのソフトクリーム。

すぐりの甘酸っぱい感じがGood lovely

そして小腹が減った時用にチーズタルト一個、

自宅用にヨーグルト1瓶も買いました。

昨年から開田高原を訪れる事3回目、今回初めて御嶽山を目にすることなく帰宅する事に。

それでもこの梅雨時に、傘さすことなくお散歩で来た事に感謝。

のんびり安全運転で戻ります。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »