2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 紅葉の東部カナダめぐり:9月25日午後 モントリオールからケベックシティへ | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:9月25日夜のケベックシティ »

2015年10月25日 (日)

紅葉の東部カナダめぐり:9月25日午後 ケベックシティ

添乗員さんにホテルのチェックインを任せ、現地ガイドさんと旧市街観光に出かけます。

旧市街は、私達のホテルのあるアッパータウンと川の方に降りた港界隈のロウワータウンに分かれてます。

今から回るのはアッパータウンのみ。  

ホテルを背にすると、『ダルム広場』の向こうには『要塞博物館』、右手には『シャンプラン像』が見えます。

シャンプランさんは、アンリ4世の命受けて派遣された探検家で、この地に砦を築き町を建設したお方。

P9250092 P9250091 P9250093

そのすぐ傍にフニキュレール(ケーブルカー)乗り場を見つけました、ロウワータウンに直結。

その先に広がるセントローレンス川にはクルーズ船が停泊中です。

このブログに何度か登場する北米クルーズでケベックを訪れたブロ友さん、きっとこんな感じで上陸かなsign02

世界遺産の空気を感じながら振り向けば、我が宿『フェアモント・ル・シャトー・フロントナック』

P9250094

中は迷路の様と聞きました、ホテル内の観光も面白そうですが、今回はその時間はありません weep

カナダの鉄道会社が最初からホテルとして、シャトースタイルで建設したのです。

ヨーロッパにあるような、「元貴族のお城」とかではないのです。  そういった意味では凄く贅沢。

1893年に開業、1943年のケベック会議の際には多くの来賓が滞在したそうです。

ケベックのランドマーク的存在で、カメラ構える方の多い事❢    当然私もその中の一人coldsweats01

P9250099ホテルからダルム広場を抜け、

観光案内所の次の角を左折。

ほどなく左手に路上gallery sign03

☜ 『トレゾール通り』です。

長さ数十メートルほどの小路。

1960年代にケベックの美術学校の

学生が、この通りで自分達の作品を

展示したのが始まりだそう。

残念ながらここも

入口を覗くだけで… coldsweats02

右手には教会の壁。  1647年に創設された『ノートルダム大聖堂』です。

P9250107_3ケベックのカトリックの中心。

新大陸で最初に建設された聖堂だそう。

聖母マリアとキリストの生誕を描いたステンドガラスが

見事らしい…

でもここも中にも入ることなく… weep

P9250105お隣に入ります。

P9250104

今はラベル大学

建築科の建物。

元は神学校。

いい雰囲気、静か❢

P9250108_2ところで街歩いて気付いたのですが、横断歩道がありません。

いわゆるゼブラ柄が見られないのです。

でも御覧下さい、やっぱりあるんですよ。

石畳の敷き方が違ってるしょっ❢

これがこちらの横断歩道の標。

たしかに石畳の風情壊さないので、Good happy01

いいアイディアです。

きょろきょろしながら、どこぞかに入るという事なく… これぞまさしく「散策」です。

明日はきっと時間がとれる…   ちょっぴり期待しながら、頭に( ..)φメモメモ

スーパーやコンビニといった類のお店が見当たりません。

ガイドさんが小さな小さな食料品店を教えて下さいました。

我ら12人入りそうにもないお店ですが、面白がって…  当然カメラ構えることできません(笑)

あまり観光客の歩かない道を通ったり、細い先の見えない路地を抜けたり…

ブラブラぶらぶら… でもそろそろお散歩も終了、ホテルに戻ります。

« 紅葉の東部カナダめぐり:9月25日午後 モントリオールからケベックシティへ | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:9月25日夜のケベックシティ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

カナダの旅、懐かしく拝見させていただいています。

モントリオール・ノートルダム聖堂は特に印象に残っています。
青の教会と言われるだけあって当然ながら青がとても綺麗で・・・。
セリーヌ・ディオンが結婚式を挙げた教会なので彼女の歌を聴くたび
教会を思い出しています。

そして「フェアモント・ル・シャトー・フロントナック」も。
素敵なホテルですよね。
郊外の1日ツアーに参加したので時間が足りず「ホテル見学ツアー」はパス。
もう少し時間が欲しかったです。

これからナイアガラ観光でしょうか。
楽しみにしていますね。

はぁ~い、みやびさん、ナイアガラにも行きますが、その前にロレンシャンです。
セリーヌ・ディオンさんがカナダ出身で、カナダで結婚式あげたことは存じてましたが、
行くまで、ガイドさんに言われるまで、「ここ」という事を知りませんでした(笑)
そしてケベックシティーは心地いい所でした。
勿論観光客だからでしょうが…
ガイドさん曰く、フランス色濃く残る地で、英語で話しかけると怒る方もいらっしゃるとか…
案内板も看板も二次的な英語が記載されてれば多少理解もできますが、
あまり観光客の来ないような小さなお店では、フランス語のみでちんぷんかんぷん。
それも楽しい旅の思い出です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉の東部カナダめぐり:9月25日午後 モントリオールからケベックシティへ | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:9月25日夜のケベックシティ »