2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 我が家の秋の口福(10月7日) | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:9月24日モントリオール到着 »

2015年10月13日 (火)

『阿弖流為』

三連休最終日の12日、写真の整理を放ったらかしにして、大阪松竹座に出かけてきました。

市川染五郎さん主演の『アテルイ』を歌舞伎仕立てにした作品を観に行ったのです。

でも私のお目当ては、七之助さま heart04

東京の歌舞伎大好き友の推薦を受けてからチケット買いに行ったので、いい席は少なく…

それでも何とか一階前方桟敷席をGetできました。

桟敷席は初めてなので、興味津々、ワクワク感もアップ up

Dsc_0648

座席指定ですが長い列。

座席に何やら置かれてます。

Dsc_0651

ペンライト役リストバンドsign02

「参加型」なんですね。

座席は舞台の方に斜めに向いていて、思ったより見やすい。

目の前の花道(松竹座は二本あります)に役者さんが来たら、真っ直ぐ目が合いそうな高さです scissors

Dsc_0652 Dsc_0655

下手が覗けるのも面白そう。  フムフムと観客席や舞台を眺めまわし…

椅子の後ろに小さなものなら置けるので楽チンです。  案がいいかも…

そうこうしてると、大音響とともにステージ上でダンス(踊りではなく…)が始まり…

神の怒りをかって蝦夷の地を追放された染め五郎さんの阿弖流為(アテルイ)と、

帝の命を受け大和統一のため蝦夷を征伐する勘九郎さん演ずる坂上田村麻呂の武や義が絡み合い…

そして七之助さまの立烏帽子なる訳ありの盗賊の頭も…

細かい筋書きはさておき、七之助さま、素敵でした、綺麗でした…heart02

若い面々とあって、走る走る、跳んで転げて跳ねて飛ぶ。  まぁ若くなきゃできません。

そして重鎮がしかっと抑えて舞台全体を引き締めます。

BGMが大きいのか、やや早口の染め五郎さんだからなのか、それはそういう役柄なのか…

彼のセリフが聞き取りにくい事があったのが残念でした。

最後に聞き覚えのある掛け声とお三味&笛の音 …

「らっせ-ら~、らっせーら~、らっせらっせらっせーら~」   ねぶたも登場 sign03

気が付けばリストバンドが光ってます、手拍子と共に揺れる青い光が綺麗。

お祭後の様にちょっぴり高揚して、舞台は終わりました。

やはり帰りはすいてます、大好きなビュッフェの『暫』を独り占め lovely

Dsc_0656

「なにしてんのぅ~」と言いたげな主人の顔に、ゆっくりできずちょっぴり溜息 sweat01

Dsc_065711時開演、3時20分終演。

今日は夜の部もあるはず。

役者さんも大変です。

『番附』を見たいので、どこぞかで一服 cafe

Dsc_0663

(右は、チケット買った時に頂いたチラシ)

(右の青い服が、染五郎さんです)

と、松竹座の前の通りに面白そうな物を発見。

Dsc_0661ふむふむ…

どうもこの道頓堀沿の道のブロックの事らしい。

それにしても力一杯大阪弁。

人通りの多い中、暫し立ち止まってしまいました。

スマホ取り出して…

再び「なにしてんのぅ~」という主人の顔。

「へぇへぇ、只今まいります…」

今日も楽しい一日でした(笑)

« 我が家の秋の口福(10月7日) | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:9月24日モントリオール到着 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

 「弖」という漢字を初めて見たような。
 調べてみましたら、「てにをは」の「て(弖
)」なんですね。
 しかも、漢検1級レベルの漢字みたいで、勉強になりましたm(_ _)m
 近頃は、なんでも変換クリック一発でまかなえるので、
 小学校レベルの漢字でさえ、「え? あれ? こうだっけ?」なんてことがままあります。 
 困ったものです。

 ダンスあり、リストバンドありの、現代風の歌舞伎の様子も楽しく拝読しました。
 歌舞伎も伝統は伝統として、新しいものを積極的に取り入れてますね。
 

うつきよう様、私の方こそ勉強になりました。
「てにをは」の〖て〗とは…   早速調べてフムフム…❢
ありがとうございました。
ここ2回、新作というか若者たち主体の歌舞伎を見ました。
凄くエネルギッシュで元気をもらった気がします。
そして歌舞伎界の若者の姿に、「この世界は安泰かな」って安堵しました。
東京の友は、勧玄くん(海老蔵さんの息子ちゃん)で盛り上がって舞い上がってます。
染め五郎さんのところの金太郎君も凄く上手とか…
ますます楽しみな歌舞伎界です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が家の秋の口福(10月7日) | トップページ | 紅葉の東部カナダめぐり:9月24日モントリオール到着 »